2019年09月12日

AIによる就業構造の変化から、今後の働き方を考えてみました。



広告
身の回りでは、AIによる影響は軽微

 今回はAIの話題です。

 私が現在勤めている会社は、間接的ながらAIに関係しています。
 (作る方ではなく使う方という意味です)
 今の私の業務が近い将来AIによって大きな変革を迎えるとは思いませんが、趣味と実益を兼ねてシミュレー
 ションをしてみるのは、なかなか楽しいものです。

 ちなみに上で「近い将来はAIによる影響はない」と書いたその最大の理由は、「まだ会社にAIを使えるだけの
 下地がないから」
だと判断しています。

 それは実務者クラスの知識がないことや、目の前の業務に忙殺されて新しいことに取り組む時間がないこと
 もそうなのですが、会社の上層部の多くがAIの利点と限界を正しく理解していないのが最大の問題です。
 自動翻訳を適切に使うには正しい日本語が必要なように、AIを適切に導入するには、導入権限を持つ者が
 AIの能力と限界を正しく知ることが必要だと思っています。

 また、実際にAIやRPA(事務作業などをロボットで自動化すること)を導入すれば当然余剰になる人員が
 出てくるわけで、それをどう振り分けるかという問題も発生するでしょう。
 日本のそこそこの会社においては「AI導入したから人イラネ」という理由ではまだ正社員の解雇は難しいと
 思われますし、もしそんな風潮が広まれば反AI・RPA・ロボの考えまで台頭しかねません。
 (実際に、ネオ・ラッダイト運動という言葉はすでに生まれています)


 そんなわけで、自分の周囲を見てみるとまだまだAIによる変化は限定的という推測をしています。
 しかし、それと同時に世の中を俯瞰した時のAIによる長期的変化も調べておく必要があります。
 もしかしたら意味のない調査かもしれませんが、実際に影響が我が身に降りかかってからでは往々にして
 対応は後手に回るもの。
 今のうちに影響範囲と対応策のシミュレーションをしておくのは、悪いことではないと思います。


  s-fddb5f083e181aeff5f9e5aee9b544d9_s.jpg

いずれ、AIなどの影響は避けられないでしょう

 AIにより就業構造にどのような影響があるかは、経済産業省が一つの試算をしています。
 経産省の計算がすべて正しいとは言えませんが、一つの参考にはなるでしょう。

  20190903AIW1.jpg
  (https://www.sankei.com/premium/photos/160606/prm1606060007-p1.html より引用)


 上記は経産省の試算を元に、産経ニュースがまとめたもの。
 表の左側「現状を放置」は、AIやビッグデータなどの技術革新に対応せず現在の産業構造を維持した場合の
 15年後の就業構造を示しています。
 一方で表の右側「AI化に対応」は、その逆。AIやビッグデータなどの技術革新に対応した場合です。

 見て分かる通り、総就業人数については技術革新に対応しなかった方が減っています。
 これは、現状の産業構造のままでは先端分野の事業が海外に流出すること、結果として付加価値の高い事業
 も縮小し、日本の産業が衰退することを示しています。
 現状を放置した場合、増えると予想されるのは「汎用的なサービス業」の就業人数のみ。もちろんこの職種
 の就業者は低賃金であり、結果日本の平均賃金は低下するという試算です。

 技術革新に対応しなければ、目の前はともかく将来的には落ちぶれるのが必然。
 となれば、将来的にAIを導入していく方向に舵が切られるのも、また必然だと思います。

就業構造の変化から予測

 AIを導入する未来を考える場合、重要なデータだと私が思うのは

 「【現状を放置】と【AI化に対応】した時の、職業ごとの就業人数の差」

 だと考えます。
 現状を放置すれば減る職業で、かつAI化に対応した時に増える職業なら、それが「AI化することによって
 人手が足りなくなる(=高い賃金が期待できる)」
職業だと推定できるからです。

 さらにこの上に、賃金が何で決定されるかという要因も考えるべきです。
 賃金はその人の才能や努力、成果で決まるばかりではなく、その業界の利益率によっても決まるからです。
 どんなにがんばったところで、利益率の低い業界では賃金上昇はたかがしれています。

 賃金が高い分野は、「賃金以外にお金の使い道が少ない業界+付加価値の高い業界」
 例えばIT関連、シンクタンクや総合商社、工場を持たない製造業などが挙げられます。
 逆に小売業など仕入れにお金を使う業種や、介護、保育などの労働集約型は賃金が低くなりがちです。


  s-7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_s.jpg

結局はこの結論ですが

 AIの導入によって就業人数が増えるのは、「経営・商品企画・研究開発・マーケティング」「高度な技能を
 持つ営業や販売」「特殊技能の必要な高度サービス業」「IT技術者」
の4種類。
 いずれも一朝一夕の半端な努力でなれるものではありません。

 一方でよく言われていますが、比較的スキルのいらない汎用的な業務(特に事務や定型業務)については
 AIやRPAの普及により急速に人間の手から離れていくものと考えられます。
 一方でAIやRPAでは、肉体労働はできません。ロボットも決して安くはないので、ロボットを購入するより
 安くて済むような仕事は、人間の手に残るでしょう。

 これはつまり、「楽な仕事がなくなる」ことではないかと思います。

 AI、RPA、ロボットには労働基準法は適用されません。メンテナンスを除けば働かせ放題です。
 したがって同じ土俵で勝負する限り、人間は生産性の面で勝つことはできません。
 生産性だけが世界の全てではないと思いますが、企業の多くが生産性を重視する以上は、労働市場において
 「生産性が低い≒価値が低い」と見なされてしまうのは当然のことです。


 AIなどと共存できる未来があるのならそれが一番良いと思いますが、一部の仕事についてはAIなどとの奪い
 あいになってしまうのは世の流れです。
 その時に備えて自分をどう成長させ、どう守っていくのか。
 難しい問題ですが、また楽しい問題でもあります。

 結論はシンプルで、やっぱり自分で成果を出さなければいけないのでしょう、と思います。
 成果を出せず、AIなどに仕事を奪われることを自己責任とは言いません。
 しかしそれは他者の責任でもなく、その結果は自分だけが引き受けなければいけないわけです。


  3wari.jpg
 電子書籍を出版しました。Lindle Unlimitedにも対応しています。

 世界中のモノを「3割引き」で買う技:一生使える知恵袋 お金の勉強

 (Amazon広告リンク)


 Kindle Unlimited(広告リンク)
 Kindle_Unlimited.jpg



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2019年09月10日

悪口と収入と頭の良さと、「冷めた方が美味しい料理」という雑記



広告
悪口は主観のひとつ

 今回は雑記、それもかなり私見の入った雑記となります。

 「頭の良い人は悪口は言わない」
 「高収入の人は悪口は言わない」


 ちょっと検索してみただけでもすぐにこんな記事は出てきますが、さてこれは本当でしょうか。
 少なくとも私の身の回りで考えると、そんなこともないように思います。

 「そもそもSALLOWはどうなんだ」という声もあるでしょうが、私は普通に口は悪い方です。
 というか、口も性根もあまりよろしくないのは自分が一番分かっています(口も性根も善人である、などと
 臆面もなく言い放つほどアレではありませんが)。
 ただ私は、もし誰かに悪い言葉を言うときは感情を排して理詰めで言うこと、人格攻撃ではなく相手の論理
 と思考に対する指摘のみを行うこと、を心がけています。


 そもそも、悪口というのもただの主観です。
 自分にかけられたイヤな言葉、ネガティブな言葉を人は悪口と判断します。
 従って、言った方の意見と言われた方の意見がかみ合わないのは良くあることでしょう。
 (自分が聞きたい理屈が道理、効きたくない理屈は屁理屈というのと似たようなものだと思います)

 大事なのは、何かを言われたら相手がなぜそれを言ったのか、客観的に冷静に判断することです。
 もしかしたら最初は悪口に聞こえても、自分に非があることかもしれません。
 逆にどう考えても嫌がらせであったり、もしくは話しかける時の礼儀もなっていないような発言であれば、
 表面上は無視か受け流しながら、機会があれば「冷めた方が美味しい料理」をごちそうするでしょう。


  s-wasps-plague-3691852_960_720.jpg

会社組織はまた特殊ですが

 会社組織の中において考えれば、「頭が良い=悪口を言わない」「高収入=悪口を言わない」はあまり当て
 はまりません(悪口が主観に過ぎないのは上で述べた通り)。
 その組織が厳しい競争にさらされている場合なら、なおのことでしょう。

 頭が良い人は的確にこちらの弱いところを指摘してきますし、頭の回転が速いので基本的に口達者であるこ
 とが多いです(つまり、言われた方にとっての攻撃力は高いという意味です)。
 高収入(≒上の役職)だから悪口を言わない、などということはありません。
 もし聖人君子で上の役職に立ったものがいるとしたら、それは単に組織の状況が許しただけのことです。

 そもそも会社の社長や上級職にサイコパスの気質が多いという研究結果を論拠に引くのであれば、悪口を
 言わない性格の良い人がイコール頭が良い、高収入とは結びつかないとも言えるわけです。

  ・How So Many Psychopaths Manage to Reach Positions of Power (PSYBLOG、英語)


 悪口を言う言わないは本人の気質の問題であって、それと能力云々はまた別の話。
 少なくとも会社組織においては能力を発揮できる人が高収入を得ることができ、さらに組織の中では能力を
 発揮できる人が頭が良い人と認識されるわけですから、結局それらは無関係ということになるわけです。

もし本当の思いやりがあるのなら

 と、こういう話題になると「頭の良い人は、悪口を聞いて他の人がどんな気持ちになるか考えるから、悪口
 を言わない」
という意見もでてくるかもしれません。
 ただそれは、裏返せば「他の人の気持ちに対して良い影響を及ぼすなら何でも言う」ということであって、
 結局のところ「周囲を良く見て、効率的な行動を行う」という周囲への適応にすぎません。

 それはつまり、「自分がその発言を聞いてどう思うかでその人を判断する」という価値観での判断。
 あるいは「頭が良い人は性格も良い人であってほしい(あるべき)」という固定観念での判断でしょう。
 別にそれが悪いとは言いませんが、それは一側面からの判断であることは理解すべきでしょう。

 「悪口」と同様、「良い人」も主観にすぎず、万人に共通する物差しはそこにはありません。

 
 もし、本当の思いやりがあるとするならば。
 それは「相手の立場や気持ちに頓着せず、ただ相手にとって価値のある助言をすること」だと思います。
 もしかしたら相手には伝わらないかもしれませんし、誤解されるかもしれません。
 それでも、「気持ちに寄り添う」などといって具体的な助言もしないよりははるかにマシでしょう。

 頭が良い人の定義も、私はこれと同じだと思います。
 冷静に事実を見て、具体的な事柄を数字で語ることができるかどうかが、頭が良い人。
 相手の事情を考慮できるかどうかはまた別問題で、頭の良さとは本質的に関係がないと考えます。

「デキる人は悪口を言わない」ようにしたい理由

 しかしそれでも、「頭が良い人は悪口を言わない」「ビジネスで成功している人は悪口を言わない」という
 記事が多くあり、少なくない人がその価値観を持っているのもまた事実です。
 なので、それは一面から見れば事実なのだと思います。ただ私はひねくれていますので、もし事実以外の
 側面があるならそれは何なのか
、考えてみました。

 一つには、「(私が)悪口や愚痴を聞きたくない」という意見があると思われます。
 確かに、長く繰り返される悪口や愚痴を聞くのは退屈なものです。しかし愚痴を言い合うことでリフレッシ
 ュすることもありますし、適量の悪口や愚痴はデトックスのようなものでしょう。
 自分も愚痴を言うならお互い様、これは意見としては少し弱いような気がします。

 もう一つは経営者的な目線ですが、「他者に責任を負わせても成長は望めないから」
 これも正しい部分はあると思いますが、全ての悪口や愚痴が他責とは限りません。
 むしろその中には、感情にくるまれているとはいえ一部はまっとうな意見もあると思います。
 何せ、悪口もしょせんは主観。本当に頭の良い人なら、その悪口の中から貴重な意見を拾えるはずです。


 ということで、私が考えるもう一つの理由。
 穿った見方かもしれませんが、「そう書いておけば自分自身に対する悪口を未然に防げるから」です。
 「悪口を言う人はダメな人です」という予防線を張っておけば、その記事やその人に悪口(だと思うもの)
 を言った人は全て「ほら、こういう人がダメな例です」とレッテル貼りをすることができます。
 それは、その悪口(指摘)に真っ向から反論するよりよほど簡単なことでしょう。

 「デキる人は悪口を言わない」という論調は耳に心地よく、ついつい賛同してしまいがちになるもの。
 しかしそれは、反対意見を効率的に封殺する有効な手段としても使えてしまいます。
 物事には色々な面があると承知して、客観的な見方を心がけたいものです(自戒も込めて)。

まとめ

 ということで、良く言われる「人の良さと頭の良さと収入」についての私見でした。
 あくまでも私見ですので、色々な意見があってしかるべきでしょう。
 「だから私は云々」と言うつもりもありません。もしなれるのであれば、ここで言う「頭が良い人」になり
 たいものですが、その判断は自分が行うものではないと思います。

 最後に、タイトルや本文にちょっと出ていた「冷めた方が美味しい料理」。
 これはフランスのことわざで、もちろん本当の料理のことではなく簡単な比喩のこと。
 人間観察とシニカルな表現に長けたフランスらしくて、気に入っていることわざの一つです。


 こちらもシニカルな表現のサービス、「宮廷の道化師」モトリーフール。
 完全無料の投資情報メールマガジンです。

 モトリーフール


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
今なら新規登録+20万円以上投資で
5,000Tポイントプレゼント中です!


(2019/6/29)
電子書籍を書きました。
こちらもよろしくお願いします!

  3wari.jpg
世界中のモノを「3割引き」で買う技:
一生使える知恵袋 お金の勉強


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。