妹さえいればいい 第8話

ireba8-1.jpgBS11の「妹さえいればいい」です。
京を姉のように慕う那由多は、京の誕生日に伊月の部屋でサプライズパーティーを開きたいと伊月に持ちかける。
プレゼントに悩む伊月と那由多は、好きな作家を訊ねるが、帰ってきた返事は…
『しいていえば伊月かな。ぜんぶ読んでるし。しいていえばだけど!』
同じ小説家として、初めて伊月に嫉妬を覚える那由多。ジト目が…


ireba8-2.jpg4月29日が誕生日の京。昭和の日か。
みんなに祝ってもらえて喜ぶ京。
伊月からは『好きな作家の貴重なサイン』
そして那由多からは…
「これなにが入ってるの?」「小説です。みゃーさんを主人公にした小説を書きました」「なに!?」「あたしが主人公の小説…」「編集部が知ったら全力で欲しがるだろうね」
那由多は人気作家さんだからね。日常はそう見えないけど…

ireba8-3.jpg家に帰った京が、早速那由多の作品を読むと、最初はファンタジー物かと思いきや
『愛しています姫』『あたしもよ、逸輝』
濃密なラブシーンが始まる!
「…って!エロ小説じゃないの!しかも騎士の外見がまんま伊月だし!」
それでも、最後まで読み切ってしまう
「なにこれ…ファンタジーって言うかエロ小説って言うか、神話?でも読むのがやめられなかった」胸をはだけ、荒い息の京。何してたの?

ireba8-4.jpg春斗と京をくっつけるべく、みんなで遊園地にやってくる。
絶叫マシンに乗りたがる那由多。当初は尻込みしていた伊月だったが、乗ってみると楽しー!
二人が仲良く遊んでいるのを見る京
「…さっさと付き合っちゃえば良いのに」
その横顔に京の乙女心を察する春斗
「そういうことか」
春斗が入り込む余地はないようだ…

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント