広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年06月21日

モデルルームへ行ってみよう!! 見学の流れを簡潔にご紹介!!

今回はちょいとお口直し!!

モデルルームを訪れるってのは最初はかなりドキドキしますよね!

見学の流れを簡潔にご紹介いたします!!


まず受付!!

受付のお姉さんからアンケートを書くようにと用紙をもらいます。

ちなみにこのアンケートですがどこまで正確に書けばいいのか?

個人情報としてデータ登録されてしまうものなので不安な面も多いと思いますが、実際に購入となればすべてをさらけださなければならないので空欄は少なめのほうがいいでしょう。


アンケートを書き終わりお姉さんに提出すると席へ案内されるのですが、担当営業マンが席にくるまで5分、10分待たされるのはよくある話。

さきほどのアンケートをもとに

・どんなところに住んでいるのかネットで検索

・予算などからいくらの部屋が買えるか

・自社のデータベースを確認

・フェイスブックに登録がないか確認

こんなことを裏でしています(笑)


アンケート欄に

今までモデルルームを見学した回数

という欄がありますが、データ社会の世の中ですから同じ会社のマンションを過去に見学していれば記録に残っています。

ですので300件は見学しているマンションマニアのデータは膨大でしょう(;^ω^)


基本的にアンケートに嘘を書くのはやめましょう!


嘘を書くくらいなら空欄にすべきです。


さぁ営業マンが席に登場すると名刺を渡されアンケートに沿って尋問?が始まります。

営業マンが一番気になるところは


こいつはいくらまで買える能力があるのか?


というところですから

・貯金額

・年収

・その他の借金

・持家なら残債

については目の色を変えて聞いてきます。


この質問によって営業マンのやる気度合いが変わります。

営業マンによっては一気に冷たい対応になる人もいます・・・。

マンションマニアの場合は基本的に買えない物件は見に行くことはないのですが、見学件数が多いため冷やかしか?と思われることは多々あります。

尋問?が終わると

シアター

模型

設備・仕様紹介パネル

モデルルーム

再度席へ戻り商談

という流れが基本です。

モデルルームを楽しむ方法はまた次回書きたいと思います。

※画像はクリックすると大きくなります
DSC00757.jpg

席へ戻ると〜いよいよ価格表などを見せてもらえます!

価格表は

・予定価格表

・正式価格表

というのがあり、予定価格表の場合はお客の顔色をうかがっている期間です。

ちなみに予定価格表は基本的に持ち帰りできないのでメモして持ち帰ることになります。

基本的には全部書き写したって何も言ってきませんが、デベによっては営業マン自身が買えそうな部屋だけをメモして間取り図とともに渡すケースが多くあります。

大手でも住友さんなんかはそのパターンですね。

正式価格表なら持ち帰れますのでメモする必要はありません。

ただ、正式価格表を掲示している期間って1週間程度ですから、皆様がモデルルームを訪れて目にする価格表は予定のものがほとんどでしょう。


ここまでおおよその時間は1時間半〜2時間程度。

疲れたころに要望書を出してください!とお願いされることもあります。

要望書はあくまで要望ですから少しでも買う可能性があるなら提出しても問題ないのですが、無理に出す必要はありません。

家は人生で一番大きな買い物と言われており、一般の人なら人生でモデルルームを訪れるのは数回程度でしょう。

簡潔にですが、アドバイスを

・ネットで5件程度まで絞り、一日2件程度を限度にすべて見学して比較してみる
(一般的に5件も見れば十分です)

・アンケートに嘘はかかない

・営業マンを味方にする

・時間にはゆとりをもっておく 
(1件あたり2時間程度は必要です。長いと3時間くらい)

・モデルルーム見学前と見学後に現地を見てみる

・銀行の事前審査は数件見学した中で一番欲しいと思えた物件でやってもらう
(やたらむやみに事前審査はかけないほうが無難です)


マンションマニアの活動日記を参考にする
(これ重要!!)



ということでたまにのお口直しでした!!


以前に書いたこちらの記事もご覧ください↓

さぁ!マンションのモデルルームへ行ってみよう!! 
https://fanblogs.jp/mansion48/archive/437/0


Twitterもフォローお願いします
https://twitter.com/mansionmania

『アーバンガール』もご覧ください
https://fanblogs.jp/urbangirl/

2015年06月12日

マンションのお得な買い方 その3 毎月の支払額よりも将来いくらで売れるか?が大切です!!

関連記事

マンションのお得な買い方 その1 最初の住宅購入 奥さん主導のマンション選びは危険?!
https://fanblogs.jp/mansion48/archive/475/0

マンションのお得な買い方 その2 価値あるマンションの選び方
https://fanblogs.jp/mansion48/archive/477/0

新築マンション購入 車は必要??不要??
https://fanblogs.jp/mansion48/archive/309/0


今回はマンションの買い方について簡潔に書きたいと思います。

マンションを購入をする方は基本的にローンを組んで買うことがほとんどでしょう。

ウン千万円というお金を借りれるのはサラリーマンの特権です。

今の低金利であれば手持ち金を頭金として使わずに貯蓄したままフルローンにしてもいいでしょう。

そして皆様がマンションを購入する際に気にすることは毎月の支払額ではないでしょうか?


ただ、私は返済できる範囲であれば支払額は気にするな!!

大切なのは将来いくらで売れるか!!

と考えます。

例えば

@郊外某駅徒歩10分 65u 3500万円 坪単価@178万円

35年返済のフルローン 変動金利で借り入れ

毎月の支払額 管理費等含めて 116000円


A都内某駅徒歩3分  58u 5000万円 坪単価@285万円

35年返済のフルローン 変動金利で借り入れ

毎月の支払額 管理費等含めて 157000円


@とAは毎月の支払額に4万円程度差があります。

この2物件は35年後にいくらで売れるのか?

@・・・35年後の売却額  800万円 新築時の23%

A・・・35年後の売却額 2500万円 新築時の50%

だったとします。

この売却額を35年間の毎月の支払額から差し引くと・・・

@・・・116000円ー19000円=97000円

A・・・157000円ー59500円=97500円


あれ?

毎月の支払額が実質同じ!!!

利便性の良い高級マンションに住んでいたのに支払額が郊外のマンションと同じだった?!!!

そうなんです。。。

毎月の支払額にだけ目を取られて物件を選んでしまうと、売るときに大幅に値下がりしている!!

ということが多いのです。

もちろん販売時の価格が高いからすべてがいいというわけではありません。

希少価値のある物件

を選んでおくのがベターな選択です。


では希少価値のある物件ってどれ??

都心にしかないのでは?

子供のこともあるし、今の自宅の近くでマンションを買いたいし。。。

と言う方もいるでしょう。

都心に限らずとも価値のある物件というのはたま〜にですが供給されます。

そのたま〜にでてくる物件はすぐに売れてしまいます。

優良物件が出たらすぐに買えるように心の準備だけはしておきましょう!


昨年私の得意地域であきらかにお買い得で瞬間蒸発した優良マンションは

・オーベル志村城山→https://fanblogs.jp/mansion48/archive/303/0

・オーベル浦和レジデンス

でしょうか。

浦和のほうは売れ行きが早すぎて見学する機会なく終わってしまいました。


年に1、2件は私の得意地域でも優良マンションが出ますのでお見逃しなく!!

今年はザ・パークハウス北赤羽がいいですね!→https://fanblogs.jp/mansion48/archive/455/0

戸数が多いので瞬間蒸発はしませんが、価値あるマンションです。


Twitterもフォローお願いします
https://twitter.com/mansionmania

『アーバンガール』もご覧ください
https://fanblogs.jp/urbangirl/
プロフィール
マンションマニアさんの画像
マンションマニア
マンション評論家のマンションマニアと申します!! マンションが大好きすぎてマンションについての研究ばかりしています! 住んだことがある街は板橋区、さいたま市、蕨市、和光市、千葉市、市川市、八千代市です! モデルルームを訪問したり、現地へ写真を撮りに行ったりしたことをブログへupしていきますのでよろしくお願いします!
プロフィール
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
マンションマニアへ問い合わせ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。