2019年07月12日

千葉公園のはす


うえは曇り空

雨が降りそうな、

降らなそうな

家にこもっていても

しょうがない

どこか出かけるか

片道1時間エリアには

もう行くところがない

多分あるのだろうけど、

ネット検索も飽きてきた

ネットは漠然と見るには飽きないのだけれど、

いざ探し物となると、

意外と見当たらないし、

はぐらかされる

公共物となるとさらに

少ないように感じられる

1時間エリアをちょっと超えた所で

何かないかと探してみれば、

千葉公園と千葉動物公園が当てはまる

動物公園は雨模様時のツーリングで

先週行って来た

合羽を着てのツーリングは

ちょっと楽しかったけれど、

降りて歩いて見れば、

暑かったな〜じめじめと

と言うことで、

千葉公園を目的地とした

決め処は、

ネット情報の中に

何か蓮の花の写真が載っていたから

ツーリングでも車でも、

余り街中を走ったことがないので、

ちょっと窮屈

常にグーグルマップを頼りに行動するが、

田舎道やなかなか車の通らない

細い道に誘導される

さすがに千葉市の中央近くらしいので、

街中を走って行く

今日は車だからいいけれど、

バイクだと

信号で停まったり走ったりが辛い

そして現地に到着となったが、

駐車場が見当たらない

グーグルマップで駐車場を探す

出来れば無料駐車場がいい

公共の公園に来て

有料駐車場だとちょっと冷める

砂利びきの駐車場を探し当て車を停める

公園に徒歩で入ったが

ちょっと地味、この公園

戦没者慰霊碑があり

神社ありで

神社で結婚式をやっていた

門の扉に寄りかかるように

新郎新婦とその家族が

連なるような格好で

記念写真を撮っていた

どうも公園のこちら側は

メインではないようだ

またまたグーグルマップで周囲を確認

左の奥の方にプールやら広場があるようだ

その向こうに池があり、

はすがある


20190710_1518_DSC_0980b.JPG



ピーク時は過ぎているようだけれど、

まだまだ花は咲いていた


20190710_1519_DSC_0981b.JPG


すぐそばをモノレールが通る


20190710_1519_DSC_0982b.JPG


20190710_1519_DSC_0983b.JPG


20190710_1519_DSC_0984b.JPG


20190710_1519_DSC_0985b.JPG


20190710_1520_DSC_0986b.JPG


20190710_1527_DSC_0990b.JPG


20190710_1528_DSC_0991b.JPG


20190710_1528_DSC_0992b.JPG


20190710_1529_DSC_0993b.JPG



後ろに見えるは、蓮華亭

ここは展示資料館でもあるらしい

ここでソフトクリームを食べた

沖縄塩バニラと甘夏味

参考資料を調べていたら、

6月15日(土曜日)から6月23日(日曜日)まで

『大賀ハスまつり』と言うのを

やっていたらしい

まだまだ、

知らないことがいっぱいある

今日は、7月10日


20190710_1529_DSC_0994b.JPG


20190710_1531_DSC_0998b.JPG


20190710_1535_DSC_1001b.JPG


20190710_1536_DSC_1002b.JPG


20190710_1536_DSC_1003b.JPG


20190710_1536_DSC_1004b.JPG


20190710_1538_DSC_1007b.JPG


20190710_1538_DSC_1008b.JPG


20190710_1556_DSC_1011b.JPG


20190710_1556_DSC_1012b.JPG



そろそろ帰えろうと公園内の道を

駐車場に向かって歩いていたら、

目の前でペット犬のウンチングを

見せられた

あぁあ〜、

何て言うかな〜

アンチ犬派になってしまう













※画像をクリックすると拡大表示します








タグ: 公園 はす
posted by kaz at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月29日

アジサイ、二本松寺


今年の梅雨入りは6月7日ごろで、

梅雨明けは7月20日ごろの予定らしい

昨年は異例の明けだったようだが、

今年の明けはどうなんだろうか

なかなか雨が降らない日が続いて

梅雨のことなど忘れていたが、

ある日突然台風らしきものがやって来て、

静かに通り過ぎたと思いきや、

長い雨模様が続きそうである

そんな雨の中、

アジサイを見に二本松寺にやって来た

雨にもかかわらず、・・・

と言う言葉は、

なぜかアジサイには不適当かもしれない

人出も多くここには賑わいがある

ここ二本松寺は、

水戸光圀公とゆかりのある場所でもある

余りの敷地の広さと花の多さで、

感覚が麻痺してしまう

感動は花株が少ない方がいい


20190629_1204_IMG_0985b.JPG


20190629_1204_IMG_0986b.JPG


20190629_1204_IMG_0987b.JPG


20190629_1208_IMG_0989b.JPG


20190629_1208_IMG_0990b.JPG


20190629_1213_IMG_0991b.JPG


20190629_1213_IMG_0993b.JPG


20190629_1215_IMG_0994b.JPG


20190629_1215_IMG_0995b.JPG


20190629_1215_IMG_0996b.JPG


20190629_1215_IMG_0997b.JPG


20190629_1216_IMG_0998b.JPG


20190629_1216_IMG_0999b.JPG


20190629_1217_IMG_1000b.JPG


20190629_1217_IMG_1001b.JPG


20190629_1217_IMG_1002b.JPG


20190629_1218_IMG_1004b.JPG


20190629_1218_IMG_1007b.JPG


20190629_1219_IMG_1009b.JPG


20190629_1220_IMG_1012b.JPG


20190629_1221_IMG_1014b.JPG


20190629_1221_IMG_1015b.JPG


20190629_1221_IMG_1016b.JPG


20190629_1222_IMG_1018b.JPG


20190629_1222_IMG_1019b.JPG


20190629_1223_IMG_1021b.JPG


20190629_1223_IMG_1022b.JPG


20190629_1223_IMG_1023b.JPG


20190629_1223_IMG_1024b.JPG


20190629_1223_IMG_1026b.JPG


20190629_1223_IMG_1028b.JPG


20190629_1223_IMG_1030b.JPG


20190629_1224_IMG_1031b.JPG


20190629_1224_IMG_1034b.JPG


20190629_1225_IMG_1039b.JPG


20190629_1225_IMG_1040b.JPG


20190629_1225_IMG_1041b.JPG


20190629_1225_IMG_1042b.JPG


20190629_1225_IMG_1043b.JPG


20190629_1225_IMG_1044b.JPG


20190629_1225_IMG_1045b.JPG


20190629_1228_IMG_1046b.JPG


20190629_1229_IMG_1048b.JPG


20190629_1229_IMG_1049b.JPG


20190629_1230_IMG_1050b.JPG


20190629_1230_IMG_1051b.JPG


20190629_1230_IMG_1052b.JPG


20190629_1231_IMG_1053b.JPG


20190629_1231_IMG_1054b.JPG


20190629_1231_IMG_1055b.JPG



おや、

こんなところにアマガエル


20190629_1232_IMG_1058b.JPG



ここにも

子供のアマガエル


20190629_1233_IMG_1062b.JPG


20190629_1233_IMG_1065b.JPG



ここは「あじさいの杜」と呼ばれ、

この可愛らしいわらべ地蔵は『杜太郎』


20190629_1234_IMG_1066b.JPG


20190629_1234_IMG_1068b.JPG


20190629_1235_IMG_1071b.JPG


20190629_1235_IMG_1072b.JPG


20190629_1235_IMG_1073b.JPG


20190629_1235_IMG_1074b.JPG


20190629_1236_IMG_1076b.JPG


20190629_1236_IMG_1077b.JPG


20190629_1237_IMG_1078b.JPG


20190629_1237_IMG_1079b.JPG


20190629_1237_IMG_1080b.JPG


20190629_1237_IMG_1081b.JPG


20190629_1237_IMG_1082b.JPG


20190629_1238_IMG_1083b.JPG


20190629_1238_IMG_1084b.JPG


20190629_1238_IMG_1086b.JPG


20190629_1238_IMG_1087b.JPG


20190629_1238_IMG_1088b.JPG


20190629_1239_IMG_1090b.JPG


20190629_1239_IMG_1091b.JPG


20190629_1241_IMG_1098b.JPG


20190629_1246_IMG_1099b.JPG


20190629_1246_IMG_1100b.JPG


20190629_1250_IMG_1102b.JPG


背丈が2mもある百合の花













※画像をクリックすると拡大表示します








タグ: アジサイ
posted by kaz at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月26日

バラ、フラワーパーク


最盛期は既に過ぎてしまったけれど、

色鮮やかに園を彩っていた

ここは、

茨城フラワーパーク

五月の中旬辺りが一番良かったかもしれない

ピークを過ぎているので、

花びらも少し変色してはいるが、

これだけのボリュームは、

圧巻である


20190601_1426_IMG_0970b.JPG


20190601_1426_IMG_0971b.JPG


20190601_1426_IMG_0968b.JPG


20190601_1317_IMG_0800b.JPG


20190601_1317_IMG_0801b.JPG


20190601_1317_IMG_0805b.JPG


20190601_1317_IMG_0806b.JPG


20190601_1318_IMG_0808b.JPG


20190601_1318_IMG_0810b.JPG


20190601_1318_IMG_0811b.JPG


20190601_1320_IMG_0812b.JPG


20190601_1320_IMG_0813b.JPG


20190601_1320_IMG_0814b.JPG


20190601_1321_IMG_0815b.JPG


20190601_1321_IMG_0816b.JPG


20190601_1321_IMG_0817b.JPG


20190601_1321_IMG_0818b.JPG


20190601_1321_IMG_0819b.JPG


20190601_1321_IMG_0820b.JPG


20190601_1322_IMG_0821b.JPG


20190601_1322_IMG_0822b.JPG


20190601_1323_IMG_0824b.JPG


20190601_1323_IMG_0825b.JPG


20190601_1324_IMG_0829b.JPG


20190601_1325_IMG_0830b.JPG


20190601_1325_IMG_0832b.JPG


20190601_1326_IMG_0835b.JPG


20190601_1327_IMG_0837b.JPG


20190601_1327_IMG_0838b.JPG


20190601_1331_IMG_0842b.JPG


20190601_1332_IMG_0844b.JPG


20190601_1332_IMG_0846b.JPG


20190601_1332_IMG_0847b.JPG


20190601_1333_IMG_0849b.JPG


20190601_1333_IMG_0852b.JPG


20190601_1333_IMG_0853b.JPG


20190601_1333_IMG_0854b.JPG


20190601_1333_IMG_0855b.JPG


20190601_1334_IMG_0859b.JPG


20190601_1334_IMG_0861b.JPG


20190601_1334_IMG_0862b.JPG


20190601_1337_IMG_0863b.JPG


20190601_1337_IMG_0865b.JPG


20190601_1337_IMG_0867b.JPG


20190601_1338_IMG_0868b.JPG


20190601_1338_IMG_0869b.JPG


20190601_1340_IMG_0873b.JPG


20190601_1340_IMG_0875b.JPG


20190601_1340_IMG_0878b.JPG


20190601_1341_IMG_0879b.JPG


20190601_1343_IMG_0884b.JPG


20190601_1344_IMG_0890b.JPG


20190601_1344_IMG_0893b.JPG


20190601_1346_IMG_0894b.JPG


20190601_1346_IMG_0896b.JPG


20190601_1346_IMG_0898b.JPG


20190601_1353_IMG_0899b.JPG


20190601_1353_IMG_0900b.JPG


20190601_1353_IMG_0902b.JPG


20190601_1353_IMG_0904b.JPG


20190601_1354_IMG_0905b.JPG


20190601_1358_IMG_0907b.JPG


20190601_1358_IMG_0908b.JPG



バラの花びらの中に虫がいた

よく見ると虫の背中も赤である


20190601_1358_IMG_0910b.JPG


20190601_1359_IMG_0914b.JPG


20190601_1359_IMG_0916b.JPG


20190601_1400_IMG_0919b.JPG


20190601_1400_IMG_0921b.JPG


20190601_1401_IMG_0924b.JPG


20190601_1401_IMG_0927b.JPG


20190601_1401_IMG_0928b.JPG


20190601_1401_IMG_0930b.JPG


20190601_1401_IMG_0931b.JPG


20190601_1402_IMG_0933b.JPG


20190601_1402_IMG_0934b.JPG


20190601_1402_IMG_0936b.JPG


20190601_1414_IMG_0938b.JPG


20190601_1414_IMG_0939b.JPG


20190601_1414_IMG_0942b.JPG


20190601_1417_IMG_0945b.JPG


20190601_1417_IMG_0947b.JPG


20190601_1418_IMG_0949b.JPG


20190601_1418_IMG_0950b.JPG


20190601_1418_IMG_0951b.JPG


20190601_1418_IMG_0952b.JPG


20190601_1418_IMG_0953b.JPG


20190601_1418_IMG_0954b.JPG


20190601_1418_IMG_0955b.JPG


20190601_1418_IMG_0957b.JPG


20190601_1418_IMG_0959b.JPG


20190601_1419_IMG_0961b.JPG


20190601_1419_IMG_0962b.JPG


20190601_1419_IMG_0964b.JPG


20190601_1419_IMG_0966b.JPG


20190601_1419_IMG_0967b.JPG


20190601_1427_IMG_0973b.JPG


20190601_1427_IMG_0976b.JPG













※画像をクリックすると拡大表示します








タグ: バラ
posted by kaz at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月12日

庭に咲く花、バラ and more


庭に咲く花

春は咲く花の種類が

他の季節より多い

しかし、

花の命は短くて

花瓶に生けても、

すぐ枯れてしまう

切り花用のロングライフ液を使っても、

枯れる

なぜだろうと考えたが、

庭に咲く花の命も、

そんなに長くはなかった

切り花には

切り花用の種類があるのだ

庭の花も一斉に咲くのではなく、

ぽつぽつと咲いていく

一斉に咲いてくれればきれいなものを、

人の望みとは裏腹に、

花は咲いてゆく


20190520_1557_IMG_0727b.JPG


20190520_1557_IMG_0728b.JPG


20190520_1558_IMG_0731b.JPG



絞りとシャッタースピードを変えて

撮って見たが、

カメラのモニター画面が小さくて、

ピントも色合いも分からない

一度合わせればすべて良し、

ではないので

マニュアルでの撮影は大変だ

しかし、

オートでは妙につまらない画なので、

四苦八苦しながら

絞りを決めてシャッターを押す


20190520_1558_IMG_0732b.JPG


20190520_1559_IMG_0735b.JPG


20190520_1602_IMG_0747b.JPG


20190520_1602_IMG_0751b.JPG


20190520_1603_IMG_0756b.JPG


20190520_1603_IMG_0763b.JPG


これは、さつき


20190520_1603_IMG_0764b.JPG



これは、シャリンバイ

名前が解らなかったので

木の札をつるそうと

板まで買って来たのだが、

名前は憶えてしまった

名札はどうしようか


20190520_1604_IMG_0767b.JPG


20190520_1605_IMG_0772b.JPG


20190520_1605_IMG_0776b.JPG


これは、つばき


20190520_1606_IMG_0780b.JPG


20190520_1607_IMG_0784b.JPG


20190520_1611_IMG_0797b.JPG



これは、カランディーバ

娘が母の日に買ってくれたもの


20190520_1612_IMG_0799b.JPG













※画像をクリックすると拡大表示します








タグ:
posted by kaz at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月05日

庭に咲く花、センジュギク、たんぽぽなど


時の経つのは早い

のろのろしていると、

春はすぐ過ぎてしまう

旬を過ぎた写真は、

色褪せた青春のように



鉢植えのセンジュギク

花の名前は多く、

同じ仲間でもいろいろな花がある

千寿菊もマリーゴルドと言う名を持つ

いろいろな種類があるので、

どれに属するのかの

判別が難しい

学者ではないので、

全部マリーゴルドにしようか

もうじきアジサイの咲く頃だけど、

アジサイにも沢山の種類がある

アジサイいっぽんでは

寂しいかもしれない


20190425_918_IMG_0104b.JPG


20190425_919_IMG_0108b.JPG



たんぽぽ、カタバミも咲いている

雑草として抜いてしまう時もあるが、

花が咲いてみると、

残しておいてよかったと、

しみじみ思う


20190425_919_IMG_0114b.JPG


20190425_921_IMG_0117b.JPG


20190425_933_IMG_0166b.JPG


20190503_1122_IMG_0426b.JPG


20190503_1129_IMG_0447b.JPG


20190503_1130_IMG_0449b.JPG


20190503_1130_IMG_0450b.JPG













※画像をクリックすると拡大表示します








タグ:
posted by kaz at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月23日

庭に咲く花、ブルーベリー


春が来て、

見慣れた花が咲き乱れる



今日はブルーベリー

苗を買って来た時は、

ただ庭に植えただけで

あの頃はただ、

地面に植えさえすれば

勝手に育つものだと信じてた

しかし背丈は伸びず、

実も付きやしない

何だこの苗は失敗作か

その当時はそう思っていた

だから買って来たものの、

興味も何もわかなかった

しかし、

職を変え新たな仲間も増え、

野菜に詳しい友もできた

いろいろ話を聞いているうちに、

育てるのはそんなに単純ではないことが解かった

あれから

ブルーベリーはすくすく育ち、

収穫することもできる

花は小さく

そして可愛い〜


20190423_1621_IMG_9983b.JPG


20190423_1621_IMG_9984b.JPG


20190425_911_IMG_0081b.JPG


20190425_913_IMG_0083b.JPG


20190425_914_IMG_0084b.JPG


20190425_914_IMG_0085b.JPG


20190425_915_IMG_0086b.JPG


20190425_915_IMG_0088b.JPG


20190425_915_IMG_0089b.JPG


20190425_916_IMG_0091b.JPG


20190425_916_IMG_0093b.JPG


20190425_916_IMG_0095b.JPG


20190425_916_IMG_0096b.JPG


20190425_917_IMG_0097b.JPG


20190425_917_IMG_0102b.JPG


20190425_930_IMG_0144b.JPG


20190425_930_IMG_0145b.JPG


20190425_931_IMG_0149b.JPG


20190425_931_IMG_0152b.JPG


20190425_932_IMG_0160b.JPG



今一、

ピントが合ってない

オートでやっても、

マニュアルで合わせても

うまくいかない

あんな小さなファインダーから

合った、合わないは至難の業

ピント合わせのフォーカスリングも

動きはゆるいアナログ感

後は、

自分の

感性しだい?














※画像をクリックすると拡大表示します







posted by kaz at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月16日

庭に咲く花、オオツルボ


春が来て、

見慣れた花が咲き乱れる

いや、

いつもと同じように、

静かに庭に咲き始める

一斉にとはいかず、

シャッターを押しずらい

咲き方をする

群生するのも見事だが、

狭い庭では

個人主張の方が趣がある

この株は友達からもらったもので、

名前は忘れた

聞いてもすぐ忘れる

覚えているものにはある法則がある

多分、

しかし面倒くさいので

法則の根を考えたこともない

生死に関わることでもなく、

細かいことを気にしても、

たいしたことではない

草や花や木には沢山の名前がある

気になって仕方がないのだが、

探しようがなかった

草花図鑑を買っても、

目的を達成できたことがない

ちょっと前のことであるが、

グーグルで画像検索をしたことがある

探しずらいし的確な答えも得られない

写真は携帯で撮るが、

携帯から検索するのは至難の業である

そんな時、

ある便利なツールがあると聞いた

その時はふーんと聞き流したが、

いざ使おうかとした時に

そのツールの名前を忘れた

庭に出るたび、

この花は何と言う名の花なんだろうか、

この草には毒がある?

しかし調べるすべもなく

花に名前を問いかける毎日であった

そんな時、

ネットの記事である名前が載っていた

そうだ、

探していたのはこのツールだ

それは、

グーグルレンズ

今はグーグルのAIを駆使して進化している

そして、結構な確率で探してくれるらしい

この花もこのレンズで名前を当てた

便利な世の中になったものだ

花の名前は、オオツルボ (大蔓穂)

花言葉は、変わらない愛、隠れた価値、

冷静、さびしさ、しんぼう強さ、多感な心、

不変、哀れ、恋の呼びかけなど

原産地は、ヨーロッパ、アフリカ、アジア

属名はギリシャ語で「害になる」という意味があり、

地下茎部分が有毒だそうだ

そうか、

毒があるのか


20190423_1628_IMG_0023b.JPG


20190423_1629_IMG_0028b.JPG


20190423_1630_IMG_0031b.JPG


20190425_935_IMG_0172b.JPG


20190425_935_IMG_0177b.JPG


20190503_1119_IMG_0415b.JPG


20190503_1119_IMG_0416b.JPG


20190503_1121_IMG_0422b.JPG


20190503_1121_IMG_0423b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します







タグ:
posted by kaz at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月14日

庭に咲く、つつじ


また、

春がくる

庭にはそれぞれの春の花が

咲き始める

ある年から、

植物に興味が出てきて、

庭で野菜作りを始めた

失敗やら何やらを沢山繰り返し、

少しばかりの知識も得た

無知では先に進めないことも知った

何事も一緒なのだ

そしてその中の一つが、

植物にはアルカリ土壌を好むものもあるが、

散水する水は弱酸性が良いと言うこと

ちょっと矛盾であるが、

世の中そんな簡単な法則では動いていない

弱酸性水を散水すると、

黄色っぽくなっていた葉も、

青々としてきたし病気にもなりにくくなった

植物は元気である

庭は青々としている

しかし、植物は一色端ではなく、

それぞれに好みがあり、

適した肥料、適した水を与えることにより

我が家の庭は緑豊かな癒しの場所となる

さて、

我が家のつつじ

公園や生垣のつつじは

あふれんばかりの花びらでおおわれているが、

うちのつつじは剪定もしてないので、

ごく自然に

咲き誇っている

花の命は短くて、

数日で散ってしまうことだろう

人は一時の花びらに喜びを感じ

短さにはかなさを思うが、

花は自身にとっては、

単なる生命のサイクルの

一部なのだ


20190423_1618_IMG_9976b.JPG


20190423_1619_IMG_9978b.JPG


20190423_1619_IMG_9979b.JPG


20190423_1620_IMG_9980b.JPG


20190423_1620_IMG_9982b.JPG


20190423_1623_IMG_9994b.JPG


20190423_1624_IMG_9996b.JPG


20190423_1624_IMG_9998b.JPG


20190425_923_IMG_0124b.JPG


20190425_924_IMG_0126b.JPG


20190425_924_IMG_0127b.JPG


20190425_925_IMG_0128b.JPG


20190425_926_IMG_0131b.JPG


20190425_926_IMG_0133b.JPG


20190425_926_IMG_0137b.JPG


20190425_927_IMG_0139b.JPG


20190425_927_IMG_0141b.JPG


20190503_1114_IMG_0399b.JPG


20190503_1116_IMG_0404b.JPG


20190503_1116_IMG_0405b.JPG


20190503_1116_IMG_0407b.JPG


20190503_1117_IMG_0410b.JPG


20190503_1117_IMG_0411b.JPG


20190503_1118_IMG_0413b.JPG


20190503_1123_IMG_0428b.JPG


20190503_1124_IMG_0430b.JPG


20190503_1125_IMG_0431b.JPG


20190503_1126_IMG_0434b.JPG


20190503_1126_IMG_0436b.JPG


20190503_1127_IMG_0438b.JPG


20190503_1128_IMG_0441b.JPG


20190503_1128_IMG_0442b.JPG


20190503_1128_IMG_0443b.JPG


20190503_1129_IMG_0444b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します







タグ:つつじ 春花
posted by kaz at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月02日

ふじ


教会に出掛ける

帰りの車に乗った時、

ふと、

ふじの事を思い出す

そう言えば見に行ったのは、

だいぶ前のこと

雨が降りそうな模様だが、

車を駐車して歩きだす

少し歩くと入口が見える

おや、

だいぶ様相が変わってる

昔の方が風情があったような気が

花は、

満開

私を待っていたのか

ふじよ



場所は、

銚子、妙福寺


20190501_1033_DSC_0739b.JPG




20190501_1035_DSC_0740b.JPG


20190501_1035_DSC_0741b.JPG


20190501_1035_DSC_0742b.JPG


20190501_1040_DSC_0746b.JPG


20190501_1043_DSC_0747b.JPG


20190501_1044_DSC_0752b.JPG


20190501_1047_DSC_0757b.JPG


20190501_1048_DSC_0763b.JPG


20190501_1050_DSC_0766b.JPG


20190501_1051_DSC_0768b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します







タグ: ふじ
posted by kaz at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年04月15日

桜、房総のむら


桜、

毎年、

見頃を逃しているような気がする

今年はちょっと遅いかもしれない

先週はちょうどバイクをメンテしていて、

オルタネータのカバーを外したはいいが、

組み立てにミスってオイルが噴出し、

桜どころではなかった



葉桜なんぞを眺めながら、

車を走らせ

「何てこったい」と、

頭の中でつぶやく

市街を抜けて雑木林道に入り込むと、

薄いピンクの花びらがちらほら見えてくる

むむ、

まだ咲いているかもしれない

今年も姉と一緒だが、

足腰が弱っているため

歩き回ることはせず、

広場へと直行する

おおぉ、

見頃ではないか

地面には

花びらのじゅうたんがひかれている

風もなく、

今日は快晴である

青い空に淡いピングが生えている

穏やかで温かい日差しを浴び、

のんびりと桜の花を愛でることにしよう



IMG_9937b.JPG


IMG_9938b.JPG


IMG_9939b.JPG


IMG_9940b.JPG


IMG_9948b.JPG


IMG_9949b.JPG


IMG_9950b.JPG


IMG_9951b.JPG


IMG_9952b.JPG


IMG_9953b.JPG


IMG_9954b.JPG


IMG_9955b.JPG


IMG_9956b.JPG


IMG_9957b.JPG


IMG_9958b.JPG


IMG_9961b.JPG


IMG_9962b.JPG


IMG_9964b.JPG


IMG_9968b.JPG


IMG_9969b.JPG


IMG_9970b.JPG


IMG_9971b.JPG


IMG_9972b.JPG



去年はいつ桜を見に来たのだろうか

どこに行ったのかも思い出せず、

パソコンの写真のフォルダーを見てみたら、

3月31日に行っていた

それも房総のむらへ

最初は記録で確かめようとしたが、

去年の手帳は何処へ、

スマホのカレンダーにも登録されておらず、

グーグルマップのタイムラインで探してみたが、

見逃した

このタイムラインも考えてみたら恐ろしい

自分の行動がすべてグーグルに把握されている

最近では、

アマゾンのアレクサの会話が全てサーバーに記録されており、

その会話を従業員たちが聞ける状態にあると言う

この会話の録音は精度を高めるために必要なこと、

とは言っているが、

それじゃグーグルの記録も地図精度を上げるため?

ファーエイも同じような理由ってこと?

そう言う話は他にもいくらでもある

漢字変換のSHIMEJIとか、

IBMが中国に売却したレノボとか、

便利なもの、無料なもの、

優良なものにもリスクはついてくる

おやおや、

花見から話が脱線してしまった

いつもの下向き目線から

空に向かって見上げてみると、

青空の中にある桜の花びらが目に飛び込んでくる

その時、

身体が少し軽くなったような気がした














※画像をクリックすると拡大表示します







posted by kaz at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) |
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール