広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年02月28日

主語と主部

主語を答えたり述語を答えたりする問題は、
小学校の国語のテストから見慣れていると思いますが、
みなさん、得意ですか?

「私が飼っている猫は世界で最もかわいい。」

この文の主語は何でしょう。

「私が」だと思った人、
「猫は」だと思った人、
どちらも正解です。

でも、
「かわいい」という述語に対する主語は何か、
と訊かれたら、
「猫は」
に限定されます。

なぜなら、
「私が」は「(飼って)いる」という述語に対応しているからです。

主語というと、名詞だけで答えてしまう人もいますが、
中学文法では名詞を含む1文節を「主語」と呼ぶので、
覚えておいてくださいね。

主語を探すのが苦手な人は、
まずその文の中の述語を見つけましょう。
倒置文や省略文でない限り、
述語は文末にありますから、
見つけやすいです。

では、なぜ主語が2つもあるのでしょうか。

まず、文節ごとに関係をみていくと、

私が→主語
飼って→修飾語
いる→述語&修飾語
猫は→主語
世界で→修飾語
最も→修飾語
かわいい→述語

上記のようになります。
「いる」が述語と修飾語を兼ねているところがミソです。

実は、「連文節」といって、
一文の中で「主語にあたる部分」「修飾語に当たる部分」……
というように、
おおまかなかたまりとして関係をとらえる方法もあるんですね。

私が飼っている猫は→主部
世界で最も→修飾部
かわいい→述語

「私が飼っている」という主語・述語は、
「猫」を詳しくするための言葉なので、
かたまりで「主部」。

「世界で」は、
「最も」がどの範囲でなのかを説明する言葉なので、
かたまりで「修飾部」。

「かわいい」はそれ単独なので、「部」ではなく「語」のまま。

つまり、
一文節なら「語」、複数の文節がくっついているなら「部」になるというわけです。

もうひとつ、例を挙げましょう。

「私は妹と学校に通う。」
の「私は」は主語。

「私と妹は学校に通う。」
の「私と妹は」は主部。

わかりましたか?









2017年02月27日

助詞の大切さ

助詞というと、
付属語で活用がないのに、
細かいことを色々覚えなくてはいけないので
苦手だという人がいます。

たしかに、
格助詞の「に」ひとつ取っても、
場所、時間、目的、帰着点、相手、状態、結果、目標、受身、原因・理由、比較の基準、並列
と12種類もあります。

けれども、
こういうのをちゃんと覚えて、
理解できるよう、また、正しく使えるよう、
学習しておかないと、
意思の疎通がうまくいかず、
最悪の場合、人間関係に亀裂が入ります。

たとえば、
お母さんが
「今日の晩御飯、鯛なんだけど、煮つけがいい? 塩焼きがいい?」
と訊いてきたとします。
あなたはテレビなんか見ながら、
「う〜ん、どっちでもいい」
と生返事。
「どっちか決めて」
と要求され、
「じゃあ、塩焼きでいい」
と言ったとたん、お母さん爆発。
「塩焼きいいとは、どういうこと!?」

あなたは、
「煮つけより塩焼きのほうが手間がかからなそうだから、
特にこだわりはないし、塩焼き」
と思って答えたかもしれませんが、
お母さんには
「え〜、鯛、魚か。気分じゃないんだよなぁ。だから、煮つけだろうが塩焼きだろうが、どうでもいいけど、強いて選べっていうなら塩焼きで我慢するか」
と聞こえています。

「塩焼きいい」
と言えば、積極的に自分が食べたくて選んだという感じがするのに対し、
「塩焼きいい」
と言えば、それしかないなら仕方がないからそれで我慢するわというニュアンスになってしまうからです。

「が」と「で」はともに格助詞。
でも、この1字で伝わる内容がガラッと変わってしまうんですね。

もうひとつ、
こんな話を紹介しましょう。

私が教えている中学二年生の女の子が、
こんなことを言いました。
「私、『俺は』って言う男、大嫌い。『俺が』はいいけど、『俺は』は嫌なの!」
周りは意味が分からなくてポカンとしていましたが(笑)、
私は、言葉の感覚が鋭い子だなと思いました。

「俺が」というのは、自分のことを事実として述べているにすぎません。
でも、「俺は」というと、周りの人がどうするかということも類推させ、
見えないプレッシャーを与えることがあるんですよね。

たとえば、
「俺が掃除するわ」
と言えば、単に自分が掃除するという意味ですが、
「俺は掃除するわ」
と言えば、「たとえお前らが掃除しなくてもな」という裏の意味を含んでいるように取れなくもない。

格助詞「が」と副助詞「は」は、ともに主語を作ることのできる助詞です。
その使い分けについては、
それだけで1冊の本が出ているほどに、
たくさんの人に研究されているし、
複雑なものです。

ですから、今はこれ以上の説明はしませんが、
助詞ひとつ間違えると、
大変なことになるということに
気づいてもらえたと思います。

というわけで、
皆さん、助詞を勉強しましょう!!



































2017年02月23日

言葉の単位

長さの単位といえば、
キロメートル、メートル、センチメートル、ミリメートル、ミクロン...
重さの単位といえば、
トン、キログラム、グラム、ミリグラム...
容積の単位といえば、
リットル、デシリットル、ミリリットル...

というように、
言葉にもその大きさによって単位があります。

一番大きいのは、
【文章】
これは、本1冊でも論文1本でも、
「文章」です。

二番目に大きいのは、
【段落】
文法の問題で段落を訊かれたら、
それは意味段落(大段落)ではなく、
形式段落(小段落)のことを指すのがほとんどです。
形式段落は、書き始めの部分が1マス下がっている所を数えます。

三番目は、
【文】
「答えを文中から探し、一文で抜き出しなさい」なんて、
よくある問題。
一文は、「。(読点)」のすぐ後ろから次の「。」まで。
「―。―。―。」
とあったら、三文です。
読点の数を数えれば、文の数が分かるんです。
ただし、「彼が先に『おはよう。』と言った。」のように、
文の中に会話文があって、
その中にも「。」がある場合、
会話文の中に出てくる「。」は数えません。

四番目は、
【文節】
「ね」や「さ」を入れて切れるところ、
という説明もありますが、
「わぁ、その漫画、読みたかったんだよ。」
みたいな文に「ね」を入れると、
「わぁね、そのね、漫画ね...」となって非常に気持ち悪い。
だから、「1文節=1自立語(+次の自立語が出てくる手前までの付属語全て)」
と覚えておく方が良いかもしれませんね。
上の例だと、「読みたかったんだよ」は長いけど1文節です。
読み(動詞)たかっ(助動詞)た(助動詞)ん(助詞の)だ(助動詞)よ(助詞)

ちなみに、
自立語というのは、その単語だけで使えるもの。
付属語というのは、単独では使えないので自立語にくっつけて使うもの。
品詞でいうと、
動詞・形容詞・形容動詞・名詞・副詞・連体詞・接続詞・感動詞→自立語
助動詞・助詞→付属語
となっています。

五番目は、言葉の単位としては最も小さい
【単語】
品詞ごとにバラバラにします。

下の文はいくつの単語で出来ているでしょうか。
「君の瞳にこの世界はどんなふうにうつっているんだろう。」

君→名詞
の→助詞
瞳→名詞
に→助詞
この→連体詞
世界→名詞
は→助詞
どんな→形容動詞語幹(連体詞とする説もある)
ふう→名詞
に→助詞
うつっ→動詞
て→助詞
いる→動詞
ん→もとは「の」だから助詞
だろ→助動詞
う→助動詞

16単語でした!








2017年02月22日

こそあど言葉

こそあど言葉というのは、
指示語です。

近いものを指すときには「こ」
中くらいの距離、あるいは相手に近いものを指すときには「そ」
遠いものを指すときには「あ」
距離がはかれない(わからない)ものを指すときは「ど」

で表します。

「こそあど言葉」とひとまとめに言いますが、
品詞にすると4種類もあります。

名詞(指示代名詞)
 物事…これ、それ、あれ、どれ
 場所…ここ、そこ、あそこ、どこ
 方角…こっち(こちら)、そっち(そちら)、あっち(あちら)、どっち(どちら)

連体詞
 物事…この、その、あの、どの
 性質・状態…こんな、そんな、あんな、どんな

副詞
 性質・状態…こう、そう、ああ、どう

形容動詞
 性質・状態…こんなだ、そんなだ、あんなだ、どんなだ

小学生は品詞まで覚えなくてもいいと思いますが、
物事、場所、方角、性質・状態のどれを指すのかを知っていると、
指示語の問題(「そのこと」とは何を指しますか、文中の言葉で説明しなさい、などの問題)を
解くカギになります。

中学生以上の人は、全ての品詞を覚えておかないと、
品詞分解の問題(傍線部の語の品詞を答えなさい、などの問題)に
対処できないので、しっかり覚えましょう。







ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
動詞の連体形 by 良岑吏茶 (07/29)
動詞の連体形 by エゼル (07/28)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/21)
コメントが…… by 良岑吏茶 (06/20)
コメントが…… by 清みず (06/19)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
良岑吏茶さんの画像
良岑吏茶
日本語検定1級合格。文法と百人一首が得意。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。