広告

posted by fanblog

もうダイエットに失敗しない方法 DNA SLIM肥満遺伝子検査

我が家で成功中のダイエット法を前回ご紹介した訳ですが

今後、停滞期も想定されるので
購入を検討しているツールがあります。

その名も「DNA SLIM 肥満遺伝子検査キット







自分の体質を知る


自分の体質を理解すると、効果的なダイエット方法を選ぶことが出来ます。

例えばざっくり言うと

洋ナシ型肥満(下半身太り)とリンゴ型肥満(お腹周り太り)では
太りやすい部位と太る理由が大きく異なります。

洋ナシ型は、脂肪の代謝が苦手なので
油を含むおかずを控えるのがベター。

リンゴ型は、糖質の代謝が苦手で溜め込みやすいので
低炭水化物ダイエット(炭水化物を出来るだけ摂らない)がとても効果的。


また、カロリーを消費させる運動にしても、効果的なのは
有酸素運動なのか、筋肉トレーニングなのか、人によって大きく異なります。





遺伝子レベルで決まっている「太る理由とその対策」


こういった傾向は、遺伝子レベルで一人一人違うので

やみくもに食べる量を減らすのではなく
自分の体質を理解し、適切な食事法や運動方法を選ぶのが一番の近道。


ザ 世界仰天ニュース等、テレビでも多数紹介されているので
ご存知の方も多いかも?「ノルディスカダイエット」といって
イギリス発祥の、肥満遺伝子を調べて利用する遺伝子=DNAダイエットです。

お医者さんに行かなくても
自宅に居ながらこの検査を受けられる、遺伝子調査のキットがあります。





肥満遺伝子検査セット比較


 ハーセリーズDHCDr.シーラボ
検査遺伝子数5種類
(β3AR、UCP1、β2AR
FTO遺伝子2種類)
3種類
(β3AR、UCP1、β2AR)
3種類
(β3AR、UCP1、β2AR)
価格6800円5250円8190円


口の粘膜を採るタイプで、DHCだと5千円強、ドクターシーラボで8千円強。
でも、調べる遺伝子は共に3種類。

一番詳しそうなのが、ハーセリーズという会社の「DNA SLIM 遺伝子分析キット」
5種類の肥満関連遺伝子を調べるもので、6800円。

ハーセリーズのDNA SLIMは調べられる遺伝子の種類が多い分
結果が243種類のタイプに細かく分かれ、タイプ別の食事や運動のアドバイスとか
レポートが超詳しいらしい。


遺伝子キットの結果が帰ってくるのが、10日位。
その後、電話やメールで栄養士さんと相談出来るとのこと。

回数に制限はなく、大抵の方は1回だけど、3回くらい利用される方もいるそう。
(広島のハーティ薬局「栄養相談コーナー」で直接相談もOK)





爪から?口腔粘膜から?の違い


今までは、爪で調べられる検査キットのみだったのが
口の粘膜で調べられるのが最近出たみたいです。

値段も同じなので、一体何が違うのか聞いてみたんですが

 口腔粘膜
メリットいつでも採ってすぐに送れる1週間伸ばして切った爪、10本分が必要
デメリット衛生上、すぐ発送する必要がある貯めておけるので急いで発送しないでもいい


・・・という違いで、検査結果に差は無いとのこと。
口腔粘膜の方が手っ取り早くて便利そうでした。



もし
人にオススメされたダイエットを片っ端からやってて
なかなか成果が出ないという方、自己流で上手く進まない方は

絶対、確認したほうがいいと思います。遺伝子。
安くはないけど、遺伝子はずーっと変わらないから、一生に一度の検査なので。


検査キットを購入する>> 肥満遺伝子を調べる「DNA SLIM」




この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。