記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月03日

増担保規制銘柄

今日はめずらしく為替の売買をしなかった。

自分に合ったチャート型でなかったことも大きいが、実はちょっと他のことが気になってそちらに時間を掛けていたせいもある。

何かというと、タイトルにあるように「増担保規制銘柄」、株の信用取引である。

先日何回か記事にした『THE・裏ワザ投資法』を分析しているうちに、なかなか使えそうな感触を得たからだ。

最後までいってないので全貌は明らかではないものの、

「とは言え無料でお届けする動画やレポートをしっかりご覧頂ければ、9割方は内容が分かりますので、人によってはそのまま再現できてしまう人もいるかと思います。」

とあったように、「9割方」はその内容にたどり着けたと思う。おそらくこの『THE・裏ワザ投資法』というものは、バン・K・タープ博士に言わせると(『魔術師たちの心理学』)、「トレードシステム」ではなく、概念またはセットアップに当たるものと思われる。なので実際にそこから自分に合ったシステムに昇華させるには、自助努力が必要だと推測する。

※『THE・裏ワザ投資法』自体にシステムに必要なエントリーやエグジットのルールは備えているようだが、神崎さん自身はトレーダーではないと自ら言っているので、おそらくポジションサイジングまでは踏み込んでいないと思われる。そこが抜けている投資法を素人が実践して大丈夫なのか、他人事ながら心配ではある。勝率は確かに異様に高い方だと評価できると思うけれども、それがゆえにリスクコントロールというよりも「欲」をコントロールできるのだろうか? 余計なお世話か。


今日は久々に「板」、特に寄り付き時の板の動きをじっくりと見た。普段為替をしていると「bid」と「ask」しかわからないが、本来相場というものはこの板情報が基本である。まあ、銀行内部では顧客情報として大口の注文情報とかわかるのだろうが、それすら自社内情報なのですべてを把握できるわけではない。そういった意味では株や先物の方が、オープンな市場と言える。

久しぶりの生の板情報は興奮した。(笑)
前日ストップ高だったので、最初は成り行き買いの板が多く、高く始まるかと思いきや寸前に大口の売り板が入って安く始まるなど、心理的な攻防戦も見れた。

あと株や先物は出来高情報もあるんだよね。これってけっこう重要だと最近感じる。昔はできるだけ情報を少なくしようとして重要視してなかった。というか無視してた。

価格とは違う形の情報というのは、価格を加工したものよりもよっぽど使えるということを、ようやくこの年になって理解できるようになったということか。(笑)

上述したようにあくまでも「増担保規制に関わる銘柄」というものはセットアップにすぎないので、それを利用して実際にどのような手法をとるかは各自の工夫次第だ。筆者にも大体こんな感じかなというイメージはできてきた。

『THE・裏ワザ投資法』は勝率や利益率の高さを強調しているが、R倍率で考えるとそこまでの驚異的なものにはならないと思われる。しかしながら勝率の高さは心理的負担の軽減につながるし、リスクリターン比もなかなか良さそげな印象は受ける。うまく作りこめばいいものができるかも。


久しぶりに銘柄ごとの場帖をつけ始めた。

為替の場合、短期トレードということもあってすべてチャートだけで対応しているが、この場帖をつけるという行為は非常に重要だと筆者は考えている。一度自分の相場法が身についてしまえばその重要性は一気に落ちてしまうのだが(正直なくてもできる)、身につくまでは場帖をつけるという行為が、相場と自分を一体化させる手伝いをしてくれる。

ただ値段ををつけるだけのことではあるが、それだけで自信がついてくるのだ。ある意味自己暗示、自己催眠に近いかもしれないが、「自分はこの銘柄の値動きを知っている」と思えるだけで、その銘柄に対しての自信が不思議と湧いてくるのだ。自信だけで儲けることはできないが、自信がないために最後の一歩を踏み出せないこともある。

なんだかんだ言っても最後は心理的要素がトレードの実績を左右してしまうのだから自信はあった方が良い。過信・妄信・盲信はダメだけどね。


為替の方がまだ軌道に乗ってないのに何やってるんだ、と自分でも思わないでもないが、やってて楽しいんだよね。ワクワク感というか。

本末転倒になっては意味がないが、大枠はブレてない。
はず。
だと思う。
たぶん。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年05月23日

想定外の内容か!?

とは言っても為替のことではない。最近続いている「株」ネタ(『THE・裏ワザ投資法』)のことである。興味のない人は飛ばして下さい。(笑)

第一回記事
第二回記事


3通目のメールがようやく先週の土曜日に届いた。この手の売り込みに関しては珍しく日を空けている感じがする。まあそれは置いといて、その中に新しい実績が報告されていたのだが、それを見て驚いたのだ。

20日金曜の夜東証のサイトを見て、「潟Aスコット(3264)」という銘柄が週明け23日月曜から増担保規制になるということを確認していた。一応チャートもチェックしてみたら、ちょっと変則的(株では一般的なのかもしれないが)な形となっていた。

張り付きストップ高を絡めた上伸が続いた後に急落し、目先天井高値(1,320円)から半値以下(606円)まで下がった段階での増担保規制の発動である。下げてはいるものの値上がりが急だったので、規制の基準は「買い方」の方を満たしたものとなっている。

こういうチャートというか内容の銘柄でも仕掛けるのかな、どうなんだろう?
と思っていたら3通目のメールが届いた。

今回から

「せっかくなので今日から上記のように、メールさせて頂く「その日」の収支を、フルオープンで公開させて頂くことにしました。^^」

とのことで、ナント「アスコット」の売買記録が載っているではないか!

増担保規制の発表前に仕掛けていることは、先日記載したように気づいていたのだが、確証というか根拠に辿りつけていないのでイマイチ自信がなかったのであるが、これで事実であることだけは判明したようだ。

しかし、それにしてもこのチャートを「売り」で仕掛けて取る、か〜。しかも日中に一度ストップ高になっている。それが剥がれてから仕掛けたのか。時間までは記載がないのでわからないが、おそらくそうだと思う。さすがにストップ高張り付きのリスクを背負って上がっている道中の銘柄を売れんでしょう。規制されるといっても「100%」下がるという保証は無いのだから。しかもこの銘柄は既に下げを経験しているので、逆にここから買い上げられる可能性もなくはない。


ここで正直筆者には一時お手上げの状態となった。

銘柄の特定はある程度可能ではあるものの(終値と移動平均の関係)、新規買付け(売付け)比率等のデータをどのように「正確に」「早く」入手することができるのか?

また銘柄の特定ができても、実際にその方向に株価が動く理論的な根拠というものもイマイチ明確でない。規制発表翌営業日の寄付き前に仕掛けられれば、寄付きよりも優位性があるのは事実だが、それすらその方向に株価が動くことがほぼ確実だと思えるような根拠がないと意味がない。

このあたりの部分が、与えられた情報からの推測では限界なのだろうか?

今日二回目の動画が届くそうである。

「第二話では「核心」に触れていますので、必ずご覧になって下さいね。「そういうことか!」と、ご理解&納得頂けると思っていますので。」

とあるので、ここでスッキリできるのであろうか?
自分自身の知識や考えで解答に辿りつけないのは残念ではあるが、自分の知らない知識を得るということもまた喜びの一つである。

ちなみにこの『THE・裏ワザ投資法』の無料オファーは本日23日までということなので、「もし」興味があるという方は早めの登録をオススメします。(笑)

この手の「期間限定」が本当の意味での「期間限定」なのかは正直わからないが、少なくとも「行動を実際に早く動かした方が、動かないものよりも利益を得る機会が多い」ということは真理としてあると思われる。もちろん想定されるリスクとリターンを比較考量した上での決断ではあるが。

自分の感情や心理、欲望をコントロールできない人や、他人に依存する傾向のある人はこういった情報商材系には手を出さない方がいいと思う。知らないうちに相手の手のひらの上で踊ることになりかねないので。

それと最初に指摘した「限られたパイの奪い合い」について、

「今はまだ新しい手法なので皆は気付いていないけど、いずれ気づく人が出てきて公開するのだから、そういう意味では遅かれ早かれ公開はされます。

「神崎が公開する」という意味では、3つ目の「実践者数が・・・」というのと同じで、コントロール出来る範囲にとどめれば良いだけです。

現時点で「答えの全てを言えない」のは、実践者数を絞るためです。

全員に教えればもちろんアウトなんですけど、一部の方・・・企画への参加者だけであれば、全然問題ないと思います。

かなり実践者数は絞るつもりなので。

このあたりは追ってレポートか何かで補足しますが、今回の裏ワザ手法に関しては、「物理的にも理論的にも勝てる仕組み」となっていますから、その理論が崩壊しない物量(資金量)なら、そう簡単に使えなくなったりしない手法なんですね。」

と神崎さんは回答している。筆者の読み違いか?
いや規制発表後なら筆者の当初の想定通り少ないパイを奪い合うことになるが、規制発表前の仕掛けならそこまで数は絞られないので、よほどの資金量でなければ問題はないのか。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年05月19日

裏ワザの中身

昨日紹介した『THE・裏ワザ投資法』についての情報をネット上で検索してみると、昨日の時点よりも取り上げてるページが増えてはいるものの、内容に関しての言及は「信用取引の増担保規制を使った空売り」くらいの認識しかされていない。

無料オファーのページだけを見ての判断か、無料動画も見てからの分析かはわからないが、いずれにしても上っ面しか見ていない人が多い。

アフィリエイトで稼ぎたいだけの人は、ろくに内容を確認もせずに(確認したところでその方面の知識が無いのでわからないのかもしれないが)、与えられた魅力的な数字を使ってせっせと煽っている。

一方、「情報商材≒詐欺」という方程式の人たちは、現時点までの情報を詳しく確認した上で、「信用取引の増担保規制を使った空売り」という情報に、今後明かされる有料料金が見合うのか? という視点で捉えている。もちろん答は「否!」

確かにそれだけが唯一の情報なら、どんな値段がついても基本的には高いと思う。しかし本当にそれだけだろうか?


昨日の記事にも書いたけれど、この『THE・裏ワザ投資法』の「キモ」は別な所にある。その一部については既に触れておいたが、さらに詳しく分析してみると、どうも他にもありそうなのだ。

なぜそれに気づいたかというと、登録後送られてくるメールでもらえる無料のPDFレポート『お金のルール』の中に投資実績が載っていて、その中に「チエル梶i3933)」という会社の売買がある。それによると日計り(信用新規売り→買い戻し)で利益を計上しているのだが、その日付がナント2016年5月12日なのだ!

「!」をつけたが、どこまでの人がこのことの重要性に気づいたであろうか?

「チエル」に一番最初の増担保規制が掛けられたのは5月13日からである。それよりも1日早いではないか!?

筆者も最初は気づかずスルーしていたのだが、詳しく調べているうちに、この無料オファーを紹介してくれた人(神崎さんに近い筋の人らしい)のメールの中にその人の実績が載っていて、そこにも「チエル」があった。

しかしその人の「チエル」はわずかではあるが損失で終わっている。もちろん約定値が違えば損益も変わってくるのだが、違っていたのは(約定値もそうであるが)取引日の方だった。その人が取引をしたのは5月13日の規制開始の当日付けなのである。
※この「約定値」に昨日触れたこの『THE・裏ワザ投資法』の「キモ」につながるヒントがある。

なぜ規制前日に仕掛けることができたのか?

ここにも「有料」で提供することを買う人に納得させる根拠があるのかもしれない。

たしか第1回の無料動画だったと思うが、神崎さんが「情報を早く、正しく手に入れることができれば」とかなんとか言っていた。

この「早く」と「正しく」というのが、規制がかかるかどうかの条件を事前(取引所が公表する前)に予測する部分で、実はこれが利用料の対価であるサービスの正体なのかもしれない。これなら永続的にサービス料が入ってくるスキームにもなる。

さてどうだろう?


この項続く


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年05月18日

頭いいなあ

残念ながら筆者のことではありません。(笑)

↓ この投資法を考えた人のことです。
『THE・裏ワザ投資法』

神崎すぐる(卓)という人らしいが、本名ではなくビジネスネームである。悪く言えば偽名だが、本名を名乗らない理由があって、登録後にもらえる無料のレポート(PDF)でそれはちゃんと説明してくれている。

最初この無料オファーを見た時は、「また怪しげなのが出たな」と眉唾だった。ただ筆者の中では比較的信頼できる筋(その人の考え方から筆者が独断で評価)からの紹介だったし、ネットで検索しても出回ったばかりであまり情報がなかったのでとりあえず登録することにしてみた。

これを使って金儲けしようというのが目的ではない。元々株は畑違いだが、どういう風にやったら稼げることができるのか、その背景にある仕組みや考え方を知りたいのだ。


さて登録後送られてくるメールで無料のPDFレポート『お金のルール』がもらえる。このレポートで神崎さんという人の考え方や思想というものが垣間見えてくる。

このレポートだけでもけっこう重要なこと(投資のマクロ的観点等)がエッセンスとして盛り込まれているので、もしそういった類の関連本等を持っていないのならこれだけでも十分価値はある。


ところでこの神崎さんという人はトレーダーや相場関係の人ではなく本業は起業家・マーケッターだそうである。なので我々とは違った観点から投資というものを捉えている。その観点とは

「徹底的に楽(らく)する事」

筆者などは、相場をビジネスとして捉えているのでそもそも楽をしようという発想がない。同じ結果を得るための作業なら楽に越したことはないが、必要とあれば労苦は厭わない。それよりも、どちらかと言うと相場はビジネスというよりも趣味に近いので、相場に使う時間をもったいない(減らそう)とは思っていない。(笑)

ある意味こういう所が、神崎さんをはじめとして巷で話題となっている起業家の人と違う部分であろう。だから筆者は彼らのようにお金持ちにはなっていないし、なろうという気持ち(強い動機)も「今は」ない。


前置きが長くてなかなか本題に辿りつけない。(笑)

『THE・裏ワザ投資法』

この投資法とは一体何なのか?

現時点で手にしているメール2通と無料レポート、第1回の無料動画ではまだ詳細な説明はされていない。事前にネットで検索した情報では、信用取引の増担保規制を使った空売りではないかということだったが、どうもそのようだ。

レポート内に

「とは言え無料でお届けする動画やレポートをしっかりご覧頂ければ、9割方は内容が分かりますので、人によってはそのまま再現できてしまう人もいるかと思います。」

とあったので、筆者もいろいろ入手した情報から分析してそこに辿りついた。まあ銘柄(企業名)を検索すればこれはすぐにわかることではあるので全然威張れるものではない。


ここまでは比較的誰でも辿りつける。ここからが筆者による分析。

「信用取引の増担保規制を使った空売り」自体はそれほど珍しいものではない。ちょっと株を専門にやっている人ならある意味常識の範疇であると思われる。

ただ、だからといってこれが確実性の高い手法だとは一般には認識されていない。ただ、「どちらかと言うとそういう傾向があるよね」くらいで、これだけを使って圧倒的な優位性を得ることは難しい。そもそもその情報を引け後に得て翌営業日に仕掛けようと思ったら、寄付きから大幅安、ヘタすればストップ安になっていて仕掛けるには遅すぎるからだ。
※もちろんその後も続落して儲かる可能性はあり、それで食べてる人もいる。

なのになぜこうも自信満々に言い切っているのか!?

それこそがこの投資法の「キモ」の部分であり、筆者も最初はなかなか辿りつくことができなかった。ただ通常のやり方では絶対にこういう儲け方はできないので、必ず何かあるはずだと思って探し続けたら見つかった。

まあ「必ずある」という答がわかっていて調べているので、ある意味そこまでの難しさはなかったのだけれど。

さてその方法とは!?


「バーン!」
とここで紹介してもいいのだが、さすがにそれは商売のジャマをすることになってしまうし、実際にこの手法を使ってやっている人たちの分け前を減らすことにつながるので控えたいと思う。

どうしても知りたいという人は、登録すれば無料部分でもほぼ「9割方」は分かるのでそちらへどうぞ。
『THE・裏ワザ投資法』

既に情報公開の流れはできてしまっているので、実際にこの手法を使ってやっている人たちの「既得権益」に関しては、もうどうしようもない。というか、相場という世界で「既得権益」なんていうものは砂上の楼閣にすぎないということは参加者は百も承知だとは思われるが。

早い者勝ち、やった者勝ち。

控えたいとは言ったものの、さすがに何も書かないのもなんなので、一応ヒントだけ。

・証券会社
・2015年1月


さて、そもそもが
「儲かる方法をなんで人に教えるんだ!」
という素朴な疑問が湧く。

それに対して神崎さんは

「いつまでも「誰にもバレずに永遠にコッソリ稼ぐ」なんて時代じゃないんです。」

という回答をしている。ある意味真理である。裁定取引(アービトラージ)という取引の本質とその変遷を考えれば納得のいくものだ。一応ある程度の先行者利益を得たあとは、そのノウハウを売ってさらに儲ける。起業家の考えである。
※厳密には裁定取引とは言えないが、それに近いものがある。時間差裁定というか。それか、もう1社あって・・・。おっと、口が滑った!
↑ これもヒント


最後に。

さすがにこの点はレポートやメールには言及していなかったけれど、大事なことなので書いておく。

「月利100%(1ヶ月で元本が2倍になること)」になることもあるこの
『THE・裏ワザ投資法』

「それが本当なら1年あればビル・ゲイツを超えちゃうよ?」
「本当ならすでにアンタはビル・ゲイツ以上の金持ちなの?」

という「揚げ足取り」が現れると神崎さんは言い、その回答として

「常に全額を全力で恐怖も感じず、倍プッシュし続けることなんか出来ません。そんな事する人はただの「アホ」です。人としてどこか壊れてます。確実にいつか破綻するパターン。」
「普通に考えれば分かることですが、常に「リスクヘッジ」してやるんだから、儲けた金額を次の取引に、「全額突っ込み"続ける"」なんてことはあり得ません。」

と答えている。

相場をする者として資金管理は絶対に必要なものであることはご承知のとおりであるが、実は「全額突っ込み」たいと思ってもできない物理的な制約がこの方法にはあるのだ。それが先ほど書いた「実際にこの手法を使ってやっている人たちの分け前を減らす」ことにつながっている。限られたパイの奪い合い。
↑ これもヒント

ここからは筆者の憶測だが、おそらく神崎さんはこの投資法に「飽きた」のではないだろうか? たぶんこの投資法で儲けられる金額も、(我々からしたら大きな金額だが)神崎さんにとっては「ポケットマネー」くらいにしかならない(=それくらいしか物理的に投資できない)のだろう。

起業家にとって機械的な作業ほどつまらないものはない。それよりは、それを元にして自分のフィールドでビジネスを展開した方がよほど楽しい。

ついでにいうと、そっちの優良(=有料(笑))顧客を抱えたビジネスの方が、ノーリスク(ではないが予め計算されたコスト=ローリスク)でほぼ確実な安定リターンを得ることができるので、この『THE・裏ワザ投資法』よりも優れている!


以上、多分筆者の分析で合っていると思う。ただし、筆者の知らない細かな部分でのノウハウは別にあるかもしれない。


この項続く


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから
リンク集
記事ランキング
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。