2022年08月11日

【新世界秩序の恐ろしい計画】@ Jason Masonのファイルから


「私の父はMiB(メン・イン・ブラック)だった!」のドイツ人著者ジェイソン・メイソンの著作は現在5巻まで出版されていますが、言語はドイツ語と英語だけで、日本語はまだありません。
時折りメイソンのブログを読んでいると、とても興味深い内容に当たることがあります。

今回は「NASAを使って世界の闇が画策している恐ろしい計画」を翻訳したので掲載します。内容が長いので数回に分けて翻訳します。


bild.png

Maisonのファイルから
ここ数年、アメリカの元高官や特殊工作員、パイロットらがUFO現象に関する問題や知識を公表し、アメリカ政府に何が起きているのか、知っていることをすべて開示させようとしていると、メディアが報じている。

インターネットのおかげで、このような発言や暴露はこれからも増えていくだろう。
こうした中には、軍の制限領空上にUAP/UFOが出現することを国家の安全保障に対する脅威と考え、宇宙人の侵略の可能性を警告する人々もいる。

その一人が、元FBI捜査官のジョン・デスーザ氏である。
いわゆるUFOのジグザグ飛行目撃例は、近い将来増えるだろうと言うのだ。FBIでXファイルなどの超常現象の捜査を担当した元捜査官は、こう語っている。

"2022年中に起こること "の1つは。...
このジグザグ飛行はさまざまな形や大きさで現れ、時には円柱になったり、それが母船になったり、すべて異なる形や大きさになります。...これから見られるのは、UAPとも呼ばれるジグザグが、積極的に民間の船やボートに接近してくることです。
今はまだ人を殺さないかもしれませんが、船を動かせなくしたり、実際に物理的な攻撃を起こしたりすることもあるでしょう。
これは、彼らが以前より多くの恐怖を作り出す必要があるためだからです。
今までは、ジグザグが現れては少しウロウロして、また消えていくだけだったのですが、これからは、もっともっとレベルアップしていくのです。.
まだ人を殺すつもりはないだろうが、船、特に軍艦にダメージを与え、深刻な物理的対立を引き起こそうとするでしょう。"

ジョン・デスーザが言わく、政府あるいは世界のディープ・ステートは、偽旗の宇宙人侵略のシナリオを作り、UFOで世界を恐怖に陥れようと計画しているとのことだ。

この主張は、キャロル・ロジン博士が2001年の「ディスクロージャー会議」の中で述べたもので、その数年前にもフォン・ブラウン博士が、新世界秩序(NWO) は演出された宇宙人の侵略によって作られること、つまり不吉な世界共通の脅威であると彼女に明かしたのである。
フォン・ブラウン博士は、1974年にロジン博士に、NWOの計画は、宇宙を拠点とした兵器システムを構築し、エイリアンを世界最後の敵として提示することであると打ち明けた。
これらはすべて殺人衛星を宇宙空間に配置するために、嘘の上に作り上げるのだと言っている。

こういった主張が全て架空のものだとは言いきれない。

カナダのジャーナリストで作家のセルジュ・モナスト(1945-1996)もまた、この計画を1994年に彼の告発本『ブルービーム計画』で明かしている。

そこにはNASAが国連の力を借りて、新世界秩序の構築に取り組むという恐るべき事実が書かれている。
その中心は、来るべき反キリストによって支配される新しい世界宗教である。
全体は、イエス・キリストをはじめとする世界宗教の聖人の再臨を模したシミュレーション技術によって作られることになっている。

彼の発言によると、NASAはいわゆるプロジェクト・ブルービームの技術をこれに使用することになっていて、リアルなホログラムを作るだけでなく、全人類を欺くために作られたマインドコントロールシステムでもあるのだ。

モナスト氏は、この計画の第一段階は、世界中の狙いを定めた場所に地震を起こすことだという。
これらの地震によって、隠された遺物を発見させ、世界の宗教の教義が何世紀にもわたって誤解されてきたとするためだ。
したがってこれらの遺物は、すべての宗教の信用を落とすことを目的としているのである。

モナスト氏によれば、1968年の映画 『2001年宇宙の旅』で、人類は近い将来、自分自身や世界の歴史について、社会の常識と思っていたことすべてをひっくり返すような遺物が提示される、という事の基礎をすでに築いたという。

この告発では第二段階として、巨大な宇宙ショーが行われるという。
3D光学ホログラム、レーザー投影、ホログラフィック映像で構成される予定だという。
これらの投影は、世界中の空に現れ、イエス、モハメッド、ブッダ、クリシュナなどの聖人が現れ、やがて一つの宗教的人物に統合されるとしている。

そして、その画像は強力なレーザーを使って宇宙の衛星から送られて来る。
しかもこれらの映像は、地球上のあらゆる場所で、その土地の言語や方言で特定のメッセージを話すことができるのだ。

そして、第三段階では、マインドコントロールが行われることになっている。
モバイル通信で、個人の端末(現在の私たちのスマートフォン)に一人ひとりのチューニングに合わせた電波を発信する。
人々は心の中で声を感じ、自分だけの神が自分に語りかけていると信じるようになる、とセルジュ・モナストは書いている。

この情報は、人工衛星から送られてくる。
コンピューターから、地球上のすべての人の膨大な個人情報が人工衛星に蓄積されている。
これらの操作は、人々の自然な思考が、拡散された人工的な思考に上書きされるようにするためのものなのだ。
1994年にはSFのように聞こえたものが、2022年にはすでに現実のものとなっている。

セルジュ・モナストは著書の中で、「ブルービーム計画」の最終段階では、さまざまなテクノロジーを駆使して、エイリアンの侵略と宗教的救済が迫っていることを世界の人々に信じ込ませることだと書いている。
恐怖にかられた人々が新世界秩序に取り込まれやすくするためだ。

NASAのブルービーム計画は、新世界秩序の最高指令であり、地球全体の人口に対する絶対的な支配を可能にするものである。...私は、この情報を単に狂信的なナンセンスと片付ける前に、注意深く、より詳細に検討することを提案します。

セルジュ・モナストは、この驚異的な情報や大規模な作戦を、政治家、軍、シークレットサービスのメンバーから匿名で入手し、これまでインタビューや書籍の形で知らせてきた。
彼は、新世界秩序がパラノイアや単なる陰謀論ではなく、細部に至るまで計画された本物の悪魔のプロジェクトであることを人々に納得させようとしたのである。

その基軸となるものは、今日すでに多くのものがすでに進んだ段階にある。

- すべての伝統的なキリスト教の宗教を排除し、反キリストの新しい世界宗教、いわゆる「人間のカルト」に置き換える。

- すべての国家的アイデンティティと国家的プライドを排除し、世界的アイデンティティと世界国家を作ること。

- 伝統的な家族の概念を撤廃し、新世界政府の栄光のために団結して働く多数の個人と置き換えること。

- 個々の芸術的あるいは科学的表現をすべて破壊し、一つのものの見方、一つの考えしか認めない新世界秩序を作ること。

宇宙人の侵略と反キリストの出現というこの演出された危機は、その後、すべての国を統合し、すべての戦争を終結させるだろう。
その後、さらにすべての国や国家機関を排除し、新しい世界宗教の下で平和に共存するものとする。
そして、世界人口の新しい宗教と単一文化が生まれ、いわゆるメシアによって新世界秩序の始まりとなる。
そして、エリート以外のすべての人々は、管理された奴隷労働者として、望むと望まざるとにかかわらず、決められた仕事をするように運命づけられるのだ。

新体制を拒否する者は強制収容所に入れられ、再教育を受けることになる。
セルジュ・モナストの情報によると、新世界秩序は、旧ソ連、イギリスの植民地体制、米国の混血集団を統合した体制になるとのことである。

具体的には、キリスト教、個人の信仰、宗教的シンボルが完全に消滅し、十字架のシンボルさえ違法とされるようになる!
さらに、すべての秘密結社と秘密子弟団、ロッジの完全な破壊と解散が計画されている。
既存の通貨や現金はすべて廃止され、デジタル送金に置き換わる。

セルジュ・モナストは、これらのプロセスはすべて、エリートたちがイニシエーションの儀式を通じて結ばれたルシファーへの誓いに基づいていることを明らかにした。

今後、すべての人々はルシファーに従属するか、記述されている再教育キャンプに抑留されることになる。
モナストによれば、世界政府はこのような人たちを「新世界秩序の囚人のレインボーカラー」と呼んでいるそうだ。虹のシンボルは、全世界を旧世界秩序から新サタン世界秩序にかかる橋を表しているのだという!


しかし、それだけでは収まらず、キリスト教徒の子供たちは、黒ミサの生贄として捧げられ、性奴隷として仕えることになのだという。

囚人に対しては医学的な実験が行われ、新しい技術も試されることになる。
健康な人は臓器を摘出され、さらなる臓器を摘出できるように人工的に生かされることになる。
すべての労働キャンプと奴隷収容所は、民主主義の体裁を保つために世界から隠蔽されるが、実際はルシファー教に基づく独裁国家である。

NASAの悪名高いブルービーム計画は、反キリストを頂点とするニューエイジ教を実現するため4段階に分かれている。
ニューエイジ教は、新しい世界政府の基礎であり、それなしには新世界秩序の独裁は全く成り立たない。
繰り返すが、ニューエイジ教への普遍的な信仰がなければ、新世界秩序の成功は不可能である。 そのため、ブルービーム計画は彼らにとって非常に重要であるが、今まで秘密裡にされてきた。

とモナスト氏は書いている。

つづく

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11540907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
lichkoさんの画像
lichko
ドイツ在住の経験をもとに日々感じたことを書いています。 時々覗いて下ると嬉しいです。最近ドイツにいる息子が描く迷路を「迷路シャツ」としてユニクロからリリースしました。着てるだけで話題になるTシャツです。覗いてくれると嬉しいです♪ 2022-09-30_14h23_59.png
プロフィール
QRコード
ファン
検索
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
Martinの迷路シャツ
「え?!これ迷路??」 飲み会で女子が話しかけてきた。 「え〜、やらしてやらして!」その後僕のTシャツに皆が群がった・・・。 迷路シャツ by ユニクロ 2022-09-30_14h23_59.png 2022-09-30_15h03_21.png 2022-09-30_15h27_02.png 2022-09-30_15h29_15.png