広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
チョコレート

choco choco choco choco choco choco choco choco

その独自の風味が非常に魅惑的ハートなお菓子ですね。







植物学者によると

野生のカカオの木は数千年も前から

南米のアマゾン川流域に生えていたそうです。



ココアとも呼ばれるカカオを最初に栽培したのは

マヤ人といわれています。


アステカの王族は使い捨て!の金の器

苦みのあるチョコレート飲料を

大量に飲んでいたそうです。


それはすりつぶしたカカオ豆に

発酵させたトウモロコシを混ぜた飲み物で

アステカの皇帝モンテスマは、日に50杯以上も飲んでいたそうですよ。


スペイン人の征服者エルナン・コルテス

アステカ人のチョコレート飲料を宮廷に紹介し

スペイン王室の貴婦人たちは

コショウを効かせた香辛料入りのチョコレートを

自分たちだけでひそかに飲んでいました。


やがてチョコレート飲料は

ヨーロッパの上流階級に

広まっていきました。



産業革命に伴い

チョコレートの生産も機械化されました。

1828年に、オランダの科学者

クーンラート・ファン・ハウテン(バン・ホーテン)が

カカオ豆を粉砕してペースト状にした後

ココアパウダーココアバターに分離する方法を開発し

その結果

カカオマスとカカオバターと砂糖を絶妙の配合率

混ぜ合わせて固める

固形の"食べるチョコレート”が考えだされました。







1800年後半にスイスでコンチングという

チョコレートをさらになめらかにする方法が

考案されました。

豆を粉砕してペースト状にしたものを

2枚の磁気ディスクで何時間も練ると

なめらかな舌触りのとろけるようなチョコレートができます。

最高級のチョコレートは72時間!以上も

コンチングされたものなのだそうです。


その後

さまざまな才能ある企業家が

さらに性能のいい機械や製法を考案し、

今あるチョコレート産業の発展へと

つながっていきました。


ハーシーリンツネスレスシャール

といった名前は


チョコレートの定番として

いまもよく目にしますね。


南国の苦い豆が

いまのような滑らかで舌の上でとろける

風味豊かなチョコレートになるまでには

たくさんの長~い歴史があったようです。


CHOCOLATES MAKE YOU HAPPY ! !  「チョコレートで世界を幸せにする」チョコレート専門店



今日も最後まで読んでくださってありがとう(*゜▽゜*)
魅惑的な夜をお過ごしくださいドキドキ小
With loveハート矢
いきなりですが・・・(*>∀<*)





以前、私の大好きなスウィーツハート

ご紹介させていただきました。


「スウィーツ好きのためのQBBチーズデザート」


そのシリーズに




「スウィーツ好きのためのQBBチーズデザート 

         アールグレイ」


がでてるんですね〜 (/∀\*)キャ)

バニラのほうは

バニラビーンズがしっかりとはいっていて

甘い香りがとてもいいんですが


アールグレイのほうは

紅茶の深みと独自の渋みが

大人向けの味となっております。




こんなに色が違います。 〜秋色〜




単なる甘いだけのスウィーツでは物足りない方にも

紅茶の深い味わいがピッタリですよ音符





そんな…

チーズ好きの私ですが


今試してみたいチーズケーキ

こちらです┌|≧∇≦|┘゙






ここのチーズケーキはチーズの割合が多いので

こぼれやすいため

フォークではなくスプーンでいただくのが

GOODハートなのだそうです。


最もおいしいチーズ配合比

黄金比53パーセント

を研究してつくられたそうですよ音符



こちらもお・い・し・そ・う・・(≧▽≦)


チーズ、小麦粉、バターすべてにおいて

北海道産の素材にこだわっておられます。


札幌キタリッシュ
プロのお仕事されてますね。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございましたハート
ご機嫌音符なスウィーツを秋の夜長にどうぞ…
With loveハート矢
こんにちはドキドキ小

まだまだ昼間は暑い日が続きますね汗


以前は絶対にそんなことなかったのに、この夏からなぜか一日に必ず1~2本、いや2本アイスキャンディーを食べてしまう習慣に陥ってしまいました〓


や、やばい…はてな

ううん、いいことだ、うんびっくり



そんな私をみーたんも上から呆れ顔で見ています(;^ω^A
よく食べますね、あんこさん…



私が毎日食べてるのは…ドキドキ大


こんなのや…





こんなのですドキドキ小




でも、たまにはこ〜んなお店のアイスも食べてみた〜いですドキドキ大







ロゴもかわいい

京都のアイスクリームカフェ「ハンデルスベーゲン」さんのアイスですびっくり


ここのアイスはぜ〜んぶ手作りなので、最高の状態で食べるために、冷凍庫から出してすぐ食べるのではなく、数分の

Waiting Time

が必要なのだそうです(≧▽≦)

かっこうぃ〜 ヒューヒューバニー


お店のアイスクリームをそのままカップに詰めて、宅急便で送ってくれるんだってびっくり

全国どこにいても食べられるねOK


【期間限定】今しか食べられない季節のアイスクリームセット


夏の名残りにちょっとプレミアムなアイスをどうぞ…ドキドキ小キラキラ

今日も最後まで読んでくださってありがとう花
With loveハート

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。