2020年05月17日

Windows版KeePassでパスワードを生成して新しいエントリーを追加する

パスワード管理アプリには、たいていパスワードを作ってくれる機能があります。
Windows版KeePassにも、その機能があります。
このパスワード生成機能を使ってパスワードを作り、新しいエントリーを追加することは、パスワード管理アプリの一番よく使う機能になるので、その手順を見てみます。


ゲーム・SNS・ブログ・ネットショッピングなどネット上のサービスで新しいアカウントを作る場合や、すでに持っているアカウントをKeePassに登録するときに、この手順でエントリーを追加することになります。


エントリーを追加してからパスワードを生成する


この手順が分かりやすい標準の手順になると思います。


1)KeePassを起動して、エントリーを登録したいフォルダを選んだ状態で、[エントリーの追加]ボタンをクリックします。
Snap200516173844.png


2)[エントリーの追加]が開くと、パスワード欄に20文字の「●」が入っています。
これは、[エントリーの追加]ボタンをクリックした時点で、KeePassが自動的に20文字のパスワードを生成してくれているからです。
パスワード欄の右側の[●●●]ボタンをクリックすると、パスワードを見ることができます。
Snap200517145652.png

  

Snap200517145624.png


3)KeePassが自動的に作ってくれたパスワードをそのまま採用してもいいですが、自分の好みのパターンに変えることもできます。
変えたいときは、[●●●]ボタンの下の[パスワードの生成]ボタンをクリックして、[パスワードの生成画面を開く]をクリックします。
Snap200517153313.png


4)KeePassの標準設定では、パスワードに使用する文字は、アルファベットの大文字・小文字と数字の組み合わせで、20文字になっています。
ここで仮に、文字数を10文字に減らして、その代わりに文字の種類に特殊文字と括弧を加えてみます。
Snap200517150150.png

[高度]タブでは、「よく似た文字は除外」にチェックを入れてみます。
(「0」と「O」とかややこしいので)
[OK]ボタンをクリックすると、設定した条件で新しいパスワードが生成されます。
Snap200517150208.png


5)あとは、そのエントリーのタイトルとユーザー名を入力して、[OK]ボタンをクリックするとエントリーが完成します。
ユーザー名は、ログインするときにパスワードとセットで使うもので、ユーザーIDとかメールアドレスになる場合も多いです。
Snap200517150611.png


先にパスワードを生成する手順


先にパスワードを生成して、エントリーを編集する手順もあります。


1)エントリーを追加するフォルダを選んだ状態で、[ツール]メニューの[パスワードの生成]をクリックします。
パスワードの生成のし方は、上の方法と同じです。
Snap200516145404.png


2)パスワードを生成すると、エントリーのタイトルとユーザー名がない状態でエントリーが作られます。
これを編集して、エントリーのタイトルとユーザー名を入力する手順になります。
Snap200517185812.png


順序が違うだけで、ほとんど同じ手順なので、どちらか好きな方でエントリーを作成すればいいでしょう。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9855054

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログ内を検索
ファン

最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール