あまりにもダサすぎるマイクロソフトのモダンPCキャンペーン

あまりにもダサい。
アップルとは全く異次元すぎて泣けるのが、マイクロソフトのモダンPCキャンペーンだ。
このキャンペーンをみて、マイクロソフトが嫌いになった、改めて、アップルがいいと思った人が大多数だろう。
今更、モダン・・・

Yahoo!より、
モダンPCってなに?
11/30(土) 11:00配信 Impress Watch
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000009-impress-sci
記事より、
 エンドユーザーのPCに対する期待値は、目の前にある実機への驚きをトリガーとして跳ね上がる。これなら今までやりたかったことができるようになるはずと心を躍らせる。たいていの場合は、その次に挫折が待っているわけだが、幻想であろうがなんであろうが、やりたかったはずのことができる魔法の箱であるのは四半世紀前も今も同じだ。
 先日、日本マイクロソフトは、モダンPCプレスセミナーを開催し、各社のモダンPCを勢揃いさせてその位置づけを説明した。同社によれば、とくに、地方や郊外でモダンPCが著しい売れ行きの伸びを示しているという。これについては同セミナーに登壇したNECレノボ・ジャパングループの河島良輔氏(コンシューマ事業プレジデント)も、増税前駆け込みとWindows 7サポート終了前の駆け込みで、この秋は想像以上の売上げの伸びがあったとした。同氏によれば、今まであまりPCに接していなかった層が購入にいたる傾向があるともいう。
 では、そのモダンPCとは何なのかというと、その定義はどうにも曖昧でなかなかその姿が見えてこない。
 セミナーでは日本マイクロソフトの梅田成二氏(執行役員コンシューマー&デバイス事業本部 デバイスパートナー営業統括本部長)がモダンPCとは何かを説明するさいに、1枚のスライドを公開した。これがモダンPCであるための公開された要件ということになる。その要件は、カテゴリごとに必要要件と推奨要件に分類されている。
 まず、デザインの必要要件としては2in1コンパーチブルまたは2in1デタッチャブル(着脱式)、ウルトラスリム(18mm以下)、またはオールインワンのどれかでなければならない。これは、今現在、目にすることができる多くのPCのフォームファクタだ。これに推奨要件として、極薄ベゼル、メタリックデザイン、IPSディスプレイ、バックチルト・キーボード(バックライトのことだと思われる)が挙げられている。
 次に、性能の必須要件ではSSDまたはSSD+HDD、eMMC、Optane+HDDを持つことが求められている。これまたハードルはそれほど高くない。推奨要件としては高精度タッチパッド、802.11ac 2×2、Bluetooth 4.0以上、8時間以上のバッテリ駆動時間が挙がる。
 また、ユーザー体験のカテゴリでは必要要件として、コルタナ、Windows Hello、Windows Ink、Sモードのうち2つ以上の対応が求められ、推奨要件としてモバイルブロードバンド接続が挙がる。
 個人的には、ディスプレイがタッチに対応し、モバイルブロードバンド接続が可能で、モダンスタンバイ対応といったあたりを期待したかったのだが、そこまでの対応がなくても、十分にモダンPCを名乗ることができるようだ。もっとも、要件を満たしていても4GBメモリのWindows PCをモダンというのは抵抗があるが……。
 日本マイクロソフトによれば、OEMパートナー各社に求めるモダンPCの要件は、その時点のトレンドに応じて随時見直しが行なわれ、柔軟に変化していくそうなので、「モダンPC2019ハードウェアデザインガイド」的なドキュメントは存在しないようだ。
 エンドユーザーにとってPCの印象はまちまちだ。電源を入れても使えるようになるまでに分単位でまたされることが当たり前だと思っていたり、長年の利用でニッケル水素バッテリがへたり、ノートPCを使っていても数十分でシャットダウン警告が出て大きなACアダプタをつながないで使うことなどありえないし、カバンに入れて持ち出すなど言語道断というイメージを抱いている一般エンドユーザーが大多数だろう。スマートを名乗ることができるのは、スマートフォンのみという状況だ。
 PC勢としては、PCの復権を目指さなければならないし、そのためにもモダンPCが必要だ。かつてのPCとは違うのだということを、そして、PCはレガシーではないということを、あの手この手でエンドユーザーに実感してもらわなければならない。自分自身がこの業界に生き残る保身のためにそうアピールしているわけではないが、そうでなくては日本の将来が不安だ。
 PCでできることは10年前と変わっていない、というのは、絵画は絵画で何百年たっても絵画だというのと同じだ。モダン、ポストモダンと変遷していった美術の世界は、そのために永い時間が必要だったが、PCの世界は秒進分歩。生きているうちにまだまだ何度も革命が起こりそうだ。その革命を豊かな未来につなげるためにもPCを知らない子どもたちを看過してはならない

トラックバック

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

   
プロフィールmobilerA8

mobilerA8、英語は勉強中、教材、日記
三徳山三佛寺・投入堂/鳥取県三朝町 (行く際は溝のしっかり入ったスニーカーでないと歩きやすいとは言えない草履を買って岩場を歩かざるを得なくなりますのでご注意を) iphone4,GEVEY ULTRAで5.1.1(BB02.10.04)のシムフリー化(アンロック)できました。ドコモで使用中(softbank解約後Xi契約)。 Yahooニュースを毎日チェックしてコメントしています。BBC NEWSを斜め読み。英語の勉強にも有効?
Pet Recycle Petrecycle.gif 放置プレイ 望月衣塑子 天下り 地震
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事(iPhone,BBC,News)
このサイトでは主にYahoo!ニュース若しくはNHK WEB NEWSを見て、その日に起こった出来語で印象的なものについて取り上げています。また、記事を引用して、少しコメントすると
いう形で構成をしています。 残念ながらYahoo!などで引用をした記事は2週間程度など短期間で消されてしまうため、本文の引用を最低限することとしています。 最近はインスタグラムやツイッターなどのSNSが普及しており、そこでニュースを見るという機会も増えていると思います。 ですがフェイクニュースも蔓延しており、特にSNSによる情報には正確さを欠くものが多いというのも現実です。そうしたSNSから簡単にコピペをしてニュースを配信するというマスコミも多く見られます。 そもそも主義主張を新聞社自身がしており、マスコミにウブな日本人、小・中学生などを惑わせているところがあり、マスコミの責任は重いのですが、マスコミによる自助努力には多くを期待できないところです。 ?おかしいなと思ったことについては記事をピックアップして、コメントをするということでブログを続けていきたいと考えています。 コメントなどもいただければ幸いです。
タグクラウド
検索
検索語句
記事ランキング
記事ランキング
  1. 毎週金曜日はKYBの日と勝手にKYBは決めているようだ
  2. スティルライフオブメモリーズの主演は永夏子(はるなつこ)だが、その写真ではないことになっている
  3. 百十四銀行で連れまわされた場を和らげる女性行員とは?
  4. 転落死で死んだ中国人は一体生涯でいくら稼いだのか?
  5. 京都アニメーション大量殺人は青葉真司容疑者41歳!
  6. 宮迫博之は「みやたこです。」代表として実業家に
  7. 高松市の百十四銀行での接待先から女子行員へのセクハラとは?
  8. 美人女医とは書かれない住田真理子、25歳美形研修医
  9. 放送大学の大学生ならオフィス365は格安?2016年時点では認証できずです(失礼)
  10. 滝川クリステルはコンドーム嫌いで小泉進次郎の前では押し通した
  11. さいたま市の風俗街のソープランド素人系いちゃいちゃSOAP Kawaii大宮での火災で亡くなった人は5人
  12. なぜ今、伊藤詩織がレイプ告発なのか?
  13. 流石、完成車検をごまかす日産!新し日産リーフの航続距離はたったの280km(カタログスペックは400km)、“やっちゃえ”NISSANの精神!
  14. 豊田真由子議員の政策秘書は青森県の町議が兼任?妻も公設秘書
  15. PTAのやっている仕事は外注できる。金を出せば良いようにすれば良いだけだ。
  16. 都議選に単に可愛いだけの中村彩の取り合いに勝って自民党の候補とする都連
  17. ペットリサイクルという考え方、モノであるペットだからリサイクル法+埋葬法で対応するイメージで殺処分を無くそう
  18. 顧客情報の流出が当たり前の世の中、東武鉄道の情報流出が酷く結婚式に使ってはいけない!
  19. 殺人修斗の山本勇気選手29歳が一般人をボコボコにして殺害、デスマッチを実践
  20. レオパレスの宣伝の広瀬すずは殺人アパートの広告塔
リンク集(iPhone,携帯)
http://fanblogs.jp/mobilera8/index1_0.rdf
BBCでニュースを勉強しよう
今日の気になるニュース
ニュースタイトルをリライトする
ニュースタイトルをリライトする Yahooニュースを題材に、新しい記事のタイトルをつけてみるというブログです
Yahooニュースをチェックする(スマホの話題限定)