2018年02月10日

再就職目標の検討

ライフプラン・ファイナンシャルプランの検討

まず、「ライフプラン」「ファイナンシャルプラン」を検討し、あなたの働き方のイメージを創っていきます。それから、再就職目標の検討に入ります。

再就職目標の検討

再就職目標とは、自分がどのような仕事をするのか、どのような働き方をしてゆくのか、前向きに検討して設定するものです。
その際、あなたが仕事に求める価値観、働き方の志向性、ライフプランのシナリオとの整合性は重要な検討課題です。
また、多くの方が家族の事情、健康課題、経済的な課題など、再就職にあたって何らかの条件や義務をお持ちの場合があります。こうした点も考慮に入れて、再就職目標の検討を進めましょう。





posted by tensiyoku at 18:11 | TrackBack(0) | 自己理解

2018年01月12日

求人市場を理解する

求人市場の情報を調べる

景気の変動や産業構造の変化によって、好況な業界もあれば不況の業界もあります。業界の動向を把握しておくことは再就職活動に大切なことです。

・各種求人関連の統計
公官庁発表の有効求人倍率などの統計データは、求人市場の現実把握の材料です。

・最近の産業別動向
今後成長が見込める求人の多い業界や、新たな働き方、新たな職種が生じている産業についての情報も把握してゆきましょう。


雇用形態、報酬形態を把握する

・雇用形態
仕事の契約形態には、多様な形態があります。自分が抱える事情や置かれている環境を考えて、あなたにふさわしい就業の形態を選択しましょう。

・報酬形態
報酬形態にもいろいろな形態があります。再就職目標の設定、変更の際に検討しましょう。


多様な働き方を検討する

・Uターン・Iターン
出身地に帰って地元で仕事をする「Uターン」、出身地以外で仕事をする「Iターン」。仕事と生活の拠点を地方都市に移すことも選択肢のひとつです。

・田舎暮らし
仕事と生活のバランスをとるために、仕事と生活の拠点を「田舎」に移すことも選択肢のひとつになります。

・独 立
温めてきたアイデアを実現するための会社設立、これまでの経験を活かして仲間同士での会社設立など、独立することも選択肢のひとつになります。また、専門性を活かして企業と業務委託契約を結び、ライフスタイルに合わせた働き方を実現することも選択肢のひとつになります。

・アルバイト・パート・派遣
体力的、時間的制約などがあれば、フルタイムで働くのではなく、働く時間を限定して仕事と生活のバランスをとることも選択肢のひとつになります。

・ボランティア
社会との接点の持ち方を、企業に所属して働くのではなく、社会貢献などを目的にしたNPOなどの組織でボランティアで働くことも選択肢のひとつです。





posted by tensiyoku at 17:55 | TrackBack(0) | 自己理解

2017年12月16日

自己理解を進める

自分のキャリアを分析する

あなたのこれまでの職務経歴を分析し経験・実績・成果などをできるだけ詳細に書き出して、その具体的なエピソードからあなたの特徴、強みを整理します。
このプロセスにより、あなたが、「自己理解」を再発見して、自らの強みを自分の言葉で表現できます。


これからの働き方を分析する

これまであなたが培ってきた「仕事」や「働き方」についての考え方・価値観・大切にしたい要素などを明らかにして、今後の仕事のありかたについて把握します。
あなたの今後のライフプランにおいて、仕事をどのように位置づけ、どのような働き方を目指していくのかを明らかにします。
「働き方の分析」は、「キャリア分析」で整理した、あなたの強み、能力とともに、再就職目標を設定する際の重要な要素になります。


自己アピールを言葉にしてまとめる

「キャリア分析」「働き方の分析」を通じて、あなたの特徴、強み、どのように働きたいか明確になります。そしてライバルと差別化するために、どのように自己アピールするのかについてもより明確になります。
自己アピールを言葉にしてまとめることは、応募書類の作成、再就職目標の設定、および面接において、採用側にあなたの特徴を伝えるためには欠かせないものです。




posted by tensiyoku at 18:11 | TrackBack(0) | 自己理解

2017年11月19日

自己理解の基本

再就職活動の出発点は自分をよく知ることから

自分自身の特徴を知り、自分の強みを活かす再就職をめざすのは、とても重要なことです。しかし、それがあなただけの判断による偏ったものであってはいけません。
また、自分の事をよく理解することは、「書類選考」と「面接」という、再就職活動の2つの関門を突破するためにも必須なプロセスです。
再就職活動は、求人企業に自分という「商品」を売り込むのですから、その「商品の内容」をよく知ることが出発点になります。


採用側の視点を意識する

自己理解を深めて、自分の特徴を知るためには、企業がどういう基準で人を採用しているのかという「採用側からの視点」を持って、キャリアを分析し、自己理解を進めていく必要があります。
採用側の視点を持つためには、あなた自身だけではなく、友人など第三者の視点も入れて、自己理解を進めましょう。


ライバルの存在

再就職活動においては、各求人ごとに、必ず「ライバル」が存在します。
自分自身の特徴を知ることは、ライバルとの相違を明らかにして、内定を勝ち取るために必要なプロセスです。企業活動で言う「競合商品」との差別化です。



自分という商品を自分の言葉で売り込む

再就職活動では、自分と言う「商品」を企業に売り込む感覚がとても重要です。
採用側の視点を意識しながら、自分の言葉でみずからをアピールすることにより、企業の採用担当者および経営者に入社への強い思いが伝わり、再就職活動のゴールに近づくことができるのです。







posted by tensiyoku at 18:09 | TrackBack(0) | 自己理解

2017年10月29日

これからの展望

ライフプランを考える

今、あなたには人生の一つの節目が訪れていると言えます。
この機会に、自分や家族、そして自分を取り巻く環境の今後について、検討し整理してみましょう。
今後予測できる大きなイベント、自分や家族の健康、夢や希望の実現、キャリアプランなどの要素を抽出し、そのイメージと費用について考えてみましょう。

ファイナンシャルプランを考える

働き方のイメージ創成のために、大まかなファイナンシャルプランを作成してみましょう。まず、我が家の資産表を作り、資産の全体を理解しましょう。


雇用保険(失業給付)受給の手続き

雇用保険は、失業中の生活を心配しないで新しい仕事を探し、1日も早く再就職できるよう、失業給付を支給しています。基本手当(通常の失業給付)を受給するには、ハローワークで手続きをする必要があります。

ハローワークインターネットサービス






posted by tensiyoku at 18:14 | TrackBack(0) | 事前準備

このブログについて

このブログは無料で利用できます。利用したい方は、 A8.netが運営するファンブログ に無料登録すればすぐにブログ開設することができます。 スマートフォンやPCから簡単に記事掲載ができるのでとても使いやすくおすすめです!


ファン
  



現在はインターネットの求人情報を利用した再就職活動が一般的になっています。 多くの求人情報を集めることは再就職への近道です。求人サイトに登録し希望条件を設定しておけば メール配信してもらえるのでとても便利です。
総合求人情報

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

女性の転職なら女性キャリアコンサルタントによる人材紹介サービス『WomanWill』

第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」

工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

介護求人

資格・経験を生かして好条件で転職
介護専門求人サイトかいご畑


看護師求人

ナース人材バンク。看護師転職支援サービス

保育士求人

非公開求人多数!「保育のお仕事」

飲食系求人

飲食業界専門の求人サイト【エフジョブ】

アパレル系求人

アパレルの求人・転職なら!★☆ファッショーネ☆★

カテゴリーアーカイブ
最新記事