広告

posted by fanblog

Pholidotini の仲間

オーストラリアと南米にCacostomus属とPholidotus属についてです。

和名はCacostomus属はハイイロクワガタ、Pholidotus属はコフキクワガタとされていて、
体表に粉を噴いたような感じの種類です。

Pholidotus属はタイプ標本を見られていなく、
似たような感じの種類ばかりで 記載文からの同定が難しいので、
一般的な同定を参照に考察していきます。


Pholidotini Kikuta,1986
=Casignetini Maes,1992

Cacostomus Newman, 1840:364 (type: Cacostomus squamosus Newman, 1840)
= Lepidodes Westwood, 1841:124 (type: Lepidodes rotundicollis Westwood, 1841)
= Lepidodus Lacordaire, 1856:22 (type: Lepidodes rotundicollis Westwood, 1841)

Pholidotus W.S.MacLeay, 1819:97 (type: Pholidotus lepidosus W.S.MacLeay, 1819)
=Casignetus W.S.MacLeay, 1819:98 (type: Casignetus geotrupoides W.S.MacLeay, 1819)
= Chalcimon Dalman, 1824:1 (type: Lamprima humboldti Gyllenhall, 1817)
=Casignathus Casternau,1840:169 (type: Casignetus geotrupoides W.S.MacLeay, 1819)

コフキクワガタはCasignetus属とされていましたが、
Pholidotus属の方が先になります。


1.jpg
C.squamosus Fujita,2010より

Cacostomus squamosus Newman,1840:364-365
[Type Locality] ?
[sny] Lepidodes rotundicollis Westwood,1841:124 [Nova Hollandia].

オーストラリア北東部に分布する、1属1種のクワガタ。
Pholidotus属に近縁と思われ、
顎は短くて内歯は短くて左右非対称。
前胸は寸詰まりで幅広、前ケイ節は短い。


2.jpg
1:P.humboldti Fujita,2010より
2:P.lindei Fujita,2010より
3:P.lombardi Didier&Séguy,1953より
4:P.lombardi? H.Ikeda,1993より(P.lindei)
5:P.spixii Fujita,2010より
6:P.sp. Websiteより(P.humboldti)

Pholidotus humboldti (Gyllenhall,1817):197-198 [Lamprima humboldti]
[Type Locality] Brasilia
[sny] Pholidotus lepidosus W.S.MacLeay, 1819:97-98 [Braziliâ].
Casignetus geotrupoides W.S.MacLeay, 1819:98 [-].

ブラジルに分布。
P.lindeiに似るが、顎は直線的でへら状の端歯は小さい。
前ケイ節は細くて棘はやや大きい。
前胸の幅はやや狭く、前胸側面は直線的であることが多いが丸みをもつ個体も見られる。


Pholidotus lindei Boileau,1899:296-297
[Type Locality] Brésil

ブラジルに分布。
P.humboldtiと比較すると、顎は湾曲し、前胸はやや幅広で前胸側面はやや丸みを帯び、前ケイ節は太くてやや短い。


Pholidotus lombardi Didier et Séguy,1952:220-221
[Type Locality] Brésil:Curityba

ブラジルに分布する。
P.lindeiのシノニムとされる場合が多いが、顎は直線的で、頭部はP.lindeiが長方形なのに対し四角形、
複眼縁はやや鋭くて前方に向き、頭楯はほとんど湾入しない。

図示したH.Ikeda,1993の個体は実寸のために写真がやや小さくて
頭部の細かい特徴はわかりにくいが、
大顎の形状や四角形の頭部は本種に一致する。
その他の特徴を見てみると、顎先はあまり内側に向かず、端歯は大きく、前胸はかなり幅広で、腹部も幅広で大きく、
前ケイ節は細くて長い。
図示した個体のサイズは27.5o弱。


Philidotus spixii (Perty,1830):54, pl. 11fig.13 [Chalcimon spixii]
[Type Locality] Brasilia
[sny] Pholidotus dejeanii Buquet,1841:xxi-xxii [Brésil].
Pholidotus spixi ab. plagietus (Lucem.)Lüderwaldt, 1935:568,fig.2 [nomen nudum]

ブラジルとアルゼンチンに分布。
多種の区別は容易。
明るい体色で、大顎付け根は張り出さず、顎は直線的で端歯は小さい。
前胸前方の幅は狭く、前ケイ節は短い。


Pholidotus sp.
[Type Locality] Brasil

P.humboldtiとして紹介されていた個体ですが、
前胸は丸く、胴体は幅広、複眼縁は丸くて尖らない。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2602528

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

ご指摘ありがとうございます。
Homonymだったとは知りませんでした。
勉強になりました!

日本語での返答ですみません。
英語がまったくできないもので。
tkyk4|2014年07月26日(Sat) 13:21
Pholidotus is an invalid homonym.
The correct name is Casignetus.
Pholidotus Brisson 1762 is a mammal.
The tribe Pholidotini is therefore invalid.
Google translate:
Pholidotus縺檎┌蜉ケ蜷碁浹逡ー鄒ゥ隱槭〒縺ゅk縲�
豁」縺励>蜷榊燕縺ッCasignetus縺ァ縺吶�
Pholidotus繝悶Μ繝�繧ス繝ウ1762縺ッ蜩コ荵ウ蜍慕黄縺ァ縺ゅk縲�
驛ィ譌襲holidotini縺昴�ョ縺溘a縲∫┌蜉ケ縺ァ縺吶
M.J. Paulsen|2014年07月25日(Fri) 02:05
   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。