アクエリオンロゴス 第12話

a-logos12-1.JPGBS11の「アクエリオンロゴス」です。
総は「離」のM.J.B.K(モジバケ)と融合し、陽と決着をつけるべく現れる。
ピンチに陥るアクエリオン凱に、陽らが駆けつけアクエリオン飛天で応戦するが、総の精神攻撃で合体が強制解除されるあせあせ(飛び散る汗)
撤退命令が出るが、それを無視して単身で総に突進する陽。しかし、ベクター壱号機に危機が迫るexclamation 救世主の危機を救ったのは・・・翼人でしたexclamation&question 自らのベクター伍号機を犠牲にして陽を救った翼人は重傷を負うたらーっ(汗)
a-logos12-2.JPG救世主なのに誰も救えなかったことに責任を感じる陽。
「あいつは言った。お前が言う救世主とは何だ、救った世界に何を求めているのかと。何もない。救世主は世界を救う者。その理由や救った先の事なんて考えたこともなかった。だから考えてみたが何もなかった」「何故お前はそうまでして救世主であろうとするんだ? 」「わからない。だが俺は救世主でなければならないんだ。救世主・・・それは俺の・・・俺だけの・・・」
疲れから、そのまま眠りに就く陽。
陽の、意外な一面に舞亜は・・・
a-logos12-3.JPG総が活動を再開。「離」の力でバラバラになる創声部たらーっ(汗)単機で出撃する陽だが、「離」に取り込まれるあせあせ(飛び散る汗)「やはり彼はM.J.B.Kの力を利用してみんなと距離を取ったんだわ。陽君に突き放された事でみんなとの心の距離が開いてしまった。そこをM.J.B.Kが突いて心の距離がそのまま物理的距離に反映されたのよ。おそらく誰も巻き込まず一人で戦いに向かうため」「ベクター1機じゃM.J.B.Kに勝てるはずないのに」「それがわからない陽君じゃない。だから本心ではきっと待っているはず。それでも自分との距離を詰めようとする誰かの存在を」それこそ・・・
a-logos12-4.JPG舞亜のベクター貳号機が、救出に現れるひらめき
「舞亜exclamation&question何やってるんだよ舞亜exclamation灰吹陽はもういないexclamation舞亜は僕の所に戻ってこればいいんだexclamation」総の声は舞亜の心には通じない。
取り込んだ壱号機を通して舞亜の声が聞える。
「聞こえるか陽。私はお前と共に行くと決めたんだ。やっと気づいた・・・私はお前じゃなきゃ駄目なんだ。あの時から・・・総じゃない。お前とじゃなきゃexclamation私はお前と合体したいexclamation×2
これは、総には深刻なダメージがあせあせ(飛び散る汗)
ついに、陽と舞亜は合体を果たす黒ハート

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント