google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2018年12月01日

7step株式投資メソッドーそのD



本日は7step株式投資メソッドの肝となるうねり取りという手法に関して
考察してみたいと思います。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

売買手法はそれこそ星の数程あり、夫々の手法で確実に成功している
プロは存在します。只、プロと雖も得て不得手は当然ある訳で、買いを
得意とする者、売りで勝負する者、デイトレ、中長期、テクニカル、成長株
、割安株、新規上場狙い、トレンドフォロー戦略等々。

但し、長期に渡って生き残って行く為には、一過性の手法では話になりま
せん。出来るだけ優位性のある、再現性のある、市況に比較的囚われない
、技術的要素の強い方法が要求されます。うねり取りはそういう意味では
自己の売買技術の向上と伴に、安定した収益を確保する事が可能な、
技術的要素の強い手法だと思います。

entrepreneur-696971__180.jpg

買いの場合で考えて見ましょう。例えば年初に買って年末に手仕舞いし
500円幅取ったとします。1000株なら50万円の利益となります。只、
株価というものは、上げるにしても下げるにしても全くの一直線に動く訳
ではありません。必ず小さな上げさげを繰り返しながら、上げトレンド、
下げトレンドを形成して行くものです。そのトレンドの過程の小さな上げさげを
細かく取っていくのがうねり取りで、上げトレンドでは買いを基本に、下げ
トレンドでは売りを基本に売買を繰り返して行く訳です。そしてそのように
細かく売買をして利益を積み上げて行きますので、先ほどの年初年末の
売買に比べて数倍の利益を生み出す事が出来るのです。

うねり取りのすごいところは偶然に左右される要素の少ないトレードだと
云う事で、自分の売買技術のレベルに応じて、上げでも下げでもそれなりに
利益を取っていけるという安定感でしょう。勿論闇雲に買い下がったり、売り
上がったりするわけではありません。銘柄のグラフを付けていく事で体得
できるその銘柄特有の癖や前の高値、前の安値に代表される各種目印等
を基に売買して行きます。当然目印と雖もだましも多々ありますので、毎回
必ず利益になるとは限りませんが、途中で起きる想定外の事態にもヘッジを
入れたりしながら対応していく、そこが技術(腕前)の見せ所という事です。

前のブログでも述べていますが、うねり取りは数多くの実践練習を繰り返して
行く事により、自分の弱い部分を確認し修正していく事で、技術の向上を
図っていく手法です。この7step株式投資メソッドの実践編で相場先生の
売買講義を何度も繰り返し参照しながら、実践でも試していく事が相場で
成功する一番の近道と思います。 それでは又。

【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法

2018年11月15日

7step株式投資メソッドーそのC



本日は投資銘柄について考察してみたいと思います。以前にも銘柄に
関しては言及しておりますが、もう少し具体的に考えていきたいと思い
ます。

7step株式投資メソッドでも当然銘柄について、相場先生がある程度
動画で説明しています。ざっと列挙してみますと

   @ 東証一部銘柄である事

   A 100円以下等の超低位株は避ける事

   B ある程度の流動性のある銘柄を選ぶ事

   C 変動幅の極端に大きい銘柄よりも、あるレンジで安定的に推移
      している銘柄を選ぶ事

   D その会社のファンダメンタルはきちっと確認する事

この理由としては、倒産の危険性の少ない会社、流動性のある事で売買
したい時に自由に売買できる、ある程度の変動幅で想定外の事象が起り
難い銘柄という事でしょうか。


私なりに更に銘柄について検討してみますと、もう一つどの位の投資期間
を想定するのかという重要な課題に直面します。と云いますのは基本的に
うねり取りという手法は、その名のとうり株価の上げ下げの細かいうねりを
取っていくという手法ですので、通常は数ヶ月という単位で売買を繰り返して
いきますが、人によっては数日から数週間、或いは数ヶ月から数年という
場合もあります。要するにその売買期間に合った銘柄という事も考えて
おかなければなりません。

apple-691633__180.jpg

具体的には、低位株は極端に値幅の振幅のない銘柄が多いですので、
比較的長期のうねり取りに適しているかと思います。反対に中位株や
値嵩株、特にその時代の時流に乗っている銘柄等は、その時々のニュース
等で株価が大きく振れる場合がありますので、どちらかと云えば短期の売買
向きと云えるでしょう。

どちらにしても選定には、各種のテクニカルとファンダメンタルのデータによる
スクリーニングをして、まずは20−30銘柄程度に絞ります。次にその中から
自分の売買スタイルに合うと思われる銘柄を5つ程度選定し、後はチャート
を書き、場帳を付けながら様子を見て、一応5銘柄全ての分割売買を最小
単位で実践してみて、しっくり来る1銘柄を選べば良いと思います。

ここで注意したい事は、せっかくチャートも描き場帳も付けているからといって
複数銘柄を同時に売買しない事です。これはやってみればわかりますが、
まだまだ売買が未熟な状態で複数銘柄を手掛けるとどちらも監視が疎かに
なり、肝心なところでポカをやらかしてしまうからです。プロでかなり慣れた
人でも3銘柄が限度です。まだ腕の未熟な初心者のうちは、徹底して身体に
売買手法を覚えこませ無意識に反応できるようになるまでは、1銘柄を
とことん追求する事が上達の一番の早道だと確信しています。

【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法

2018年11月01日

7step株式投資メソッドーそのB



さて前回は逆張りと分割売買について述べてみましたが、今日は
分割売買についてさらに深掘りしてみたいと思います。

何故分割なのかという事の前に、一括売買のリスクについて考えて
みたいと思います。一括の場合チャンスは1回ですので、当然どの
タイミングで仕掛けるかという事が一番重要となります。投資家は
皆さん基本的には勉強家ですので、チャートを筆頭に多くの資料を
検討して慎重にエントリーするわけですが、神様ではありませんので
どこが現状での底・天井値なのかという事は誰にもわかりません。

私の友人で退職金の一部で(一部といっても千万単位のお金です)
余り自分で勉強もせずに証券会社の担当者に薦められたまま投資
信託を購入し、結果として相当長期間塩漬け状況で苦しんだという
人がいます。彼の場合も少し本気で投資信託について勉強していれば
、分割で買うべきだということくらいは理解できたはずです。

【相場師朗】のショットガン投資法

このように買いの場合でどこが底かわからない状況では、誰でもエントリー
を躊躇するはずです。もし躊躇なくエントリーできる人がいるとしたら、
その人は余程投資に対して無知な人かギャンブラーと言えるでしょう。
底と天井は時が過ぎて見なければわかりません。飽くまでも結果論
なのです。

ですから買う場合は自分の資金力に合わせて、事前に買う株数、回数、
どの位の値幅で買い下がるか、買い平均値の目標等をきちっと計画
した上で、エントリーせざるを得ません。計画したからと言って必ずしも
そのとうりの展開になるとは限りませんが、常に次の展開を考えておく
という事は大変大事な事です。

【相場師朗】のショットガン投資法


さて、資料も作り、自分なりの目標も立てていよいよ現金を投入しての
実践と言う事になりますが、幾ら準備をしたところで実践に入り現実に
損益が出てくると、目標に向かってのアクションを取ると言う事が想定
以上に難しいと気付きます。それは人間には欲がありマイナスはできる
限り回避したいという本能があるからです。

これは実にやっかいな本能で、この本能の為に最初に立てた方針を
途中で変更し、多くの人が市場から退場となっています。市場では
5%程度の人しか生き残れないというのは、大きく云えばこの本能の
為なのです。それではどうすれば本能を制御しながらトレードを続けて
行けるのかというと、それは訓練以外にはありません。

詳しくは又説明したいと思いますが、分割売買の練習を自分の身体に
沁み込むまで、何度でも何年でも出来るようになるまで繰り返す事です。
期間は人によって異なりますが、数年から10年くらいが多いみたいです。
多くの人はその間にちょっとでも違和感があるとすぐにやめてしまい、
楽して儲かる聖杯を探しに行ってしまいますので、株式相場では何時に
なっても儲かる人は少数で損するカモがうようよいるという美味しい
環境が継続しているわけです。

二分割一括手仕舞いという売買を意識しなくても出来るようになる、
これが素人とプロの分れ目でしょうか。それでは又。

【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング







posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法

2018年10月16日

7step株式投資メソッドーそのA



昨日はうねり取りという手法と場帳を含めた資料の準備の大切さ
という事について述べてみましたが、実際の売買方法について
述べてみたいと思います。

大きく分けると株式の売買には株価のトレンドに沿った順張りと、
トレンドに反した逆張りという2つの方法があります。この2つの方法
についてはどちらが正しいとか優れているとかという事ではなく、
どちらの方法でもきちんと利益を確保するプロフェッショナルが存在
します。

しいて言えば、順張りは機関投資家とかファンドとかかなり大きな資金
を運用する人達に多く、逆張りは個人投資家を初めとする比較的
小規模な取引をする人達に多いという傾向があります。但し、これらは
飽くまでも傾向であって、機関投資家の中にも逆張り派はいますし、
個人投資家の中にも順張りを得意とする人達もいます。

このような中でも、7step株式投資メソッドでは逆張りを基本の売買方法
としています。これは何故かと申しますともう一つの売買方法の分割売買
という手法も、7step株式投資メソッドでは使っているからです。理由の
一つとして、分割の売買を有利にしていく為には目標の株数を確保する
上で、分割売買の平均値を出来る限り買いの場合底値に近づけたいという
目標があるからです。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

Mk542_arashi500-thumb-260xauto-2637.jpg

つまり、買いならば買い始めから買い終わりまで下げトレンドに沿って売買
する事で買いの平均値を低く抑え、その後の反騰で大きな利益を確保し易く
する為です。これはけっこう勇気のいる売買で、それなりの具体的な行動指標
がないとできません。又、7step株式投資メソッドでの買い下がりは、所謂
ナンピンとも異なります。ナンピンは上がると思って買った株が下がってしまい
いつか上がるかも希望的観測の中でしかたなく買い下がっていくもので、
最初からの計画性は全くありませんので、大体失敗します。

7step株式投資メソッドではある目印を基にして、目標の株数を何回に分けて
夫々何株づつ買って行くという計画に基いて、買い下がっていくわけです。
もし想定外に全株買う前に株価が上昇してしまった時はそれ以上買う事は
せず、買えた株数での利益確保に集中するというわけです。
これが順張りのように上昇の過程で分割をしてしまえば、買いの平均単価が
高くなり、利幅が減って下手な売買手法となってしまいます。

このような理由から7step株式投資メソッドでは分割を前提とした逆張りを売買
の基本としているのです。

分割売買については、これも奥の深い売買ですので、日を改めて紹介したいと
思います。それでは又。

【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法

2018年10月05日

7step株式投資メソッドーその@



私が今まで幾つかの株式投資に関する情報商材を試してきた中で、
一番実践的で、多少出来るようになるまで時間は掛かりますが、掛けた
時間に見合うだけの実績が得られると思った商材が、この7step株式投資
メソッドでした。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

この方式は林投資研究所の林輝太郎先生の手法をベースとした所謂
「うねり取り」というもので、昔からプロの技法と云われて来たものです。
酒田罫線等を基にしたもので、チャートを中心としたテクニカル手法で、
「株式投資の成功は、自己の売買技術の向上によるものである」という
信念の基に、徹底した資料の作成と分割を基本とした売買技術の訓練
により、より高い売買技術の完成をめざすというものです。

無題.png

この講座の中では相場師朗先生が、一つ一つのテーマについて超具体的に
動画で説明しておりますが、1つの動画の内容は大変濃く、何度も繰り返し
見て勉強するのに相応しい内容となっています。

素人は楽して儲かるとか今すぐ儲かるとか、勉強してすぐに成果の出る
手法を期待しがちですが、何の仕事でもそうですが、一流とかプロフェッショナル
とか云われるまでには、正しい勉強とそれを身体に覚えさせる為の、それなりの
実践と試行錯誤の期間が必要とされるものです。

まずはこの7step株式投資メソッドで勉強しながら、それと並行してチャートの
手書き、場帳、玉帳、データスリップ等の資料を作っていく事が重要です。
資料については同友館の林輝太郎先生の各種投資本に詳しく解説されて
いますので、そちらをご参照下さい。

林先生の本は一見地味で、説明も多少回りくどいところがありますが、これでもか
というくらい丁寧に書かれており、特に初心者の人達には大変有用な本だと
思います。くれぐれも楽してすぐに儲かるような本や商材、セミナー等には注意
して、勉強の正道を歩んでいただきたいと思います。

次回以降も7step株式投資メソッドのポイントについて述べて行きたいと思います。

【相場師朗】のショットガン投資法

紫垣デイトレード塾






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集