プロフィール
おっさんオーディオさんの画像
おっさんオーディオ
Pure Audioは興味があるが、お金がない、自称、貧乏です。 でも最近の中華AMPなどは性能が上がっておりバカにできません。 Audio歴は小6からで、雑誌「初歩のラジオ」を読んで、プリアンプを自作しました。かれこれ40年以上前になります。 プチ自慢と紹介でお金が稼げれば言う事ないのですが。
プロフィール
8月の記事ランキング 8/15付
  1. 1. Topping D10レビュー
  2. 2. Topping D10 DSD再生 ーAudirvana編ー
  3. 3. 最近よく使うAudio機器ははDigiFi13(2014年)の付録
  4. 4. FreeFileSync 同期エラー その3
  5. 5. FreeFileSync 同期エラー その4 ⇒ 対策RealTimSyncの導入
  6. 6. Tune Browser 見た目よし、安定性は?
  7. 7. SONY TV ファンフィルター交換するも結果むなしく
  8. 8. AVアンプ マランツ PS7300
  9. 9. S.M.S.L M100 気になるDAC 
  10. 10. 1週間ぶりのご無沙汰です!田植えしてました!
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
投稿順(記事順)に表示されます。 気になる写真をクリックすれば、その記事が表示されます。
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
サイト内検索

2019年07月09日

デジタルアンプはハイレゾなのか?

Hi-res-logo.jpg


デジタルアンプは少スペース、高効率なので、TVの音声回路や、中華AMPで多く使われている。

ところで、ハイレゾというと24bit 96KHz以上の量子化ビット数、サンプリング周波数が必要条件と理解している。

もう、少し正確には
40kHz以上の音が再生可能でHi-Resoのロゴ認証が取れていること


日本オーディオ協会 ホームページ
linkpolicy002.png

JEITAの文書 25JEITA−CP第42号

日本オーディオ協会のページにJEITAの文書とからめて、まとめた図があったので、下記、転載します。

jas-hires-logo_clip_image002.png





2ndオーディオシステムのDACは24bit 192KHzではあるが、HiーResoのロゴマークは入ってない。

ところで、私、おっさんの持ってる中華デジタルアンプ、Topping TP22の周波数特性は20~20KHzと昔からある、一般的なもの。

スピーカーも40KHzには届いていない。


2ndオーディオ・システム構成

・PC     Apple Macmini
・DAC     AS372          24bit 192KHz 
・Pre AMP  FX-Audio Tube-01J
・Power AMP Topping TP22      20Hz〜20KHz
・SPEAKER  SHARP

どうも、おっさんの2ndオーディオは、DAC、AMPともハイレゾ対応していないようだ。
勘違いしていました。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8956377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
外部サイトリンク
別のサイトへ飛びます。 既存のウインドウは更新されずに、新しいウインドウができるはずです。
検索
RDF Site Summary
------------------------------------
【広告】お名前.com ------------------------------------
タグクラウド
検索