ファン
検索
最新記事
月別アーカイブ
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村 https://blog.with2.net/link/?id=2066133

2021年07月29日

【日本メーカー製】4K HDRパススルー対応ゲーミングビデオキャプチャー【RACEN】









RACENから、ゲーム録画・配信向け4K HDR対応HDMIキャプチャーが発売されました。RACENは株式会社センチュリーが展開するゲーミングブランドです。
最大入出力解像度は【4K】3840×2160(2160p)60Hz HDR・【WQHD】2560×1440(1440p)144Hz・フルHD】1920×1080(1080p)240Hzとなっていますが、これらの解像度、FPSで表示出来るのは本製品にある出力用HDMIから限定となります。つまり、キャプチャーユニット出力用HDMIに接続したモニターで高FPSでゲームプレイを行い、配信・録画はFPSが半減されHDRも適応されない仕様となっていることに注意が必要です。
ACアダプターが不要のバスパワー駆動でUSB3.2 Gen1対応となっており、録画/配信ソフト「ezcap Link」のプロダクトキーが付属しています。
最近のPC関連製品は海外メーカーに押され気味ですが、国内メーカーの追い上げに期待したいものです。

《送料無料》RACEN ゲーミングビデオキャプチャ /CENTURY /センチュリー [CRC-GVCAP01]

価格:22,000円
(2021/7/29 18:31時点)
感想(0件)





新型コロナウィルス蔓延の影響で自粛が続きますが、自宅に居る時間を利用してゲーム実況動画の投稿や実況配信を始めてみるのは如何でしょうか。













続きを読む

2021年07月28日

【コスパ重視】iCleverから格安メカニカルゲーミングキーボードが登場【低価格】




世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】






iCleverから赤軸メカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードが発売されました。よく目にするゲーミングキーボードのほぼ半額の値段となっており、入門用として最適です。
赤軸を採用しているため、キータッチが軽くタイピング音も抑えられるのでゲーム配信向けでもあります。
「マクロ機能」・「PBT素材キートップ」・「RGB バックライト」とゲーミングキーボードの必要要件を満たしています。
防滴設計を謳っていて、背面に配水用の穴が3か所備えています。液体をこぼした際にはキーボードのUSBを抜き、液体をふき取った後に乾燥させる必要があるとのことです。
メカニカルスイッチを採用しているため【清潔】水で洗っても壊れないキーボード【丸洗い】で紹介した「SKB-BS6W(ホワイト)」と「SKB-BS6BK(ブラック)」の様に水洗いが出来るようにするのは難しいのでしょう。
とは言え、ゲーミングキーボードをしては破格の安さを実現しており、ある程度の防水性を発揮することは間違い無いので試しに購入してみるのも有りだと思います。

iClever ゲーミングキーボード 赤軸 テンキーレス 日本語配列 有線 91キー メカニカルスイッチ LEDバックライト G01

価格:5,629円
(2021/7/28 19:21時点)
感想(0件)















続きを読む

2021年07月21日

テレワークにお勧め、コンパクトサイズなフルHD USBビデオキャプチャー




世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】






エスケイネットから、フルHD USBビデオキャプチャー「MonsterX Lite 2」が発売されました。UVA/UACに対応しており、ドライバーをインストールすることなくPCからはWebカメラとして認識されます。
・PCとの接続はUSB 2.0バスパワー対応。
・入力インターフェイスはHDMI 1.3b。
・入力は1,920×1,080ドットまでが60fps 3,840×2,160ドットが30fps。
・出力は出力は1,920×1,080ドット60fpsまでの対応となっています。
ビデオカメラやミラーレスカメラなどを接続して、光学ズーム付きWebカメラとして利用が可能です。公式動作確認アプリはSkype ・ Facebook ・ OBS ・ Zoom ・ Webex ・ Teamsです。
前回記事、テレワークに最適、4Kパススルーに対応したHDMIキャプチャーが登場で紹介した3,840×2,160ドット/60fpsに対応している「USB-CVHDUVC3」と比較して見劣りしますが、「MonsterX Lite 2」は小型・低価格とお求めやすくなっています。テレワーク、WEB会議に如何でしょうか。


エスケイネット SK-MVTG MonsterX Lite 取り寄せ商品

価格:6,289円
(2021/7/21 16:58時点)
感想(0件)















続きを読む

2021年07月19日

テレワークに最適、4Kパススルーに対応したHDMIキャプチャーが登場






世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】





サンワサプライから4Kパススルーに対応したHDMIキャプチャーアダプター「USB-CVHDUVC3」が発売されました。
テレワークを意識したプロモーションが行われており、ノートPC付属のWEBカメラと比較して資料やサンプル、発言者をビデオカメラで迅速かつ綺麗に映す事が可能です。
UVC(USB Video Class)に対応しており、ドライバーをインストールすることなく使うことができます。4K/60pパススルー機能を搭載しており、高画質低遅延で相手に映像と音声を送ることができます。
なお、録画は1080p/60pまでとなっており、USB3.0対応です。

サンワサプライ HDMIキャプチャー(USB3.2 Gen1・4K パススルー出力付き)(USB-CVHDUVC3) メーカー在庫品

価格:24,199円
(2021/7/19 19:20時点)
感想(0件)














続きを読む

ソースネクスト、Windows11対応保障ソフト一覧を公開






世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】






ソースネクストがWindows11に対応を保証するソフト製品の一覧を公開しました。
https://www.sourcenext.com/contents/win11/list/
比較的早い対応で、ユーザーの方はありがたいのではないでしょうか。
特に、Windows Defenderでは不安に感じZEROウイルスセキュリティとZEROウイルスセキュリティを導入されている方には朗報です。

【35分でお届け】ZERO ウイルスセキュリティ 1台 ダウンロード版 【ソースネクスト】

価格:1,880円
(2021/7/19 18:30時点)
感想(95件)




【35分でお届け】ZERO スーパーセキュリティ 1台 ダウンロード版 【ソースネクスト】

価格:4,076円
(2021/7/19 18:32時点)
感想(25件)













続きを読む

2021年07月15日

【清潔】水で洗っても壊れないキーボード【丸洗い】






世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】








サンワサプライから、真水や水道水で洗うことができるキーボード「SKB-BS6W(ホワイト)」と「SKB-BS6BK(ブラック)」の2種類が発売されました。
キーボードの材質には抗菌剤を練り込まれており、底面に開けられた穴から水を排出する構造になっています。
新型コロナウィルスが猛威を振るっている昨今、マスクほど効果があるかは分かりませんが気分的に業務なので手に触れることの多いキーボードの衛生面に気を使いたいなぁとリリース情報を見て思いました。テレワークのお供に如何でしょうか。

サンワサプライ SANWA SUPPLY キーボード 抗菌防水防塵タイプ ブラック SKB-BS6BK [有線 /USB]

価格:5,478円
(2021/7/15 15:52時点)
感想(0件)




サンワサプライ SANWA SUPPLY キーボード 抗菌防水防塵タイプ ホワイト SKB-BS6W [有線 /USB]

価格:5,478円
(2021/7/15 15:53時点)
感想(0件)















続きを読む

2021年06月07日

BUFFALO wifi6対応全製品メッシュ化へ




世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】





BUFFALOがルーター・中継器を含め、wifi6対応機種を全てメッシュ対応を始めているのをご存じだったでしょうか。WSR-1800AX4Sシリーズからファームウェアアップデートで対応を開始しています。
これまでのメッシュルーターは独自方式の専用機が殆どだった所を、Wi-Fi Allianceが定める標準規格であるWi-Fi EasyMeshに対応することで気軽に購入することが出来るようになりました。

BUFFALO バッファロー Wi-Fiルーター 親機 1201 573Mbps AirStation ブラック WSR-1800AX4S-BK

価格:8,000円
(2021/7/21 18:58時点)
感想(2件)




BUFFALO バッファロー Wi-Fiルーター 親機 1201 573Mbps AirStation ホワイト WSR-1800AX4S-WH

価格:8,000円
(2021/7/21 18:58時点)
感想(0件)




BUFFALO Wi-Fi EasyMesh機能の特徴

・機種を揃えるが必要がありません。

・中継器はwifi6対応品2機種のみ対応です。なお、メッシュ機能としては子機としてのみの動作となります。

・親機と子機を接続するためのバックホールは無線LANで、2.4GHz帯と5GHz帯の自動・手動選択に対応しています。

・バックホールは有線LANにも対応しており、LANコネクタが用意されている住宅やマンションでは有線接続が望ましいでしょう。

・標準規格であるWi-Fi EasyMeshに対応しているため、他社製品との相互接続も理論上可能ではありますが同社製品でメッシュ環境を構築するのが無難でしょう。

・子機を2台以上接続することが可能ですが、子機は必ず親機と接続しなければメッシュは機能しません。

・親機を複数用意しても、メッシュの構成が複数になるため意味がありません。

・インターネットへの接続を行うメインルーターを用意して配下にメッシュ環境を構築することが可能ですが、その場合はメインルーター → メッシュ親機 → メッシュ子機と接続しなければなりません。



メッシュ化対応状況

・対応済み

ルーター

1800AX4S-BK

1800AX4S-WH

WSR-1800AX4-BK 製造終了

WSR-1800AX4-WH 製造終了

WSR-3200AX4S-BK

WSR-3200AX4S-WH


中継器

WEX-1800AX4

WEX-1800AX4EA



・対応予定

WSR-5400AX6-MB 製造終了

WSR-5400AX6-CG 製造終了

WSR-5400AX6S-MB

WSR-5400AX6S-CG

WXR-5700AX7S

WXR-5950AX12シリーズ 製造終了

WXR-6000AX12S




テレワークや動画サイトの視聴、ゲーム等で無線通信が不安定な場所がありましたらメッシュ環境の構築を検討されてはどうでしょうか。
新型コロナウィルスの感染が収まる気配が無い中、テレワークが続いたりリモート授業再開をする等の状況になる思われます。今後に備えるため、御自宅のネットワーク環境を見直し、無線ルーターを買い替えてみるのは如何でしょうか。












続きを読む

2021年06月03日

充実のラインアップRazer Viperシリーズ






世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】







検索履歴のせいか分かりませんが、Youtubeの広告でRazerのPR動画をよく目にします。特にゲーミングマウスViperの頻度が高く、ちょっと調べてみました。RazerのViperと言ったら、日本上陸当初から有名でした。僕の感覚では看板モデルという認識です。それがいつの間にかシリーズ化されていて驚きました。
そこで今回はRazer Viperシリーズを見て行きたいと思います。



Razer Viper Ultimate

Viperシリーズの中で唯一のワイヤレスマウスであり、ハイエンドモデルです。ワイヤレス機能を持ちながら、重量は驚きの74gという驚異の軽量化を実現しています。
光学センサーはFocus+が採用されており、マウス感度20.000DPI、マウスが1秒の間に瞬間的に移動した時に認識出来る距離16.45メートルと凄まじい仕様となっています。スイッチは独自開発された光学スイッチが採用されており、最高速で0.2ミリ秒の応答時間をたたき出し、7.000万回のクリックもの耐久性を実現しています。
充電ドックも付属しており、お手軽に充電が出来るのも強みです。

【Gaming Goods】Razer Viper Ultimate /RZ01-03050100-R3A1 軽量74g ワイヤレス/有線対応 ゲーミングマウス 充電ドック付属

価格:13,381円
(2021/6/3 17:46時点)
感想(0件)






Razer Viper 8K

新しく採用された高速USBコントローラにより、1秒間に最大8000回ものデーターレポート実現したモデルとなります。(業界標準は1秒間に最大1000回)しかし、ゲームが対応していないケースが多く現状ではデーターレポートを2000〜1000回まで落とす必要があります。ですが、性能を発揮さえすればクリックレイテンシーが最小で0.125ms 未満まで下がり、これまでに無いスムーズなカーソル移動を実現するポテンシャルを秘めています。
光学スイッチは第二世代となっており、さらに洗練されているのも特徴です。光学センサーはUltimateと同じFOCUS+を採用しています。

【Gaming Goods】Razer Viper 8K / RZ01-03580100-R3M1 8000Hz ポーリングレートの右利き・左利き両対応の e スポーツゲーミングマウス

価格:10,288円
(2021/6/3 18:36時点)
感想(0件)






Razer Viper

所謂ところの標準モデルです。現在展開されているモデルの中では設計が古くモデルチェンジの可能性が一番高いのではないでしょうか。
光学スイッチはUltimateと同じものが採用されています。
光学センサーはRazer 5G オプティカルセンサーとなっており、マウス感度は最大 16,000 DPIです。
古い故にこなれており不具合にも遭遇することが少なく扱いやすいモデルとも言えます。

【Gaming Goods】Razer Viper / RZ01-02550100-R3M1 ゲーミングマウス 超軽量69g

価格:5,555円
(2021/6/3 18:37時点)
感想(0件)






Razer Viper Mini

名前が示す通り、小型軽量モデルです。エンブレムだけではなく底面手前側にもライティングがあるのが特徴です。
光学スイッチはViper Ultimate・Viperと同じ世代が採用されています。光学センサーは8500 DPI オプティカルセンサーが採用されており、小型化・軽量化された故に仕方がないと思います。
価格はViperの半額程度と大変購入しやすくなっています。

【Gaming Goods】Razer Viper Mini / RZ01-03250100-R3M Viperをさらに小型化、約61gの超軽量 ゲーミングマウス

価格:3,691円
(2021/6/3 19:13時点)
感想(1件)






今回の記事はいかがだったでしょうか。僕個人としてはマウスはワイヤレス化した方が良いと考えていますが、Razer Viper 8Kには惹かれるモノがあります。次世代を見据えた非常に高い性能は見ていてロマンを感じます。皆さんは御自分に合ったViperがあったでしょうか?他のメーカーも光学スイッチを採用すれば良いのにと記事を書いていて思ってしまいました。
また、別の記事を読んで下されば幸いです。





















続きを読む

2021年05月25日

各社ゲーミングデバイス比較(PCパーツメーカー編)






世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】





前回の記事「各社ゲーミングデバイス比較(デバイスメーカー編)」ではデバイスメーカーが販売している製品を比較しました。
しかし、最近ではゲーミングデバイスの販売を始めるPCパーツメーカーが増えてきました。そこでPCパーツメーカー別にゲーミングデバイスを比較して行きたいと思います。



最初にこの記事に来られた方はコチラもお読み下さい

ゲーミングマウス・ゲーミングキーボード等ゲーミングデバイスの選び方

各社ゲーミングデバイス比較(デバイスメーカー編)



ASUS
PCを自作しているなら必ず目にするメーカーです。近年はPCパーツやマウス・キーボードだけではなく、PCモニターやルーター・スマホまで幅広い製品展開をしています。10年ほど前からは考えられない企業成長をしているメーカーです。ゲーミングデバイスの制御ソフトはArmoury Crateがお薦めです。

Armoury Crateはコチラ

【Gaming Goods】ASUS ROG Keris Wireless 軽量FPSワイヤレスゲーミングマウス

価格:10,183円
(2021/5/31 16:24時点)
感想(0件)







GIGABYTE
GIGABYTEも自作PC界隈では有名なメーカーであり、AORUSシリーズをゲーミングブランドとして立ち上げています。ゲーミングデバイス一括管理アプリとしてはAORUS ENGINEがありますが、PRページが見つかりませんでした。

GIGABYTE AORUS M5 ゲーミングマウス USB有線 光学センサー オムロン製スイッチ 7キー 右利き用 【国内正規代理店品】

価格:12,610円
(2021/5/31 16:52時点)
感想(0件)







msi
こちらのメーカーもPCパーツメーカーとしては古参になります。初代Ryzenが販売された当初、TOMAHAWKが安定して動作したため品薄になったのをよく覚えています。ゲーミングデバイスのアプリは、公式サイトの製品ページから個別にダウンロードすることになります。

MSI エムエスアイ CLUTCH GM41 LIGHTWEIGHT WIRELESS ゲーミングマウス ブラック [光学式 /無線(ワイヤレス) /6ボタン /USB]

価格:11,680円
(2021/5/31 17:40時点)
感想(0件)







CORSAIR
PC電源やPCケース・メモリー等で有名なメーカーです。特にPC電源が大人気で、レビュー記事もよく見かけます。ゲーミングデバイスの一括管理アプリとしてiCUEがあります。

iCUEはコチラ

CORSAIR コルセア ゲーミングマウス KATAR PRO WIRELESS CH-931C011-AP [光学式 /無線(ワイヤレス) /6ボタン /Bluetooth]

価格:7,450円
(2021/5/31 18:06時点)
感想(0件)







Kingston
元々はPCメモリーから始まり、SSDでも有名なメーカーでした。ゲーミングブランドとしてHyperXを
立ち上げてからは、積極的な製品展開とPRを行っています。一括管理アプリはHyperX NGENUITYがありますが、5/31現在BETAの表記があるので注意が必要です。

HyperX NGENUITYはコチラ

キングストン Kingston ゲーミングマウス HyperX Pulsefire Dart RGB HX-MC006B [光学式 /有線/無線(ワイヤレス) /6ボタン /USB][HXMC006B]

価格:13,220円
(2021/5/31 18:38時点)
感想(0件)






いかがだったでしょうか、今回はPCパーツメーカーから販売されているゲーミングブランドを比較してみました。PR不足・管理アプリが無いメーカーもありましたが、マザーボード・グラフィックボードはゲーミングPCの根幹パーツなので開発・サポートの負担が大きいはずです。ASUSがかなり異様に見えてきますね。






















続きを読む

2021年05月08日

各社ゲーミングデバイス比較(デバイスメーカー編)






世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】





前回の記事でアプリを軸にしたゲーミングデバイスの選び方を提案させてもらいました。
しかし、世の中にはゲーミングデバイスを販売しているメーカーが多くあります。
そこで今回は、デバイス専業メーカーの中から数社をピックアップして比較をして行きたいと思います。



logicool G

前回の記事でも取り上げたのですが、補足説明としてlogicool GはGシリーズとPROシリーズがあります。Gシリーズはゲーマーに向けて広く展開している製品群ですが、PROシリーズは競技に特化した物となっています。使用するアプリですが、両シリーズ共にG HUBが使えます。

G HUBはコチラ

Logicool G ゲーミングマウス 有線 G502 HEROセンサー 11個プログラムボタン LIGHTSYNC RGB 高速スクロール ウェイト調整システム G502RGBhr 国内正規品 2年間無償保証

価格:10,890円
(2021/5/8 18:12時点)
感想(1件)



Logicool G Pro Wireless ゲーミングマウス HERO25Kセンサー LIGHTSPEED ワイヤレス LIGHTSYNC RGB 80g 軽量 左右対称 FPSゲーム G-PPD-002WLr 国内正規品 2年間無償保証

価格:15,620円
(2021/5/8 18:13時点)
感想(5件)






Razer

Razerはゲーミングデバイス専業メーカーとして説明不要なほど有名ですね。(最近はゲーミングノートPCも出していますが)こちらのメーカーですが、Microsoft SideWinderを参考にした形状のマウスをリリースし続けている硬派な印象を受けます。光学スイッチを採用された製品もあり、個人的にはとてもテンションの上がるメーカーです。一括管理アプリとしてはRazer Synapse 3があります。Razer Synapse 3はマクロやキーコンフィグ等の設定をクラウドに保存する機能もあります。

Razer Synapse 3はコチラ

Razer公式 Razer Basilisk Ultimate 有線 / 2.4GHz 両対応 ワイヤレス ゲーミングマウス # RZ01-03170100-R3A1 レーザー (マウス)

価格:16,980円
(2021/5/8 18:42時点)
感想(0件)






SteelSeries

SteelSeriesもゲーミングデバイス専業メーカーとして有名です。ハードの形状としてはオーソドックスで扱いやすく、マウスは丸みを帯びた手に馴染む形状をしています。一括管理アプリにGGがあり、各ハードの設定はもちろん、プレイ中のゲーム画面をキャプチャーする機能もあります。

GGはコチラ

steelseries ワイヤレスマウス Rival 650 Wireless

価格:18,046円
(2021/5/8 18:59時点)
感想(0件)






ROCCAT

ROCCATはドイツ発のゲーミングデバイス専業メーカーです。海外ではかなりの知名度がありますが、日本市場では後発組になります。そのせいか分かりませんが、日本国内に置いては影が薄い印象を受けます。アプリはRGBライティング専用のAIMOがあります。こちらのメーカーはデバイスのドライバーをインストールする必要があります。なお、こちらのメーカーも光学スイッチを広く採用しています。

AIMOはコチラ

ROCCAT Kone AIMO-RGBA ゲーミングマウス ブラック 国内正規品 ドイツデザイン&エンジニアリング ROC-11-815-BK-AS

価格:15,528円
(2021/5/8 19:17時点)
感想(0件)






Xtrfy

Xtrfyはスウェーデン発のゲーミングデバイス専業メーカーで、競技向けに特化した製品を揃えています。ハードとしては形状はもちろん、マイクロチップのスペックにまで拘っています。ダウンロード可能なソフトウェアはFirmwareと表記していますが、マウスにサイドボタンがあるのでドライバーのように思えます。ご存じの方が居ましたらコメントで教えてください。とにかく、硬派な印象を受けます。

《5月下旬頃発売予定》【送料無料】Xtrfy MZ1-Zy's Rail 超軽量ゲーミングマウス Designed by Rocket Jump Ninja #709004 [400-16000dpi/1000Hzポーリングレート対応/PMW3389センサー/超軽量56g/カイル製/有線マウス/MZ1-RGB-BLACK-TP/エクストリファイ] 【予約】

価格:11,297円
(2021/5/9 16:02時点)
感想(0件)





いかがだったでしょうか、デバイスメーカー編ということで有名なメーカーと日本国内では珍しいメーカーを比較してみました。揃えてみたいメーカーがありましたか?デバイス選びの役に立てたら幸いです。



各社ゲーミングデバイス比較(PCパーツメーカー編)
























続きを読む