クロムクロ 第25話

富山県が舞台の「クロムクロ」です。
ゼルたちがレフィルに尋問しているところに、ひょっこり由希奈がひらめき
クロムクロに残された時点で嫌な予感がしたんだけど、無事で何より。
kuromukuro25-1.jpg「私の星…お前達の出発した星はどうなった?」「ゲゾンレコ隊が出発した時点で8割5分がエフィドルグ化されている」「反対勢力が残っているのかexclamationその勢力に関する情報はないのか?」「枢の基準共有空間を経由して受信した電波にエフィドルグでない信号が紛れ込んでいた」「内容は?」
≪エフィドルグに虐げられし星々の子らよ
今こそ集結すべし。我らこれより雌雄を決する戦いを敢行するものなり≫
「それっていつの情報なの?」「今現在である」
kuromukuro25-2.jpg当面の危機を脱したものの、エフィドルグ本体襲来の危機はそう遠くない。
それに備えるという名目で、各国は軍拡競争に入ろうとしていたたらーっ(汗)
やることがないので高校にやってきた剣之介と由希奈を祝う美夏たち。「おかえり〜由希奈。頑張ったね」「何これ…」「みなさんの感謝の現れでしょう」
婚約披露パーティではなかったのね。
映画の続きを撮るつもりだった剣之介だったが、美夏たちの意識はもう現実を直視していた…
kuromukuro25-3.jpg今語られる450年前の真実。
エフィドルグがゼルの星を飛び立ち地球に向かった時、ゼルと仲間たちはエフィドルグの母艦を奪い地球に。母艦を体当たりさせ対消滅したものの「生き残った残党が枢石と共にこの地に降り立ったのだ」
残党が鷲羽家を襲ったのが事の始まり。
一族を皆殺しにされた雪姫が立ち上がる。
「もう1人必要だ」「この者を骸に?」
戦いの中、雪姫は亡くなり、剣之介は行方不明に「なぜ…俺だけが生き残ったのだ」「運がよかったとしか言いようがない。私もお前が生きているとは思ってなかった」
kuromukuro25-4.jpg黒部研究所は大いに変貌していた。洋海を罷免し地球外生命体研究局主導にたらーっ(汗)
彼らにとって、今ある驚異は「核攻撃にすら耐えうるアーティファクトと永遠に生き続けるパイロット。そして我々を遙かに凌ぐテクノロジーに精通した長寿の異星人。彼らは人類にとってあまりに危険な存在」
本来のマッドサイエンティストぶりを発揮するハウゼンは、ムエッタを生体実験の検体とし、ナノマシンを非活性化させる薬を開発していたあせあせ(飛び散る汗)
剣之介はある決意をゼルに話す。それは…
kuromukuro25-5.jpg珍しく、由希奈をデートに誘う剣之介。その周囲には警護…見張りがたらーっ(汗)
剣之介がゼルと共にゼルの星に行こうとしているのを知った由希奈。自分もついて行く覚悟だったが…「そなたを連れて行く気はない」「私を嫁にするって言ったよねexclamation&questionあれって嘘なの?」「あれは…反故になったexclamation」「勝手に反故にするなexclamation…どうして」「救ってもらった命、託された思い、施された恩義に報いねばならぬexclamation俺は武弁なのだ。済まん」
由希奈を乗せた観覧車が再び動き出す…

GLAYが歌う「クロムクロ」のオープニングテーマ 前期「デストピア」
後期「超音速デスティニー」が収録された【DEATHTOPIA】好評発売中るんるん

[DEATHTOPIA] [ GLAY ]

価格:1,512円
(2016/9/24 20:35時点)
感想(2件)


コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント