広告

posted by fanblog

2016年01月26日

近郊、郊外新築マンションのあるあるが言いたい!!

今回は近郊、郊外の新築マンションのあるあるを記事にいたします!!


お題は

最後の最後で失速あるある


一見販売が好調のマンションでもなぜだか最後に売れ行きが失速してしまうのが近郊、郊外あるあるです。

例えば100戸のマンションで

第一期30戸完売!!

第二期20戸完売!!

第三期10戸完売!!

第四期・・・あまり売れず先着順に!!

竣工まで残り半年で捌けるかな〜。。。


みたいなのが近郊、郊外ではよくあるのです。

時期的に間取りやメニュープランが選べなくなっているというのが主な原因だとは思うのですが、最後の最後に苦戦する物件が多いです。

しかし、我々エンドユーザーからすると逆にチャンスだったりします!

このブログはおかげさまで多くの方に見ていただけるようになった一方で、過激なことは書きにくくなってきましたが、今回は少しだけ書かせてください。ほんの少しだけなのでデベさんお許しください。

過激?なことといえばお値引きのお話。

竣工後になると1割は当たり前で場合によっては2割、3割もありうるのですが、今回はあくまで人気物件なのに最後に失速した!というマンションについてですからそのような大きなお値引きの話ではありません。


先ほども書きましたが、人気物件でも最後の最後は販売に苦戦することがあり、その理由がメニュープランなどが選べないこと。

それを理由にお値引きを引き出すのです。

では具体的にどれくらいか。


竣工半年前〜竣工直前で5%くらいです。


これが現実的に狙える数値です。

これ以上可能な物件だとそれはもう人気物件ではありません。


マンションの5%はでかくて4000万円だと200万円にもなります。

この5%が後々売却するときに大きく影響してきます。

人気物件であることは変わりないのですから。


ですがメニュープラン、色、オプションなど選べないことだらけなので自分の欲しいものが残っているかは運ですね。

残っているからにはあまり人気がなかった部屋なわけで。


デべ側としても5%なら現購入者にバレても

・今買う方はメニュープランなど何も選べないのです。その分をサービスしただけです。

と言い訳でき、現購入者も5%なら。。。と、ある程度は納得してくれます。


すべての物件でできるわけではないですが、可能な数値ではあるのでそのような物件があるなら狙ってみてはいかがでしょうか?


ですが、値引きありきの検討だと視野が狭くなってしまいますし、家を買うということはメニュープランなどで間取りを選ぶのも楽しみのひとつですから、あくまで参考程度にお考えください。


Twitterもフォローお願いします
マンションマニア公式アカウント

『アーバンガール』もご覧ください
アーバンガール byマンションマニア

『マンションマニアのマンマンタイム』もご覧ください
マンションマニアのマンマンタイム
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
マンションマニアさんの画像
マンションマニア
マンション評論家のマンションマニアと申します!! マンションが大好きすぎてマンションについての研究ばかりしています! 住んだことがある街は板橋区、さいたま市、蕨市、和光市、千葉市、市川市、八千代市です! モデルルームを訪問したり、現地へ写真を撮りに行ったりしたことをブログへupしていきますのでよろしくお願いします!
プロフィール
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
マンションマニアへ問い合わせ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。