2013年04月02日

GoogleChromeなどで「翻訳しますか?」を回避する

Google Chrome (グーグル・クローム)などの Chromium 系ブラウザで、外国語の
サイトを表示すると、自動的に翻訳バーが出てきて簡単に日本語に翻訳することが
できます。
SRWare Iron 、Sleipnir 4 でも同じです。

この機能、とても便利なのですが、翻訳しなくてもいい人には逆に邪魔なって、ない
ほうがよいこともあります。
外国語が読めるかどうかもありますが、写真や動画が見れればいい、とかもあります
し、日本語のサイトなのに出てしまうことも。

例えば、FC2ブログは日本語のブログサービスですが、管理画面もブログ記事も
翻訳バーが起動してしまいます。
私もFC2ブログでひとつブログをやっているので、この翻訳バーは外したいと思って
いました。

その対処方法を書いてあるブログ記事を見つけたので、紹介しておきます。

  「カロシーのブログ」さんの下矢印この記事です。

  Google Chromeの翻訳バーを無効にしてページ翻訳

翻訳バーが表示されなくなると、翻訳したいときに不便ですが、その対策も書かれて
いて、とても親切です。
翻訳バーが、今は邪魔に感じていない人も、この設定にしておいた方が使いやすい
んじゃないかと思いますので、よかったら試してみてください。


この方法、Sleipnir 4 では少しやり方が違ってきますので、それを書いておくことに
します。

[ツール]メニューの「エンジン設定」の「WebKit設定」を開きます。
WebKit設定

「言語」のところの「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」の左にある
チェックを外します。
言語設定

Sleipnir 4 では、「Goolge翻訳ブラウザボタン」をブックマークバーに登録するとき、
ドラッグ&ドロップでは出来ないので、別の方法を使います。

どこでもいいので、どこかのページを1つ、ブックマークバーに登録します。
下矢印下のように「+」ボタンをクリックすれば登録できます。
言語設定

登録したブックマークを右クリックして、「プロパティ」を表示します。
右クリックメニュー

「名前」と「URL」を変更します。


名前を、「日本語」とか「翻訳」に変更します。
URLに入っている文字を全部消して、下のコードをコピーして貼り付けます。



[OK]ボタンをクリックして閉じれば、作業完了です。

翻訳したいページを表示した状態で、ブックマークバーに出来た「日本語」のところを
クリックすると翻訳されます。

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/1128959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール