UA-74329124-1
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
日別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
dosanko club whis us since 2015

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年12月19日

函館記念公演

GLAY函館記念公演
「1日乗車券販売中」


さて来たる2020年 1月10日~11日と二日間
函館出身のロックバンド「GLAY」「函館アリーナ(湯川−1)」でライブを行う記念として

函館バスと市交通部が「1日乗車券」乗り放題
GLAYの写真付きを20日発売
されます。

販売枚数は3千枚、1枚1000円
来年1月11日まで販売。


市交通部では同じ絵柄を1万枚、1枚600円で市電1日乗り放題も同時に発売します。
興味のある方は是非、お買い求めください。
お買い求めは、函館バス函館営業所(高盛町)、函館駅前発売所(若松町)
市駒場乗車券販売所で購入できます。

共通1日乗車券の問い合わせは、
函館バスп@0138−51−3137
市電1日乗車券 市企業局交通部п@0138−52−1273まで
(おかけ間違えのないようお願いします)

さて今年も残り僅かになり、函館のイルミネーションファンタジーも
大盛況の様です。
クリスマスムードも盛り上がってきましたねスパーク2(キラリマーク)
北海道旅行される方も、在住の方も
北海道は一段と冷え込みが強くなってきますので
風邪などひかぬよう厚着をしっかりして過ごしましょう。

北海道旅行はエアトリで




_KMA8083_2016.jpg



最後までご覧頂き有難うございます。

2019年12月11日

星の街* 陸別町スパーク2(キラリマーク)

銀河の森展望台 
ふたご座流星群観望会 開催スパーク2(キラリマーク)


さて12月も中旬に入り今年もあとわずか・
北海道では根雪の状況に入り、全域雪化粧にまとった街並みで、夜半すぎるとすでに
氷点下な世界と言う季節なりました。

さて今週末12月13日(金)〜12月14日(土)
空が完全に暗くなる17時過ぎ〜より
この時期活動のピークを迎える「ふたご座流星群」を観察しようと言うイベントが
北海道「陸別町」にある「りくべつ宇宙地球科学館」で行われます。

もっとも「ふたご座流星群」の流れ星が多くみられるピーク日は、
12月15日午前4時頃(1時間に約20個)
となる模様、その前後の夜にも、流れ星は多いと言われていますので
お近くの方、観光スポットとしても評判が良いので、
是非お出かけになってみてはいかがでしょうか。


  • 開催日時 2019年12月13日(金)〜14日(土)空が完全に暗くなる時間 17:30〜
  • ふたご座流星群についての説明会 19:30〜
  • 料金 参加無料スパーク2(キラリマーク)別途入館料が必要です

  • 昼間:大人300円 子ども200円

  • 夜間:大人500円 子ども300円 小学生未満無料となっております


*寒い時期ですので、防寒着やカイロ、毛布などを用意して完全防備で お出かけください。

お問い合わせは
陸別町 陸別宇宙地球科学館(銀河の森天文台)
〒 089−4308 北海道足寄郡陸別町遠別
✆0156278100(おかけ間違えのない様おねがいします)


銀河の森天文台

北海道旅行はエアトリで行こう


Screenshot_2019-12-11 TerraFly Geo Databases.png




最後までご覧頂き有難うございます。

2019年12月07日

北海道産の果物

「旭川フルーツフォーラム」開催!


さて前回北海道で「マンゴー」の生産をしているという事を
お伝えしましたが、北海道では「りんご」の生産も盛んにおこなわれています。
今月週末、7日~8日、2日間かけて「旭川道の駅(旭川神楽4−6)」にて多彩な旭川のリンゴを
是非皆様に知っていただき、果樹産地「旭川」のPRもかねて
「旭川フルーツフォーラム」を開催します。

大玉「おいらせ」小玉では「アルプス乙女」黄色の「とき」など
旭川産のりんご26種をご紹介展示、農作業などもご紹介する予定です。
フォーラムは2011年から始まり、2年ぶりという事ですので
お近くの方は是非旭川産の、芳醇でバラエティあふれるリンゴを、手に取って頂きたいと思います。
旭川産のリンゴ栽培は、1893年(明治26年)から始まり、
今現在7戸が今も現役で生産されているそうですが、
実は北海道はリンゴだけではなく、他の果物栽培でも古くから生産されているのですが
意外と知られてはいません。
機会があればまたご紹介できればと思います。
それでは良い週末をお過ごしください。


北海道旅行はエアトリで行こうスパーク2(キラリマーク)



IMG_20191122_050914(1).jpg




2019年12月05日

家畜ふん尿を利用する臭いお話

十勝管内・鹿追町でマンゴーの出荷
出来上々でピークを迎える


徐々に寒さが益々厳しい北海道ですが、エネルギーを利用すればこんなこともできるんですよと
言わんばかりに頼もしい話題を一つご紹介します。

今十勝管内の「鹿追町」では「バイオマスプラント」を利用して育てた「マンゴー」
出荷がピークを迎えていると言う事です。
マンゴーといえば、暖かい南国の食べ物・フルーツといったイメージで
実際日本でもみるフルーツと言えば、確かに海外から入ってくる果物が殆どかと思います。
今現代では日本各地で果物が栽培・収穫できるようになり、大変うれしい限り。

道産子なら「鹿追町」といえば大体の人は聞いたことも場所くらいわかるでしょと思いきや
聞いたことはあっても、どの辺にあるのか知らない人もいるかもしれません。
北海道の町名は漢語で書かれると読めない人も実際多くいらっしゃいますが
道産子は大体読める人多いです?
名前の由来もほとんどが「アイヌ語」から来ています。

まず細かい事は省きますが「鹿追町」の由来はそのままの意味のようです。
酪農・乳製品・馬鈴薯・然別湖・大雪山国立公園・しかりべつコタン・連続ドラマで「なつぞら」で
話題になりました画家、神田日勝記念美術館などが有名な「鹿追町」

話しを戻しますと
町では、「バイオマス発電プラント」という再生利用可能エネルギー施設(町環境保全センター)
でにて、(簡単に言いますと、家畜のふん尿、生ごみを分解してでるガスを製造・収集する施設)
そのガスエネルギーを再生利用、室温25℃以上のハウスでマンゴーを育てている
そうなのです。

約5年前ほどまえから鹿追の街「特産品」として作り始めたそうなのですが
今年は約32株、550個ほどの出荷を見込んでいるそうです。
これで、北海道の特産品がまた一つ増えるのかと思うと大変うれしい限りで、
徐々に生産数も増えていくのではないでしょうか。
北海道で出来た「マンゴー」はどんな味なのか早く食べてみたい
そんなホットな道産子ニュースでした。
ではまた。








Screenshot_2019-12-05 鹿追マンゴー 出来上々 ハウスで収穫ピーク:北海道新聞 どうしん電子版.png
Screenshot_2019-12-05 P1-4F ai - bioplant-hyoushi pdf.png



最後までご覧頂き有難うございます。


posted by tomiy at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 逸品グルメ
プロフィール
tomiyさんの画像
tomiy
初めまして、北海道生まれの道産子です 北海道の魅力を多くの方に 知ってもらい 自然の雄大さ、北海道独特のユーモア溢れる生活感などを 語っています。 北海道の事で何か知りたい事などございましたら、御遠慮なくお聞きかせください。
プロフィール
リンク集
おすすめ記事載せてみました
  1. 1. 道産子が選ぶ御土産 7品目 
  2. 2. 堂々の1位 またやらかしたべさ北海道です
  3. 3. 道産子が選ぶ御土産 まとめました
  4. 4. 住みたい街ランキングで、毎年1位の街は?
  5. 5. 函館の魅力・街の散歩編 
  6. 6. 懐かし思い出をぽろりと
  7. 7. 大樹町 AEROSPACEで本日
  8. 8. no img 北海道の”生産量全国第一位”の野菜
  9. 9. 北海道の得産物と言えば?
QRコード
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。