2019年03月09日

【CREALインタビュー】募集中の「さくらさくみらい」の話題など(後編)



広告
後編記事

 不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」インタビューの後編記事です。
 前編は以下の記事になります。

  ・【CREALインタビュー】設立の背景、ファンド検証体制やBCC社との関係(前編)


 後編では現在募集中の大型案件「さくらさくみらい」についての話題や、CREALにおける事業者の収益構造
 などの話題について伺いました。
 インタビューの機会がなければ分からなかった情報も、色々とあります。
 自分で言うのも何ですが、けっこう貴重な情報ではないでしょうか。

 CREALでは現在、大型案件を募集中。
 会員登録だけで現金プレゼントがもらえる他、投資でもキャッシュバックがあります。

  ・(参考記事)本日公開案件には私も投資します。会員登録だけでプレゼントもあり。


 CREAL (アフィリエイトリンク)
 CREAL

インタビューの内容


 s-smartphone-791076_960_720.jpg

 後編においては、回答はBCC社の横田社長と一部、BCC社の結城さんにもお答えいただいています。
 以下、インタビュー内容です(QはSALLOW、AはCREALの回答。赤字はSALLOWが重要と思った点)。

Q:新規案件であるさくらさくみらい案件について、どのような背景で組成されたファンドなのか。(さくらさくみらい株式会社がこの保育所を手放したように見えますが、そのあたりなど)

A:これについてはファンド説明が誤解を招きやすい表現であり、現在、修正を予定している。
 まず、駒込保育所の売主は事業会社。「さくらさくみらい株式会社」さんの素晴らしい点は、その保育理念や運営能力のみならず、不動産ネットワークも豊富で不動産価値の高い立地に絞って出店している点。その中でさくらさくみらい株式会社さんの保育所にぜひ投資したいとご相談していたところ、本件駒込保育所のオーナーを紹介されました。保育所案件は待機児童問題解消にも関わる社会的側面を持った案件であり、今回のファンド募集を行うことになった。
 予定されている将来的な売却候補先は事業会社であり、オーナーチェンジに関わらず「さくらさくみらい株式会社」が賃借人として保育所を運営するという事に変わりはない。


Q:保育所案件で、クリアルは手数料を考えると赤字ではないですか? 昨今の事情もあり、投資家と事業者がWin-Winでなければ、何か裏があるのではないかと勘ぐってしまいがちです。

A:今回の保育所案件では、購入時手数料と管理手数料、そして劣後配当をいただく形にしている。確かにこれだけでは黒字にはならないと思うが、保育所をExitする際のキャピタルゲインを見込んでいる。
 キャピタルゲイン狙いはリスクがあり、プロでないと取ることは難しい。であれば、そのリスクと恩恵(リターン)はプロが受け取るべきであり、優先劣後構造等の仕組みにより、投資家の皆さんには堅いインカムゲインによる配当を行っていくようにしたい。


Q:次回ファンドについて何か予定はあるか。

A:次回の案件は、もう一つ別の保育所案件、もしくは地方再生の側面を持ったホテル案件、そして1棟ものマンションなどを予定している。


Q:現在投資家登録している会員数と年齢層について。また、例えば1年後などの会員数、運用金額、募集件数などの目標はあるか。

A:会員数は5,000名弱。30〜40歳代の男性が多いが、これはそもそもインターネットリテラシーが高く不動産投資に興味がある割合がこの世代に多いためと思われる。
 現在の目標は、1年で会員数を2〜3万名、募集累計額を100億円まで持っていきたい。2ヶ月に一度くらいのペースで大型案件を募集していくことを考えている。


Q:東京以外でのセミナーの開催予定はあるか。

A:今のところはないが、今後の状況にもよる。CREAL会員より東京以外でセミナーを開催してほしいとの問合せが多いこともあり、セミナー動画を公開することを今年の4月に予定している。


Q:現在は新規会員登録プレゼントやキャッシュバックなどを行っているが、今後はどのような投資家への販促を考えているのか。
*一投資家としてのSALLOWの意見としては、キャッシュバックではなく案件の純粋な魅力で勝負いただきたいと考えております。

A:我々としても本音では、キャッシュバック無しで案件の魅力で勝負をしていきたい。ただ一般的に不動産投資型クラウドファンディングはまだまだ認知が少ない。 
現在行っているキャンペーンは、認知度の上昇、新しい資産運用ツールとして投資家の裾野を広げていくために展開している。投資家に対する特典はキャッシュバックだけではなく、例えば第一弾のホテル案件であったようなホテル宿泊優待のような形も続けていきたいと考えている。
 今後はより一層、物件の魅力にフォーカスをして案件を募集していきたい。例えば案件に動画を付けて紹介しているのはCREALの大きな特徴であり、案件の奥深い紹介ではどこにも負けないと自負している。


Q:BCC社自身が信頼性、透明性を増すためのIPOなどを行う予定はあるか。

A:詳細は伏せるが、IPOについては検討をしている。


Q:最後に、投資家に一言お願いします。

A:CREALは不動産投資のあり方を変え、900兆円の現預金を動かす資金運用手段としていきたいと考えています。まずは会員登録だけでもいいのでサイトを使ってみてください。
 CREALの特徴は手軽(手間無く不動産投資が行える)、楽しく(顔が見える、バラエティに富んだ、説明の手間を惜しまない案件)、安定的優先劣後構造等の仕組みにより、安定的なインカムゲインを享受)なものであると考えています。


インタビューの所感

 インタビュー後半では、かなり突っ込んだことを含めて色々と聞くことができました。
 「さくらさくみらい」案件の疑問(保育所を手放すのか? 等)も氷解したのは良かったです。

 それ以外に重要なこととしては、以下のようなものではないでしょうか。

  ・CREALの収益構造、どこで儲けを取るべきかが明確になった。

  ・セミナー動画の公開が予定されている(首都圏外在住としては嬉しい限り)

  ・キャッシュバックは裾野を広げるため。物件の純粋な魅力がCREALのウリ。


 インタビューを通じて、私の中で事業者のイメージが名前の通り「クリア」になった印象です。
 不動産投資型クラウドファンディングは、今年大きな成長を見せる分野かもしれません。
 私もすでに200万円を投資しいていますが、さらにこれからも増額の予定です。


 CREALでは現在、「新規会員登録」「投資実行」の両方でキャンペーンを実施中です。
 興味を持っていただいた方は、下記に会員登録方法を紹介していますので、参考にして下さい。
 その際はあわせて、広告リンクをご利用いただければ幸いです。

  ・CREAL(クリアル)の会員登録方法を説明します。私も投資準備完了。


 20190226CRE2.jpg

 20190226CRE1.jpg


 CREALでの会員登録は、こちらからどうぞ。(アフィリエイトリンク)
 CREAL


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2019年03月08日

【CREALインタビュー】設立の背景、ファンド検証体制やBCC社との関係(前編)



広告
CREALインタビューの前編です

 「CREAL(クリアル)」のインタビュー記事です。
 今回、CREALの横田社長、結城様にインタビューを行う機会をいただきました。

 不動産投資型クラウドファンディングのCREALは、資産運用会社が運営するサービス。
 8.8億円という初回案件「ホテル アマネク」を集めきるなど、人気と集金力はかなりのもの。
 私もブロガーとしてだけではなく、投資家としても関わりを持っていますので、その観点から自分が投資を
 することを念頭に質問を行いました。

 まず前編は、CREAL設立の狙い、ファンドの安全性をどう検証しているか、経営母体であるブリッジ・
 シー・キャピタル(BCC社)との関係性などについてお聞きしました。


 CREALでは現在、大型案件を募集中。
 会員登録だけで現金プレゼントがもらえる他、投資でもキャッシュバックがあります。

  ・(参考記事)本日公開案件には私も投資します。会員登録だけでプレゼントもあり。


 CREAL (アフィリエイトリンク)
 CREAL

インタビュー内容と回答

 インタビューはオンラインミーティングで行いました。
 以下、その内容です(QはSALLOW、AはCREALの横田社長。赤字はSALLOWが重要と思った点)。

Q:クリアル設立の狙い、背景について説明をお願いします。

A:構想は4〜5年ほど前からあった。株式会社新生銀行で老人ホームや病院などへの融資業務をやっていた時、社会的ニーズも高くキャッシュフローが安定しているにも関わらず、こういった施設への不動産投資があまり行われていない事に気付いた。
 大きな理由の一つとして、これらの物件への投資は年金関連などの機関投資家が扱うには物件の規模が小さく、また投資対象としてまだ歴史が浅い、ということがある。
 そこで、これらのような社会的ニーズが高く安定したキャッシュフローを期待できるが機関投資家が扱わないような物件を小口化してクラウドファンディングで募集してはどうかと思い立った。不動産投資型クラウドファンディングにより不動産投資のアップデートを行い、900兆と言われる現預金を投資へ向ける一つの動きとしたい。


Q:不動産投資型クラウドファンディング(CF)を扱う事業者は他にも数社あるが、差別化、利点はどこか。

A:同業他社は不動産会社がCFを行っていることが多く、結果として取り扱う不動産がワンルームや一棟ビルなどに特化していると思われる。
 株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは不動産ファンド会社であり、取り扱っている物件のバラエティが広く、今回の保育所のような社会的側面のあるアセットも取り扱っている。
 また特に大型案件については、機関投資家に開示、説明するようなレベルに準じるほど幅広く、奥の深い情報開示を行っているのが特徴。


Q:株式会社ブリッジ・シー・キャピタルにとって、クリアルの立場と重要度をどう見ているのか(今後力を入れて拡大していくのか、それとも現状の募集規模を継続していくのか)

A:クリアルは今後も、力を入れて拡大していく。
 BCC社は既にBtoBで300億ほどの資産を扱っているが、機関投資家の狙う1物件30億〜100億クラスの不動産は過当競争にある。10億クラスの不動産なら値頃のものも多く、そういった案件を小口化してクリアルで扱っていくようにしたい。


Q:ファンドの物件を選定する際、どんなことに重点を置いて選定しているのか。(例えば、現在レオパレスで発生している建物の施工不良などの心配はないのか)また、ファンド組成時の内部検証/牽制体制はどうなっているのか。

A:ファンド物件の選定は、安全性を多角的に調査検討している。
 具体的には社内で3段階の審査があり、1段階目は投資運用部によるロールアップ会議。この会議で、投資家にとって利益を生む案件かどうかが審査される。
 次に投資委員会で第三者評価や建物評価が審査される。投資委員会メンバーはREIT出身者(2名)、会計士(2名)、証券会社出身者等で構成され、投資採算性について多面的に議論が行われる。
 特に大型案件については機関投資家向け商品と同様の調査が行われ、不動産鑑定会社による鑑定評価チェック、建物や土壌に問題がないかエンジニアリングレポート(建物診断)チェックも行っている。
 最後にはコンプライアンスチェック、具体的には反社チェック、利益相反性のチェック、価格妥当性チェック、フィデューシャリー・デューティーの確認を行い、ファンドの組成が決定される。


Q:BCC社では多くの物件を扱っていると思われるが、そのうちクリアルで扱う案件と扱わない案の間には、何らかの違いがあるのか。

A:最大の違いは案件のサイズ。BCC社で扱う案件は機関投資家向けであり、数十億〜100億円クラスの案件は小口化には向かない。
 逆に数億〜10億円程度の案件は機関投資家向けにするにはサイズが小さい。このクラスの案件には現在の時流に乗った社会的ニーズの高い案件(老人ホーム、保育所、インバウンド向けホテルなど)があり、それらを小口化してクリアルで扱っていく。


Q:現在掲載されているファンドの物件は東京都内ばかりだが、将来的な予定はどうか。

A:地方で考えている案件もある。募集から1〜2年でExitできるような目処があれば、募集していきたい。


Q:運用期間が数ヶ月から1年ほどのファンドが多いが、短期間で運用する利点は何か。また、これだけ短期ということは、案件募集時点である程度Exitの目処はついているのか。売却先としてはどのようなところが想定されているのか。

A:我々の取り扱う案件は、購入時ですでに割安なものが多い。そういったものはキャピタルゲインがすぐに見込めるので、短期間でExitするのが投資家の皆様にとっても有利なので、運用期間は短いものが多い。ただ今後は、運用期間が長い案件についても考えていきたい。
 売却先については、あらかじめ購入意向につきヒアリングは済ませており、by nameで決定はしていないがターゲット(顧客属性)は決まっている。また、募集開始時点ですでに購入問い合わせを受けている場合もある。売却先は私募ファンド、REIT、事業会社や富裕層の個人など。


前半の所感とキャンペーン情報

 インタビュー前半部で印象に残ったことは、以下の3点でした。

  ・CREALとBCC社の関係(物件の金額規模で分けている)

  ・特に大型案件においては、機関投資家並の情報開示が行われている

  ・案件募集段階で、売却先はある程度の目処がついている


 後半は現在募集中の大型案件「さくらさくみらい」について、CREALにおけるBCC社の収益構造について
 などの内容となっています。
 明日には記事にする予定ですので、よろしければご期待下さい。


 CREALでは現在、「新規会員登録」「投資実行」の両方でキャンペーンを実施中です。
 興味を持っていただいた方は、下記に会員登録方法を紹介していますので、参考にして下さい。
 その際はあわせて、広告リンクをご利用いただければ幸いです。

  ・CREAL(クリアル)の会員登録方法を説明します。私も投資準備完了。


 20190226CRE2.jpg

 20190226CRE1.jpg


 CREALでの会員登録は、こちらからどうぞ。(アフィリエイトリンク)
 CREAL



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント