広告

posted by fanblog

2014年12月28日

2015年の新築マンション市場は? 2015年は買いなのか? マンションマニアが教えます!!

新年あけましておめでとうございます!!

今年もマンションマニアの活動日記をよろしくお願いいたします。

まず2015年の新築マンション市場ですが

「坪単価がグッと上がります」


これは建築費高騰の影響をもろにうけた新築マンションが供給されるからです。

ただ、一般的なサラリーマンの収入はそれほど上がっていませんから、ただ価格を上げたのでは買い手がいなくなります。

そのためデベロッパーがしてくることは

「専有面積の縮小」

でしょう。

4000万円出せば68u購入できた地域では同じ値段を出しても62uくらいしか買えなくなる!

ということです。

都心部はもともと富裕層がターゲットですから、専有面積の縮小はあまりする必要がありませんが、私がよく見学する城北地区、さいたま、その他千葉、茨城などでは購入層がついてこれませんから表面上の価格をあげないために専有面積の縮小をしてくるわけです。

ポテトチップスが価格は変わらないのに中身が減ったのと同じです。

仕様・設備も悪くなるのでは?

と心配する方も多いかと思いますが、仕様・設備のコストダウンには限界があります。

基本的なものは2014年と変わらないでしょう。

では買い時ではないのか?

と問われると、

「基本的には買い時ではない」

と答えます。

ただ、買い時というのは人それぞれです。

どうしても欲しいマンションが供給されたり、結婚・出産などのタイミングで2015年に家を買いたい!という人もいるでしょう。

その人たちからしたら2015年が買い時なわけです。

厳しい現状ではありますが、その中でも「買ってもいい」とおすすめできるマンションをこのブログにて公開していきますので、ぜひぜひ見てやってくださいm(__)m

モデルルーム訪問記事以外にも、建築情報をいち早くお伝えしていきます。

おすすめできるマンションは必ずモデルルームを訪問して記事にいたしますのでよろしくお願いいたします!

ただ、モデルルーム訪問記事で紹介するマンションは私も真剣に検討をしているわけで、ライバルになる可能性があることはご理解くださいっ(`・ω・´)

次回は2015年、マンションマニア注目の新築マンションをご紹介します!!

※画像はクリックすると大きくなります
MjAxMl8xMTA0XzEyXzQwXzI0XzA2NzVu.jpg

Twitterもフォローお願いします
https://twitter.com/mansionmania

『アーバンガール』もご覧ください
https://fanblogs.jp/urbangirl/
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
マンションマニアさんの画像
マンションマニア
マンション評論家のマンションマニアと申します!! マンションが大好きすぎてマンションについての研究ばかりしています! 住んだことがある街は板橋区、さいたま市、蕨市、和光市、千葉市、市川市、八千代市です! モデルルームを訪問したり、現地へ写真を撮りに行ったりしたことをブログへupしていきますのでよろしくお願いします!
プロフィール
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
マンションマニアへ問い合わせ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。