広告

posted by fanblog

2022年02月25日

花粉 週末は気温上昇で関東や九州などで本格飛散のおそれ

30FBD27D-165A-43A3-A36B-1A32FDCC3197.jpeg
今週末は各地で気温が上昇し、春の暖かさになるところもある予想です。 このため、関東や九州などで花粉の飛散量が多くなり、本格的な花粉シーズンに突入する可能性があります。花粉症のみなさんは万全の対策を。
45137DEF-D706-4C42-B89F-959FA7550339.jpeg
すでに、2月24日(木)までに関東、静岡、三重、和歌山、高知、愛媛、山口、九州では花粉の飛散開始が始まっています。

26日(土)から27日(日)は、西日本から東日本の広範囲で気温が上がります。東京では27日(日)の最高気温は16℃と3月下旬並みの春の暖かさに加え、風が強く吹く予想で花粉の飛散が多くなる予想です。このため、関東や九州などでは今週末から花粉の飛散が本格化する可能性があります。
花粉の飛散が増える天気とは

スギは、2月〜3月にかけて花が咲き、雄花から放たれた花粉が風に乗って雌花にたどりついて受粉する、風媒花(ふうばいか)です。マッチ棒の先ほど雄花の中には袋状の葯(やく)があり、大量の花粉が入っていて、以下の気象条件で、より花粉が飛散しやすくなります。

(1)晴れて暖かい
(2)風が強い
(3)乾燥している

スギの雄花は気温が上がると花が開きやすくなります。さらに、上昇気流によって花粉は空高く舞い上がり、広範囲に広がります。そのため暖かい日、特に最高気温が15℃以上になるような日は花粉が飛びやすくなります。

また、風も重要な指標で、風速が9〜10m/sを超えるような日は特に注意が必要です。

さらに、湿度が高いときは、花粉が湿気を吸って重くなるので飛散が軽減されがちですが、湿度が低くなって乾燥すると、飛散量は増します。
451D3ACD-BB67-45D6-B7E3-0E870615250E.jpeg
関東ではこの週末から、3月下旬にかけてスギ花粉の飛散ピークとなります。約1ヶ月ほど、花粉症の皆さんにとってはつらい時期が続くため、万全の対策でお過ごしください。

また、3月後半になるとスギ花粉の飛散は徐々にピークを越えて、西日本からヒノキ花粉の飛散が増えてきます。3月下旬から4月中旬にかけて西日本や東日本を中心にヒノキ花粉の飛散ピークを迎える見込みです。気温が高めに推移すると予想よりもピークが早まる可能性があるため、ヒノキ花粉に敏感な方はご注意ください。
ウェザーニュース(Yahoo!ニュースより引用)

花粉症の人は対策をした方がいいですね🤔

PR広告


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11278065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
(08/07)今日の東京の感染状況
(08/06)今日の東京の感染状況
(08/05)今日の東京の感染状況
(08/05)東日本を中心に大雨に警戒 44の河川が氾濫 気象庁
(08/05)【独自】全国会議員アンケート 旧統一教会へのイベント出席・祝電は74人 うち57人が自民党(4日・午後5時現在の回答結果)
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
チルチル姫さんの画像
チルチル姫
プロフィール
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。