UA-159342037-1

広告

posted by fanblog

2021年01月19日

レザークラフトの刻印についての案です。

昨年は、主にコーデュラバリスティックナイロン生地1680dで小物を作っていました。

今年は又、レザークラフトの方にも取り掛かろうと思っています。
いつも悩んでいたのは、レザークラフトの小物にワンポイントが欲しい事でした。

レザークラフト用の刻印を使ったり、ドッグタグを貼り付けたり、アクリル絵の具で絵を描いたり、レーザー加工機(パワーの弱い安いモノ)で文字・イラストを付けたり、カッティングシートを使い塗装をしたり、焼きペンで文字を書いたりしていました。

いろいろ試してみましたが、レザーには刻印のように凹みがあって立体感が出るデザインが一番良いように感じます。

でも、市販されている刻印も数は限られていますし価格もそれなりに高く、特注も高いし、いつも安上がりな方法が無いか考えていました。

そこで突然、思いついたのが透かしチャームでした。
レジンの材料とか、イヤリングとかに使われているアクセサリーパーツです。

これだと、安くていろんなデザインがあります。
でも、これを使うためにはハンドプレスが必要です。ハンドプレスについては、以前、こちらのページで紹介しています。

ハンドプレスですと、静かに、ゆっくり、正確に力を加えられますので便利です。
下記の写真が、実際、透かしチャームでレザーに刻印した所です。
透かしチャーム.jpg
それぞれ、上の透かしチャームで押した後が、下のレザーで凹んでいます。
右から3番目は、透かしチャームの面の段差にバラツキがあり、うまく出来ませんでした。

チャームは当たる面がなるべく平面の方が良いです。
チャームが大きく、ハンドプレスの当たる面より大きい時は、間に適当な金属ブロックを入れています。

透かしチャームは100〜300円位のモノが多いので刻印より安いですし、種類も多いようです。
注意点としては、ある程度厚みがある事で出来れば1mm以上が良いようです。

それと、リング付きの場合はカットが必要な時もあります。
以上、参考までに紹介しました。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/10480066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリーアーカイブ
最新記事
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
クラフトガイアさんの画像
クラフトガイア
プロフィール
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。