広告

posted by fanblog

民主党に仕分けされた「はやぶさ2号」!


 通信途絶、化学エンジン全滅、イオンエンジン故障と、致命的な三つの危機を乗り越え、世界初となる7年で60億kmという大航海を果たし、みごと地球へ帰還した、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「国旗はやぶさ」。
 海外ではアポロ計画やガガーリンと同列に扱われる程の重大な出来事なのに、日本のメディアはそれらと同列には扱いませんでした。オーストラリアは14日、テレビ局スカイニュースが夜空に明るい光跡を描き落下する様子を放映するなど「はやぶさ」の快挙を大きく伝えました。日本でもというか日本こそびっくり本来ならTV中継を行い「はやぶさ」の帰還を国中で祝福すべき重大な出来事であるにも関わらず。。落ち込み

 「はやぶさ」は、新種のエンジン実験や、太陽帆の実証など、様々な重要実験を含む大航海であり、もし帰ってこなかったとしても、既に多くの偉業を残しています。なのに、それを一切報じません。

 米科学誌「サイエンス」は、1冊使いで「はやぶさ」の特集を組み、日本の技術力と「はやぶさ」の偉業を延々と記しており、俗に言うベタ褒め記事を掲載笑い拍手 

 科学技術ジャーナリストの中野不二男さんの話
 「探査機が宇宙から戻ってくるだけで十分に凄く、さらに宇宙からサンプルを持ち帰るのに必要な技術を手にできたということは、よくぞここまでやり遂げたなという思いだ。数々の危機を乗り越えた成果は、重大な故障に見舞われながらも帰還した1970年のアポロ13号に匹敵するとさえ言える。いわば手術をしながら次々と新しい治療法を発見していったようなもので、結果的に多くを学んだ日本は世界でもナンバーワンの探査技術を手に入れた。打ち上げ前に取材した、開発に携わった町工場の職人たちの顔を思い出す。日本の強みである彼らのノウハウをしっかり継承していくためには、次の探査機の開発が不可欠だ」

 このように「はやぶさ」は日本人の誇りと希望であり、日本の宝です
 
 星JAXAは後継機「はやぶさ2号」の計画を進めており、所管の文部科学省は2009年夏、2010度予算の概算要求に17億円を盛り込みました。

 ところが困ったびっくり枝野幸男議員や蓮舫議員を始めとする民主党事業仕分けチームにより、予算を17億円から3000万円に縮小されました落ち込み。。これ、事実上JAXAの廃止という結果です落ち込み

 「はやぶさ2号」は、目標とする小惑星と地球の位置関係などから、2014〜15年に打ち上げないと、次の機会は10年以上も先になる。2011年には製造に着手しないと間に合わないといわれており、「はやぶさ」の快挙を民主党はどう生かすのか注目します。

 最後に、、
 約7年ぶりに帰還した「はやぶさ」を、民主党の仕分けチームは「無駄である」とバッサリ仕分けました落ち込み

 資源のない日本において、宇宙工学を始めとする最先端科学技術や研究開発というのは、科学技術立国である日本にとって、国益に直結しますびっくりよって、常に世界のトップを行かなければなりません。こうした重要分野への投資をせず、聞こえの良い言葉を羅列して、未来の子どもに借金をさせてまで強行に成立させた「子ども手当て」を始め、選挙目当てのバラマキ政策はもうたくさんです。またテレビ前での実現不可能な政策の羅列やパフォーマンスももうたくさんですびっくり

 こんな政党に日本は任せられません怒り

 では!のちほど祝日




この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。