<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )さんの画像
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )
元女性アシスタントディレクター。 心は広島とオランダにおいてきぼりですが、名古屋市民です。 いちにんまえのトラベルライター目指し、日々これまでの旅行経験や映画や洋楽、西洋美術や海外ドラマなどについての記事を更新してます。 ネタになるだけ、今までの経験は無駄じゃない!
執筆先一覧
たびねす:http://guide.travel.co.jp/navigtr/833/
ランキングシェア:https://travel.rankingshare.jp/jmpgykxgpl/top
Twitter:@Kindermer
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
検索
ファン

広告

posted by fanblog

2016年03月22日

ショッピングと観光だけじゃない!ノッティング・ヒル、ポートベロー周辺

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]





今日はイギリスに行ったときの話しを。
2日間しか時間なかったけど、とっても楽しかったなあ。

ということで、今日は定番の楽しみかた以外にも提案してみたいと思います。

このときの目的は、フェルメール作品。
あいにくストでナショナル・ギャラリーの作品は見れなかったのですが、
ケンウッド・ハウスの作品だけはなんとか見ることができました。
夜もミュージカル見れたし、お買い物もそれなりに楽しんで。

でも、ハンドメイドとか古着とか、なにかこだわりのお店に行きたいなーと思い、
そういう店が多く紹介されていたノッティング・ヒルへ。

地下鉄駅のノッティング・ヒル・ゲートから、そういう店がたくさん集まるエリアへてくてく。
だんだんと、個人経営のようなちいさなお店が軒をつらねる通りが近づいてきます。

アート系、古本、古着、雑貨やさん・・・
オープンテラスのカフェや、カラフルなカップケーキやさん。
ちょっとした屋台も出てて、お祭りのよう。
ぜーんぶわたし好みで、散策がとても楽しかったです。
しかし、何かを食べたりすることもなく。
弟にプレゼントするためのちょっとおしゃれなトートバッグを買ったくらいかな。

私にとってそういうのよりも楽しかったポイントが、あります。
フェルメール見に行くのと同じくらい楽しかったかも。
ではでは、ご紹介します。

それは、
通りのあちこちにいたストリートミュージシャンです!

私が見た限りでは、3組いましたね。
ソロが2人、デュオが1組って感じです。
それぞれ場所もばらばら。
それぞれが違うジャンル、楽器でパフォーマンスしてました。

日曜の午後、4時間くらいいたのですが、
そのうち1時間近く、足を止めて見入ってたきがする。

そのうちのひとりは、投げ銭して(もっとほかに言い方あるだろうよ)、
直接感想お話ししました。
どうやら彼、ジョン・メイヤーとかその他男性シンガーソングライターとかから影響を受けているようで、
王子様のようなさわやかなルックスに、繊細で高度な技術力。んであまーい歌声。ちょっとワイルドさもある。

image.jpeg

たたずまいもポートベロー・マーケットにすっごくあってますよ・・・!
文句なしにかっこいいんだもん。

だけどこの高ぶる感情をうまくつたえられる英語力がわたしにはなく。
あめーじんぐあめーじんぐ言ってました(何者)
かっこよくて終始ずっと照れてました。
そしたら、わざわざ彼が私の低い目線に合わせてしゃがんでくれたんですもう・・・!
ああああああ

聞きたいことたくさんあったけど、うまく言えなくて。
んで私は日本人で、あんまり英語うまくないって伝えると、
わたしでもすんなり答えられるような質問とか英語とかふってくれて。
ロンドン好きになってくれた?とか、どのくらいロンドンにいるの?とか。
んですっげーカタコトの日本語で「アリガトウゴザイマス」といってくれて、

鼻血出そうになったんだけどもう。


そして、ふたりで写真を撮りました。

image.jpeg

めっちゃ近かった・・・・!
なんだこの日本人挙動不審だぞ。と思われても仕方ないですが、
気さくに応じてもらったぞ。


こういうふれあいがあったので、
ノッティング・ヒル散策、とても楽しかったです!
やっぱり人とのふれあいっていいですねー。
だいたい私のヨーロッパ一人旅って孤独なので、こういうのすっごくうれしいんですよ。
すっごく素敵。
そしてイケメン(笑)
また会いたいなー。またライブを楽しませていただきたい。そのときはもっとお金おいてくからさ!!!

んで、彼のもとを立ち去るときに、フライヤーらしいものをかっさらって帰ったので

image.jpeg

(ロンドン最後の晩餐にして、最初で最後のまともな食事の時に一緒に撮影しました)
彼はTomi Saarioという名前で、私と年齢も変わらないくらいで、しかもフィンランド出身だそうです。
私ヨーロッパ一人旅ではいっつもフィンエアー使ってるよ!ねえ!
(詳しくはこちらの記事を参照)→http://fanblogs.jp/gotuabroad/archive/7/0
彼のフェイスブックも(最近ようやく)友達申請し、ツイッターも一方的にフォローし、Youtubeチャンネルもしっかり見ましたよもう。



ちょうど、ポートベローでのライブの様子の動画を発見したのでご紹介。

ね、ほれぼれしませんか。この感動、語り合いませんか(何)
彼が素敵なのはもちろん、ポートベロー、素敵なところでしょ?
大きなショッピングモールとか、オックスフォードストリートとかでのショッピングもいいけど、
こういう通りで、自分のペースで好きに歩いて、自分好みの店を見つけるのもぜったいたのしいよ!

現在もTomi Saarioくんはポートベローでライブをしているそうですが、
特にライブの日や時期、時間等が決まってないようなので、不定期でフィンランドに帰っちゃったりとかもちろん彼の事情とかでやってないときももちろんありますので、
気になるかたはTwitterやFacebookで彼に「この時期にロンドン行くんだけど、ポートベローでライブしてない?」ってコンタクトをとってみてください。
私は日曜の午後に行きましたよ。
そんで、どんな反応があったか私に報告してください(英語のできないチキン)


ロンドンに興味があるあなたに、素敵な出会いがありますように


ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4875959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。