Vivy(ヴィヴィ)第10話

vivy10-1.jpgBS11の「Vivy -Fluorite Eye's Song-」です
歌姫《ディーヴァ》がいなくなり、引きこもっていた《ヴィヴィ》が戻って五年。
歌えなくなったヴィヴィは引退し、AI博物館で展示業務に従事していた…
そんな折、ヴィヴィの下に再びマツモトが現れる。歌う使命を果たせないヴィヴィは、シンギュラリティ計画の遂行に希望を見出すが、そんな彼女にマツモトが告げたのは計画完了の報告だった…
なら、マツモトは? AIユウゴが言った「天の啓示」の意味を調査していた。
vivy10-2.jpgヴィヴィはオサムという少年と知り合う。
ヴィヴィが一曲も歌えなくなったと知ると
「…僕、ディーヴァの歌を目の前で聞いてみたくて」「ごめんなさい…じゃあ、オサムさん。私と競争でもしませんか?」「競争?」「私は、どうすれば自分が歌を歌えるようになるか、その答えを探しています。それを見つけるのが先か、オサムさんがお友達をここに連れてくるのが先か」
孤立気味だったオサムはヴィヴィとの交流をきっかけに社交的になっていく。

vivy10-3.jpgヴィヴィは誰に命じられたわけでもなく自らの意志で自分が歌える曲を作ろうとするが、なかなかはかどらない。その間、オサム少年は成長し、AI研究者となっていた。ナナという女性と結婚したものの、持病のため出産時に亡くなってしまった…
ある日、オサムが娘のルナを引き合わせる
「人間はいずれ死ぬ。でも必ず誰かの心に残るんだ。妻は今でも僕の中にいるんだ」
その言葉にインスパイアされたヴィヴィは、これまでの出会いや別れなどの想いをテーマに一気に曲を書き上げた!
vivy10-4.jpg曲を完成させたヴィヴィは、眠りにつく。
「そうか。出来たんだね。お疲れ様ディーヴァ。今はゆっくり休んでて。次に目を覚ました時には、きっと君の歌声を…」
そんなオサムが呼ばれる…松本博士だと?

どれくらい眠っていたのだろうか。目を覚ましたヴィヴィが見たものは、炎に包まれたAI博物館!そして、人を襲うAIの姿!
シンギュラリティ計画は失敗!?
AIたちが歌っているのはヴィヴィの曲…


「Vivy -Fluorite Eye's Song- 」Vocal Collection ~Sing for Your Smile~は
6月30日発売!

【先着特典】Vivy -Fluorite Eye's Song- Vocal Collection 〜Sing for Your Smile〜(A4クリアファイル) [ (アニメーション) ]

価格:3,300円
(2021/5/30 20:36時点)
感想(0件)


コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント