<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )さんの画像
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )
元女性アシスタントディレクター。 心は広島とオランダにおいてきぼりですが、名古屋市民です。 いちにんまえのトラベルライター目指し、日々これまでの旅行経験や映画や洋楽、西洋美術や海外ドラマなどについての記事を更新してます。 ネタになるだけ、今までの経験は無駄じゃない!
執筆先一覧
たびねす:http://guide.travel.co.jp/navigtr/833/
ランキングシェア:https://travel.rankingshare.jp/jmpgykxgpl/top
Twitter:@Kindermer
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月30日

最近読んだ漫画を紹介したい(少女漫画)

これまで、少女漫画を読み漁る経験はほとんどありませんでした。
小学生のころの「ちゃお」以来…

そんなわたしですが、
まあ、AD時代は忙しくて色恋沙汰など…
今は職場がぐんと年上の人しかいませんし…
ということで、少女漫画でときめきをチャージしてる、23歳女子です…

ということで、ネタもないし、
最近読んだ少女漫画を!

☆初恋はじめました。/山田デイジー
(なかよし、講談社)

まさかなかよし系のコミックスを手に取るとは…!
主人公は地味メガネ読書大好きな女子。そんな女子が、学園イチのアイドルに告白されるという物語です!
超越したストーリーではあるものの、主人公女子に好感がもてます。高望みしたりドリーミーな感じではないのですが、
常識人で冷静。でありながら、今まで無縁だったリア充の生活に戸惑うところもなんかカワイイ…!
将来有望な走り高跳びの選手、しかもイケメンで可愛い系男子のハルキも、まあモテすぎててちやほやされすぎてるところがあるものの、いやな性格ではありません。モテること、陸上のすごい選手だってことを鼻にかけることもなく。
このハルキがすごくタイプなんです。ホイッスル!(少年サッカー漫画)の、ノリックこと吉田光徳のような犬っぽさ…!
このノリックがホイッスル!で言うほどスポットライトがあたらなかったキャラなので、ノリック欠乏症のわたしにはたまらなかった。

自分に恋愛なんてきらきらしたものは似合わない。だけど、その気持ちにしっかりと向き合おうとしてくれるハルキに、心がすこしずつ動かされていく様子。すきです、わたし!

初恋はじめました。1巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:54時点)
感想(0件)




初恋はじめました。2巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




初恋はじめました。3巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




初恋はじめました。4巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




初恋はじめました。 1-4巻セット

価格:1,853円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




4巻まとめて購入しましたよ…

ほかにも手元に漫画があるのですが、
じっくり読んでからレビューしよっと。

日本シリーズ、カープ敗退に落ち込んでいる場合ではないのだ

2016年10月23日

時差ぼけしてるなら、ロンドンでミュージカルはやめとけ/夜中に犬に起こった奇妙な事件





今回はちょっとした思い出話です。
さくっとやりますよ。

IMG_3498.JPG

6月のロンドン滞在。
元役者ゆえ、舞台を見るのが好きな私。貧乏旅行でありながらも、ロンドンでミュージカルを見ることと、美術館を楽しむこと、
映画「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のロケ地めぐりをするのはゆずれない。
ということで、舞台、見ました!

以前滞在したとき、チョイスしたのは、フランク・シナトラのミュージカル。
セリフや演技はなく、過去の映像や歌を、舞台上で大勢のダンサーとオーケストラによる演奏とともに楽しむものでした。
今回は演技を!ということで、
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」をチョイス!


シナトラは、英語がわからなくても、シナトラの歌を知ってる人ならきっと楽しめるものでした。
(お客さんは若い人そんなにいなくて、アジア人はわたしくらいだったけど…)
今回見た、夜中に〜はセリフが多い。
あと、ストーリーに沿って舞台装置がどんどん変わっていきました。
あと、主人公はアスペルガー症候群という設定。アスペルガーぽい演技かはさておき、かなり早口なんです。ちょっと言葉が絡まってる感じもあり。
英語がわからないときついです。早い展開と舞台装置の変更についていけません。
早口ながらも役者さんだから、発音悪いとかそれはないと思います。
主人公とっても頭脳明晰だから、ストーリーがぽんぽん進んでいきます。
いつその話になった?みたいな。





演出方法もかなり斬新だし、舞台装置もとても勉強になりました。
ストーリーはとても面白いと思います。アスペルガーというくせのある主人公が、死んだ犬の真相を解明するために周囲とかかわっていき、答えを導きだそうと奔走する姿。
あと、舞台装置的に、1階席で見るのはきついと思います。
なぜなら、1階席はまっ平ら。後ろにいくほど少しずつ席の位置が上がっていく、というのではなく、どこまでもまっ平ら。
前の席に大きな人が座ってると、装置の一部や役者さんの足元が隠れてしまいます。かなり見づらいです。
舞台の位置よりも客席のほうが少し下にあるので、どの席に座っても見上げるようになります。眠いとつらいです。首が痛いです。うとうと…
それと、横に広い劇場ではありません。シナトラやってた劇場のほうが、横に広かったです。

もしこのミュージカルが見たいなら、1階席よりも2階席のほうがおすすめかも。
それか、1階席のなるべく前の方。もしかしたらとびきり後ろのほうが首が疲れないかもしれないけど、それはそれで舞台上が遠いから見えづらいし…
あと、英語に自信がない人はなかなか理解が難しいかも。なじみのあるストーリーじゃない分(小説を読んだことがなければ)、ストーリーと英語の理解、ついていけなくなりそう。
あと、時差ぼけや旅疲れのある時はおすすめしません。頭がついていきません。すっきりとした状態で楽しみましょう。






無事就職でき、フルタイム勤務でなかなかパソコンに向かう時間がとれぬ…
有休でドイツ横断するのを夢見て、しばしがんばります。





×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。