広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
他の人と目があった時、どきっとすることありますよね。(特に魅力的な異性の場合ハート

ほんの一瞬なのに、すぐ目をそらしても、どきどきドキドキ大してしまう…



人はなぜ他人と目が合うと、どきっとするのでしょうか。


茂木健一郎さんの本には

目は心の窓であり、その向こうに心がある。でも、他人の心は絶対に理解することはできない。理解したことにしているだけである。

われわれはそこに、自分の心が容易には把握しえないような、何か得体のしれないものを見るから、ドキドキする。そのときはじめて「生きていること」を実感する。


自分が理解することのできない、得体のしれないものを、ちらりキラキラと垣間見ることによって、ドキッとするのですね。

茂木さんは、アイコンタクトの要諦は「チラリズム」だと言っています。

相手の関心を引くためには、まず、その人をずっと見る。その人がこっちを見たら、その瞬間に目をそらす。それを2,3回繰り返すと、必ずその人は落ちる

という、ちょっとべタな汗知識も、脳科学的にみるとあながち根拠がないわけではないようです。

相手がこちらを見るか、見ないか…

その不確実性(ある程度予測できるが、予測つかないこともある)が
最もドキドキドキドキ大させるものとなるのだそうですドキドキ大

アイコンタクトは、他人と関係を持ちたい、関心を持たれたいという『関係性欲求』を満たすから、報酬物質であるドーパミンを出す。


他の人と目が合うと、うれしいのはなぜかというと、目が合ってアイコンタクトをすると、欲求が満たされ、脳がドーパミンを出すからなんですね…。

わたしたちは生きてる間に、様々な経験をしたり、知識を得たりすることによって、

人生とはこんなもんだろう 一日のうちに起ることは、こういうことだろう

とわかった気になってしまいます。そしてドキドキが失われ、
それにつれて、生きている実感も失われてしまうんですね…



それをどのようにして回復するか…はてな

それは、他者に会うことだそうです。他者に会うことによって、自分の心がかつて持っていた、まだ世界についての知識を持っていなかった状態 に出会える ということです。

他人というものがって、はじめて自分の人生が生き生きキラキラしたものになるんですねキラキラ

一日、二日、一週間、誰にも会わなくても、何不自由なく生活できる
今の日本の環境ですが、やっぱりリアルに生きてるを実感するためには
他の人と会ってドキドキする必要があるみたいですねドキドキ大

茂木健一郎 「脳が変わる生き方」
人はどこまでも成長できるそうです


きょうも最後まで読んでくださってありがとうハート
ドキドキを増やしましょうハート矢
With loveハート矢
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。