広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年11月13日

キングオブコントで大ブレイク!?にゃんこスターとは!?芸人同士のカップルは上手くいくのか!!??

内脂サポート約30日分1,500円(税込)





キングオブコント2017で結成5ヵ月ながら準優勝した注目の若手芸人・にゃんこスター。

にゃんこスターは、ツッコミ担当のスーパー3助とボケ担当のアンゴラ村長で結成された男女コンビ。キングオブコント2017では、「リズム縄跳び」「リズムフラフープ」という斬新なコントで会場の爆笑をさらいました。

まさに彗星のごとく現れた期待の新人・にゃんこスター。早稲田大学卒で現役IT系OLというアンゴラ村長の経歴や、絶妙な可愛さにも注目が集まりました。しかしその後、さらに驚きのニュースが……なんと、スーパー3助とアンゴラ村長は付き合っており、実際の恋人同士だったことが明らかになったのです!

まさかのコンビ内恋愛の発覚で、さらに話題を振りまいた形となったにゃんこスター。しかし、意外と過去にもお笑い界では『芸人同士』のカップルは何組か誕生していたのです。

今回は、見事ゴールインしたカップル、残念ながら破局してしまったカップルをそれぞれ紹介したいと思います。


≪ゴールインした芸人カップル≫


【椿鬼奴・グランジ大】

鬼奴とグランジ大のカップル。交際前から飲み仲間だったそうですが、2014年10月からの同棲生活を経て、2015年5月3日に鬼奴43歳、大35歳の時に結婚しました。

グランジ大はボートレースをはじめとするギャンブル好きで、ピーク時には360万円の借金があったそう。おまけに圧倒的に鬼奴の方が稼いでおり“格差婚”と言われ、先々を心配する声も上がりましたが仲良くやっているようです。

入籍から約2年後の2017年の5月に2人で行った会見で、借金について、大は「94万円弱ぐらい。いっとき70万まで落ちたんですけどね」と明かしています。


【やしろ優・笑撃戦隊の野村辰二】

2016年にゴールインしたのが、芦田愛菜や倖田來未のものまねでお馴染みのピン芸人・やしろ優と、お笑いコンビ・笑撃戦隊の野村辰二。4年間の同棲期間を経て、やしろ優の誕生日に入籍しました。

そして入籍から1年後の2017年7月に、2人は挙式と披露宴を開催。実はやしろ優はこの日のために9か月かけてダイエットをし、21キロの減量に成功。86キロから65キロになり、幸せいっぱいの花嫁姿を披露しました。

とはいえ、芸人としてはそれぞれ別で活動している2人。夫婦の知名度の差が少々気になるところ……。「格差婚」と揶揄されないためにも、笑撃戦隊には年末のM-1グランプリでぜひ結果を出してもらいたいですね。


【ますだおかだの岡田圭右・岡田祐佳】

ますだおかだの岡田圭右と岡田祐佳夫妻。実はもともと、岡田祐佳は結婚前は松竹芸能に所属していた芸人で、お笑いコンビ・-4℃のツッコミとして活動していました。

1995年のゴールインから、岡田祐佳は事実上引退となっていましたが、息子の岡田隆之介、娘の岡田結実の活躍の活躍が目立ち始めるとともに、タレント活動を再開しています。

しかし2017年8月、2人に別居報道が流れ、実は夫妻が離婚危機に陥っていることが明らかに。岡田祐佳は自身のブログで「夫婦間の問題」と語り、関係の回復に努める様子を見せていましたが、別居解消のニュースはその後聞こえてきていません。


【2丁拳銃の修士・高僧野々村の野々村友紀子】

実力派漫才師として活躍中の2丁拳銃の修士の奥さんも実は元・芸人で現在は放送作家の野々村友紀子。

「高僧・野々村」という女性お笑いコンビでしたが1999年に解散し、放送作家に転身。その後、2002年に修士と結婚しています。

当時アイドル的な人気を誇っていた修士の結婚は、当時のお笑いファンには強い衝撃を与えました。

しかし、実は修士は奥さん以外の女性と付き合ったことがなかったという逸話が明らかになると「理想的すぎる!」と話題に。2児の父母になった今でも夫婦関係は良好のよう。昨今のゲス不倫とは無縁のホワイトな姿勢は、ほかの芸人たちも見習うべき?!


≪破局した芸人カップル≫


【なだぎ武・友近】

吉本興業の先輩後輩であり、ディラン&キャサリンなどのコントキャラクターとしてコンビ活動もしていた、なだぎ武と友近。2000年頃から交際をスタートしたという2人は、事務所も公認の芸の上でも互いを高め合う理想的な芸人カップルと言われていました。

しかし、2009年頃にどうやら破局を迎えてしまった模様。実は別れる1年くらい前から、仕事以外で会うことは一切なくなっていたのだとか……。今となってはディラン&キャサリンのコンビを目にする機会もなくなってしまったのが残念ですね。


【Wエンジンのチャンカワイ・アジアンの馬場園梓】

2010年に交際が発覚した、Wエンジンのチャンカワイとアジアンの馬場園梓。テレビ番組でも、お互いにノロケる姿が見られるなど、順調に関係を築いているように見えました。

しかし2013年に突然の破局を発表。別れの理由について馬場園梓が「お互いが持つ理想の男性像や女性像になれなかった」と語っていましたが、実は彼女の気の強さも原因のひとつだった模様。その後、チャンカワイは2015年に製薬会社の副社長と結婚。馬場園梓は現在も独身です。


【アルコ&ピースの酒井健太・ロリィタ族。】

若手随一の実力派芸人であるアルコ&ピースのツッコミ担当・酒井健太は、ロリィタ族。という見た目は可愛い女性ピン芸人と付き合っていました。

10年以上前にすでに2人の関係は終わっているようですが、酒井は未だに番組などで当時のエピソードをロリィタ族。に暴露され続けています。

というのも、ロリィタ族。は、元カレが全員芸人だったという驚きの恋愛遍歴を持っており、その思い出「あるあるネタ」にして笑いをとるという芸風の持ち主。

その中でも酒井健太は彼女自身の思い入れが強く、実は今でも好きなようで、番組内でも復縁を持ち掛けていたこともあります。

ちなみに、ロリィタ族。の元カレの一人は、飛び石連休の藤井ペイジ。酒井健太と藤井ペイジはフットサル仲間らしく、微妙に気まずい関係性なのだとか……。



おはよう!キッズスムージー



2017年09月12日

祝☆TAKAHIRO、武井咲の結婚&妊娠!!『噂になった歴代彼氏、彼女』

222種の生酵素×ヒアルロン酸【 大人の生酵素 】





EXILEのTAKAHIROと女優の武井咲が9月1日、結婚を発表、武井は妊娠3ヶ月だという。

発表では「突然ではございますが、私共、EXILE TAKAHIROと武井咲は、本日入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と結婚を報告しました。

さらに「新しい命を授かることとなり、来年の春には大切な家族がひとり増えることになります」と武井さんが妊娠していることも合わせて発表されました。

TAKAHIROさんはEXILEの公式モバイルサイトでもファンに結婚を報告しています。

2人の出会いは2014年に放送されたドラマ「戦力外捜査官」。その後、友人関係、2年半の交際を経てゴールインしました。

結婚までの道のりについてTAKAHIROさんは「仕事に対するプロ意識や周りの方々への気配り、家族想いなところ、とても素直で綺麗な心と、その人柄に惹かれ、結婚を前提にお付き合いさせていただき、同じ夢や志を持ちながら、共に過ごしてきました」と振り返りました。

2015年、写真週刊誌「FLASH」に熱愛を報じられたことはありましたが、突然の結婚発表に、ネット上は祝福にもまして驚きの声が上がっています。


BIGカップルの朗報に、みなさんもビックリしたことでしょう。
離婚の多い芸能界ですが、是非二人には幸せになってほしいと思います。

さてこの人気者の二人は過去に週刊誌やネットで数々の噂が流れていますので、その相手を調べてみましたのでご覧ください。


≪TAKAHIRO≫


EXILEのボーカルであるTAKAHIROは甘いマスクと歌声で女性人気が凄いことで有名です。
近年は俳優としても活躍されていますね。
そんなTAKHIROの噂になった女性はこちら


【板野友美】

元AKB48の板野友美。これは有名な話ではないでしょうか。
2012年頃に熱愛疑惑が浮上。
共演がキッカケで知り合い、同じマンションに住んでいて、帰宅する様子が週刊誌に載っていました。
後に板野が熱愛に関して全否定していますが、真相は不明です。


【佐々木希】

女優でモデルの佐々木希。
2011年頃に熱愛がスクープされました。
飲み友達だったということですが、頻繁にデートをしていたという情報もありますので、付き合っていたのではないでしょうか。


【加藤綾子】

元フジテレビアナウンサー加藤綾子。
2012年頃に熱愛疑惑が浮上。
TAKAHIROから猛アタックしたのではないかという噂です。



≪武井咲≫

第11回全日本国民的美少女コンテストに応募、モデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞。
セブンティーンの専属モデルになり、女優として数々の作品に出演しています。
トップ女優の地位を確立した武井咲の噂をまとめてみました。


【佐藤健】

ドラマや映画で大活躍中の俳優の佐藤健。
映画るろうに剣心で共演していました。
武井はたけるー!と撮影中に呼んだりしていたらしいので、とても仲が良いことがわかります。


【大倉忠義】

関ジャニの大倉忠義。
映画「クローバー」で共演してからの仲らしいです。
撮影中に手を繋いだりしていたそうなので、さすがに手を繋ぐ練習はしなくても出来るでしょうから。


【松坂桃李】

こちらも若手実力派俳優の松坂桃李。
かなり仲のよかった2人だそうで、付き合っていた訳ではないけれど結果いい感じで、やることやって終わっていたと言う関係だったという話もありますね。





PCMAX(18禁)




2017年07月15日

小嶋陽菜の馬券の買い方!馬好き芸能人の高額配当とは!?

キャッシングなら、エース株式会社





予想を裏切る結果に、多くの競馬ファンは肩を落としたに違いない。6月25日に行われた「宝塚記念」では、一番人気の「キタサンブラック」がまさかの惨敗。だが、まさかの“ちゃぶ台返し”で勝利を手にした人物がいた。元AKBの小嶋陽菜である。

4月の天皇賞優勝の際には、ディープインパクトの記録を0・9秒更新し、獲得賞金ランキングでも歴代5位の成績を誇るキタサンブラック。武豊が騎乗することも手伝って、宝塚記念の大本命と見られていた。が、蓋を開けてみれば、ビリから3番の9着。

競馬ジャーナリストの片山良三氏によれば、

「キタサンの他にも天皇賞で2着だったシュヴァルグランも今回は8着。結果論ですが、今年の天皇賞に出走した馬は、新記録が出たほどの早い展開だったため、疲れが残っていたのでは」

今回の宝塚記念で優勝したサトノクラウンは、天皇賞に出走していないことからも、疲労が敗因だった可能性は十分にありえる。

もっとも、レース前は、そんな心配は無用とばかりにキタサン人気は高く、前日のフジテレビの深夜番組「馬好王国」にレギュラー出演する小嶋も、キタサンを信奉する1人だった。


「彼女は、番組内で毎回、予想を立てるコーナーを持つほど、芸能界では競馬好きとして知られています。今年は、まだ2勝で収支は約マイナス12万円ですが、昨年は12勝37敗で年間収支が、約プラス5万円。当たると評判です」
番組内での本命予想ではキタサンを挙げ、「(凱旋門賞に)応援に行きたいです」と言っていた小嶋。さらに、翌日のレース直前になると「みんなのKEIBA」(フジテレビ)にもゲスト出演し、レース直前までキタサン本命を公言し、結果がハズレとなると、

「何が起きたんですかね」

と残念そうな表情を浮かべて見せたのだった。

ところが、だ。その日の彼女のツイッターには、

「念のため買った馬券ぜんぶ当たった。すみません」

といったコメントと共に、合計約27万円プラスになる3枚の当たり馬券の写真が。しかも、そこには、あれほど推したハズのキタサンの名前がないのである。

ネット上には、彼女を批判する声もあるが、華麗なポーカーフェイスというほかあるまい。

「3枚のうち、2枚はいかにも素人のような買い方ですが、1着から3着までの順位を当てる3連単の買い方は、投資を増やさないように頭数を抑えている。慣れた人でも、もっと頭数を増やすこともありますから、かなり優秀です」(片山氏)

誰かの意見を聞いたとも考えられるが、仮に本人が予想を直前でひっくり返したとしたら……。二枚舌といい、勝負勘といい、なかなかの勝負師か。


競馬好きな芸能人は非常に多く、それを公言し、万馬券で高額配当がついた時にはメディアで取り上げられることもあります。

そんな馬好き芸能人の仰天高額配当をまとめてみたのでご覧ください。


≪競馬で高額配当当選した芸能人≫


【田中裕二 爆笑問題】

2007年の皐月賞(GT)で配当金797万円という高配当を叩き出す。
投資額4万3000円に対し、配当金の合計は797万8000円。3連単で200円を90通り、馬連で5000円ずつ5通りで購入してこの配当となったよう。


【徳光和夫】

競馬好きで有名な徳光和夫。地方競馬で万馬券を当て800万円の払戻金を受けスポーツ紙の一面に。


【矢部美穂】

競馬にゆかりのあるといえば、スポーツ紙のコラムで競馬予想を行っていたタレントの矢部美穂も、今年3月の「WIN5」(5レースで予想するタイプの馬券)で562万円を当てた。ちなみに、矢部の父は地方競馬の元騎手。


【安田美沙子】

2011年に新しく導入されたWIN5をなんと見事に的中させたのだ。配当金は100万8010円。安田美沙子はこれまでも3連単を当てたりもしている。


【スギちゃん】

2008年の有馬記念(GT)で、当時バイトで稼いだ14万円を全てダイワスカーレット絡みの馬券に投入。ダイワスカーレット頭で馬単流し1点1万円の勝負。結果は1着ダイワスカーレット、そして2着に最低人気のアドマイヤモナークが入線し、馬単33490円で334万9000円の払戻金をゲットした。


【てつじ シャンプーハット】

12番人気のレジネッタが優勝し、2着は15番人気のエフティマイア、3着に5番人気のソーマジックが来るという大波乱の2008年桜花賞でみごとに3連単的中。
これだけ人気馬が惨敗した大波乱で予想的中はすごいですが、普段からこういった買い方をすればトータルの収支は残念ながらマイナスになっています。
購入馬券は3連単の100円126点買いだったようでうです。
配当は700万超え。


【小籔千豊】

お笑い芸人の小籔千豊が25日、自身のツイッターを更新。日本中央競馬会(JRA)の5重勝単勝式馬券「WIN5」が当たったことを明らかにした。この日の払戻金は872万5390円。的中は58票。


【吉村崇 平成ノブシコブシ】

日本ダービーの予想を始め、3連単8点勝負に打ってでました。
1点1万円の8万円勝負。
3連単を8点で仕留めるのは余程固いレースじゃないと難しいレベルです。それを吉村は8点買い。流石は破天荒男だけあって馬券の買い方も破天荒です。
吉村が買った馬券は武豊騎手騎乗の1番人気【キズナ】を1着に固定した3連単8点。
1着・2着は人気通りも3着に穴馬が来て、549・5倍の配当。
吉村は収録が終わった東京競馬場で549万5000円を手にしました。


【林修】

林修先生が、競馬中継番組『競馬BEAT』に出演し、札幌記念で三連単を的中。
その配当金は359,350円林先生は300円しか買っていないと思っていましたが、ちゃっかり500円購入していました。軽く150万円オーバーです。


【藤田晋 サイバーエージェント】

藤田社長は13番のダイワスカーレットを軸に、最低人気だった14番のアドマイヤモナークと4番のエアジパングへの2点を、50,000円ずつ馬番連勝で購入。その結果、1番人気に応えて優勝したダイワスカーレットに続き、2着にアドマイヤモナークが飛び込んできたことで、藤田社長のもとに1474万5000円が転がり込んできた。


【じゃい インスタントジョンソン】

インスタントジョンソンのじゃいは、万馬券的中実績がとにかく凄いです。普通の競馬評論家よりも全然凄いです。もうここまでくると理屈は不要。全ては論より証拠の世界になってきます。
2012年12月にWIN5で3700万円の超高配当を当てています。
2014年1月再びWIN5で4432万円のビックアーチを的中させます。
しかも100万円を超える高額配当は二桁以上の的中。
これは当然の事ながら芸能人史上最高配当的中者です。





[楽天カード]

お得なキャンペーン実施中

2017年07月13日

ウド鈴木が25年ぶりに恩人と再会して涙。。。【芸能人の師弟関係エピソード】

ハッピーメール 18禁






お笑いコンビ・キャイ〜ンのウド鈴木が、7月14日に放送されるABCテレビのバラエティ番組『オオサカミッドナイトパーティ』(関西ローカル)で、下積み時代の恩人と涙の再会を果たす。

この番組は、謎のコーディネーター"宴深夜(うたげしんや)"に扮したTKOの木下隆行が、東京からやって来たウドと鈴木奈々を大阪の街へ案内。個性的な人々が夜な夜な集まる店を訪ね、そこで繰り広げられているディープなパーティを体験するというものだ。

木下が「エッチなお店で開かれるマグマグパーティ」が楽しめると2人を案内したのは、アジア系マッサージ店が並ぶ大阪・ミナミのあやしげな路地裏にある店。そこでウドは、懐かしい人物との思わぬ再会に感激する。

その人物とは、ウドがまだ売れない芸人だった25年前、苦しい生活を互いに支え合ったという"超大物有名人"。当時の思い出を語るうち、感極まったウドが思わず涙を浮かべ、「俺としたことが…」と照れる一幕も。数々の武勇伝を持つ"超大物有名人"の正体はもちろん、「マグマグパーティ」の気になる実態にも注目だ。

番組では他にも、大勢の客がひたすら「ハァハァ」しているという「ハァハァパーティ」が毎夜繰り広げられている店に潜入。また、60歳を超えた性別不明の常連客らが「コスコスパーティ」で盛り上がる店では、ウドがなぜか服を脱ぎ出し、セクシーな気分になった鈴木奈々がおかしな挙動を見せるなど、爆笑ロケが展開される。


芸能人は下積みが長く、ご飯を食べれない時期や辞めようと考える時期など、人それぞれ分岐点があるものですが、そんな辛い時代に支えてくれた「恩人」との感動エピソードをまとめてみたのでご紹介します。


≪芸能人の恩人との感動エピソード≫


【村上ショージ ・明石家さんま】

さんまさんと会い続けているショージさんだからこそ知る最大の魅力は、“優しさ”だと言葉に力を込めました。

1989年、お金も全然なかったのに、僕はハワイで挙式をさせてもらったんです。なんでできたかというと、雑誌の企画として式を挙げさせてもらったんです。
 …ただ、僕の結婚に、おいそれとタイアップが付くようなことはありませんわね(苦笑)。これは後から僕も知ったことやったんですけど、そもそもで言うと、フジテレビのプロデューサーを通じて、雑誌社からさんまさんに話が来たんです。

とても優しいさんまさんなんですけど、それと同じくらい、恥ずかしがりでもあるんです。その人が、奥さんと仲人をして、それを雑誌に載せるということまで了承してくれた。しかも、僕にとっては、「雑誌に載る」という芸人として目立つ“オイシイ”形を作ってくれて。

さらに、そんなことをくどくど言うわけではなく、全部を決めてから「こんな話があるみたいやわ」とだけ言ってプレゼントしてくださったんです。
さんまさんは全国の1億人を笑わせてますけど、僕にはそれはできない。でも、僕が一番うれしいのはさんまさん1人を笑わせた時なんです。

これからも、お互いに元気で、さんまさんは1億人を、僕はさんまさんを、笑わせられるように過ごしていけたらエエなぁと思っています。


【ガダルカナルタカ・ビート たけし】

たけしさんは唯一の師匠!オレには弟子の人生は背負えない。

正直、もうお笑いを辞めようかな…と思ってた時に、「お笑いスタ誕」を通じて付き合いがあった東(現・東国原英夫衆院議員)が、声を掛けてくれたんだよね。「たけしさんが野球チームを作るんだけど、野球できたよね?」って。

ヒットを打ったのか、きちんと守ってたのか、さらには試合が勝ったのか負けたのか…。全然覚えてない。自分の中の何かが「ここは人生のポイントだ」と無意識に反応して、普通じゃない精神状態になってたのかも…。

たけしさんはリサーチをしっかりやる人だから、オレたちが当時どんな状況なのかを調べたうえで、手を差し伸べにきてくれた。それがなかったら、今のオレと枝豆はないし、その思いに報いなければというのが、今日まで続いてるんだよね。
今でも、朝、楽屋に挨拶に行って「おう」と言葉をもらうまでは、とんでもなく緊張する。何年やっても、この緊張感はとれないんだよな。

とてもじゃないけど、オレは弟子をとれない。オレが知ってる師匠は、たけしさんだけ。弟子をとるということは、たけしさんのように相手の人生を背負うということだからね。残念ながら、オレには、そんな度胸はないもんね(笑)


【メッセンジャー黒田・やしきたかじん】

謹慎中、たかじんさんから連絡…“劣等感”を持つ者同士だから。

実はね、ボクが謹慎中に「メシでもいこか」とたかじんさんから連絡をいただいたんです。まだテレビ復帰のメドなんて全く立ってなかった時期でしたが、ご飯を食べてる時にポツリと「なんとか、オレが使うようにするから」と言っていただいたんです。

もちろん、吉本興業の仲間にもたくさんお世話になったんですけど、逆に言うと、吉本でもないたかじんさんが、目をかけてくださったのが、より一層ありがたかったんです。

ある種の“劣等感”やと思うんです。ハングリー精神なんてキレイなものじゃなくて、もっとこびりついていて隠していたいもの。そして、これは隠してる人間同士だけが、共感できることなんやろうなと。

それが恩返しになるか分かりませんけど、もし、“たかじんイズム”みたいなものを踏襲するならば、まずは、たかじんさんが戻ってくるまで「たかじんNOマネー」の熱を冷めさせないように努める。そして、戻ってきはったら、ボクは番組を離れて、空いた席をボクより後輩に譲らなアカンと思っています。


【はるな愛・中山秀征】

食べていくのに必死だった頃・・・ヒデさんの言葉に救われた。

ほぼ初めてテレビのお仕事をさせていただいた私を、ヒデさんは本当の女性だと思ってたみたいなんですけど(笑)、同じく番組に出演していたモト冬樹さんから「ヒデ、お前、本当に知らないの?」と言われて、すごく驚いたみたいです。でもね、それを知ってから「本名、大西賢示って言うの!?いや、面白いよ!!」と、とても可愛がってもらいました。

テレビの世界に入ると、見ていただく方はニューハーフが好きな人もいれば、嫌いな人もいらっしゃる。ニューハーフの部分は一切出さない方がいいのか、でも、普通の女の子とは違うし…。さらに、番組のオーディションに行っても「君はミズ(水商売)のニオイがするからダメだ。芸能界はあきらめた方がいいよ」と何度も言われました。食べていくのにも必死で、朝からパチンコに並んだり、持っていたバッグを質屋さんに入れて日銭を稼いだり、どこに行くのも自転車移動でした。

これでもかと自信と進路を見失っていた中で、ヒデさんがふと言ってくださったんです。「賢示は、賢示のままでいいんだよ」と。救われました。本当に、本当に。この言葉を常に頭に置いて、お仕事をしてきました。
そのおかげで、今ではお仕事でも日常的にヒデさんとお会いできるようになりました。つい先日も、テレビ局の楽屋が隣同士になったんです。
元気に頑張って、お仕事をする姿を見ていただくしかないんだろうなと思っています。


【小籔千豊・野生爆弾ロッシー、シャンプーハット小出水】

一晩中説得された…今があるのはあの後輩2人のおかげ。

2001年、ネタ合わせのつもりで行ったファミレスで、相方から「構成作家になる」と切り出され、いきなりコンビ解散になってしまいました。
自分を一番近くで見てきた相方が、コンビを辞めて「作家になる」と言った。“三振”も見てるけど、“ホームラン”も見てきた相方が出した結論が解散なら、自分にはホンマに商品価値がないんやと思い知らされました。

そんな中、ある夜、「野性爆弾」のロッシーから電話がかかってきたんです。「今日遊びましょうよ」って。もう自宅に帰っていたんで、「ごめん、もう風呂入って、家やわ」と。これって、先輩からしたら、断りのサインなんです。それでも「いや、遊びましょうよ、ウチの家に来てくださいよ」と言ってくる。これは、吉本の“縦社会”でありえないことなんです。
いぶかしく思いながらも、ロッシーの家に行ったら、缶ビールがわんさか用意されてるんです。みんな貧乏やったし、ビールなんて、そうそう買えるものじゃないのに。

その後、仕事を終えた「シャンプーハット」小出水も終電で駆けつけて、3人で飲んでたんですけど、何と言ったらいいのか、ふと、場の空気が変わったんですよね。ほんで、2人の方を見ると、意を決した顔で「辞めんといてください。小籔さんは絶対に売れます」と。あとで聞くと、劇場スタッフ経由で解散の話を聞きつけた2人が、いてもたってもいられず、こういう場を設けてくれたんです。
本来、後輩から先輩に言うべき言葉ではないのかもしれません。それを承知で、それでも言ってくれた2人。翌朝5時、小出水が始発で仕事に行くまで、延々「辞めんといてください。絶対売れます」を繰り返されました。

ロッシーの家に行くまでは、完全に辞めるつもりでした。でも、一晩話をしたところで、思ったんです。こんなにエエ人間に囲まれてできる仕事はなかなかないやろうなと。そんな人らと別れるのはもったいないと。

その思いでこの世界に残り、今に至りました。


【西川きよし・西川ヘレン】

伝説の漫才コンビ「やすきよ」の原点を作ってくれた。

今日の僕があるのは、もちろん「やすきよ」があってのことです。やすしさんがいたから、50年もやらせてもらいました。でも、もともと、やすしさんとのコンビは断り続けてたんです。
結成を決断させてくれたのは、ヘレンでした。だから、全ての原点は家内が作ってくれたようなものなんです。

やすしさんと組んで、お仕事がいただけるようになって、大阪・堺に最初の家を建てることができました。小さな庭でしたけど、僕がまず買ったのがブランコでした。「これは、おまえだけのブランコや。朝から晩まで、好きなだけ、乗ってたらエエ」と言ったのを覚えています。

今、結婚生活は46年目。あと4年で金婚式です。妙な言い方になるかもしれませんが、究極の理想は、どちらが先ということなく、同じタイミングで天に召されたらいいなと考えています。同じ棺桶に入って。
あんまり言ったら、気持ち悪がられるかもしれませんけど(笑)、本当にそう思うんですよ。時々、本気で二卵性双生児じゃないかと考えるくらいです。


【すっちー・小藪千豊】

“道”を作ってくれた先輩…座長になることが恩返し。

最も新喜劇の新座長に近いと言われるすっちーが恩人として挙げたのは…。
吉本新喜劇座長の小籔千豊さんです。小籔さんも、僕も、もともとは漫才コンビを解散して新喜劇に入った“途中参加組”なんです。
僕が1996年から2007年まで組んでいたコンビ「ビッキーズ」を解散して、新喜劇入りを考えた時も、先に新喜劇に入られていた小籔さんに相談しました。

中でも、特に小籔さんに教えられたのは「新喜劇は船である」ということです。まず考えるべきは、この船がいかに順調に航行を続けていけるか。いくら自分だけがはしゃいでみても、船がなくなったら、自分を含め、乗組員みんなが困ってしまう。
だから、小籔さんは街でファンの方に「写真撮ってください」と言われた時も、撮った後に必ず「新喜劇、見てね!」と言わはるんです。フジテレビ系「人志松本のすべらない話」とか全国ネットの番組に出演する時も、「アイアム座長」というキャッチフレーズをおっしゃる。自分は“新喜劇の小籔”であり、“新喜劇の座長”であるというアピールをするんです。

漫才を辞めて新喜劇に入った時、小籔さんが“道”を作ってくれていた。何にもなかったところに道を作って、街灯を立てて、後を歩いてくる人間が歩きやすい環境を作ってくださっていた。絶対に足を向けては寝られないです。そして、これからは自分も次の人のための“道しるべ”になっていかなアカンと思っています。それしか、恩返しはないですから。




安心と信頼で選ぶなら、NTTグループが提供する【スマイルサーバ】

2017年07月07日

【大御所】有吉がつけた芸能人のあだ名特集!!そのA【アイドル】

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】





今や飛ぶ鳥を落とす勢いで、冠番組やレギュラー番組を多数抱え、テレビで見ない日はないほど完全復活した元猿岩石の有吉弘行ですが、ご存じの通り、彼は再ブレークを果たす前は数年間に及ぶ暗黒時代を耐えてきました。

その有吉が再ブレークを果たすキッカケの1つとなったのが「あだ名」です。

大御所芸能人、俳優、女優、アイドル、政治家にいたるまで数々の有名人にあだ名をつけて、テレビに引っ張りだこでした。

そのあだ名をまとめてみたのでご覧ください。


≪有吉のつけたあだ名一覧(男性芸能人)≫


タモリ → 昼メガネ

麻生太郎 → えへん虫、甘栗

みのもんた → 油トカゲ

北島三郎 → 与作ザル

小倉智昭 → 甘酢あんかけ

中尾彬 → フレンチブルドック

千原ジュニア → へりくつガイコツ

千原せいじ → 赤貝

ケンドー小林 → プロレスヒゲ野郎

陣内智則 → 売名行為

ホンコン → 陥没骨折

オール巨人(オール巨人阪神) → 楽屋の厄介者

オール阪神(オール巨人阪神) → ゴルフ馬鹿

東野幸次 → 二軍のボス、ゴミくず

矢部浩之(ナインティナイン) → カラオケ馬鹿

岡村隆史(ナインティナイン) → ぺニスさん

宮迫博之(雨上がり決死隊) → 薄らハゲのくせにクソナルシスト男、バカのくせにイジリにくい

蛍原徹(雨上がり決死隊) → へらちょんぺ

加藤浩次(極楽とんぼ) → 腐れジンギスカン

山崎邦正 → 実力不足

河本準一(次長課長) → ソフトSEX、浮気タンメン、不倫タンメン

井上聡(次長課長) → マヌケ野郎

後藤輝基(フットボールアワー) → 病気のカラス

岩尾望(フットボールアワー) → 生ゴミ

桂三度(世界のナベアツ) → 滋賀の渡辺さん、ノリのよいサラリーマン、作家崩れ、芸人崩れ、少しユー
モアのある普通の方

品川祐(品川庄司) → おしゃべりクソ野郎

庄司智春(品川庄司) → 筋肉クソバカ野郎

徳井義実(チュートリアル) → 変態ニヤケ野郎

福田充徳(チュートリアル) → アブラムシ

平畠啓史(ドンドコドン) → 頑張って下さい

田村淳(ロンドンブーツ1号2号 ) → 出っ歯

田村亮(ロンドンブーツ1号2号 ) → 金髪

矢野勝也(矢野・兵動 ) → ダミ声のボロ雑巾

兵動大樹(矢野・兵動 ) → メスゴリラ

石橋貴明(とんねるず) → スタッフ殺し

やしきたかじん → 奇跡のチンピラ

峰竜太 → アッコのお座布団

田中義武 → キャラメルヤクザ

薬丸裕英 → 80%苦笑い

志村けん → エロハゲ様

‎山里亮太(南海キャンディーズ) → 汁男優

ヒデ(ペナルティ) → ヒデさん

ワッキー(ペナルティ) → クソ滑りゴリラ、クソ滑りドブネズミ芸人

川島明(麒麟) → 馬面クソ野郎

田村裕(麒麟) → インチキホームレス

上島竜兵(ダチョウ倶楽部) → 水死体、志村の犬、豚の死骸、ダチョ、リブレ

寺門ジモン(ダチョウ倶楽部) → 短足天狗、腰抜け通販野郎、ポリバケツ、ステロイド馬鹿

肥後克広(ダチョウ倶楽部) → 絞りカス、ポンコツ

ダチョウ倶楽部 → 茶番劇集団

ノッチ(デンジャラス) → 取り柄なし人間

安田和博(デンジャラス) → 万引き、ゴミダメ

木下隆行(TKO) → クソボケ松竹

木本単独(TKO) → 浪人生

日村勇紀(バナナマン) → ブタクラゲ、ポール・マッカートニー

設楽統(バナナマン) → 放火魔

田中卓志(アンガールズ) → ミイラのゾンビ

山根良顕(アンガールズ) → メリケン粉

増田英彦(ますだおかだ) → 丸出し神経質

岡田圭右(ますだおかだ) → チャラすべり

なだぎ武 → デブ專

木村明浩(バッファロー) → からっぽ1号

狩野英孝 → くそ煮込みうどん、時代のねじれから生まれた虫、白いフン、カノエイコウ(キモ科)

ミッツ・マングローブ → 変態の大家さん

武田修宏 → スケベなタラちゃん

上田晋也(くりぃむしちゅー) → 木彫りの深海魚

有田哲平(くりぃむしちゅー) → くず人間

DAIGO → バカ手袋

ふかわりょう → ノイローゼ牛蒡(ごぼう)

蛭子能収 → 弁当泥棒

矢作兼(おぎやはぎ) → 言い訳クソメガネ

小木博明(おぎやはぎ) → ざわわメガネ

博多大吉(博多華丸・大吉) → 病み上がり・焼却炉の魔術師

博多華丸(博多華丸・大吉) → 無駄にオシャレ

吉田敬(ブラックマヨネーズ) → 肌の汚い人・顔の汚いやつ

小杉竜一(ブラックマヨネーズ) → 髪の毛の薄いオジサン

塙宣之(ナイツ ) → リストラ

土屋伸之(ナイツ ) → 塙の友達

Q太郎(ハイキングウォーキング) → コタツの中でイタズラしそう

小藪千豊 → 変質者

三瓶 → 公家

劇団ひとり → お漏らし糞野郎

笑福亭鶴瓶 → 無駄話嘘太郎

中山秀征 → バブルの生き残り

関根勉 → 説明ジジイ

高橋英樹 → 迫りくる顔面

三宅裕司 → しゃがれマーボー

島田紳助 → すごく怖いしゃもじ

ゴルゴ松本(TIM) → ハゲハマグリ

レッド吉田(TIM) → 奥さんが上半身

‎伊達みきお(サンドウィッチマン) → 田舎のポン引き

富澤たけし(サンドウィッチマン) → 哀しきモンスター

たっち → ふたご

松村邦洋 → KY糞だるま

つんく(シャ乱Q) → 金を産む装置

ピーコ → ファッションおじさん

おすぎ → 泥人形、輪島巧一

川合俊一 → ジャイアント馬場

山田ルイ53世(髭男爵) → 蘇民祭

ひぐち君(髭男爵) → 三遊亭ショボ太郎

内村光良(ウッチャンナンチャン) → エリンギ

大竹 一樹(さまぁ〜ず) → 変態エロ眼鏡

三村マサカズ(さまぁ〜ず) → ポンコツ人間

高田延彦 → 墓石

田中直樹(ココリコ) → ネクララクダ

やくみつる → 皮肉屋

山田五郎 → 筆まんじゅう

太田光(爆笑問題) → クソバカ野郎、田中の親友

田中裕二(爆笑問題) → バカチビ、気持ち悪いなお前

出川哲朗 → ヘルニア崩れ、便所コオロギ

西野亮廣(キングコング) → 元気な大学生

マツコデラックス → イカ墨チャーハン

天津木村 → 人間的魅力ゼロ

藤井隆 → そつのないオカマ

ダンディ坂野 → 小器晩成

杉山裕之(我が家) → インパルス堤下の劣化版

小島よしお → すべりコンベア、海パンセレブ野郎

ユースケサンタマリア → パジャマ顔

半田健人 → うんちくバカ野郎

高橋ジョージ → ひょっとこリーゼント

的場浩司 → チンピラスイーツ

本村健太郎弁護士 → コンビニの店長

中居正広(SMAP) → ニセSMAP

木村拓哉(SMAP) → 月9バカ

稲垣吾郎(SMAP) → 寿命短め

香取慎吾(SMAP) → マヨネーズビール

草なぎ剛(SMAP) → エラ呼吸、地デジ

井ノ原快彦(V6) → 田吾作

森田剛(V6) → 兵藤ゆき

坂本昌行(V6) → ニワトリおじいちゃん

岡田准一(V6) → キレイなゴリラ

三宅健(V6) → 鼻タレ小僧

城島茂(TOKIO) → 長老

長野博(TOKIO) → グルメなヤギ

国分太一(TOKIO) → キーボードおじさん

JOY → 小銭拾い

有野晋哉(よゐこ) → ファミコン死にボクロ

宮川大輔 → ペリカン野郎

東貴博(Take2) → 普通の財力、クソ坊ちゃん

渡部建(アンジャッシュ) → ちょうどいい執事

春日俊彰(オードリー) → ただのユニークな青年

JOY&ユージ → 2本のでくのぼう

原西孝幸(FUJIWARA) → ギャグヤリマン

藤本敏史(FUJIWARA) → 木彫りの岸谷五朗、ドロヘドロ

ムーディ勝山 → コミックソング、活きのいい一発屋

山崎弘也(ザキヤマ) → アゴイノシシ

天野ひろゆき(キャイ〜ン) → ブサイクのくせにオシャレぶるな

ウド鈴木(キャイ〜ン) → バカの押し売り

森永卓郎 → ケチタヌキ

清原和博 → ベースボールマフィア

徳光和夫 → 涙の安売り

堀内健(ネプチューン) → マヌケ

原田泰造(ネプチューン) → 浮気ゴリラ

名倉潤(ネプチューン) → しわくちゃラクダ、トムヤムクン、おにゃんこ食い

二宮和也(嵐 ) → 早退

櫻井翔(嵐 ) → 説明

大野智(嵐 ) → 気の毒坊や、カレーパン

溝端淳平 → オカマちゃん

堂本光一(KinKi Kids) → 大衆演劇顔

村上信五(関ジャニ∞) → 銭ゲバヒゲゴリラ

ウエンツ瑛士 → ホワイトウインナー

魔裟斗 → 栃木のホスト

板東英二 → 野球くずれ

長井秀和 → フィリピントカゲ

郷ひろみ → 変わりモン

山本一太議員 → ハッタリくん

平沢勝栄議員 → エロカマキリ

宮崎哲弥 → インテリ原始人

安東弘樹(TBSアナ) → ホスト上がり

宮本隆治(元NHK) → オネェの香り

高木晋哉(ジョイマン) → ハイパーメディアクリエイター

若乃花 → アメフトちゃんこ野郎

酒井敏也 → さらし首

具志堅用高 → 具志たわし

秋山竜次(ロバート) → ヘンな事やりたがりのクソボケ野郎

ヨネスケ → ケモノ

大竹まこと → 巣鴨の看守

有吉弘行 → 二発屋




人気&激安カラコンショップHOTEL LOVERS

盛れるカラコン・ナチュラルカラコン多数ご用意


【大御所】有吉がつけた芸能人のあだ名特集!!その@【アイドル】

隙間時間まで勉強へ ファイナンシャルプランナー3級/2級講座【資格スクエア】





今や飛ぶ鳥を落とす勢いで、冠番組やレギュラー番組を多数抱え、テレビで見ない日はないほど完全復活した元猿岩石の有吉弘行ですが、ご存じの通り、彼は再ブレークを果たす前は数年間に及ぶ暗黒時代を耐えてきました。

その有吉が再ブレークを果たすキッカケの1つとなったのが「あだ名」です。

大御所芸能人、俳優、女優、アイドル、政治家にいたるまで数々の有名人にあだ名をつけて、テレビに引っ張りだこでした。

そのあだ名をまとめてみたのでご覧ください。


≪有吉のつけたあだ名一覧(女性芸能人)≫


山崎静代(南海キャンディーズ) → モンスターヴァージン

小川菜摘 → 極道の妻

ハイヒールモモコ(ハイヒール) → シャネル潰し

清水よし子(ピンクの電話) → ダッチワイフ

隅田美保(アジアン) → 人喰いカマキリ

だいたひかる → 被害者面、胎児

鳥居みゆき → ラリパッパ、鬼女

柳原可奈子 → オカマ力士、ブタクラゲ、人造人間19号

夏川純 → サバ

井上和香 → くちびるお化け

関根麻里 → 眉毛たまご

高畑淳子 → 妄想スケベ地獄

大沢あかね → ブス界一の美女

misono → エロみっともない

千秋  → スケベ女

南明奈 → セキセイインコ

ジャガー夫妻 → 夫婦げんか

時東ぁみ → メガネ女

スザンヌ → 帽子

原幹恵 → クソブタ

MEGUMI → おしゃべりオッパイ女

芦田愛菜 → 子どもの皮をかぶった子ども

水樹たま → 土偶アイドル

井森美幸 → ダンスの天才

安田美沙子 → ドス黒芸者

高木美保 → ヒステリック農業

黒柳徹子 → クソババア

雛形あきこ → 失われたボイン

ベッキー → 元気の押し売り、よく見りゃブス、ザビエル

金美齢 → シルバーウルフ

マリエ → オイルバター

勝間和代 → ややこしや

麻木久仁子 → お手本ババァ

黒沢かずこ(森三中) → 報われない人生

小倉優子 → 嘘の限界

島崎和歌子 → ノーブラおじさん

はしのえみ → 欽ちゃんの愛人

矢口真里 → 脱走兵、ワイプモンスター

菊川怜 → 学歴アンパンマン

森光子 → ファイナルカウントダウン

岡本夏生 → ハイレグババァ

蓮舫 → 短髪鬼ババァ

保田圭(元モーニング娘。) → ハロプロの寮のおばさん

優木まおみ → 62点

五月みどり → 愛欲銀行熱海支店

泰葉 → おしゃべりブタ野郎

眞鍋かをり → スキンケア

熊田曜子 → キス営業

若槻千夏 → 枯れ木

上戸彩 → CM番長

山本梓 → 芳香剤

根本はるみ → ゴリラガール

神戸蘭子 → 耳障り

堀越のり → ブス晒し

福田萌 → つぶれたマシュマロ

神田うの → パチンコパンスト

香里奈 → 生意気なインコ

YOU → 雰囲気おばさん

磯野貴理 → 酒癖クソババァ

松浦亜弥 → 最近オカマちゃんみたいな感じ

加藤綾子 → 3割引きの女

夏目三久 → のしあがりボブ

松本伊代 → センチメンタルクソババァ

松本明子 → バカ笑いど近眼

仲間由紀恵 → 声が不安定

ギャル曽根 → ポリバケツ、掃除機

秋元順子 → ダジャレなまはげ

中山エミリ → 白豚糞野郎

光浦靖子 → おかちめんこ

村主章枝 → 泣きっ面

西川史子 → 蛇骨ババア

青木さやか → 顔デカ

矢沢心 → こけしヅラ

久保純子 → なんとなくオバさん、なんとなくババァ

西尾由佳理 → 鼻っぱしら

竹内由恵 → アナウンサーの皮を被ったキャバ嬢

草野満代 → キレイなババァ

和田アキ子 → R&B(リズム&暴力)





エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ

2017年07月06日

【悪態】酒癖の悪い芸能人!【醜態】

222種の生酵素×ヒアルロン酸【 大人の生酵素 】





お酒は楽しく飲める人には最高のコミュニケーションツールとして活用できますが、酒癖の悪さは、人間関係を破綻させる可能性もあります。

最悪なのは酒癖の悪い人というのは、飲んだ時に自分がそのようなことをやっているというのがわかっていない。
お酒は人間関係を円滑にする潤滑油ともいいますが、多量の摂取は人間関係をぶち壊す結果にもつながりかねません。
節度を守って、素敵な“ノミニケーション”を楽しんでください。

あなたは大丈夫ですか?


芸能界でもお酒にまつわる悪い噂がある人たちがたくさんいましたので、まとめてみました。


≪酒癖の悪い芸能人≫


【玉置浩二】

玉置の酒癖の悪さは業界では有名。
玉置浩二は泥酔状態でステージにあがり、客と口論する騒ぎを起こしている。
酒に酔ってカナダの街をふらついてたらホームレスに間違われて、留置所にぶち込まれたこともあった。


【綾野剛】

綾野剛といえば、その酒癖の悪さはネットでも噂になるほど。
綾野は昨年、東京・青山にある会員制の高級クラブにジャニーズ事務所のタレント、山下智久と行った際に、店内で“立ちション事件”を起こし、出禁になった。
六本木の路上で人目をはばからず、用を足している現場を週刊誌にスクープされています。


【瑛太】

実は瑛太は大の酒好きで酔うと手がつけられないほど暴力的になる。強いとか弱いとかじゃなくて、腕や足を振り回し体当たりをする。
泥酔していた瑛太は、カラオケボックスの店員がビールジョッキを割ってしまったことにキレて暴行し、110番通報をされたことがありました。
クラブなどで行われる音楽イベントの場でも泥酔して女性をナンパし、しつこく絡んでいたという目撃談も。


【向井理】

CMの打ち上げ飲みで、共演した女芸人ニッチェに「ブス」を連発し差別した。
酔っぱらった向井が冗談半分で言っていたとおもいスタッフやニッチェの二人も笑っていたのだが、その後も向井はニッチェの二人に「おまえら本当にブサイクだな」と言い続けたそうです。
さすがにネタにするには無理がある。ニッチェの2人も、だんだん返事すらしなくなった。


【山本裕典】

酔った山本裕典は前に付き合っていたアイドルの悪口を言っていた。
一緒に酒を飲んでいた女の子に何か言われたのか、ひどくブチ切れていましたね。『ブス!』とか『女は男をうやまえ!』と怒鳴っていたから、周囲はドン引きでした。


【ローラ】

笑っていいとも!の打ち上げで、さんざん暴言を吐いた後にテーブルに突っ伏したままで吐き始めて、会場を途中退場。
なんでも、ローラは酒を飲むと大声を出したくなってしまうらしく、わけもなく「キャーッ」と悲鳴をあげる。
俳優の東幹久いわく、打ち上げで酔ったローラは「帽子がキモい〜」と絡みながら東のかぶっていた帽子を取り上げて投げ飛ばしたとか。


【長澤まさみ】

テンションが上げてシャンパン、ワインなどを飲み続ける酒好きで有名な長澤まさみ。
バナナを股間にあててエロイダンスをして、酒癖の悪さを披露した場面があったようです。
夜遊びが多いという噂も多い。


【YOSHIKI(X JAPAN)】

YOSHIKIはかつて、酔うと店内の家具やグラスを壊し、一晩に50万円の損害を与えたと暴露本に書かれました。
暴れたり喧嘩したりで店を破壊することが多く、“YOSHIKIお断り”の飲み屋が続出。
アメリカのハイウェイで飲酒運転の挙げ句、愛車フェラーリで蛇行運転・速度超過・クラクションの鳴らし過ぎで警察との激しいカーチェイスをくり広げたが結局捕まってしまった。


【清木場俊介】

元EXILE・清木場俊介が酒に酔って激昂しスタッフをアイロンで殴打、という“酒乱暴行事件”を報じられたことも。
関係者によると、清木場がスタッフを殴ったのは今回が初めてではない。酒に酔うと人に手を上げる癖があったそうだ。


【温水洋一】

かなりぐちぐち言うらしい。
普段はすごくおとなしそうですが酔うと目がすわって おら! と怒鳴る。


【菊地亜美】

酔って乱れるというタイプではありませんが、とにかく饒舌になる。
酔いが進むと、男性遍歴を語りだしてしまう。
菊池が自ら明かした“ベッドのお相手”は、男性グループKのO、同グループのSと、錚々たるメンツばかりだったとか。


【島崎和歌子】

IMALUは、島崎和歌子と2人で飲みに行った時の出来事を「ダウンタウンDX」で披露。酔った島崎和歌子はIMALUのおっぱいを触りがら飲み、さらにお酒が入ると、IMALUの父である明石家さんまにメールするなど、傍若無人の酔いっぷりだったとか。
また、酔うと人に噛みつく癖があるという島崎和歌子。

ダウンタウンの松本人志は、一緒に飲んだ時にあちこち噛まれて、飲んだ次の日にシャワーを浴びたら、体中噛み跡だらけだったそう。島崎和歌子、島田紳助らとの宴席に水泳の北島康介が参加した際は、水泳で鍛えた身体を見せてとせがまれた北島康介が上半身裸になると、島崎和歌子がその裸にいきなり噛みついたという事件を、かつて島田紳助が暴露していました。


【市川海老蔵】

あの事件"以来、豪快にお酒を飲むことはなくなっているようですが、いつ以前のように戻るか。戦々恐々としている関係者は多いと思います。
酒癖はなかなか変えられるものではありませんからね。


【柳葉敏郎】

「柳葉さんは、無茶苦茶なんですよね。陽気がいき過ぎてしまうというか(笑)。海老蔵さんのように、高圧的になるわけでもなく、カラミ酒でもないんですけど、面倒くさい(笑)」


【北川景子】

「酒は弱いんですが、酒が好き!!」とちょっと厄介な、北川景子。
、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雄さんは酔った北川景子さんから「この豚野郎!!」と罵られたことがあるそうです。


【矢口真里】

アイドルの中では意外に酒飲みが多いのがハロプロだ。
中でも矢口真理はハロプロの中でも1,2を争う酒好きで、日本酒なら5合くらいは軽く飲むらしい。
しかしスマートな飲み方とは言いがたく、酔いが回るとオヤジ臭くなり、しつこく男に絡むようだ。


【磯山さやか】

彼女もお酒は何でもいけるタイプなのですが、飲むと電話魔に変身します。
しかも、実家の茨城に電話するときは方言全開で周りは酔いもすっ飛ぶらしい。






30分水素吸入するだけでペットボトル30本分!?ビューティーフライ

モデル・滝沢カレン熱愛イケメン御曹司と婚前旅行≪玉の輿芸能人一覧≫






人気急上昇中のモデル、タレントの滝沢カレンが彼氏とお忍び婚前旅行していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「恋人のA氏は、20代後半の年上で、俳優の永山絢斗似のイケメン。実家は都内の超高級住宅街にあり、飲食店を経営する一族の御曹司です。過去には音楽活動もしており、バンドの一員としてメジャーデビューしたこともある。現在は、家業の取締役を務める青年実業家です」

そんな2人が6月中旬にお忍びで訪れたのは、サイパン島だった。現地の日本人が、2人の様子を語る。

「ガラパン地区の鉄板焼きレストランで食事していました。目の前でシェフが食材を焼いてくれ、専用ワインセラーも備えている有名店です。カウンターに並んで食事をしていました」

滝沢の所属事務所は事実関係を認め、次のように回答した。

「(サイパンへの旅行は)本人に確認したところ事実でございます。(A氏との関係については)仲良くさせていただいているようです」


テレビや雑誌に引っ張りだこの滝沢カレンですが、このまま
スピード結婚→玉の輿→芸能界引退
なんてことにもなるかもしれませんね。

過去に玉の輿結婚をして、いまでは露出を控えている芸能人の方をまとめてみましたので、ご覧ください。


≪玉の輿結婚をした芸能人≫


【観月ありさ】

観月のお相手の青山光司氏は建設関係会社社長。高級外車を何台も所有していて「フェラーリ王子」と呼ばれ、年商150億円といわれているお金持ち。
都内の高級住宅地に「建築計画のお知らせ」という標識が設置された。そこには「青山邸新築工事」という言葉が。建築主は青山光司氏、観月ありさの夫だ。

「近くには、著名な財界人や有名芸能人などの豪邸が数多くあります。しかしこの土地は約600平米もあり、個人の所有地としては圧倒的な広さです。実は5年ほど前、この近くの売り物件を観月さんが見に来られたことがあったそうです。観月さんにとってもお気に入りの地域だったみたいですね」(近所の住人)

青山氏がこの土地を購入したのは、14年2月。上原さくらとの離婚成立から10カ月後のことだった。それからしばらく経った14年の暮れ、彼は1億円とも言われる婚約指輪を持って観月にプロポーズ。そして、結婚後もセレブな生活を観月に捧げ続けてきた。

「購入当時は土地だけで10億円とのことでしたが、今では約13億円にまで上がっています。また建設される新居は3階建てで、延床面積にして約900平米。これだけの大きさだと、費用も3億円は下らないでしょう」(地元不動産関係者)
つまり総額なんと16億円。


【神田うの】

パチンコチェーン店、不動産会社を経営する西村拓郎(日拓リアルエステート株式会社社長)と結婚。
現在は、六本木のタワーマンションに住んでいて、室内のデザインなども凝っており、総額23億円。部屋はいくつか購入しているようで、旦那さんとはそれぞれ別の部屋で暮らしているようです。


【伊東美咲】

1999年にアサヒビールイメージガールを務め、「CanCam」の専属モデルも務めた。その他、資生堂「ピエヌ」やゲートウェイ、チョーヤ梅酒などのテレビCMに出演。。ドラマ『電車男』に出演し、映画『海猫』では初のベッドシーンに挑んだ。
2009年に年商2000億円の大手パチンコ機器メーカー京楽産業社長の榎本善紀と入籍。

東京都内の高級住宅地でもひときわ目立つ現代アート風の白亜の大豪邸。建物の半分が白い金属で覆われ、10メートルはあろうかという高い外壁で囲まれている。2台の防犯カメラで常に看視されたこの“巨大要塞”、実は伊東美咲の新居だった!

地元の不動産業者はこう語る。
「土地面積は約250平米。建物は地下1階に地上2階建てで、約500平米もの大きさです。 この界隈の坪単価は平均600万円ほど。単純計算でも土地だけで4億7千万円になります。建物もこれだけ凝った注文住宅だと4億円はくだらないと思います。諸費用など含めると、10億円ほどの物件になるでしょう。ちなみに所有者は、榎本氏の実父の宏氏。ローンではなく、現金で一括購入されています」


【奥菜恵】

2004年2月、24歳でサイバーエージェント・藤田晋社長と結婚、玉の輿婚と騒がれた奥菜恵。
友人との食事会がきっかけで知り合った2人は11月に写真誌にキャッチされて交際宣言した。1年3カ月の交際期間を経て挙式。資産240億円ともいわれる藤田氏との結婚を世間はセレブ婚ともてはやした。
しかし、わずか1年半後の2005年7月22日に電撃離婚したが、離婚理由ははっきりしない。


【斉藤慶子】

2011年11月に、14才年上の大手通販会社創業者のAさん(65才)と子連れ再婚をした斉藤慶子(51才)だ。
斉藤は1997年7月に実業家と結婚したが、2008年5月に離婚。以来、彼女は女手ひとつで長女(12才)を育ててきたが、50才を目前にして、Aさんと出会い、約1年半の交際を経て再婚したのだった。

Aさんは名古屋を拠点とする年商540億円の通販会社の創業者で、現在、子会社である広告代理店の代表取締役社長を務めている。同社は2012年3月の決算で売上高約200億円、利益約6億円を誇り、彼自身の資産は140億円以上という。


【山本梓】

2013年に梶原吉広氏と結婚。梶原氏は大手ソーシャルゲーム会社「gloops」の創業者で、韓国のゲーム会社ネクソンに売却。320億円を手にしたと言われている。
現在はシンガポールに移住し、超高級マンションのタンチョン・タワーに住んでいる。


【後藤久美子】

1995年、F1ドライバーだったジャン・アレジと事実婚。
その後に2男1女の3人の子供に恵まれている。現在は子供の教育のためスイスジュネーブに豪邸を建築し、家族でスイスに渡り暮らしている。実業家としてぶどう園の経営もしており、ワインの生産出荷まで行い、そこで作られたワインはヨーロッパでも高く評価されている。
レーサー時代からの収入など現在までに総資産400億円と言われている。実家は大手の自動車整備工場を経営している。


【道端ジェシカ】

結婚相手はF1レーサーのジェイソン・バトン。2014年末に結婚している。年俸は推定だが22億円強。


【里田まい】

元東北楽天ゴールデンイーグルスの投手・田中将大と結婚した。
田中投手は、ニューヨークヤンキースと7年で総額1億5500万ドル(約161億円)の大契約を結んでいる。年俸は23億。そんな2人の愛の巣は、家賃650万円の高級タワーマンション。


【滝沢眞規子】

滝沢眞規子さんは3児のママでしたが、31歳の時VERYスタッフにスカウトされ、モデルとしてデビューします。
ファッション雑誌「VERY」で次第に人気を集め、誌面で滝沢眞規子さんが着た服は売り切れが続出してしまうんだとか…。
滝沢眞規子さんの旦那さんは滝沢伸介さんで、眞規子さんより11歳ほど年上。
ファッションブランドNEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)のデザイナーで日本全国のセレクトショップ及び海外にも進出している。年商は24億円と言われており、年収は数億円はあるのでは?と言われています。


【吉川十和子】

1985年にJAL沖縄キャンペーンガールに選ばれ、翌年から『JJ』の専属モデルとなる。
映画・テレビなどにおける女優活動を経て、1995年に君島明(後に君島誉幸と改名)と結婚する。

君島明の義父・君島一郎は日本を代表するファッションデザイナーで、そのブランドKIMIJIMAは、いわゆる社交界や上流階級にも好まれ、日本では皇族の愛用者も得ていた。

女優の吉川十和子が君島明との結婚がマスコミで話題になったが、その発表を機にして、息子の君島明が本妻・君島由希子の子ではないこと、吉川十和子はその事実を知らされていなかったこと、君島明には女性との間に生まれ認知されている子供がいたことが発覚し、連日マスコミで大きく扱われることとなった。

君島ファミリーのスキャンダルはKIMIJIMAブランドのイメージを大きく落とす要因となり、KIMIJIMAブランドの経営は悪化した。
さらに翌年に父の君島一郎が急死する。君島明が遺産を引き継いだが、君島一郎は莫大な借金を遺したとされ、その後KIMIJIMA法人は経営難に陥り、ブティック等はすべて閉店となった。


【藤沢あやの】

藤沢あやのさんは漫画家の藤沢とおると知り合い、2010年10月に結婚。第1子をもうけ、女優としても復帰し、藤沢とおる作品の「GTO」「仮面ティーチャー」に出演している。
第2子を妊娠していたことで、女優を休業していたが、2015年4月30日に出産し、現在は再び芸能活動を再開している。

藤沢とおるさん原作の「GTO」の発売累計は約3860万部、売り上げ約168億円。
さらにドラマ化やそのDVD売上、レンタルなどを入れると推定数十億円を稼いでいる。

藤沢さん一家の住む豪邸は、都内の一等地にある7LDKの大豪邸で、門から玄関まで18メートルある。
ホテルのロビーをイメージして作られたという豪邸の玄関は吹き抜けになっていて、家具は鏡面仕上げ、ホームエレベーター完備、3階にあるリビングは23.5帖。ホームエレベーターの設置だけでも500万程かかった。
自宅以外に都内高層マンションに別邸がある。


【大沢ケイミ】

大沢ケイミは、若くして社長夫人となり“セレブモデル”として活動中。幼少期に両親が離婚した後に極貧時代を過ごしており、母親から「玉の輿になる教育」を受けてきたことを告白している。
大沢は「解決!ナイナイアンサー」で「結婚に大切なのは経済力と権力」と発言し、「生活費は1カ月300万円」といったセレブ生活を自慢。
ケイミさんは19歳の時に14歳年上の旦那さんと結婚。旦那さんの職業は建築関係の会社社長だが、詳細は不明。




2017年06月29日

芸能人の学生時代の驚愕エピソード!!!






誰もが経験している学生時代。
〇〇ちゃんに片思いしていた、、、部活動に真剣に取り組んでいた日々、、、友達とのたあいもない日常、、、みなさんも年月が経っても色褪せることない思い出を、今でも思い出せるものではないでしょうか。

しかし芸能人になる人間は、やはり素人時代から変わった経験やエピソードを持っている方が多かったのです。
学生時代のモテモテエピソード、修羅場、過酷な学生時代など、まとめてみたのでご覧ください。


≪芸能人の学生時代エピソード≫


【浜田雅功・ダウンタウン】

全寮制の学校で、在籍した、日生学園の副寮長にまで上りつめ、この学校を卒業したらしい。今田耕治も同じ学校を中退している。
厳しい学校だったらしく、何度も脱走を繰り返したと本人が話している。例えば、トイレを素手で洗わせられるほど。脱走しては松本に電話し、お金を借りて飯を食わせてもらうという生活を続けていた。


【黒田博樹 元広島カープ】

体罰が当たり前だった時代に育った最後の世代」と紹介され、(1) あまりの喉の渇きに監督の目を盗んで川やトイレの水をすすった、(2) 監督から「罰走」を命じられ、朝9時から監督の就寝時間まで15時間、4日続けて飲まず食わずで延々走らされた。


【桐谷美玲】

女優でモデルの桐谷美玲。
スタイル抜群なのだが細すぎて心配されることもある。
でも実は学生時代から大食い!普通でない「大きさ」だった。
「小さい頃からオニギリやハンバーグが大きくて、それをペロっと食べていました。
両手で三角形のおにぎりサイズを表して、“大食い”をお茶目にアピール。
「中学校や高校の頃、周りの友だちのお弁当を見て、おにぎりの小ささに驚きました(笑)」


【ワッキー・ペナルティ】

サッカーの名門、市立船橋高校出身。全国サッカー選手権準優勝。相方のヒデも同じ学校です。
「永遠ダッシュ」という特訓があって、 監督がいいというまでダッシュを何本でも繰り返すプログラム。
なんとある日監督は「終わってよし」の言葉をかけるのを忘れて車で帰ってしまった。それでも影から見ていて、続けるかどうか試されていると怯え、終電間際までダッシュし続けていたと・・・


【中田敦彦・オリエンタルラジオ】

慶應大学・経済学部出身。勉強にすべてを賭けた。
午後9時に寝て朝3時に起床して登校時間まで勉強。起きてから勉強するので、どんどん覚醒してくる。寝るのがジャマで、ベッドを破壊したこともあるらしい。自分を荷造り用テープで椅子に縛りつけて勉強してたら、椅子ごと横にぶっ倒れた。眼帯を右目・左目に3時間ずつ交互に付け替え、それぞれ左脳と右脳を眠らせ、永遠に起きていようとした。結局倒れてしまった。


【伊野尾慧 Hey!Say!JUMP】

たびたび熱愛の噂が出る、モテキャラの伊野尾慧。
TBSの宇垣美里アナウンサーとフジテレビの三上真奈アナウンサーとの2股疑惑を報じられた。
人気セクシー女優の明日花キララとシンガポールでデートしていたことが、「週刊女性」で報じられた。
しかし学生時代はモテない?学生時代は人見知り?
明治大学理工学部建築学科卒業という異色の経歴で、実際に設計図を引ける。
伊野尾も「人見知りだった。(話しかけることが)できなかった」と夏でも3年間マスク外さなかったほどの人見知りだった。
「教室で寝てて起きたら誰もいなくて、夢かなあと思ったら、みんなは移動教室で美術室で授業を受けてて」とさみしい思い出。
とある教授との出会いで今のキャラに変身。
都市で必ず先生が地元の方々とめちゃめちゃ仲良くなるんですよ。
それから人見知りをやめようと思って、だれでも話しかけるようになった」と振り返った。


【楽しんご】

中学時代に、なよなよした振る舞いから、壮絶ないじめを経験した。
不良グループに目を付けられてイジメに発展。その内容は、金銭を要求されて、それが出来なければカッターで唇を切られたり、焼却炉で熱せられた鉄の棒を胸に押付けられるといった苛烈なもので、友達やクラス全体からも無視されていた。また、心を許す大好きなインコを学校に持ってくるようになってからは、一層イジメが激化する。その事が原因で登校拒否になるも、家に友達を装った不良グループがやって来る等、逃げ道が無くなる程に追いつめられる。そして自殺する目的でリストカットも何度か行ってしまう。


【菅田将暉】

学生時代からモテモテでリア充だった高校時代。
「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ)に菅田将暉が出演。秘蔵写真を披露しながら、高校時代のモテエピソードを披露した。
高校生の頃の写真が紹介されると「この時代はモテました」
「昼休みに寝ていて、カシャっていう音で起きて『あー写真撮られたんだ』と、廊下の方を見たら人がうわ〜って集まっていました」とモテエピソードを披露した。


【はいだしょうこ】

宝塚音楽学校を卒業。非常に厳しい上下関係や規律などが有名。
通学の行き帰り、電車待ちでホームで待っているときも気が抜けない。快速などの電車が目の前を通過するときは、先輩が乗っているかもしれないので頭を下げて礼をしなければならない。はいだは「どうせ、見えていないだろうと思ったら、目の良い先輩がいて注意されるんですよ。」「朝から晩まで、寝る暇も無いくらい。」怒られていた。


【宇梶剛士】

ケンカ無敗伝説を持つ男。暴走族・ブラックエンペラー7代目総長のカリスマ。
1000人の集団に突っ込んでいく事に・・・。宇梶さんが連れていた部下達は恐怖のあまり1人残らず途中で逃げてしまったらしいです。結局一人残された宇梶さんは相手チーム1000人に対し1人でにらみ合うことになりましたが、気持ちで負けていなかった宇梶さんが一歩前に出ると・・・相手の1000人が一歩引いたのを見て1人で特攻。前列にいた20人くらいを瞬殺すると相手は逃げていったらしいです。




え!?あの人気芸能人も!?芸能界引退を本気で考えていた芸能人





突然の芸能界引退で話題となった女優の江角マキコ。幸福の科学への出家と芸能界引退を突如発表した女優の清水富美加。反社会勢力との黒い交際報道で引退に追い込まれた芸人の島田紳助。

華々しいイメージの芸能人も様々な理由で表舞台から去っていく人も少なくはありません。

一般人からはわからない圧力やしがらみ、ストレスなどが交差する世界で一度は本気で辞めたいと考えていた意外な芸能人をご紹介します。


≪本気で引退を考えた芸能人≫


【きゃりーぱみゅぱみゅ】

ファッションモデル、歌手として活躍し若者のカリスマと言われる、きゃりーぱみゅぱみゅ。
私生活をたびたび報道されたことに言及し、「最近、嫌なことが続き、芸能界は汚い世界だな。辞めたいなと思ったりもしました」と明かした。
鬱積(うっせき)した思いはあったようで「やめたいなあ、と思ったこともある」と、芸能界引退を考えていたことも告白。


【広瀬すず】

CMに映画にと絶好調。今や人気者となった広瀬すず。
広瀬は女優業について「全然やりたくなかった。最初はずっと『やめたい』って言ってて…」と明かし、事務所から仕事の連絡がきても全然やる気が起きなく、断りきれずに仕方なく仕事をこなしていたという。
部活動のバスケに夢中だったため、『バスケができなくなるなら辞めたい』とすぐに思ったそうです。


【堂本光一・KinKi Kids】

KinKi Kidsの堂本光一が、月刊誌「日経エンタテインメント!」2017年1月号(日経BP社)の連載コラム「エンタテイナーの条件」で、グループを本気で解散したいと思った過去があることを告白。
「正直、『辞めたいな』と本気で思ったこと、ありました」と激白。
光一いわく、これは『わりと近年』の話だそうですが、ジャニー喜多川社長に相談したことがあるとか。


【三浦春馬】

ドラマに映画で大活躍のイケメン俳優三浦春馬。
そんな彼にも「俳優をやめたい。」と、悩み苦しんでいた時期があった。
三浦は「(仕事を)何回も辞めたいと思ったことがある。割と打たれ弱くて、ネガティブになる。落ち込むことが多い」と明かした。


【南野陽子】

80年代を代表するスーパーアイドルで、現在も女優としてドラマや舞台で活躍中の南野陽子。
デビューしたその日から、ずっと芸能界を辞めたいと思っていることを告白。
現在も活動を続けていることについては、「辞めどきを失ってしまった」とし、今でも「常に8割くらい辞めたい」と思っていると明かした。


【木下ほうか】

ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(フジテレビ)などでブレイクしドラマ、バラエティーで引っ張りだこの木下ほうか。
「すべて辞めたいと思っていた。嫌になって」と仰天発言。そう考えるようになった理由について「(有名になって)顔を指されると、ちょっと気持ち悪くなった。大衆店が好きでよく行くが、(一般の人に)『写真撮って下さい』と来られて、いつも監視されているような気がして…」と、恐怖感を抱き始めたという。
 人に見られるのが嫌で「去年までは帽子と眼鏡とマスクをして、焼き鳥屋に行った。追われているみたい」という。


【大場久美子】

アウト×デラックス(フジテレビ)に出演したさいに、アイドル時代からずっと辞めたかったのだが「楽屋から足がすくんで出られなくて、(スタッフに)両脇を抱えられ(ステージの)袖まで連れて行かれて、やっとステージに立っていた」のだという。それでも本当に辞めなかったのはファンやスタッフの「皆さんが支えてくださるから」だったと、感謝の気持ちを伝えていた。
なぜそこまで辞めたいのか? 大場は理由の1つに、今もあるというイジメを挙げた。この発言にはマツコも「今の大場さんをイジメる人がいるの?」と驚いていたが、現場で男性スタッフを2人連れていると、先輩に『大場久美子、2人も連れて来てるよ』と言われたり、『メイクさん連れて来てるよ』などと陰口を叩かれるのだという。大場は「やっぱり生意気に見えるみたいで」と、上下関係の厳しさを嘆いていた。




ファン
記事ランキング
検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。