2018年07月29日

ブログ運営を利用した節税方法。匿名化解除の後はこれも経費になりそうです



広告
おさらい

 節税方法を考える記事のアップデート版になります。
 前回記事は下記の通り。

  ・(2018年3月版)世界中の欲しい物やサービスを「3割引」で入手する方法


 まずはおさらいになりますが、ソーシャルレンディングによる収益は雑所得です。
 雑所得は他の所得と合算できなかったり、年を越えて損失が繰り越せなかったりと税制上ではかなり不利な
 所得となってしまいますが、雑所得の内部であれば損益の合算は可能です。

 そして、このようなブログの収益(費用)もまた、雑所得に分類されます。
 この特徴を利用して、ソーシャルレンディング投資とブログ運営を同時に行い、収入と経費を相殺して
 節税を行おうというのが、私の提案する方法となります。


  light-bulb-3535435_960_720.jpg

詳細な方法

 基本的に経費と認められるのは、その収益を得るための直接的費用だけだです。
 ソーシャルレンディング投資の場合、直接的な費用は手数料やセミナー参加料、交通費くらい。
 それは、ソーシャルレンディングのブログにおいても変わりありません。

 ですのでブログ運営と言っても、このようなソーシャルレンディングのブログを運営したのでは、副収入の
 増加はともかく経費の増加は見込めないということになります。
 そのため、もう一つ別のブログを運営する必要があります。
 私の場合、副業の損益構造は以下のようになっています。


  @ソーシャルレンディング投資: 基本的には毎月収入、経費は手数料と交通費と通信関連程度

  A当ブログ: アフィリエイト+広告収入、経費はほとんど無し

  B別の趣味ブログ: アフィリエイト+広告収入、経費は多く赤字



 これで、@+Aの収益と、Bの経費を相殺するというのが基本の考え方です。
 @+Aの収益を超える分の相殺はできませんが、@やAの収益がそれなりに大きければ、Bによる節税は
 大きな効果を上げることができるでしょう。

 趣味ブログの内容は、自分の趣味でどうしても出費するもの、から選ぶのが良いと思います。
 ファッションでも外食でもアウトドアでも、よほど浮世離れしたものでなければ大丈夫でしょう。
 それを紹介するブログを立ち上げ、きちんと広告やアフィリエイトなどで収益化すれば、上で言うところの
 Bに相当するブログのできあがりです。
 あとは、そちらのブログもきちんと更新して運営していけばいいわけです。

匿名化がなくなったら

 この部分が今回のアップデートのキモとなります。

 ソーシャルレンディングは、今期中に匿名化が解除される予定とのこと。
 さらに、上場会社のいくつかが参入予定ということもあり、まだまだ将来は面白そうです。

 匿名化が解除されれば、その時は貸付先や担保物件の情報が分かり、所在も分かるでしょう。
 となれば、投資を行うものとしてその場所を実際に視察することも重要です。
 その分の費用は当然、ソーシャルレンディング投資の必要経費です。


 つまり匿名化の解除により、上記のようなブログ運営をしなくとも、事業者や物件のある場所への交通費や
 それに伴う旅費、滞在費などを経費とすることができるようになります。
 あまり大っぴらには言えませんが、旅好きの投資家には朗報ですね、ということです。

最後に宣伝

 最後に、本ブログで使用している広告やアフィリエイトを紹介します。
 アフィリエイトバナーについてはご理解の上、ご利用いただければ嬉しいです。
 また、私も投資しているお勧めのソーシャルレンディング事業者については、下記の記事をご覧下さい。

  ・(2018年6月版)SL初心者にお勧めの事業者


 忍者AdMax:
 広告表示により収入を得られるサービスその1。クリック数は収益にあまり影響ない?
 表示単価は高いとは言えないものの、500円から現金化可能なため、導入ハードルは低い。
 (アフィリエイトリンク)

 


 Google Adsense(直リンク):
 言わずと知れた最強広告媒体。特にクリック単価が高い。
 現金化は8,000円から。



 お名前.com:Google Adsenseは独自ドメインが必要なため、私はこちらで取得しました。
 (アフィリエイトリンク)

 



 TCS Affiliate:
 当ブログの主力アフィリエイト。主に金融系に強い。
 (直リンク)

 TCS_Banner.png

 A8.net:
 有名なアフィリエイトサービスプロバイダ。当ブログがお世話になっているFanBlogも運営しています。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2018年07月28日

7/26 LCレンディング(メディカル案件)に投資を行いました+病院関連で一般社団法人が設立されています



広告
LCレンディングに追加投資を行いました

 LCレンディングから7月2回目の元利償還を受け取り、全額を追加投資しました。


 ・LCメディカルファンド5号 32万円

  予定利率:8%
  期間:18ヶ月
  貸付総額:2,500万円
  担保:無し

  


 メディカルファンドという名前は始めてですが、内容としてはこれまでも募集されていた医療関連事業に
 対する貸付、LCセレクトファンドと同じものであると思われます。
 条件のうち利率は同じ8%ですが、期間は18ヶ月と少し伸びています。
 (ちなみに下記リンクの案件では貸付先はS社、この案件ではAD社と識別が違いますが、これは下記リンク
  の時はLCパートナーズ、この案件はLCメディコムに貸し付けているためと思われます)

  ・医療関連事業の例:LCセレクトファンド314号


 LCホールディングス(LCHD)は以前の中期経営計画にて、医療事業への注力を発表しています。
 これまでの商業施設や倉庫などの不動産事業をすぐに転換するということではないでしょうが、方針として
 決まっている以上、LCHDは当然体制をこちらに傾けることになるでしょう。
 そういった意味で、担保はありませんがLCHDと一連託生な以上、投資する価値はあると判断しました。

  ・平成 31 年 3 月期〜平成 33 年 3 月期 中期経営計画  (LCHD)

一般社団法人の設立

 LCHDの医療事業への注力を表すように、最近LCHDは一般社団法人を二つ設立しています。
 「一般社団法人グローバル・メディカル・アライアンス」「一般社団法人グローム研究所」
 説明文を読む限り、前者は関連医療施設の管理を、後者は開発研究を行うものと思われます。

  ・一般社団法人設立に関するお知らせ

当社は、今後成長の見込める病院関連事業に集中していく方針を採用しており、医療の発展を推し進める観点から、当社グループが助力することにより、医師や学識経験者等の専門家が理事に就任した一般社団法人が 6 月 25 日に設立されました(7 月 4 日登記完了)。
特に一般社団法人グローム研究所については、当社グループにおける利益のうちの一部を研究資金に充てる等、医療の発展に資する活動をできるよう当社グループとしても支援していく方針です。

 これら社団法人の代表は、宇於ア 泰弘氏。

 名前で検索をかけてみると、去年から「杉野脳神経外科医院」の理事長に就任されているようです。

  ・理事長交代のお知らせ (杉野脳神経外科医院)


 同姓同名の可能性もありますが、医師の世界で、しかも比較的珍しい名前。
 さらにこの病院の所在は富山市で、LCパートナーズが投資している病院の所在にも合致します。おそらく、
 この病院の方を社団法人の理事長に据えた、ということなのでしょう。



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資記録


<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント