記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月24日

ある意味天才的な・・・ 〜NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)〜

昨日明らかにした、英国の国民投票に関連した筆者の売買計画

「NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)」の買い。

本日の終値は「36,000」(+5,100、+16.50%)。
日中は高値「37,350」まで買われる場面があった。
筆者の買値は、一昨日に買っていたので昨日よりはちょっと高い「31,150」

さてタイトルにある「天才的」とは何を示すのか?

・英国のイベントなのに英ポンド(GBP)ではなく日本の株式に連動する商品を選択したこと
→否!

・離脱か残留かの予想に賭けるのではなく値動きの大きさに賭けたこと
→否!

・ポンド売りだったら早朝までの上昇でストップオーダーに引っ掛かっていたかもしれないのに、そんな心配のいらないボラティリティ・ロングを採用したこと
→否!

・普通ならオプションを使うのに、それよりも使いやすい商品を選んだこと
→否!

すべて違う。そんなありきたりのことで「天才」という言葉は使わない。


筆者のブログを読んでくれている勘の鋭い人はすぐにピンときたことだろう。

そう、筆者はこのトレードで利益を出していないのだ!
それどころか損失に終わらせてしまったのである!(笑)

前回のモブキャストもそうだったが、頭で考えていたことがほぼ実現したにもかかわらず、そこから利益を出すことができていない。

「知行合一」ならぬ「知行不合一」。

まさにこの点が「天才的」だと我ながら感心してしまう。

もうホント笑うしかない。\(^o^)/


どうしてそんなことができるのか?

自分でも不思議なのだが、開票結果が出ていないにもかかわらず、「残留決定」と勝手に思いこんでしまっていたのである。前日夜からのポンドの上昇を見て、なぜだかわからないがゲームセットと決めてしまったのだ。

アメリカの株価も上がって終わり、CMEの日経平均も上昇。そこそこの上昇率なのでボラティリティもある程度キープして逃げれるかな、と既に退却計画をたてていた。

取引が始まる前にポンドの急落と日本円(JPY)の上昇が始まった時も、「残留=ポンド買いが織り込まれたので、後は反動の下げ」かなどと思い、せっかくの株価上昇が円高で打ち消されて値動きが相殺となり寄付きは安くなってしまうことを心配していた。

今思えばこの時のポンド売りはリスク・リターンからいっても仕掛けるべき上等のエントリーポイントだったようだ。「残留」を織り込んでのポンド上昇。ここから「さらに」買われる理由はあまりない。実際天井形成場面をチャートで形成しているのをリアルタイムで見ていたのだが、頭は為替よりも現実のポジションの撤退しか頭になかった。


そして寄付きが始まる。

「NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)」は出来高の少ない銘柄だ。その割にまとまった成行の売り物が出ている。株価があまり動きそうにないので、筆者と同じく撤退する人かもしれない。

出来高が少ないのに成行で売ってしまうとかなり割安を売り叩くことになりかねないので寄付きで仕切るのは避けた。

寄付きは「29,440」。その後「29,310」の安値をつけた時は一瞬「しまった!」とも思ったが、「29,600」に戻って来た時ヤレヤレと指値で手仕舞った。

その時は「成長したな」と自分をホメてあげた。(笑)


その後である。為替の第二波、第三波によって株価が破壊され始めたのは。

遅いよ〜! 今さら動くなんて!

いや筆者が早過ぎるだけなのだろう。

途中の「32,000」でも(逃げるには)十分と思っていたのに、まさか「37,350」まで買われるとはね。「離脱」「残留」の予想に賭けず値動きの大きさに賭ける。まさに頭で思い描いていたとおりの展開だ!(笑)

2035-20160624.png


夢を見た。
為替の夢を。

上がっていたポンドが急落を始めた。
今まで保ち合ってきたレンジ(今月中旬からの戻り)を突き抜けて下がっていく。

おいおいどこまで下がるんだ。いくらなんでも下げ過ぎだよ。ポンドドル(GBP/USD)で下値目処の「1.3000」も抜けてるよ!

チャートはグングン下げていく。

下げすぎて「マイナス」になったところでこれは「夢」だと気づいた。(笑)
※為替は交換レートなのでどんなにがんばってもマイナスにはならない。

ホントに見たんだよね。この夢。
夢に生きる男だったら良かったのに。(笑)


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月23日

英国国民投票の行方

今為替(FX)の世界では英ポンド(GBP)が熱い!

英国のEU残留か離脱かをめぐる国民投票の結果次第で大波乱が予想されそうだからだ。ポンドだけでなくもちろんユーロ(EUR)もそうだし、資金の還流の絡みで米ドル(USD)や本命の日本円(JPY)などメジャーな通貨はどれも対象となりそうだ。

FX会社もスプレッドの拡大やロスカットの危険性など、顧客への注意喚起も半端ではない。スイスショックの時と違って今回は予めスケジュールがわかっているのだから対応もしやすいのだろう。それでもやらかす客はいつの世でもいるに違いないが。
※ちなみに筆者のプロフィール画像はスイスショックの時のユーロスイス(EUR/CHF)の日足チャートです。

最近ほとんど為替にノータッチの筆者。株の方も決してこの動きと無縁ではないが、国内の個別株と為替そのものでは影響の度合いが違う。

かと言ってよくわからない状態で仕掛けても仕方ない。結果がどうなるかはまったく根拠の無い予想しかできないのだから、それで相場を張るのはただのギャンブルだろう。

ここに来て不気味にポンドが上昇をしている。一部には一般の日本人によるポンド円(GBP/JPY)の値ごろ買いが大量に入っているとの報道もあるが、はたして本当にそれだけなのだろうか?

なんかイヤーな予感がするんだよね、ここで売ると。

期待利益と損失限度を比較してリスク・リターン比がいいので仕掛けるという考えもあるようだが、そもそも期待値を考える上での頻度がこれ1回こっきりのイベントにその考えを当てはめてもいいのだろうか?

正確なことはわからないが、少なくとも筆者自身がわかってないことに手を出すのは良くない。なので今回為替を仕掛けるのはNGだ。


では何もしないのかというと、さすがに相場を仕事にしていてそれは寂しい。分かることに手を出せばいい。

それは何かと言うと・・・。

「日経VI」

日経平均オプションのインプライド・ボラティリティに連動する商品である。今回仕掛けたのは出来高の少ない先物の方ではなくETNの方である。
※ETNの出来高もそんなにはない。ただ先物よりはまだましな方。(笑)


筆者はオプションのボラティリティは基本高くなった所の売りしか考えていない方なので、この商品は信用売りができないため使えないなと思っていた。

今回も日経平均の急落がありちょこっとインプライド・ボラティリティが上がってきたので売れないかなといろいろ探していたらこの商品を見つけた。

当初はボラティリティ・ショートの相場観だったのだが(というよりもただの噴き値売り)、よく考えたらこれって国民投票イベントにも使えることに気づいた。

今回の結果は為替市場のみならず、株式・債券等あらゆる金融市場に影響が及ぶと考えられている。結果が離脱の方が大きく動くと予想されているが、残留でもそこそこ動きそうではある。

そうした場合、デルタが上か下かで相場を張るのではなく、単にカッパ(ベガ)が上がる方に賭けた方がいいのではないだろうか?

幸い先日の日経平均の急落は15,000円付近のサポートラインに支持されたこともあって足元の値動きは小さくなっており、その影響を受けて「NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)」も直近高値から値を消している。

最初はここの下落を取りたかったのだが、今ではちょうどいい押し目を形成しているように見える。我ながら都合のいいチャートの見方をしている。(笑)

押し目買いや戻り売りが基本的には苦手な筆者だが、今回はチャートを見なくていいので気が楽だ。大きく動けばそれで良し。動かなかったらさっさと損切りしてしまえばいい。値段は関係ない。

直近の上昇もそんなに大したことなかったので、ボラティリティ自体がメチャクチャ高い水準でない。なので今回はボラティリティの上昇速度よりも下降速度の方が比較的ゆっくりしてると思われるので、そこに優位性があるのではないかと勝手に思っている。

個別株→株価指数→オプション→ボラティリティ・インデックス→先物→ETNと、派生に派生を重ねているこの商品。厳密に計算すると割高なのかもしれない。しかし、ETNの価格からは実際の水準から割高なのか割安なのかまったくわからないというものも困ったもんである。もう少し何とかならないのかな。

※このETNは仕組み上次第に減価する宿命になっている商品なので、長期保有にはまったく適していません。絶対に持ち続けないようにご注意を!


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月22日

目先天井になっちゃったね 〜モブキャスト(3664)〜

モブキャストはストップ安の「745円」まで売られた。

3664-20160622.png

昨日書いた天井打ちのシナリオが現実となってしまったようだ。

できれば今日は参戦したかったのだが、明確な参入計画がなかったために見送ってしまった。

昨日のようなストップ高の高値を背にして売るのは、明確な高値なので損切りオーダーを置くのに苦では無いのだが、一度落ちた戻りを売るのはどうも苦手だ。心理的に抵抗感があるのだ。そこを抜いてもまだ上値の目処があるから。

困ったもんだ。せっかくのシナリオも実行に移して利益に結び付けないと意味が無い。

今日の安値を抜いた時に売り参入も考えたのだが(在庫はあった)、寄付き安値から上がってきたのが妙にイヤらしく感じてしまいここも見逃してしまった。後から冷静に考えると真空地帯に突入したのだから、かなりリスクは低かったように思える。

結局寄付きからの上昇が買い方の最後のあがきだったようだ。やはり昨日の2,000万株の出来高はダテじゃなかった。踏むべき人はあらかた踏んだようだ。

さて今後はどうなるか?

そんなことはわかりません。目先天井になったのは現実だけれども、これが本当の大天井になるかどうかはこれからの参加者次第。上の大出来高、下にもまだ売りのしこりは残っているので、上と下両方に閂が掛かったような感じなので、当面往来を続ける可能性もある。ただ値幅は大きそうだけど。

まあいい勉強になったかな。

ありがとう、モブキャスト!


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


PTS取引の弱点

最近引き合いに出すことが多いPTS取引。筆者がよく理解していなかった部分があった。

実はPTS取引は現物株の注文しか出せなかったのだ。つまり信用取引は「できない」ということになる。新規注文だけでなく決済の注文もできない。

既に利用している人は先刻ご承知のことと思うが、初めてPTS取引の板画面を見た人でも勘の鋭い人は気づいていたかもしれない。板の下に注文ボタンがあるのだが、「現物買」と「現物売」の二つしか無いのだから。
※取引所の板画面の下には「信用買」と「信用売」のボタンもある。

3664-20160621OPEN.png

というわけで、先日紹介した「筆者の方の」裏ワザは、売り逃げするのは可能だが、新規の売り仕掛けには使えないことが判明した。
お詫びして訂正いたします。m( _ _ )m

やはり何事も自分で使ってみないことには細かい部分までは認識できないようだ。

ちなみに信用の売り玉を持っていて、どうしてもPTS取引で買い戻したい場合は、現物で買った後に現渡しをして決済という手は使えそう。余裕資金があればの話だが。

でも信用の買い玉の場合は物理的に不可能か。逃げようにも逃げれない。キビシー!


ところで今朝も気になって「モブキャスト(3664)」の寄り板を見ていた。(笑)

8時半過ぎくらいの気配値が「810円」くらいだったのだが、PTS取引の方の買い板が最初「825円」くらいだったところへ急に「835円、3,500株買い」の板がド〜ンと入ってきたのだ。
※↑の板情報参照

えっ、ずいぶん高い値段で買おうとしてる!?
これってチャンスじゃない?

と思ったが信用の売建てはできないので指をくわえて見ているしかなかった。今後の参考のためによく見ておこう。

9時になって寄付きの板合わせが始まったが、気配値が急に高くなった。あれっ、なんで?
売り板の方が圧倒的に多いのに。

前日終値から始まるのか?
これだと時間掛かっちゃうじゃん。
※そういえば増担保規制銘柄の規制開始日決済の寄付きの時もヤキモキしたことを思い出した。

そうか、取引所というものは基本的に短期的な乱高下を嫌う体質だからこういうところでも時間稼ぎするのか。

安いところでもすぐに寄り付けば、さっきの「PTS835円売り」「取引所810円買い」できたのにね。理論上は。

とこれくらいに思っていた。
※結局寄付きは「841円」

その後モブキャストの煽り合戦の掲示板や(笑)、寄付きの仕組みなどを調べて見ていたら、もっと大事なことがわかった。

どうやら9時前の気配値や板情報というのは不正確なもので、中には見せ板も混じっているらしく、9時直前にならないと本当の成行注文情報はわからないそうである。

どうもこのモブキャストも、5万株くらいの成行売り注文が直前に消えたらしい。これは気配値を下げておくことで狼狽売りや追撃売りの注文を誘って、安く買おうとしていたとの予想が書き込んであった。

たしかにPTS取引のあの買い注文は明らかに異質だった。値段も数量も。まるで誰かが売り注文をぶつけてくることを想定していたかのように。

まあこれだけでそうだと断定はできないが、そういう可能性は十分にある。

あまり寄り前の気配値に相場観を左右されないようにしよう。いい勉強になった。


というわけでPTS取引、完全無欠とはいかないことが判明したけれど依然として使えるツールとしての地位は揺るがない。積極的な株の売買をする人にとっては必要不可欠ではないだろうか。
↓ PTS取引ができるのは現在SBI証券だけ




--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月21日

アホな授業料 〜モブキャスト(3664)〜

昨日大引けで、52,900株のみストップ高の「870円」で成立したモブキャスト。

一応成行買いの注文を出しておいたが、当然ながらこちらに回ってくることはなく、念のため出しておいたPTS取引も不成立で終わった。

その後夜間のPTS取引でもストップ高の「1,020円」をつけており、その流れを受けて今朝の寄付きの時間もストップ高の特別気配のまま寄り付かなかった。


さてどうなるか? といろいろ思考を巡らせていた。

こういう状態ではファンダメンタル云々を言っても意味が無い。純粋に資金的な問題から売り方がある程度の数量踏まない限り下がりようがない。

ということは、いつ値段がついてそれなりの出来高(最低でも150万株以上)をこなすかがカギとなる。

でも今日も大引けまで寄付きそうにないなあ、とその時は思っていた。

売らないかぎり上がっていくことが保証されているようなものだから。売る人はいないでしょ、普通は。


とここまで考えた後にふと気づいた。でも買い方って一枚岩じゃないんだよね。一組織のみで買い占めていればそれは通用するけど、買い方ってあくまでも一般大衆の寄せ集めだもんね。

特にモブキャストは信用売り残だけでなく買い残も相当な規模になっているということは一般の買いつきも多いってことだよね。その人たちにとってはこれだけの値上がり益があれば御の字ということも十分考えられる。

そう考えると、一度値段がついたら急落という可能性は大いにあり得る。いずれにしろ大きく動くことは間違いなさそう。こういう時にオプションがあればいいのにと思う。(プラス先物のような自由な売り建て)

とそんなことを考えていたらカミさんに捕まった。話につきあわされることになってしまった。まあいいか。今日も寄付きそうにないから・・・。


20分くらいだろうか、話が終わってモブキャストの板を見たら、「950円」!?

待てよ、たしか「1,000円」台の桁だったよね?

あれっ、売りの板って上に並んでなかったよね?

あれっ、あれっ、もしかして寄り付いた!?


えっ、えっ、しまった〜!!

忘れてた、ダメ元でPTS市場に買い注文出してたんだ!

さっきパソコンから聞こえた音は約定した通知音だったのか。ヤバイ!

チャートの確認、チャートの確認。

ストップ高で寄り付いてちょっと高値で揉んだ後スコーンと落ちている。

出来高は?

500万株以上は成立している。ということは、信用の売り方が相当数踏んだ可能性大いにあり!

ヤバイ、ヤバイ! 早く投げないと巻き込まれる!

戻る可能性は考えない方がいい。逃げろー!

成行売り。「941円」で成立。
「1,020円買い」の「941円売り」。orz

100株だったのが不幸中の幸いだった。


しかし、何をやってるんだか。頭の中では天井打ちのシナリオを十分想定していながら、現実は反対のポジションを取っているとは。

今回の失敗の原因は「カミさん」!
ではなく(笑)
ストップ高での買い注文を出しておきながらちゃんとその後の経過を見てなかった自分にある。
相場は自己責任、当然のことです。ハイ。

でもね〜、ここぞという時なんだよね、カミさんに割り込まれるのって。
これって思い過ごしかなぁ〜。(笑)


気を取り直して次に臨む。

目先天井打ちの可能性があるなら、やるべきことは戻りを確認して売ることだ。

「905円」まで下げたもののキリがいい数字でもあり下げ止まっている。

どこまで戻すかにもよるが買いの手が続かなくなった時を見極めよう。さすがにストップ高まで戻すことはないと思うが。あれだけの出来高ついちゃったから。ストップ高まで行っても張りつかないよね、さすがに。

ヤル気満々のところへ、「やっぱ車で送ってって!」とカミさんの声。

しまった〜!

今日カミさんは中学校に用事があって出掛ける予定だったのだが、朝からけっこうな雨が降っていたので、筆者としてはめずらしく「送っていこうか」と声を掛けていたのだ。

普段は場中は席を外したくはないのだが、今日もモブキャストは寄り付かないだろうという自分勝手な予想を立てていたので。たまにはカミさんサービスでもしておこうかと。

その後雨がほとんど止んだっぽくなったので自転車で行くと言っていたので、もうそのことは頭の中から消えていた。

しまった〜!
でも約束しちゃったもんね。仕方ない。

サクッと送って行って戻ってきたら、「1,005円」まで戻していたようだ。ストップ高までは届かず。出来高もそこまで多くない。それから「950円」近辺まで下げてきている。

やっぱり「ここぞという時」だったな。(笑)


今からでも遅くない、売るぞ!

と思って注文画面をクリックしていったら、売り注文ができない。なぜだ?

えっ、在庫が無い!

クソーっ、と思いつつ、いや待てよモブキャストは貸借銘柄だからSBI証券に在庫が無くても売れるぞ!
しかもHYPER料いらないし!

いい所に気づいたと自分を褒めながら、今度は制度信用の方で注文を出そうとしたら、これまたできず。

そうだった、貸借取引の申込み停止されてた。
バカだね〜。

増担保規制銘柄だよね、これって。なんで規制されたのかわかってるでしょ。
マヌケだね〜。


そんなこんなで前場は「832円」まで下げて行きました。チャンチャン!

3664-20160621.png

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月20日

どうしても売りたいなら 〜モブキャスト(3664)〜

先週のPTS取引が先取りしていたようだ。

モブキャストは9時になっても寄ることができず、ストップ高の「870円」で特別気配のまま経過している。


さて、板を見ていて気づいたことがある。

先週の記事の内容からして、筆者はこの銘柄に対して強気の相場観になっている。どちらかと言うと「ガンガン」に近いかも。(笑)

もちろん相場観は人それぞれなので、弱気の相場観の人も当然いるだろう。増担保規制を「売り」の材料と考える人がいてもおかしくはない。
※規制の条件の本質を考えると、ホントはおかしいと思うけれど・・・。

とにかくこの状況でも売りたい人は売りたいのであり、特に安値で仕込んだ人は売って利益を確定したいと思うのは自然の感情である。それが買いポジションの一部ならなおさらである。

ルールは人それぞれなので、それについてあーだこーだ言うつもりはない。本人がそれで納得しているのなら他人がとやかく言うことはない。

筆者が気になっているのは別のところにある。

今この時点で売り注文を出している人は、成行にしろ「870円」の指値にしろ、とにかく「売りたい」人であることは間違いないと思われる。特に「870円」の指値の人は、どちらかと言うと「今のうちにこの値段で売りたいのに。さっさと寄り付けよ!」という気持ちなのではないだろうか。

急に大量の売り玉がどこからともなく現れて、「800円」くらいで寄り付いてそのま暴落という可能性も、あり得なくはない。
※可能性としてね、あくまでも可能性。

そうなった場合、この人は相当のショックを受けることになる。「ホントだったら870円で売れてたのに!ヽ(`Д´)ノプンプン」

とにかくこの手の人達は、明日ストップ高になることよりも、今値段がつかないことの方がストレスに感じるのである。

それを悪いと言っているのではない。考え方は人それぞれなので。

筆者が言いたいのは、

「早くその値段で売りたいんだったらPTS市場で売ればいいのに」

ということだ。

取引所では寄付きのルールがあるので未だに寄ることができないでいるが、PTS市場にはその縛りがないのですぐに約定する。先週末もそうであるが、今朝も実際「8:22」に「870円」で成立しているのだ。

どうせ成立するのならヤキモキしないで済む分早い方がいいと思うが、どうだろう?
使える選択肢は基本的には多い方が良い。

3664-20160620STOPHIGH.png


現在PTS取引ができるのはSBI証券だけなのでどうせ作るなら早めに作っておくことをオススメする。
※株がメインでない筆者が推奨するのもなんだけどね。(笑)





--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月18日

伶奈が来る!

舘野伶奈がやって来る!

とは言っても、残念ながらオラが町ではない。(泣)


今日たまたま「舘野伶奈」で検索していたら、(笑)
いつもと違うNHKのサイトが引っ掛かった。

よく見ると、「特別巡回ラジオ体操・みんなの体操会」で明日6月1819日(日)に大阪府豊能郡能勢町に伶奈と愛里沙がやって来るそうだ。
※詳細はコチラ

指導は多胡さんで、ピアノは名川さん。えっ、ピアノも実際にその場所で弾くの!? すごいね!

当日はラジオで全国、いや全世界へ生放送される!
※国際放送ということはそうなんだよね


近くだったら行くのに。ホント残念だ。(泣)

NHKネットクラブに会員登録するとイベント情報をメールでお知らせしてくれるそうだ。
ヨシ、早速登録しておこう!


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月17日

落ち穂拾いならず、既にストップ高! 〜モブキャスト(3664)〜

本日ストップ高で増担保規制が発表されたモブキャスト

ひょっとしてPTS取引で今日の引けよりもチョイ高くらいで買えないかと、19時過ぎにスマホからSBI証券にログインして確認してみたら、なんと既にストップ高の「870円」をつけていた。

23時現在で、出来高35,600株、870円での買い注文238,700株。

売り方が少しは買い戻せたのか。それとも買い方が追撃してるのか。どっちだろう。

腰の座った売り方以外、値ごろで売った人達は思考停止状態かも。PTS取引という存在にも気づいていないかもしれない。

やはり来週は踏み上げコースかな。最低でも昨日売った150万株が踏むまでは終わらないよね、普通は。

現在PTS取引ができるのはSBI証券だけなので、いざという時のためにも口座を作っておいた方がいいね。





--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


エディア(3935)ちょっと訂正

昨日の記事、『ちょっと気になる銘柄 〜エディア(3935)〜』で間違いがあった。

「この銘柄を買っている人「全員」が含み損を抱えることになるのである。」

と書いてしまったが、よく考えたら新規公開株の購入者は上場した後についた値段とは違う価格で購入しているので、「全員」ではないんだね。公開価格は「1,630円」かな。この人達はまだまだ含み益があるわけだ。

専門外なのでうっかりしていた。

お詫びして訂正いたします。m( . . )m

でも3分の2はもう入れ替わっちゃってるんだよね。これは事実。

ついでにチャートも載せておこう。
3935-20160617.png



--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


一発アウト 〜モブキャスト(3664)〜

こんなこともあるんだね。

予兆なしのいきなりの一発規制!

昨日ストップ高になっていたので、久しぶりに規制可能性銘柄か、と喜んでいたところに今日もストップ高気配で寄り付かず。大引けでストップ高をつけたが、新規買付け比率は低いからまだ始まらないなと思っていた矢先である。

まさか(1)の「イ」で規制になるとは。

たしかに信用の売り残が当初から多い銘柄だとは思っていたが、昨日のストップ高で150万株以上も新規で売り建てるなんて。

今までの売り残より多いじゃん!

下がっている銘柄で売り残が増えるのではなく、曲がりなりにも上昇している銘柄で売り残が増えるとは。しかも買い残より多いし。

貸借銘柄だから、通常の制度信用銘柄と違って最初から「売れる」ので売りやすいっていうのはあるけど。

浮動株比率が「45.0%」しかないのに信用売り残が「19.2%」。

しかも信用で売ってるのがバレバレ。

もしかしてもしかすると、これって踏み上げ相場に突入していくパターン!?

3664-20160617.png


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


リンク集
記事ランキング
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。