カテゴリー
自己紹介
なごひめ
パートナーと2人で紙媒体の制作をやっております。ビンボーフリーランスですが基本的に自由なので勤め人には戻れません。


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年08月23日

『HK/変態仮面』 鈴木亮平が素敵すぎる!

image_180823_03.jpg
写真はエンタメOVOより
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-entame-c/1138799

現在放映中のNHK大河ドラマといえば、『西郷どん』です。
主人公の鈴木亮平氏は、演じる役柄によって、
体重をいくらでもコントロールして、筋肉マンにもなってしまうという、
日本のロバート・デニーロのような役者です!

鈴木亮平氏、もともとは体重が75kgだとか。(身長は186cm)
2015年TBSで放映された『天皇の料理番』では、
なんと、20kg減に挑み、主人公(佐藤健)の兄役を演じました。

本当に病気になったのではないか?と思えるほどの激やせぶりで、
顔色も土色で今にも死にそうな形相でした。
56kgまで体重を落としたそうです。

image_180823_01.jpg
写真はyoutubeより https://www.youtube.com/watch?v=gdTYDTnaq3o

鈴木亮平氏はその前の年の2014年の
NHKの連続テレビ小説『花子とアン』で、
ヒロイン吉高由里子の夫役を演じ
好感度を得て注目を集めました。
ドラマを見て、「おっ! いいじゃん」と思った女子も多いでしょう。
(私もそのひとりです)

image_180823_02.jpg
写真はシネマトゥデイより https://www.cinematoday.jp/news/N0069337

そして、さらにさかのぼる2013年に、
『HK/変態仮面』という映画の主人公を演じていますが、

朝ドラで、あんなにいい感じだったのに……
なんで、あんな映画に出演したのかな。

売れてないときだったのかな…??

などと、勝手にいろいろ想像してしまいました。
実はこの映画、見ず嫌い(見てもないのに嫌っている)でした。

DVDのジャケットだけは、どこかでチラッと見ていたので、
先入観(偏見というか)はありました。

しかし、この夏、Amazonプライムビデオでこの映画を見かけ、
「一度見て観よう」と決心を固め(?)、見てみたら、
めちゃくちゃ面白くて、お腹がよじれました。

いやいや、面白いだけではなく、
出演しているみんな役者さんが
芸達者でそれだけでも満足しました。

そして、主人公の鈴木亮平氏は
「変態なのに、紳士的〜!!」
見ていて感激の涙が出そうでした。

馬鹿馬鹿しいのに、完成度が高くて、素晴らしすぎる。

今まで『HK/変態仮面』を見なかった自分を深く反省しました。

真夏の死にそうなほど暑くて憂うつな日でしたが、
気分がカラーーーーーっと晴れました。


『HK/変態仮面』(2013年)

余談ですが、鈴木亮平氏といえば
英語が堪能であることでも知られていますが(英検1級)、
今年の4月に本も出しております。


鈴木亮平の中学英語で世界一周!

鈴木氏自身のブログにも書かれています。
https://ameblo.jp/suzuki-ryohei/entry-12367357729.html

雑誌an・anの連載を1冊の本にしたそうです。
何気なく、学問という才能もあり経歴がすごいんですね〜!

「鈴木亮平は大好き。でも、変態仮面は見たくない」

と思っている鈴木亮平ファンの人は
ぜひぜひ、『変態仮面』を見ましょう!

続編の『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』もあります! 

パワーアップして再登場です!


『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(2016年)

http://fanblogs.jp/nagohime/index1_0.rdf http://fanblogs.jp/nagohime/index2_0.xml
記事内の検索

自宅でプログラミングが学習できる。
無料体験できます♪

最新記事
タグクラウド

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。