google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2014年05月20日

超初心者講座ー参考書



ある意味、株式投資初心者の皆様に一番お知らせしたかったテーマの
一つが、今回の参考書です。自分自身振り返っても、先輩の助言等あった
ものの、一番最初は株式参考書での勉強でした。当然最初は良い本も、
そうでない本も全然判らず、片っ端から読んでいったものでした。

読んでは実践を繰り返していったわけですが、一つの本を読んで実践に入
ったら、とことんとまでは言いませんが、ある程度のところまでは深堀して
いかないと、本当にその手法が良いかどうかの判断がつかないものですが、
最初の頃はちょっとやって上手くいかないと別の本に浮気するという、今
考えると本当に情けないものでした。

林輝太郎先生に代表される同友館の参考書も、結構初期の頃に読んでいた
にも関わらず、その当時はさっぱりその良さが判らず終いでした。同友館の
代表的参考書としては

 ・立花 義正 

 ・板垣 浩 

 ・林 輝太郎 

  

 ・旭 洋子 

 ・橘 聰 

次はパンローリング社ですか、ここも多くの参考書(特に外国版)があります。
 ・ボーヨーダー 

 ・J.D.シュワッガー 

 ・マーク ダグラス 

   
 
 ・ウィザードシリーズ 

その他、チャート、信用取引関係は
 ・新井 邦宏 

 ・伊藤 智洋 

 ・阿部 智沙子 

等が挙げられます。これはあくまで参考書の一部ですので、もっと沢山あるとは
思いますが、ここに挙げたものくらいは熟読をお奨めします。又、株式用語に
ついては、わざわざ参考書を買うまでも無く、ネット検索で十分だと思います。

ただ、何度も申し上げますが、参考書は読み流すだけでは駄目で、実践で使える
まで繰り返し読み続ける事が重要です。最低でも10回以上は、読み返す事が
必要かも知れません。

それでは、又。

うねり取りを学ぶなら ↓
【相場師朗】 7step株式投資メソッド http://www.infotop.jp/click.php?aid=272482&iid=55531

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2014年05月19日

超初心者講座ー信用取引



テーマがあっちこち飛んでしまい、一貫性が無くて申し訳ありません。
今回は株の信用取引について述べてみたいと思います。皆さんは
信用取引というとどんなイメージをお持ちでしょうか。大体の方は信用
取引は危険なので、上級者以外は手を出さない方が安全だ、という認識
をお持ちだと思います。

信用取引は資金の約3倍までの取引が可能ですので、それだけ現物
取引よりレバレッジが大きく、沢山儲ける可能性のある反面、損をする
リスクも大きくなります。信用取引には信用買いと信用売り(空売り)があり
ます。買いは現物でも信用でもできますが、空売りは信用取引でしかでき
ません。

私が何故信用取引を初心者の皆さんに言及するかと言うと、別に信用
取引をどんどんやって下さいと言っているけではありません。すぐには
必要無いと思いますが、これから述べていく取引手法の中で、ヘッジと
いう考えが出てきます。

ヘッジというのはヘッジファンドのヘッジですが、上がると思ってエントリー
した銘柄が、意に反して下げてくるケースがあります。基本は損切りすれば
良いのですが、将来必ず上がってくるとという見通しの中で、大きく買い進
んで来た場合は、そう簡単にはいきません。このような状況の時に一部、
あるいは全株の空売りを行い、一時的に損失を固定しその上で次の展開に
備えるケースが出て来ます。これをヘッジと呼んでいます。

私の手法では、信用買いは絶対やりません。信用は売り(空売り)のみです。
それもあくまで現物株のヘッジとして使うのみで、現物株を持った上での
空売りですから、リスクはほとんどありません。

このようにヘッジすると言う事ができると、売買のパターンが多様化され、
どのような不利な状況に追い込まれても、凌いでいく事ができるように
なります。所謂「建て玉操作」というものです。これができるようになると、
本当の意味で株式投資による利益確保を、偶然の力ではなく、自分の
意志の力でできるようになります。

信用取引については以下に参考書を載せて起きますので、ご参照下さい。
それでは、又。

うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング
posted by norch at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 基礎知識

2014年05月16日

超初心者講座ーチャート(3)



チャートの3回目は移動平均線他についてです。ローソク足の勉強を
しただけでも相当な株価の変動感覚を身に付ける事ができますが、そ
れをさらに精度アップする為の指標として、移動平均線があります。
移動平均線には単純、過重、指数といった種類があり、どれを使っても
かまいませんが、単純移動平均線が一番使われていると思います。
(今後は単純移動平均線を移動平均線と呼ぶ事にします。)

移動平均線は日足だと5日、25日、75日、週足だと13週、26週、
月足だと12ヶ月、24ヶ月が一般的です。相場参加者の一番見ている
ものを使うのがベストですが、銘柄ごとの癖もありますので、自分の
気に入った期間を選んでもかまいません。

移動平均線の見方についてはゴールデンクロス、デッドクロス、株価
が移動平均線の上か下か、移動平均線の傾き、それにグランビルの
法則等いろいろありますが、一番のポイントは短期線、長期線の傾き
や上下の位置、そしてローソク足がそれら線や傾きの中でどの位置に
あるかを確認し、今が上げ、下げ、保ち合いのどのトレンドで、今後どの
トレンドに移ろうとしているのかと言う事を理解する事です。そうする事
によって、ローソク足だけの見方よりも、さらに精度の高い予測が可能
となります。

チャートにおきましては、このローソク足と移動平均線だけでも、かな
りな精度の株価予測が可能となりますので、いたずらに指標を増やす
事無く、徹底してこの2つをマスターして下さい。それ以外で私は、出来
高と25日移動平均線乖離、スローストキャスティクスを見ていますが、
基本で且つ一番重視しているのは、ローソク足と移動平均線です。

その他比較的多くの人が見ているものとしては、一目均衡表、ボリン
ジャーバンド、MACD,DMI,RCI,RSI,新値足等数え上げ
ればまだまだあります。しかし所詮チャートは過去の実態を表したもの
で、大変重要ではありますがまた、完全に未来を予測する事はできな
いという事を肝に銘じ、自分なりに最小限のもので戦っていく事を決断
して下さい。

参考書として、別テーマで株式投資の推薦書を書く予定ですが、チャート
に限って言えば、以下の解説書を推したいと思います。

チャートの救急箱−実戦相場への処方箋−

新品価格
¥1,944から
(2014/5/11 11:05時点)






投資の王道

新品価格
¥3,888から
(2014/5/11 11:08時点)




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング
posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2014年05月15日

超初心者講座ーチャート(2)



今後の株取引について考えますと、スイングトレードにおいてチャートの
勉強は大変重要です。チャート(罫線)は江戸時代の米相場に端を発して
いるものです。酒田五法に代表されるものですが、今でも十分通用します
し、逆にチャートを見ないでは、どこでエントリーして良いか判らないと
思います。

特に重要なのは、ローソク足です。基本的な解説は参考書にまかせます
が、始値、終値、高値、安値を一本のローソクで表し、その足の推移から
株価の将来を予測するものです。

勿論、株式相場に絶対はありませんが、相場は過去の事象を繰り返すと
言われているように、上手く使えば大変役に立つツールです。ただチャート
には多くの種類があり、各種指標まで入れると大変な数のパターンとなり、
収拾がつかなくなります。

そこで私は自分のパターンを固定化して、決め打ちしております。

     @ ローソク足

     A 単純移動平均線(5日、25日、75日)

     B 出来高(含む価格帯別出来高)
     
     C 付録(25日移動平均線乖離、スローストキャスト)

まずは徹底して、ローソク足で何故今日は始値、終値、高値、安値がこの位置
なのかという事を、判らないながらもとことん考える習慣をつけましょう。ロー
ソク足の各位置は世界経済、政治情勢、金利や為替、企業情報などいろいろ
な要因により、大きく変化します。ですから最初は全然判りませんが、判らない
ながらも毎日毎日考え抜いていくと、ある時期から少しづつ日足の変動が見え
てくるようになります。これが変動感覚を身に付けるという事で、実は大変重要
な事なのです。

ローソク足の推移パターンを覚えて取引する人も沢山降りますが、どうして
その形になった時こうなるのかという事が説明できるようにならなくては、パタ
ーンを本当には使いこなせません。ですから毎日ローソク足の検討と、過去
何年間かの推移を時間を作って、あーじゃないか、こうじゃないかと考える事が、
非常に大切な勉強となるわけです。

次回は移動平均線他について述べてみます。

うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング

   
posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2014年05月14日

超初心者講座ーチャート(1)



今日は私の使っているチャートについて書いてみます。私は今いろいろ加工
したりする為のチャートとして、Fチャートというものをメインに使っています。
又、デイトレをするわけではありませんが、リアルタイム用チャートとして、SBI
証券のハイパーSBIというトレードツールに入っているチャートも使っています。

Fチャート  http://www.sankayo-jp.com/
Fチャート.png 
Fチャートのセッティング&使い方
https://www.dropbox.com/s/bzub3jx573uajk2/fchart-setting.pdf
https://www.dropbox.com/s/4kl8jo3dtqm121m/fchart-maintenance.pdf

チャートの種類には、Fチャートのようなフリーチャート、有料チャート、そして
各証券会社が用意しているものと沢山ありますので、結局自分の見易いものと
いう事になる訳ですが、わざわざ有料のものを使わなくても、フリーチャートか
証券会社のチャートで十分だと思います。証券会社のチャートは口座開設(無料)
すれば見れますので、複数の証券会社に口座開設して見比べてみると良いで
しょう。Fチャートについては、上図にURLを貼っておきましたので、ご参照下さい。

Fチャートのメリットは幾つかありますが、まず注目編集という機能で、例えばスク
リーニングで選んだ銘柄のコード番号を一度にコピーする事で、一発でチャートに
取り込み見る事ができます。又、複数銘柄を一度に見る事やチャートの連続再生
等、他のチャートではできない機能が多く、私は無料版を使っていますが、一度
だけ3,800円払えば有料版として、データの自動取り込みや、さらに多くの機能を
使う事ができます。リアルタイムではありませんが、じっくり過去のデータを見たり、
自分風に加工したりするのには、適したチャートだと思います。

その他、証券会社のでは、カブドットコム証券のウルトラチャートや野村ネット&
コールの詳細リアルチャート等優れものがありますので、ご自身で確認してみて
下さい。私の場合、基本1銘柄ですので、多くの機能は必要としませんが、見易く
加工し易い事が一番です。

スイングトレーダーにとっては「チャート命」ですので、良く研究して、これだと思う
ものを使いましょう。

次回は、チャートの内容、使い方について書いてみたいと思います。

うねり取りを学ぶなら ↓
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
【相場師朗】 7step株式投資メソッド


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング
posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集