2017年07月25日

統計手法が網羅された本です (Excel で学ぶ統計解析入門)

 今回紹介する本は Excel で学ぶ統計解析入門(菅民雄著/オーム社) です。

Excelで学ぶ統計解析入門 Excel2013/2010対応版

新品価格
¥2,808から
(2017/7/28 14:11時点)


 kindle 版(電子書籍)はこちらです。

Excelで学ぶ統計解析入門 Excel2013/2010対応版


『 Excel で学ぶ統計解析入門』の目次

 本書の構成は次のようになっています。

 第1章 はじめに
 第2章 統計解析の基礎
 第3章 相関分析と回帰分析
 第4章 確率分布
 第5章 推測統計学
 第6章 実験による統計理論の検証
 第7章 Excel の統計解析機能の解説
 第8章 Excel アドインソフトウェア

 第2章には「統計学で用いるデータの種類」、「算術平均」や「幾何平均」といった統計の基礎の基礎が書いてあるので、本書を事典として活用する場合にも、この章だけは全部目を通しておいたほうが良いでしょう。

実用的な統計本です

 本書は「ぱっと見て、ぱっと使える」ように書かれた実用的な統計本です。統計で使用する公式の導出過程は全て省かれていて、「その式をどのような場面で、どのように使うのか」というスタイルで書かれています。ですから、

 統計学の専門知識があるわけではないけれど、仕事でデータ分析しなければならない。でもどのような手法を選択すればよいのかわからない。

という場面ですぐに活用できる本なのです。私自身も Excel のデータベース用ソフトを開発するときに傍らに置いて事典として使っています。

具体例が満載です

 本書は全ての項目に具体的な例が示されています。たとえば

・ある県の醤油ラーメンの平均価格が 600 円よりも高いかどうか?

・〇〇政党の支持率を推定する場合は、何人以上調査すれば信用できるデータが得られるか?

・新製品の広告を出したが、3ヶ月後に認知率が 10 % を超えたかどうか知りたい。

というような実践例が満載です。そして選択すべき統計手法とその手順が丁寧に示されています。本書のこのような例を参考にすれば、自分が所有するデータをどのように分析するべきかわかるはずです。

基礎から学ぶのは大変です!

 統計学を基礎から勉強するのは大変な時間と労力が必要です。そもそも「統計学を学ぶために学ばなくてはならない数学」がたくさんあります(特殊関数などを含めて、大学レベルの微分積分を習得しておく必要があります)。ただ現実問題として、そうした数学的知識が現実のデータ分析に役立つかといえば、かなり微妙なのです。学問としての統計学は、あくまで「数学」であって、たとえば「中心極限定理を厳密に導く」というようなことに主眼が置かれています。もちろん統計データの深い所を読み取るためには、そうした知識があるに越したことはないですが、

 統計学の専門家になるつもりもないし、統計解析のスペシャリストを雇うとお金がかかる。でもビジネスの現場ですぐに役立つデータが欲しい。だから自分で分析できるようになりたい。

という場合には、それだけの時間と労力を割く価値はないと思います(でも現役の理工学部の人は手抜かずに基礎からしっかり勉強してください)。

 学問ではなく 実務としての統計学を習得する のであれば、むしろ「習うより慣れろ」という姿勢で臨んだほうが良いと思います。統計データをぱっと見た瞬間に「ん? このデータは何かおかしいぞ」というような直観力を磨くことのほうが大切です。ぜひ本書を参考にどんどん分析して「使える統計学」を身につけてください。
 
posted by Blog Cat at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 数学書籍
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6535073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Excel VBA 数学教室
数学問題集(解答付き)
こばとの数学基礎講座
下剋上算数
ベクトル解析
サッカーマティクス
Excelで学ぶ統計解析
和算的思考力
学び直し
整数論の理論と演習
大人が手こずる算数
東大生の知恵袋
フーリエ変換
インド式秒算術
Excelで学ぶ微分積分
Excel 数学シミュレーション
オイラーの贈物


ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ