2017年12月01日

(2017年12月版)SL初心者にお勧めの事業者



広告
 追記:
 このページの内容については、2018年3月に見直しを行っています。
 最新の記事はこちらをご覧下さい。


  ・2018年3月版)SL初心者にお勧めの事業者

 2018/1/27追記:
 コメント欄にてご指摘を受け、maneoのデフォルト実績を訂正します。
 また、SBI SLのカンボジア案件延滞の件を追記します。


 2018/2/25追記:
 ラッキーバンクに処分勧告が出た事を受け、内容を追記します。
 記事内のアフィリエイトリンクを暫定的に停止しました。


以前の記事から少し経ちました

 初版「なるべく客観的なまとめ:SL初心者にお勧めの事業者」を書いたのは、6月末のことでした。

  ・参考記事:なるべく客観的なまとめ:SL初心者にお勧めの事業者

 それから5ヶ月。
 幸いにも、お勧めしたものの中で、事業者単位でひっくり返ったものはありませんでした。
 案件単位についてもデフォルトは無し、高リスクですよと宣言したもの以外は、(私の知る限りにおいて)
 返済遅延はありません。

 結果として、この5ヶ月はお勧めした者として及第点と言えるのではないでしょうか。
 (もっとも、もし何か問題が起これば、数千万円投資している私も大打撃を受けることになります。
  一応それだけの投資をしている事実を背負った上でお勧めさせていただいています)


 さて、5ヶ月経ちましたので、上の記事をアップデートしたいと思います。
 基本的にはあまり変わっていませんが、最新版「なるべく客観的なお勧め」ということでご覧下さい。

 なお、本ブログのアフィリエイトポリシーについては、こちらの記事にあります。
 ブログの運営方針も書いてありますので、是非一読をお願いします。

初心者向けの投資スタンス

 ソーシャルレンディング投資を始めてみたいけど、何をすればいいか分からない方には、あくまでも
 私見ですが、以下のようなスタンスをお勧めします。

  @手堅い業者を選ぶ。この際利率は二の次。

  Aまずやってみる。

  B少額、担保付き、短期から始める。


 当たり前のスタンスなのですが、非常に重要ですのでこのブログでも何度も繰り返しています。
 それぞれもう少し解説しますと、以下の通りです。


  @手堅い業者を選ぶ。この際利率は二の次。
  他の投資で十分な経験と実績があり、ソーシャルレンディングで遊んでみたいという方であれば
  最高利率一点張りの投資もありでしょう。
  そうではない方は、まず手堅く始めるのが一番です。
  ソーシャルレンディング事業者は証券会社などと比べれば規模は小さいですが、その中でも比較的
  手堅い業者はあります。この後で紹介しますのでご覧下さい。

  Aまずやってみる。
  机上でいくら本を読んでも、あまり身には付かないのではないでしょうか。
  実際に身銭を切ってこそ、勉強や情報収集にも身が入ると思います(少なくとも私はそうでした)。
  もちろん、「まずやってみる」とは言え、前の項で述べましたように手堅い業者を選ぶこと、
  次の項で述べます少額・担保付き・短期投資を選ぶことは重要です。

  B少額、担保付き、短期から始める。
  少額から始めるのは、言うまでもない定石でしょう。投資は必ず、余裕資産で行って下さい。
  その上で、担保がきっちりしている案件を選ぶことも重要です。
  最初からギャンブルのつもりならともかく、はじめての投資で無担保案件は選ぶべきではありません。
  あとはできれば、短期の案件がいいでしょう。
  ソーシャルレンディング投資の特徴として、「投資したら後は待つだけ」というのがあるのですが、
  これは裏を返せば「途中換金できない」という事であり、最初から2年や3年の案件に投資をするのは
  あまりお勧めできません。


 piggy-2889046_960_720.jpg

手堅いソーシャルレンディング事業者の条件

 ここから先は、私の意見です。
 手堅いソーシャルレンディング事業者とは、下記のような条件を満たしているところだと思います。


  @会社の規模が大きい
   (または、大きな会社がバックについているor大会社からの出資を受けている)

  A開業からの期間が長い、貸付実績が多い

  B黒字経営をしている
   (または、バックにある会社が黒字経営である)

  C代表者及び経営母体、関係者にネガティブな情報がない


 2017年12月現在、以上の条件から「手堅い」ソーシャルレンディング事業者を判断してみますと、
 私の意見では、次のような業者となると考えています。
 いくつかの業者にはアフィリエイトリンクが貼ってありますが、手堅い事業者かどうかを判断する際に
 アフィリエイトを提携しているかどうかは考慮せず、可能な限り客観的に判断したつもりです。

 (なお、条件Cについては各事業者の項で解説をしていませんが、そもそもネガティブな情報がある
  事業者は下記のお勧め&一度は検討すべきリストの中に入っていません)


 また、それぞれの業者について、私自身の投資額も公開します。
 投資方針は千差万別ですが、もし参考になれば何よりです。


 cash-1169650_960_720.jpg

手堅いソーシャルレンディング事業者 4選

 まずは手堅いソーシャルレンディング業者を4つ紹介します。
 全て、私も500万円以上の資金を投入しています。
 初めてのソーシャルレンディング投資先には、これらを選ばれる事をお勧めします。


  1.maneo 私の投資額 約1,190万円

   @直前期売上高約22億円。
    さらに、GMOクリックホールディングスやSMBCベンチャーキャピタルなどが出資している。
   A開業から9年、貸付累計額は960億円超、デフォルト無し。
    法人向け貸付案件においてはデフォルト無し。今は中止している個人向け案件はデフォルト有り。

    *貸付先が1件破綻したものの、投資元本は全額回収済み。
   B直前期営業利益 約2億円の黒字経営。

   リンクはこちら(アフィリエイトではありません)
   


  2.SBIソーシャルレンディング 私の投資額 約720万円

   @貸付額112億円、直前期の単期で初めて黒字化を達成(黒字額は約1,000万円)。
    経営母体は総合金融ブループであるSBIホールディングスであり、基盤は堅いと推測される。
   A開業から7年、累計貸付額は350億円超。
    個人向け無担保融資(現在は取り扱い無し)を除いては、これまでデフォルトは無し。
    追記:カンボジア向け個人無担保融資において延滞発生。

   B例として、BIホールディングスの一部であるSBI証券は、直前期の営業利益400億円弱。

   リンクはこちら(アフィリエイトリンクです)
   SBIソーシャルレンディング


  3.LCレンディング 私の投資額 約860万円

   @100%親会社のLCホールディングス(マザーズ上場)は直前期の売上高69億円。
   A開業から3年、貸付額は130億円超。デフォルト無し。
   B100%親会社のLCホールディングスは直前期の営業利益6.3億円。

   リンクはこちら(アフィリエイトではありません)
   


  4.オーナーズブック 私の投資額 約550万円

   @親会社ロードスターキャピタル(マザーズ上場)の直前期売上高は46億円、純資産21億円
   A開業から3年、累計貸付額は約35億円
   B親会社ロードスターキャピタルの経常利益は6.8億円

   リンクはこちら(アフィリエイトリンクです)
   OwnersBook


一度は検討すべきソーシャルレンディング会社 4選

 以下のソーシャルレンディング会社は、初めての投資先としてお勧めしにくい理由が少しあります。
 ですが、それぞれに特徴のある業者ですので、運用を検討してみてはいかがでしょうか。


  5.クラウドバンク 私の投資額 約740万円
   @親会社日本クラウド証券の営業収益は直前期で2,100万円の赤字。
   A開業から4年、貸付額は220億円弱、デフォルト無し。
   Bクラウドバンク単体の財務状況は不明。
   *過去2回の行政処分はあったものの、現時点では状況は改善していると思われます。

   初心者にお勧めしきれない理由:
   経営母体の日本クラウド証券が現時点で赤字、かつ、バックに大資本がないと思われるため。


   リンクはこちら(アフィリエイトリンクです)
   クラウドバンク


  6.ラッキーバンク 私の投資額 約530万円
   @ラッキーバンク本体の資産は63億円、当期純損失は約5,000万円。
   A開業から2年、貸付額は135億円弱、デフォルト無し。
   B@に同じ

   初心者にお勧めしきれない理由:
   ラッキーバンクが現時点で赤字、かつ、バックに大資本がないと思われるため。

   ラッキーバンクに処分勧告が出ています。
   今後の処分内容、及び対応を確認するまで、下記アフィリエイトリンクを停止します。


   リンクはこちら(アフィリエイトリンクではありません)
   ラッキーバンク


  7.ガイアファンディング 私の投資額 約470万円
   @本体の貸付債権額は約22.7億円、当期純利益2,300万円の黒字経営。
   A開業から2年、貸付総額は50億円以上、デフォルト無し。
   B@に同じ

   初心者にお勧めしきれない理由:
   アメリカ不動産に特化しており、アメリカの景気変動やカントリーリスクを受ける可能性があるため。


   リンクはこちら(アフィリエイトリンクではありません)
   


  8.クラウドクレジット 私の投資額 約440万円
   @本体は大きな規模の会社ではないが、伊藤忠、マネックスベンチャーズなどが出資している
   A開業から4年目、貸付額は51億円
   B直前期決算で純損失が2億7,300万円と大きく、大株主に頼った財務状況にある
   *また、クラウドクレジットの案件はリスクが比較的高いものが多いので、注意が必要です。

   初心者にお勧めしきれない理由:
   赤字体質から抜け出せないためと、案件のリスクは比較的大きいため。


   リンクはこちら(アフィリエイトリンクです)
   


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2017年11月30日

SL初心者向け情報:各ソーシャルレンディング事業者の安定性を検証するD



広告
今回はクラウドリースとグリーンインフラレンディング

 各ソーシャルレンディング事業者の安定性検証5回目。今までの記事はこちらです。
 今回は、クラウドリースとグリーンインフラレンディングを取り上げます。

  ・SL初心者向け情報:各ソーシャルレンディング事業者の安定性を検証する@
   (SBIソーシャルレンディングとmaneo)

  ・SL初心者向け情報:各ソーシャルレンディング事業者の安定性を検証するA
   (クラウドバンクとLCレンディング)

  ・SL初心者向け情報:各ソーシャルレンディング事業者の安定性を検証するB
   (クラウドクレジットとガイアファンディング)

  ・SL初心者向け情報:各ソーシャルレンディング事業者の安定性を検証するC
   (ラッキーバンクとトラストレンディング)

 他にも取り上げるべき業者はありますが、一応今回で本シリーズは一旦打ち止め、ということで、もしまた
 何かあれば続編をアップしたいと思います。


 以下、記事に関する注意書きです。

 その1)
 当記事においては、安定性を以下のような観点から検証するものとします。

  @事業者本体の安定性
  A事業者の実績
  B貸付先が集中している場合、その貸付先の安定性
  C案件の妥当性
  D事業者、代表者及び役員のバックグラウンド
  Eその他


 その2)
 記事内容については私なりの調査を行った上で作成し、ある程度の自信を持っているつもりですが
 内容について保証をするものではありません
ので、最終判断は投資家各自で行うようお願いします。
 また、事実の誤認などがあれば指摘をよろしくお願いします。

 その3)
 この記事はアフィリエイトリンクを含みます。
 アフィリエイトの有無に関わらず、検証は可能な限り客観的証拠に基づいて行うつもりですが、
 所詮は一人の人間が書いた記事。完全な客観性は望めませんのでご承知おき下さい。
 なお、公平を期するため、アフィリエイトリンクは全て明示します。
 明示している以外のリンクは、全て直リンクです。

クラウドリース

 2017年11月末時点での私の投資額:約370万円

 20171130CL1.png

 @事業者本体の安定性
  クラウドリース本体の決算情報は非公開のため不明。
  経営母体は出店総合サポート、リース事業、商業店舗事業などを営む株式会社ダーウィンであり、
  こちらの決算情報も不明ながら、未確認情報では経営は順調とのこと。

 A事業者の実績
  2016年2月サービス開始、まもなく2周年。
  貸付総額は約57億円。
  これまでのところ、返済遅延や貸し倒れ(元本毀損)は無し。

 B貸付先が集中している場合、その貸付先の安定性
  貸付先の業種は若干偏っている印象を受けるが、貸付先が集中している事実は無し。

 C案件の妥当性
  経営母体がリース事業を取り扱っているため、リース案件に関する貸付が多い。
  最近の案件であれば、営業用設備の割賦販売や設備賃貸事業者向け運転資金の貸し付けなど。
  いずれも不動産担保を持たないか、もしくは持っていてもLTVがかなり高いものであり、
  金融機関からの融資は受けづらいと推測できる。
  このため、ソーシャルレンディングによる資金調達を行う妥当性はある。

  一方で、動産担保、リース物件担保や約束手形の受入を行っているため、貸付先が事業継続を
  考えている前提ならば、ある程度の安全性はあるものと思われる。

 D事業者、代表者及び役員のバックグラウンド
  代表者は旧桜ダイニングの外食ベンチャーとして起業。
  その後、リースや割賦などを手がける現在の業態へ転換している。
  代表者及びその周辺にネガティブな情報は特に無し。

 Eその他
  クラウドリースの主貸付先であるパチンコ案件については、2018年2月よりみなし機問題が発生する。
  
  当ブログ参考記事:パチンコのみなし機問題について

  これにより、体力のないパチンコ店はより苦境に立たされることが確実と見られ、今後のパチンコ案件は
  かなり注意が必要と思われる。

 【まとめ】
 リース関係を主とする1年以内、かつ10%以上と高利率の案件を出す事業者。
 案件の募集頻度も高く、あまり競争にならず目当ての案件に投資することができる。
 クラウドリースはダーウィンの案件を中心に資金調達を行うソーシャルレンディング会社と考えられる
 ため、クラウドリース本体の業績よりもダーウィンの業績の方が重要で、決算の公開が望まれる。

 全体としては、大手の安定性には譲るものの安定性はそれなりにある会社と評価している。
 パチンコ店に集中する案件分散が今後の課題と考えられる。


グリーンインフラレンディング

 2017年11月末時点での私の投資額:約260万円

 20171130GIL1.png


 @事業者本体の安定性
  グリーンインフラレンディング(GIレンディング)本体は、直前期でわずか(72万円)の黒字を達成。
  貸付金27億円、売上高7,500万円弱に対して販管費1,350万円という省エネ経営はお見事。
  (おそらく、親会社JCサービスから必要に応じて人員を出していると思われます)

  一方で、親会社であり100%貸付先であるJCサービスの財務状態は不明。
  GIレンディングはJCサービスの資金調達組織であり、Giレンディングはそれほど黒字を追う必要がない。
  その代わり、JCサービスの経営がこければGIレンディングの経営に関わらず投資金は毀損する可能性が
  高いことに注意が必要。

20171130GIL2.png
20171130GIL3.png


 A事業者の実績
  2016年10月サービス開始、1周年を迎えたところ。
  貸付総額は約100億円超と、サービス開始からの期間と比較して極めて多い。
  これまでのところ、返済遅延や貸し倒れ(元本毀損)は無し。

 B貸付先が集中している場合、その貸付先の安定性
  貸付先は100%、親会社JCサービスであると思われる。
  前述の通り、JCサービスの財務状況は非公開であり、ここが懸念点と思われる。
  (なお、GIレンディングの出資先はエスクローファイナンスだが、この会社はJCサービスの子会社。
   従って、関係会社内貸付という内部統制が効きにくい状態である懸念も存在する)

 C案件の妥当性
  貸付は全て再生可能エネルギー案件であり、担保は地上権や持分、発電設備の動産担保がメイン。
  不動産担保もあるが、再生エネルギーに使う土地は山野が多いため値が付きにくく、金融機関は
  担保とするには難色を示すと考えられる。
  この事から、ソーシャルレンディングを利用して資金調達を行う妥当性はあると思われる。

 D事業者、代表者及び役員のバックグラウンド
  代表者は元、兵庫県の行政官。
  阪神淡路大震災でインフラが寸断された現場の経験から、多様なエネルギーインフラの必要性を痛感し
  JCサービスを立ち上げ、再生可能エネルギーを中心とした総合省資源事業を展開。
  事業者及び代表者などにネガティブな情報は特に見当たらず。

 Eその他
  既存ソーシャルレンディング事業者の中で、当初募集比率では最高の利率の事業者。
  (11%〜14%)
  ハイリターンゆえにハイリスクと思われるが、これまでのところ貸し倒れや返済遅延は無し。
  まだ1年しか経っていない業者なので、この高利率と安定性をどれだけ両立できるかが注目。

 【まとめ】
 再生エネルギーの普及は半ば国策であり、業界自体が潰れるという可能性は低い。
 その中でJCサービスの経営がどうなるか、が最大の注目点でありリスクと思われる。
 特にGIレンディングの場合、貸付先がJCサービスに集中、かつ事業開始からまだ時間が経っていないため
 106億円の貸付総額に対し元本返済は9億円にとどまり、実績はこれから。
 ソーシャルレンディング事業者の中でもハイリスク、かつ潜在的ハイリターンと思われ、投資方針により
 どの程度の投資資金を投入するかを検討すべき。

 (注:管理人は現在、全投資総額の3%強を投資中。5%程度までは増やす事を考えています)


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
今なら新規登録+20万円以上投資で
5,000Tポイントプレゼント中です!


(2019/6/29)
電子書籍を書きました。
こちらもよろしくお願いします!

  3wari.jpg
世界中のモノを「3割引き」で買う技:
一生使える知恵袋 お金の勉強


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。