広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年06月25日

日蓮正宗での功徳

また顕正新聞の記事が信用できない事が明るみになりました。


平成31年3月15日号掲載の某総支隊長の「国柱会講師との法論」についてです。


この件についてSOPH…さんのブログにて詳細が書かれましたので拡散の為にここに載せておきたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/32419450.html



またとある法華講員と教学部の法論を聞く機会もありました。聞いた感想は「ひどい」としか言いようがありません。 3人で「聞けえーー!」と叫ぶ癖にこっちの話は聞かないしすぐ遮って怒鳴り散らすし。



「答えられないのか!?ええ!?」と挑発して喋ろうとすると狂ったようにまた怒鳴る。



まさに物に狂うとはこの事だなと感じますね。




法華講側は「あなた方を救いたい、お山に連れて行ってあげたい」と慈悲をもって落ち着いて接しているにもかかわらず顕正会側は「脱講するんだな!脱講」だぞ!とそれだけ。




いい年した大人がよく3時間近くこんな狂態というか、キチガイというか、図破作七分というか完全に悩乱した姿をできるなあ、と感じます。まさしく魔の力ですね。普通の人間ならこんな狂態3時間も続きませんよ。



ところでこれを聞いて「何かに似てるなあ」と思ったらコレでした。

https://www.youtube.com/watch?v=2_9iuR2WHTc


特に4:34〜あたりととかそっくりですよ。いやホントに。



これ見て頭狂ってんな、と思うでしょう?でも顕正会教学部とそっくりなんですよ。



こういう風に怒鳴り散らすのを目的として会議室やカラオケボックスを指定してくるわけですね。(お店じゃできませんから)



それではここで本題に・・


私も早いものでもうすぐ御授戒を受けて3年となります。


顕正会員が気になるのは「現証」でしょう。法華講行ったヤツが3年経ったらどうなってるんだろうと。
どうせ罰で後悔してるんだろうと。




正直言えば苦しい事は起きますよ。



それを聞いて「罰だ罰だ」と喜ぶ顕正会員もいるかもしれませんね。



ただ正法に縁して最初に起きるのは罪障消滅です。 特に頑張ってくればくる程、貯めこんだ罪障が溢れ出てきますからね。



例えば泥が入った桶にキレイな水を注ぎ込んでいくと桶に入った泥はどうなるでしょうか?

桶から泥が溢れてきますよね、これが罪障です。しかしずっと注いでいくと最終的に桶の中はキレイな水のみとなります。



なので最初は「いい事なんてねーじゃん!」なんて退転してしまう方もいるでしょう。 だから保つが難しなんですよ。



しかしそれでもしっかり信心していくとどうなるか。まず如是相が変わっていき穏やかな顔つきになってきます。


そして命が穏やかになっていきます、私も顕正会時代はイライラしやすくいつか犯罪を起こしてしまうのではと悩んでいたくらいです。



それが今はウソのように穏やかになりました。




以前東名で煽り運転で夫婦が亡くなった事件があったでしょう?アレも他人事では無いと思いました、それは被害者ではなく加害者としてです。 あの時の命だったら些細な事であのような事件を起こしてもおかしくないな、と思いますからね。



そのような命はニセ本尊を拝む事で起きやすいのです。だから教学部はあのような狂態になってしまうのでしょう。



あと、寂しさが無くなりましたね。何というか不安な気持ちも不思議と無くなっています。



そして仕事に対する姿勢も不思議と変わりました、お陰様で上半期の評価は5段階評価のうちトップ評価でボーナスは満額+5万となります。



しかしこの邪教で積んだ罪障消滅、約7年かかると言われてますのであと4年は油断せず信行に励んでいかないといけません。



ところで私は参詣寺院の御尊師様より、一言頂いたのが凄く印象に残っています。


「業ではなく功徳だと思いましょう」


つまり、罪障消滅とは功徳を積まないと出てきません、何もしないと罪障も出てきません。



罪障消滅が出てきているという事は功徳を積んでいる証拠なんだとハッとした思いとなりました。



それより自分自身の罪障の深さを自覚していて、先の見えぬ罪障消滅に悩んでいた私はパッと視界が開けました。



そして今こうやって命が充実し、六根清浄されてきている事も御本尊様の功徳であるしあの一言を頂いた御尊師様には本当に感謝しています。




そして顕正会員の方には本当に伝えたい、今の宗門誹謗は本当にひどいです。もし悩んでいる方は今すぐやめましょう。




三宝を誹謗する事の罪障はとてつもないです、後になって罪障消滅で苦しい思いをするのは自分自身なんです。 考えてもみてください、過去日達上人の悪口を散々言った浅井会長の長男の克◯さんはどうなっていますか?平成初頭に宗門攻撃をした幹部達はどうですか?みんないなくなってるではないですか。



私は必ず本物の現証が現れると思います。




2019年06月18日

血脈と御授戒

顕正新聞の令和元年6月15日号を見ました。



慧妙の記事に書かれた、浅井会長宅に妙観講の方が訪ねた件に対する反論記事がありましたね。



これがどちらが事実かなどは、私がどうこう言える立場でもないので何も言いませんが(当事者でも無い私がどちらが真実か等は断定できないので不毛です)


「虚偽・捏造だらけ」等と言ってますが顕正新聞の記事こそが虚偽や捏造だらけなのは言うまでもありません。お前が言うなと思うものです。



そもそもとして、浅井会長がいなかった。等としていますが浅井さんはどこにいるのか、といった証拠が無いではないですか。ようはアリバイが無いんですよ。



あと対応したのは長女のM子さんらしいですが、末端が汗水流して戦っているのに家でのうのうとしているのもいかがなものかとも思いますけどね。末端は日曜日家に居たら幹部からの罵声が飛んできますよ。




そういえば現役時代に支隊長と動いてた時に、車のテレビをつけたらたまたま笑点をやっていて、支隊長が「笑点見たの何十年ぶりだろう」と言っていました。それくらい末端は日曜は頑張ってるんですよ。



比べるのもかなり恐れ多いですが、御法主上人猊下は毎日の丑寅勤行、及び御開扉には特別な出張が無い限りは欠かさず御導師を務められていらっしゃいますが、浅井会長は週1回の日曜勤行すら出なくなってしまったではないですか。



最新の慧妙については幻の総支隊長さんがブログ記事にあげてますので参照してください
http://blog.livedoor.jp/maboroshi7729/archives/37706179.html




さて、本題ですが本来は御授戒を受けないと戒壇の大御本尊様と繋がりません

文証
http://toyoda.tv/jukai.htm


血脈相承の御法主上人猊下の認可を受けた御僧侶の導師の下、三度の誓いを立て、お巻きした御本尊様を頭に乗せられるのが御授戒です。



ニセ本尊の前で方便・自我掲だけ読んで血脈の無い浅井会長の言葉を聞かせられて入信した所でどうやって戒壇の大御本尊様と繋がるんですか?



おかしくないでしょうか?普通に冷静に考えて。



鉄道マニアが「俺は◯◯電鉄の事をよく知っている」と言ったってそのマニアは◯◯電鉄と何の関係も無いですよね?きちんと入社試験を受けて内定を貰って初めてそこで◯◯電鉄と繋がるわけですよ。



日蓮正宗から破門された浅井会長の栞読んだ所でどうやって繋がるんでしょうか?



会員の方には少し冷静になって考えて頂きたいと思います。


※ちょうど同じタイミングでセロリさんのブログと記事が被りましたので合わせて御覧頂ければと思います
http://blog.livedoor.jp/no_sleep502/archives/37708359.html

さすが私の折伏親です(笑)


2019年06月14日

「正義に目覚めて」を拝読して

最近、高齢者の自動車の事故が問題になっています。

怪我をされた方だけでなく、亡くなった方もいらっしゃいますから、これは放置しておける問題ではないという事で国や自治体などで安全装置の補助金を出す所も出てきました。



首都圏のように公共交通機関が充実している所ならともかく、地方においては自動車はなくてはならない生活の道具ですから、簡単に運転するなというのもなかなか無理がある話です。



かくいう私の父も今年で73になるのですが、やはり運転を見ると以前より落ちたなあ、と感じます。


父は自覚があるのか、あまり積極的に運転をしようとしません。元々車が好きで若い頃は自動車整備の仕事をしていた経験もあるのですがそういう車に精通した所があるからこそ、自覚を持っているのかもしれません。



私も運転にかけては素人ではありませんから、車の動きを見ればその人の持っているセンスや危険感受性などを把握する事はできます。



子供の頃から父の運転する車に揺られていましたが、そういった所も踏まえてもやはり高齢になって落ちたのはよく分かります。



ただ私は一緒に住んでいませんので、どうしても父が運転する事もありますので、近々お寺で交通安全祈念をして頂こうと思っています。



この交通安全の御祈念は既に私の仕事、及び自分の車にして頂いています。 



ひねくれた顕正会員であれば「また坊主の金儲けか!」等と言うでしょう。



言っておきますが、これは御僧侶や先輩信徒の方に勧められたものでも何でもありません。自らが自分の意志で願い出てされて頂いたものです。



私は仕事柄、車の運転というのは技術だけで事故を防ぐのは不可能だと自覚しています。



バスの運転手で「俺は事故起こさないから」等と言う人はまずいないでしょう、職業ドライバーだからこそ公道の危険性は普段から感じています。 


だからこそ、御本尊様のお力を頂かないといけないと思っています。


ちなみにこの御祈念は当然ながら御供養の金額は全く決まっていません、しつこいかもしれませんが金額は自分の真心ですから、100円でも100万円でも自由です。この御供養は御僧侶ではなく御本尊様に対する御供養ですから、いつも書いてますが、御僧侶の懐には入りません。



それを勘違いしている顕正会員のあまりにも多い事。



それを踏まえた上で今回の本題である(相変わらず本題に入るまでが長くてすみません・・)最新の顕正新聞(令和元年6月5日号)に載せられたK氏の記事について書きたいと思います。




妙相寺の全国メンバーというのは色々なお寺にお世話になっていますから、情報はすぐ入るものです。
このK氏、平成16年に御授戒を受けたそうですが、初信の功徳で仕事が決まり功績も認められたにも関わらず、7年間一度も登山参詣をしていなかったそうです。



その後、発心し新たに引っ越しを決めて御本尊様を御安置する事になった時、飼っていた猿に御本尊様を傷つけられないように御住職様に注意されていたにも関わらず、なんと猿が御不敬をしてしまったそうです。



なので脳梗塞を患ってしまったのも、もしかするとそういった所から来ているのかもしれません。



そもそも、真面目に信仰し、教学をきちんと学んでいれば顕正会に行く人はまずいません。逆に顕正会から法華講に行く人というのはバリバリ活躍していた活動家がほとんどです。同じ組織の方であれば驚くような人が法華講に行くというパターンが非常に多いのです。



つまり、顕正会というものを知り尽くした上で法華講に行くのです。



今回のK氏は逆ですね、この方を見るに、法華講として純粋な気持ちはあったかもしれませんがいかんせん教学的な部分は足らずと見受けられます。




まず一つ、「法華講では御遺命をはじめ大聖人様の一切御化導など一切聞かされない」等と書いてますが、御講の際は必ず御書を拝読し、御住職様から御説法を頂きます。「そんなはずねえだろ(笑)」というのが法華講員なら誰しもが思う所です。



続いて、おかしな点として、芸能人が御開扉を受ける際に「高額な御開扉料と供養を払う」と書いて、更に僧侶席のすぐ後ろに席が用意されている、等と言っている所ですね。



これもありません(笑)。まず御開扉御供養は2000円でそれ以上もそれ以下もありません。つまり出せないんです。



だから御開扉の席は決められていません、コンサートじゃないんだから(笑)。御開扉の席は早いもの勝ちです。だから真面目な信徒さんは何時間も早く行って並ぶんですよ。 ちなみに平日の人が少ない時の添書登山であればそこまで焦らずとも前の方に座る事ができますからね




それに創価学会じゃあるまいし芸能人だから特別扱い等しませんよ。そもそも芸能人の誰が法華講員なんて、確定してる方は何人かいますけど、あとは噂程度だったり確実な証拠がありませんからね。だからここには書きません。




あと日如上人の御本尊様を本部に納めたそうですが、もうこの時点で法華講で何やってたの?と言わざるをえません。



一般の信徒に下付される御形木御本尊は宗門からお貸し出されたものです。授与ではありませんから自分のものではないんですよ。



貸し出されたものを勝手に顕正会の本部に渡してしまうなどというのは世間的にもおかしいでしょう。




きちんとお寺に返すのが筋です、こんな事も分かっていない時点で法華講員としてどうなのか、という話なんです。つまりそのレベルの信心だったということです。



ちなみにもし顕正会の御形木御本尊が本物だったらそれは宗門のものです、つまり宗門に移った元顕正会員が所持していた顕正会版御本尊が本物だったら返す必要等ないという事です。もし返せというならそれは顕正会で作った本尊である事を認めているという事ですね。



だってTSUTAYAで借りたDVDをTSUTAYAに返すのは当たり前ですよね?TSUTAYAの社員が借りたDVDを回収したら「返せ」というのはおかしいですよね。


しかしまあ、本当に顕正新聞の登壇は本当に信用できないですねえ・・









ファン
検索
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
キッコーマンさんの画像
キッコーマン
元 顕正会男子部
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。