広告

posted by fanblog

2016年10月19日

プレバイオティクスでフラクトオリゴオリゴ糖を試しました。

腸内に居る乳酸菌が繁殖するための食物、オリゴ糖のご紹介です。

イヌリンやマンナンなど他の繊維質に比べると、どうも人気が無いようですが…。
日本人にも馴染み深い商品ではありますので試してみました。

オリゴ糖はシロップなどの形状でドラッグストアなどでも販売しておりますが・・・
製品表示を見てみると果糖や砂糖など通常の甘味料が多く使われているので、
オススメはできませんね。
アフィリエイトサイトで国内オリゴ糖サプリメントでの比較を見たら高価格に驚きました。
・・・想像以上に高価なものなのですね!
オリゴ糖の種類とか色々やるものなんですねぇ。

BCAAなどでもそうですが、パウダーになると最もコスパが良いnowの製品を試してみました。

一応、現状の私のお腹こと腸内環境の特徴についてです。

何もしていないと確実に便秘になります。
出ないし固いしで、頭の血管に負担がマッハです、辛いです。
普段は乳酸菌サプリを摂取して、ヨーグルトにnowのリンゴパウダーを入れて食べてます。
・・・この状態だと定期的かつ快適な排泄が実現しておりました。

サッカロミセスブラウディという酵母菌のプロバイオティクスサプリメントを試すために、
乳酸菌や食物繊維の摂取を控えてみたところ・・・便秘に、しかもなんか排泄時に痛い。
サッカロミセスブラウディは下痢の人に良いようなのです。
急性下痢とか旅行者の下痢とか小児の下痢とか…汚い言葉ばかりで申し訳ないです。
あと一応潰瘍性大腸炎とか腸内の微生物叢が原因の過敏性腸症候群(IBS)

便秘に効くわけでは無いのね・・・傾向的には私の逆ですね・・・

私は幼稚園・小学生くらいで酷い熱の時くらいにしか下痢になった覚えは無いのでした。
上海に1か月いたり、香港台湾ハワイにオーストラリア、そしてベトナム。
海外旅行でお腹壊して下痢って・・・一度もしてないなぁ・・・

意味無さそうだからサッカロミセスブラウディの摂取中止を検討しつつ、
プレバイオティクスの摂取をしてみようとフラクトオリゴ糖を加えることにしました。

その結果

乳酸菌+リンゴパウダーには及ばないものの、定期的な排泄が可能になりました。

乳酸菌+リンゴパウダー使用時はちょっと便が柔らかめで、するすると排出されたのですが…
サッカロミセスブラウディ+フラクトオリゴ等だとちょっと固めですね。
固いのに水分が添加されてチュルっと出る感じです。

リンゴパウダーで満足しているのでサイリウムやイヌリンは使用していませんが…
この漢字だとちょっとフラクトオリゴ等単体では腸内環境の改善としては心配な感じですね。

利点・・・美味しくて溶けやすいので摂取が楽、
血糖値やインシュリンがそんな変わらないみたい。

なんかイヌリンなども『綿菓子のよう』と表現された口コミがありましたが、そんな感じです。
さらっさらでスプーンに少しでも水分が付着しているとくっつきます。
口の中に入れると唾液を吸収してギュっと固くなりますね。
そして甘い。
紅茶やコーヒーなどにも簡単に溶けますので、摂取が簡単で良いですよ。

ちょっと写真を撮ってみました。こんな感じでサラッサラですよ!水分無いと!

fos

血糖値も明治フードマテリアの成人男性が25g摂取した砂糖との比較試験結果を見ると、
インスリンも血糖値もほとんど変化は(砂糖に比べて)無いようです。
日本の果糖や砂糖がいっぱいの安いヤツは勿論アウトでしょうが。

リンゴパウダーの扱い難さと比べると、
毎日摂取するのがとても簡単なのでその点は良いですね。

低カロリーであるので甘いものを我慢しつつ、
腸内細菌を培養するというダイエットをしている方には良いかもしれません。

難点・・・ちょっと高い、非可溶性食物繊維の欠如

難点はというとズバリ価格面です。
nowで購入しましたがちょっとお高めだと思います。
113gで約1,000円くらいなので、リンゴパウダーよりもずっと高いのです。
また、非可溶性食物繊維が摂取できないので便を増やしたりお腹の掃除的な目的は達せません。

結果
ちょっと面白いとは思いますが、値段的に超オススメするほどでは無いかなぁ。
ちょっと高くても手軽に食物繊維を摂取したい方・・・くらいですね。
ただ、未体験ですがそれだとイヌリンでも別に良さそうなんですよね。

個人的には手間はかかって面倒ですがnowのリンゴパウダー+ヨーグルトの方が良かったですね。

iherbでもアメリカのアマゾンでも人気的にはイヌリンやリンゴパウダーの方が、
フラクトオリゴ糖に比べて圧倒的に支持されております…レビューの数が桁違いすぎます。
研究内容も日本での盛り上がり方に比べて少ないようだし、
もしかして、日本でのみ流行っているのかもしれませんね。

ちょっとした注意事項的に
口コミを読んでみると、果糖などに敏感なIBS持ちの人は、
お腹が張ったりガスが多くなったりする可能性があるようです。
また、私が買ったのはパウダーなのですが、撮り過ぎる傾向があるようです。
心配な方は計量されているカプセルの方が良いかもしれません。
・・・甘さが欲しくて飲み物つい多めに入れてしまうとお腹が張るらしいですね。

聞き慣れないイヌリンや他の商品に比べて親しみやすい、という点では良いかもしれません。
サプリとかお薬とか嫌がって…という私の両親みたいなタイプでも大丈夫でした。
カロリー低くてお腹が喜ぶオリゴ糖だよ!と伝えると
「あぁ、オリゴ糖ならお腹に良いよね」と納得してましたし。

Now Foods, ニュートラフローラ FOSパウダー 113gで約1,000円です。


nowフラクトオリゴ糖画像
甘くて微妙に腸内環境も改善、だけどちょっとお高い
フラクトオリゴ糖のiherb販売ページへ


気楽に摂れる可溶性食物繊維ですので、余裕がある方はどうぞですー。
この記事へのコメント
S川様

ハヤカワ文庫の『腸科学』などにも記載されておりますが、腸内フローラは未だ基礎研究の域を越えて無く、腸内の複雑な機構とその影響を論ずるには早過ぎると思われます。
お悩みの件ですが、医療従事者ではない私としてはあくまでも常識レベルの基本的なことでありますのでご留意頂きたくお願いいたします。

私、大腸の病理的なことは全く知らないです。
単純にプレバイオティクス・プロバイオティクスで貴殿の不調が和らぐと仮定して申し上げます。

これまで様々なサプリ・薬をお試しになったとのことですが、日々の食生活は如何でしょうか?前出の『腸科学』では食物繊維の違いによって腸内細菌の分布も変わることが示唆されております。
サプリで食物繊維を摂取するにしてもイヌリンやリンゴパウダー、サイリウム等々食物繊維と一括りにしても消化分解する腸内細菌の種類は変わるようです。
ならば、食物繊維を1つに絞ることなく複数の食物繊維を摂取するのは如何でしょうか?

そんな高価では無いサプリですので、摂取し過ぎぬよう量を決めてその配合を工夫すれば、乱暴な話ですが1種のサプリよりは効果が期待できるのではないでしょうか?また、腸内細菌の多様性といった点も評価できると思います。

サプリにて摂取できる菌種はごく少数であること、腸内に根付くかどうかは別である一過性のものであることを考慮すると、まずは腸内細菌の多様性を強化するための行動(良くも悪くも様々な菌に接する機会を増やす、土いじりとか)そして食物繊維が多種で多用な食生活の確立が必要であると私は思います。

それら日常生活での腸活?をした上で敢えてサプリを摂取するなら

青汁(複数の青菜で構成されたももの)
複数の食物繊維
そしてサッカロミセス
最後に私がiherbで仕様を確認している中で最強なのが・・・
Renew Life, エクストラケア、アルティメットフローラプロバイオティクス、1000億の生きた菌
https://jp.iherb.com/pr/Renew-Life-Extra-Care-Ultimate-Flora-Probiotic-100-Billion-Live-Cultures-30-Vegetable-Capsules/53139?rcode=HIB183
私個人的にはオーバースペックなんで購入してませんが、12の菌種が1000憶と、最も大量に含まれています。100兆もの腸内細菌に対してはごくごく少数だとは思いますが。

私の拙い知ったかぶりの知識が貴殿のお役に立てれば本望です。
これからも本ブログをよろしくお願いいたします。
Posted by SHIVA at 2018年07月24日 21:46
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5548841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
SHIVAさんの画像
SHIVA
幼少より身体が弱く、幼稚園は半分も通えていない生活でした。様々な漢方薬を飲みながら育ちましたが、成人しても健康面に不安があり、サプリメントなどは欠かせませんでした。社会人になってからはブラック企業に勤めたために、生きるために更にサプリを購入しだしました。国内販売のモノでは価格が高価なため色々調べた結果、アメリカから直輸入するiherbを知り、それからもう9年購入を続けております。身体が弱かったり、激務に苦しむ方の一助となれば身に余る光栄と考えまして、恥ずかしながら筆を取らせていただきました。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。