記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

posted by fanblog

2016年11月16日

なぜ増担保規制の予測を公開するのか?

いつも当ブログを見に来てくださってありがとうございます。m(_ _)m


さて、大半の読者の皆さんは『ましたん注意報』の情報を見に来られていると思われるが(すべてか!?(笑))、不思議に思ったことはないだろうか?

「なぜ教えてくれるのだろう?」
「自分だったら公開せずに一人で利用して儲けるのに。バカだね〜!」
「金取って有料にすれば稼げるんじゃない?」


実際、あまり大っぴらではないが有料で配信しているサイトもあるし、独自に計算してデイトレードやポジション調整に活用しているトレーダーの人たちもそれなりの数は存在していると思われる。

しかしこのブログのように増担保規制が掛かる銘柄と価格を予測して公表しているものは他に無いようだ。少なくとも筆者が調べた限りでは。
※そういったサイトがあればそもそも筆者が自分で調べようとは思わなかった。

規制解除の方はすぐに二つばかり見つかるのだが、規制開始の方の予測は無いんだよね。

なぜ無いかと考えると、解除より開始の方が候補の銘柄数が多いので手間が掛かるという面と、おそらくこっちが本命だとは思うが、規制開始のタイミングを知って利用する方が、解除のタイミングを利用するよりも優位性があると「考えられている」からではないだろうか?

筆者も少ないサンプルからではあるが、『増担保規制銘柄を事前に知ることの優位性』としてそれなりの優位性をデータで示した。
※解除の方はまだ分析してないので、厳密な比較はできていない。


正直なところ、実は筆者もこの予測を使って「一人で」儲けようとしていた。なんてったって『裏ワザ』として売られるくらいの情報(の一部)なんだから、相場に携わる人間としてある意味当然といえば当然。

このブログを昔から読んでいる人は分かるかもしれないが、最初の頃は規制の予測を微妙に出し惜しみしてたんだよね。チラッと言及したり、後から説明したりして。(笑)

でも結局はうまく使いこなすことができなかった。自分のスタイルというか性格に合わないんだろうね。

これが理由の一つ目。

以前指摘したように『宝の持ち腐れ』になるようだったら誰か他の人の役に立てばいいな、という思いからである。

この情報が、「誰が」「いつ」やっても同じように確実に利益を保証してくれるのなら、筆者もオープンにすることはないのだが、これはそういう類のものではない。他のファンダメンタルズやテクニカルの指標のように、値動きに影響を与える一材料に過ぎないのだ。それを活かすも殺すも使う人次第。

今までこっそり活用してきた人たちにとっては若干マイナスの影響を与えてしまうかもしれないが、それも『裏ワザ投資実践会』が始動している以上既に環境は変わり始めている。相場をやる以上環境変化に対しては黙ってついていくしかない、という考えから大目に見てもらおう。

あっ、もちろん筆者も聖人君子ではないので、情報公開によってこのブログの認知度が上がってアクセス数が増えることは期待してますよ!(笑)


もう一つの理由はビジネス的観点から。

今回縁あって再び相場の世界に舞い戻ってきた筆者であったが、(ディーラーではない一般の)サラリーマン時代を経験してきたことによって、あることが非常に気になるようになっていた。

それはビジネスの基本「価値の提供」である。

価値を提供したことによる見返りとして対価(お金)を得ることができる。お金を儲けるという行為は、その裏側で常に価値を提供しているのだ。その価値が相手にとって払ったお金以上のものに感じることができれば「Win-Win」になれるし、それ未満であれば「Win-Lose」の関係になる。
※詐欺や錯誤の例が巷にあふれているので「Win-Lose」(=「金儲けは悪」)だと思われがちだが本質は違う。

相場というのは難しいもので、「利益を得ている人は見返りに何を提供しているのか?」と常に自問自答させられる。

ゼロサム(というよりマイナスサム)ゲームと言い表されることが多い相場。株式市場はまだいい。経済全体が大きくなる状況下では必ずしもザロサムではなく、「株価が上がってみんなハッピー!」状態というものが一時的にせよ演出されるから。

しかし商品先物や為替(FX)だとどうか?
しかもそれがデイトレードやスキャルピングなどの短期の投機であったなら。
さらに言うなら、一般世間が嫌がる株安や円高方向だったなら。


これも答はある。
『生き残りのディーリング』の矢口新氏の受け売りだが、「流動性の提供」だ。
これに尽きる。

だとしたら「高く買われたところを売る」「安く売られたところを買う」といった目先のプライスにとことん逆張りというスタンスでないと流動性を提供することにならないのではないか?

サポート割れを売ったり、レジスタンス抜けを買うブレイクアウト手法は流動性を欠如させる方向に働いてるのはではないか?

今自分のやっていることは何だ・・・。

だからうまくいかないのか?

昔やってた裁定取引(アービトラージ)や限月間サヤ取りは、常に(片方から見れば)「高く買われたところを売って、安く売られたところを買」っていた。完全に逆張りだ。

だから自分の性格に合っていたのか?

まだ煮詰めきれてない部分はある。

しかし「価値の提供」という単純ではあるが重要な行為を今の自分はしていない。それは事実である。


そんな状況の時に、増担保規制の事前情報という「モノ」を手に入れた。

しかも一般には出回っていない(=他人のマネではない)。
※モデリングが成功に重要なのは理解しているが、性格なんだろう、ただのマネってイヤなんだよね。(笑)

これは使えるんじゃないか!?

それをどう活用して自分の利益に結びつけるかはまだ分かっていない。でもそんなものは後から考えればいい。とにかくまず先に価値を提供すること。それが大事だ。


というわけで『ましたん注意報』が始まったのでした。

幸い需要はあったようで順調にアクセス数は伸びているし、先日はeveさんから嬉しいコメントまでいただいた。

「やってきたかいがあった!」と実感できた瞬間だった!


久々の情報以外の記事だったのでかなりの長文になってしまった。これ(情報以外の記事)を読んでくれている人っているのかな?(笑)





--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】


この記事へのコメント
アヘアヘウヒハさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
ちゃんと他の記事も読んでくれているとのこと。
ありがたいです。m(_ _)m

ネットのつながりって、顔も知らない、声も聞こえない、ただ目に見える言葉だけのものですが、それでも人間ってそれを糧に生きていくことができるんですね。

ちょっとプライベートで精神的に落ち込みそうだったので、すごく良かったです。
ありがとうございます。
※実は名前を見た瞬間、イタズラの書き込みかと一瞬身構えてしまいました。(笑)

がんばって息の根を止められるまで続けますね!(誰に!?(笑))
Posted by まるてん at 2016年11月16日 23:39
まるてんさん、ちは(^^)

ちゃんと記事読ませてもらいましたよ
無料でオープンに情報公開して頂き、感謝でございます
日々、必ず場前と場後チェックさせて頂いてます
大助かりです、めっちゃおおきにゴメン/お願い

どーか、息のする限り(笑)続けてくだされば幸いです
御身体、大切にお過ごしください^_^

Posted by アヘアヘウヒハ at 2016年11月16日 20:10
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5624449

この記事へのトラックバック
リンク集
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。