UA-159342037-1

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年10月28日

ウエスタンシャツ9作目作りました。

又、ウエスタンシャツを作りました。

今回は、ワンポイントとしてテープを付けました。
よって、ウエスタンシャツぽくなったと思います。

下記の写真が今回のウエスタンシャツです。
ウエスタンシャツ1028.jpg

ヨークの境目上にテープを縫い付けました。
こんな簡単なことですが、かなり目立ちます。

次回は又、別の事を考えてみたいと思います。

2021年09月26日

次に作るウエスタンシャツの準備をしています。

次に作るウエスタンシャツの生地は、吸水加工T/C帯電防止マイクロギャバ(サンドベージュカラー)を使います。割と薄目の生地です。
これからは、時期に合わせ長袖を作って行こうと思います。

布を裁断して接着芯を貼り付け、パーツの準備までしました。
下記の写真が、そのパーツです。
ウエスタンシャツ 生地パーツ.jpg

後は縫うだけです。
作り上げたら、アップします。

2021年08月05日

ウエスタンシャツ8作目を作りました。

引き続きウエスタンシャツ8作目を作りました。
生地は吸水加工T/C 帯電防止マイクロギャバ サンドベージュ系で若干薄く春夏に使える感じです。

下記の写真が、ウエスタンシャツ8作目です。
ウエスタンシャツ8作目.jpg
今までと同じデザインです。
特に変わらないです。

8作目位になると、段々要領が分かって来た感じです。
ノウハウを貯めるには、失敗の繰り返しと思います。

とことん失敗しておけば、それが知識となって色んな場面に対処がしやすくなります。
ピンチにも強くなります。

今までの過去の修理経験から学びました。
夏が過ぎたら、長袖シャツを作ろうと思っています。

2021年07月15日

ウエスタンシャツ7作目を作りました。

引き続いてウエスタンシャツ7作目を作りました。
(完成と言う言葉を使うのをやめました。いつも習作で練習ですので。)

今回の生地は吸水速乾(清涼素材)イエローオーカー系です。
前回の生地よりは、多少粗く硬めです。デザインはいつもと同じです。

下記の写真がウエスタンシャツ7作目です。
ウエスタンシャツ7作目.jpg
毎回、生地を変えて作っていますが次回はデザインをアレンジしたいと思っています。

2021年06月22日

ウエスタンシャツ6作目が完成しました。

生地を変えて、ウエスタンシャツ6作目が完成しました。
今回は吸水速乾 T/Cサラクールと言う生地を使いました。

生地にセラミックが練りこんであり、紫外線を遮へいする効果があるそうで夏に適しているそうです。
下記の写真が、ウエスタンシャツ6作目です。
ウエスタンシャツ6作目.jpg
色はブルーグリーンで写真で分かりにくいですが、鮮やかで綺麗な色です。
まだまだ、勉強の余地があり、作る度に新しい発見がありノウハウが身に付きます。

レザークラフトの場合、間違って縫い穴を開けてしまうと、ほとんど修正は出来ませんが、布生地の場合は間違って縫っても、又ほどいて縫い直しても、ほとんど大丈夫なので助かります。
価格もレザーに比べ、かなり安いので助かります。

又、次が出来たら生地をアップします。

2021年06月14日

ウエスタンシャツ5作目が完成しました。

今回は半袖のウエスタンシャツ5作目が完成しました。

長袖に比べ作業内容が少ないので、時間短縮で出来ました。
1枚目の写真が、ウエスタンシャツ5作目です。
ウエスタンシャツ5作目.jpg
今回は、夏に適した80/2コットンカラミ織と言う生地を使いました。
80番手の糸を2本よった糸の生地だそうです。

2枚目の写真が、その生地の拡大です。
ウエスタンシャツ5作目の生地.jpg
ストライプ柄の間にメッシュを組み合わせたような生地です。
風通しが良さそうで、夏に着ても涼しそうです。

5作目になると、段々作るのも慣れて来ました。
後は慎重に丁寧に作ると綺麗に仕上がると思います。

次は6作目を製作途中です。

2021年06月08日

ウエスタンシャツ4作目が完成しました。

前回の続きで、ウエスタンシャツ4作目が完成しました。

今回はドビーボイル ミラクルウェーブ加工と言う、コットン100%の生地を使ってみました。
かなり薄い生地で、少し透けて見える感じです。

暑くなって来たら、なるべく涼しい様にと思い使ってみました。
下記の写真が、そのウエスタンシャツです。
ウエスタンシャツ4作目.jpg
色は明るいグリーン系です。

薄い生地は、中々縫いにくいです。
よく失敗するのが、知らぬ間に生地の一部を巻き込んで一緒に縫ってしまう事です。

数十cm縫った後に気が付くとガッカリします。
又、全部リッパーでほどいて縫い直します。失敗こそノウハウの素ですね。

今回ウエスタンシャツ4回目の製作ですが、段々要領が分かって来たような気がします。
あとは、数をこなし、早く、正確に、丁寧に作る事だと思います。

次は、半袖にしようと思います。

2021年06月01日

ウエスタンシャツ3作目が完成しました。

ウエスタンシャツ2作目は、失敗しました。

襟に使った接着芯が硬すぎた事と、肩の部分の縫いそこないで、みっともなく途中で作業を止めました。
何しろ、衣類を初めて作り始めたばかりで、しばらくは失敗続きと思います。

1枚目の写真が、2作目の失敗作です。
ウエスタンシャツ2作目失敗.jpg
肩だけだと、修正したかも知れませんが、襟部分は生地が足りなくなり諦めました。

その後、すぐに3作目を作り始めました。
3作目は生地をチェック柄にしました。厚みはブロード程度で、多少目が粗く少し透けて見えます。

気温が上がって来てますので、なるべく涼しい生地が良いと思いました。
2枚目の写真が、3作目のウエスタンシャツです。
ウエスタンシャツ3作目.jpg
細かく見ると、縫い目が波打っていたりしてますが、とりあえず実用にはなりそうです。
糸は手持ちの20番手のミシン糸を使いましたが、丈夫そうで良さそうです。

途中で気が付いたのですが、チェックの柄が大きく、正方形で無く若干、長方形でした。
継ぎ目を合わせにくく、斜めに使った所もうまく出来ませんでした。
まだまだ練習状態ですので、これからと思っています。

ウエスタンシャツの襟のボタンは、普通のボタンでボタンホールに付けるタイプですが、アメリカンスナップボタンをそのまま付けました。

それと裁断の方法ですが、変えました。
パターンショップichicaさんからアドバイス頂き、生地の上に型紙を乗せ、直接ロータリーカッターで切る様にしました。これで、時間がかなり短縮出来ます。
有難うございました。

でも、最初のうちは不慣れで型紙の端も何か所が切ってしましました。
その後は、慣れて大丈夫です。

それから、YouTubeでも製法工場での職人さんの仕事を参考にしています。
その都度、製作に悩んだら拝見して非常に役立っております。

又、生地の種類を変えて4作目を作ってみます。

2021年05月25日

ウエスタンシャツを作っています。パート2。

ここからが2作目のウエスタンシャツの製作です。
作業内容も説明しています。

作業としては、先ず型紙を厚紙にコピーして切り抜き、縫い代付きと実寸の型紙2種類を作りました。
2種類作った訳は素人にとっては、後で作業がやり易くなるからです。

その型紙を元に、布に当てて線を書きます。
1枚目の写真が、その様子です。
型紙より布に線を書いている所.jpg
(右側の線が3本になっている所は間違いです。)
厚紙ですので、書きやすいです。

ペンはフリクションボールペンを使っています。
アイロンを掛けると、即、線が消えるので重宝しています。

次に布を裁断して行きます。
2枚目の写真が、裁断したパーツになる布です。
裁断したパーツ.jpg
数えませんでしたが、説明書では24枚です。

次の作業がパーツのそれぞれの取り付けになります。
3枚目の写真が、組み立ての途中です。
パーツを取り付け途中.jpg
この段階で素人として、役立つのが厚紙の実寸の型紙です。

それぞれのパーツで折り目を付ける作業が出てきます。
アイロンを当てて、折り目を付ける訳ですが、ここで実寸の型紙を当てると簡単に正確に出来ます。

今まで小物を作る時は、主に防弾チョッキ等に使われるバリスティックコーデュラナイロン1608dの頑丈な生地を使い、糸は20番手の割と太い糸を使って来ました。

今回は、ブロードの薄い生地で、糸も60番手の細い糸を使い今までの感覚と全く違いました。
ミシンの糸調子を調整し慣れるまで苦労しました。

今日はここまでです。



ウエスタンシャツを作っています。

突然思い立ちウエスタンシャツを作り初めました。
今まで、革や布で小物を作って来ましたが、衣類に関しては素人で作った事が無く初めてです。

どうして作ろうかと思ったかと言うと、
@市販のウエスタンシャツは、ほとんどデニム生地で同じに見える。
A違う生地で気に入ったと思ったら価格が高くすぐには買えない。
Bロックミシン(淵かがり専用ミシン)がたまたま安く入手出来た。
以上は大まかな理由です。
と言う事で、自分で作れないかと思い立ち始めました。

元々、ウエスタンシャツには興味を持ってましたし、数枚は持っています。
ミリタリー系の服も興味がありますし沢山持っています。

どちらも元々、作業服で共通点もあり丈夫でもあります。
ウエスタンシャツは、ミリタリー系のシャツを格好良くしたようなイメージもあります。

先ず、ネット上で「ウエスタンシャツ 型紙」と検索したら「パターンショップichica」が見つかりました。

早速、注文して型紙と説明書を入手しました。
1枚目の写真が、その外観です。
説明書と型紙.jpg
左が説明書(裏表紙)で、右が型紙です。著作権の関係で、外観のみです。
パターン13枚で裁断が24枚です。

手順とか内容が事細かに書かれています。
慣れている人であれば問題無いと思いますが、素人の場合よく読んでおかないと、失敗します。

実際、試しにまず作ってみたら数十回位、失敗しました。
2枚目の写真が、とりあえず、作ったウエスタンシャツです。
ウエスタンシャツ 試作.jpg
見た感じは完成しましたが、失敗が多く着る事が出来ません。
生地はワイシャツ等に使われているブロード生地です。

とりあえず、襟のボタンまでは付けてませんが、形としては完成しました。
これで、一応自分で作る自身が持てましたので、次を作る事にしました。

「パターンショップ ichica」さんのお陰様で助かりました。
分からない事でメールしたら、親切に教えて頂きました。良いショップです。

カテゴリーアーカイブ
最新記事
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
クラフトガイアさんの画像
クラフトガイア
プロフィール
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。