PICKUP
  1. 1. あけましておめでとうございます 十二支と「ついたち」
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. ipod nano 5世代 の電源が入らない
  4. 4. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  8. 8. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  9. 9. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  10. 10. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  11. 11. DLNAとOpenHome
  12. 12. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2018年11月27日

アンプまわりの配線にはすのこ、網、結束バンドを使用

wireing.JPG

 オーディオ機器、特にAMPまわりはSPEAKER CABLE、電源コードが集中している。
私の場合、100均でメッシュ状の網(同じことか!写真をみてください。)と結束バンド、「すのこ」などを利用して配線をきれいに整理している。
個人的に、配線大好き人間!

すのこ
 
壁とアンプの隙間に、自分が入って作業することもあるので、配線を踏まないよう、また、配線に足を引っかけないように、配線の上にすのこを敷いている。


 
テーブルタップは、網に固定してACアダプタ、電源ケーブルも必要に応じて結束バンドで固定する。また、テーブルタップはMax 15Aまで流せるが太く、3穴タイプを使用し、コンセントから直接ひっぱる。(たこ足、配線の中継をしない)

wireing2.JPG


100均の網を使った配線例


カラーボックスの裏側を利用して100均の網を使ってネットワーク機器、LANケーブル、NAS2台、NASバックアップHDD、プリンタの電源ケーブルをまとめてみたようす。

網はフックにかかっているだけなので、取り外しが簡単。メンテナンスやカラーボックスの移動にも対応できる。

詳細記事 Audio Romの配線

cabling-box.JPG




シアタールーム、オーディオルーム構築時のPOINTと維持・現状へ戻る 飛行機

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8337160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
お名前.com
タグクラウド
サイト内 検索