UA-159342037-1

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2022年07月14日

ファンブログがHTTPS化されました。

待ち望んでいた、ファンブログがHTTPS化されました。
有難うございます。

安全面で心配でしたが、こらからは安心です。
又、スマホでチェックしようとした時の警告も無くなり良かったです。

2022年03月31日

更新さらに遅れそうです。

4月より新たに別の仕事が入って来て、ブログの更新が遅れそうです。
よろしくお願いします。

2021年12月28日

オフロードバイク卒業しました。

長年、オフロードバイクに乗っていましたが高齢の為、諦めました。

35年間乗っていました。
車種歴は
1 TLR-50   ホンダ トライアル
2 TLR-200   ホンダ トライアル
3 TLM-220R  ホンダ トライアル
4 XR−250  ホンダ マルチパーパス
ほとんどトライアル車で、万年ビギナーでした。練習に行く度、打撲捻挫は当たり前で骨折もありました。
それでも面白かったです。

最後のXR-250の時は、ツーリングが数回程度で、ほとんど通勤用でした。
このバイクは凄くバランスが良く、滑った事もありましたが修正したらすぐに立ち直りました。
転倒せずに、何度も助けられました。

高齢になって自分で安全運転しても、ぶつけられたら怪我の治りが遅いだろうと思い諦めました。
XR-250は数十年の付き合いがあるバイクショップに買い取ってもらいました。
手渡す時は、複雑な気持ちでした。

希望通りの価格で助かりました。
工業用腕ミシンの購入にそのまま充てました。

数日で入荷予定です。

 

2020年12月31日

良いお年をお迎えください。

今年は、多くの皆様に訪問していただき有難うございました。

書いた記事で何か、皆様の参考になりましたら幸いです。
いつも、世の中に無いモノが作れないかと考えています。

今年は特にインビスタ社のコーデュラバリスティックナイロン1680dの生地をメインに小物を作って来ました。
東レのギガホールド4200dクラスの生地も使いましたが、あまりの厚さ、硬さで簡単に使える生地では無い事が分かりました。

来年は、ナイロン生地とレザーを組み合わせて、ハイブリッドで作ろうと思います。
レザークラフトは、長年やって来ましたので又、取り組もうと思います。

それでは、来年も皆様にとって良い年でありますように。

2020年10月08日

インターホン玄関子機、修理しました。

最近、インターホンの受話音量が小さくなり、玄関先のお客さんの声が聞きづらくなっていました。

電子機器の修理歴は50年位ありますので、とりあえず修理する事にしました。
パナソニックのインターホンで7年位前、取り付けたと思います。

まずは症状確認です。
・親機で受話音量が小さい。
・子機でも受話音量が小さい。

となると、共通部分の外部の玄関子機の故障と判断しました。
よって、玄関子機を分解する事にしました。

1枚目の写真が、玄関子機を分解した内部です。
インターホン玄関子機 内部.jpg
長年の経験から、まずは目視します。

プリント基板は、いたって綺麗で水の侵入は全然ありません。
基板上の部品も最近の技術では、個別の半導体、抵抗、コンデンサーとかの故障は考えにくく、物理的に稼働部分を持つ部品、マイク(振動板あり)を疑いました。

早速、マイク(コンデンサーマイク)を注文する事にしました。
ネットでいろいろ調べました。ところが価格がまちまちで、1個50円から2000円位するものまであります。

とりあえず、代替品で同等のマイクで良いので探しました。
1個50円のマイクにしようと思ったら、送料が600円でした。

これじゃ意味が無いと思い、さらに調べるとアマゾンで10個490円が見つかりました。
幸いアマゾンプライム会員なので、送料はただです。

今日、届いて早速マイクを交換しました。
2枚目の写真が、交換前のマイク部分です。
インターホン玄関子機 マイク.jpg
基板にマイクが付いています。
これを交換しました。

3枚目の写真が、コンデンサーマイクです。
コンデンサーマイク.jpg
左が元々付いていたマイクで、右が代替品です。両方とも直径6mm位です。

代替品ですが、寸法、外観がまるで似ていいます。
結果的に故障原因はマイクに間違いありませんでした。

交換後、テストしたら以前より音が大きくなり外の道路の音がやかましい位です。
長年の経験が役にたち、49円で修理完了しました。

2020年10月02日

「スマホベッド🄬」改良中です。

スマホベッドを紹介するのは2回目です。(訂正)

「スマホベッド」の名称は、商標取得しています。よって、正式にはどなたも、ネット等、公共では使う事は出来ません。商標取得は2019年3月です。出願から登録まで1年位かかりました。

でも、今のところは特に気にしていません。検索すると最初にアマゾンで出てきます。その他、沢山あります。
商標取得にしたのは、特許、実用新案には属さないからです。

話は逸れましたが、スマホベッドとは何かを説明致します。
簡単には、スマホ置くためのベッドの形をしたものです。

どうしてこんなベッドを作ったかの説明を致します。

スマホは今では、ほとんどの人がひとときも離さず持ってあると思います。
キャッスレスの道具でもあり、非常に大切な存在になっています。

例えば財布はお金のベッドとも言われています。
ですので、スマホ専用のベッドがあっても不思議ではありません。

又、テレビ、ラジオ、スマホ等、電波を受信する機器はスピリチュアル的にはいろんな気を引き寄せ、邪気まで引き寄せるそうです。そのため、浄化する方が良いようです。

以上の事より、スマホを大事に使うため専用のベッドの形をした台「スマホベッド」を作りました。
同時に、浄化をするための水晶も中に入れました。

水晶はパワーストーンの中でも最強の浄化作用があるそうで、他のパワーストーンの浄化までします。
ベッドの形にしたのは、スマホも使わない時は休んでもらおうとの考えです。

ネットショップで1年以上前から発売していますが、かんばしくありません。
1枚目の写真が、ショップに出品しているスマホベッドです。
無題.png
色は白一色です。購入された方が、ご自身でデコレーション出来るようにと考えました。
あまり単純過ぎたようです。

このタイプは、マットレスの中に水晶さざれを詰めています。
外観では見えませんが、取り出しも出来ます。

よって、もう少し最初からデザインを変えようと作り始めました。
2枚目の写真が、今、製作中のスマホベッドです。
スマホベッド.jpg
このタイプは、マットレス部分はレザーを使い中にはウレタンフォームを詰めます。
水晶は、下の段の引き出しに入れます。

ベッドフレーム全体に、ウォールナットツキイタを貼ろうと思います。
写真では一部、貼っています。

とりあえず、試作してみようと思います。長くなりましたが今日はここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



2020年08月26日

多忙につき、更新が遅れます。

だんだん、多忙になってきました。
213回連日更新してきましたが、少し間をおいての更新になります。

当ブログはモノ作りがメインで、文章だけとは違い1つ1つに時間を要す為です。
引き続き、モノ作り、アイデア等があったら記事をアップします。

よろしくお願いいたします。

2020年08月09日

面ファスナーについて。

普段、主に使っている面ファスナーはアラコーです。国産では有名なメーカーと思います。
今まで数年使った限りでも個人的には問題無く、今でも継続して使っています。

他には、ベルクロ社のベルクロを時々、使っています。若干価格が高いのでいつもは使っていません。
ただ、ミリタリー系のグッズを作る時とか凝りたい時はベルクロを使います。

ベルクロは米軍の装備品に使われているようで、信頼性が高いようです。

ベルクロの面ファスナーのループ(一般的にはメス)の特徴は一般的なループと違い整然と並んでなくて、密度がありループの長さも、バラバラのようです。

それで、くっつき易くて取れにくいようです。
下記の写真が、ベルクロです。
面ファスナー ベルクロ .jpg
上がベルクロのループです。
中央がベルクロのフック(一般的にはオス)です。
下が色の種類です。

ベルクロのフックは、一般的なフックとほとんど同じに見えます。
フックに関しては、アラコーのフックの方が噛み付きが良いみたいです。

ベルクロのフックをよく見ると、フック部分の断面に多少熱が掛かったみたいで、若干縁が丸くなっているように見えます。

それでベルクロのループには、ベルクロのフックより、アラコーのフックの方が噛み付きが良かったです。
不思議ですね。

ついでの話ですが、最近ミリタリー系のバッグがかなりネットで販売されています。
価格がかなり安いので、色々買ってみました。

最初は気にしてませんでしたが、年数が経つと変色してきます。
生地も固くなってくるようです。

面ファスナーもベルクロのフックに似てますが、使っているうちにループが所々切れてきて噛み付きが弱くなります。
結局、使ってある材料が良くないと言う事みたいですね。

2020年07月29日

リッパー(裁縫道具)について。

今までリッパーは20年位前、購入した家庭用ミシンにおまけで付いていたリッパーを使っていました。
その付属のリッパーが良くなかったせいか、糸切りがうまくいかず、たまには生地まで切れた事もありました。

あまり縫い直す事も考えず、使用頻度が少なかった為、リッパーは気にしてませんでした。
ところが職業用ミシンを購入後、裁縫の頻度が増えてきました。

それにつれ縫い直す頻度も増えてきて、糸切りが億劫になっていました。
そこで新しいリッパーを念のため、買いました。

下記の写真が、買ったリッパーです。
リッパー.jpg
クロバーのリッパーです。
クロバーの道具等は時々買っていたので、信頼感はありました。
よって、価格も安かったですが良い道具です。

これを、使ってみて驚きました。
糸の縫い目の隙間に針は通り易いし、糸もサクサク切れます。

アッと言う間に、糸が切れ分解出来るので助かります。
全く、糸切りが苦にならなくなり、むしろ楽しい位です。

早く買っておけば良かったです。
他のリッパーは使ってませんので評価は出来ませんが、リッパー単品で販売しているモノは良いのでしょうね。




2020年06月28日

アイレットホック用駒を買いました。

アイレットホックを買ったら気にいって、さっそく専用の駒をかいました。
かなり頑丈に出来ています。

1枚目の写真が、アイレットホック用の駒のセットです。
アイレットホック駒セット.jpg
左側がボタン側のセットで奥が台に乗せる側で、手前が上からプレスする側です。
右側が受け側のセットで奥が台に乗せる側で、手前が上からプレスする側です。

それぞれプレスする側は専用プレス機用ですので、オスねじになっています。
これをそのまま汎用プレス機に使うとグラつきますので、ナットを付けました。
2枚目の写真が、駒を付けた状態です。
アイレットホック駒セットナット付き.jpg
それぞれナットを2個付けてちょうど良い状態になりました。
サイズはウィットネジの5/16でした。

実際の汎用プレス機で安定するかテストしました。
3枚目の写真が、ボタン側をプレスする状態です。
アイレットホックボタン側プレス.jpg
汎用プレス機でプレス可能な事が分かりました。

4枚目の写真が、受け側をプレスする状態です。
アイレットホック受け側プレス.jpg
こちらも汎用プレス機でプレス可能な事が分かりました。

専用プレス機は高いので、汎用プレス機で使えて良かったです。
今度、作品作りに使ってみます。
カテゴリーアーカイブ
最新記事
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
クラフトガイアさんの画像
クラフトガイア
プロフィール
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。