広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


2019年11月11日

SBI「第4のメガバンク構想」が進行中



広告
福島銀行が地銀連合に参加

 SBIの提唱する「第4のメガバンク」に賛同者が現れました。

  ・SBI、福島銀と資本・業務提携 10億円超の増資引き受け (日経)

SBIホールディングス(8473)は11日午後、福島銀行(8562)と資本・業務提携すると正式に発表した。福島銀が実施する第三者割当増資を引き受ける。福島銀は財務基盤を強化し、SBIが持つ経営資源を活用して収益力の強化を図る。

 SBI HDが福島銀行に約10億円を出資することで、業務・資本提携を行うというものです。
 今回の出資により、SBI HDは福島銀行の筆頭株主(持ち株比率17.85%)となる見込みです。

 9月には地銀連合構想の第1弾として島根銀行に出資しましたが、それに続く第2弾となりました。
 島根銀行はSBI証券傘下のSBIマネープラザと共同店舗を開く方針を決めましたが、福島銀行の発表によると
 福島銀行でも同様の共同店舗を予定しているとのことです。

 おそらく今後もこのような動きは続くでしょう。現在の超低金利状況、よほど収益基盤のしっかりしている
 地銀でなければ、単独でビジネスを拡大し健全な利益を上げるのは難しいと思われます。


  s-373c6a62d7fc72dc47396d14923eac75_s.jpg

所感

 SBIが「地銀をつなげてメガバンク化する」という「第4のメガバンク」構想を立ち上げたのは数ヶ月前。
 共同通信とのインタビューの中で、地方銀行の経営支援ビジネスが語られています。

  ・SBI社長、地銀連携でメガ構想 (共同通信)


 具体的には、新設する共同の持ち株会社を通じてシステム開発やマネロン対策を効率化するというもの。
 私はこれを、「緩やかな企業統合」を図るというものだと解釈しました。

 その土地に根付いた地銀にはそれぞれの文化がありますから、強引な企業統合をしてもうまくいくわけが
 ありません。反発が起こるのは目に見えています。
 かといって地銀の収益性低下は深刻であり、現状のままというわけにもいきません。
 なので、その中間を取った策ということでしょう。

 「緩やかな」と言っても、あまりに緩やかすぎれば収益性の低い地銀を容認することになり、ネットワーク
 全体のモラルハザードを招きます。
 かと言って厳しくすれば、今度は反発を招くでしょう。
 アクセルとブレーキ(言い方を悪くすれば、アメとムチ)の使い分けが重要だと思います。

再編の流れは進むと思います

 福島銀行は前期決算で最終赤字。
 島根銀行も、今期決算では最終赤字が見込まれていると言います。

 地銀を救済する余力のある大手銀行でも、収益が悪化する会社に手を貸す必然性はありません。
 旨味がなければ誰もやらない、それは当然のことです。
 ですから地銀連合構想を持つSBIが手を差し伸べたのでしょうが、それで地銀の収益構造が短期間で激変す
 るというものでもありませんし、今後に期待というところでしょうか。

 一方で国も、地銀の経営統合を認める法案(一定の要件があれば独禁法を適用しない)を提出する予定との
 ことで、地銀の経営統合には前向きです。
 おそらくこれからも再編の動きは続くでしょう。個別株に目端の利く方であれば、うまく投資チャンスに結
 びつけられるかも知れません(私はセンスないのでやりませんが)。


 SBIネット銀行は私のメインバンクです(広告リンク)
 住信SBIネット銀行


 Tポイントで株が買える「SBIネオモバイル証券」(広告リンク)
 SBIネオモバイル証券


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


クラウド会計のfreeeが上場するそうです。



広告
freee上場

 クラウド会計などのサービスを展開する「freee」が、マザーズに上場する予定とのニュースです。
 上場承認のニュースは11/7。
 上場予定は12/17となっています。

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、本日、東京証券取引所マザーズ(以下「東京証券取引所」)より、当社株式の東京証券取引所への新規上場を承認されましたことをお知らせいたします。なお、東京証券取引所への上場日は2019年12月17日(火)を予定しており、同日以降は同取引所において、当社株式の売買が可能となります。

  ・新規上場承認に関するお知らせ (freee)


  20191109FRE1.jpg


 私自身はIPO投資はしていないので参加はしませんが、そこそこ大きな規模の上場になりそうです。
 IPOを取り扱っているサイトによれば、300億円規模の上場になるという情報もありました。

 ただ気になるのは、現時点でfreee社は赤字であることでしょうか。
 ITmediaの記事の内容を前提にすれば、現状のfreeeはかなり厳しい赤字状態であり、増資によって赤字を
 補填している状況にあります。

  ・クラウド会計のfreee、マザーズ上場へ (ITmedia)


 上場ゴールと揶揄されてしまう可能性もありますが、企業として上場を目指すのは当然の姿ですので、個人
 的にはきちんと事業を行う限り上場ゴールでも良いのでは? と思います。
 買いたくなければ買わなければいいだけのこと、それが選べるのが投資商品ですし。


 freee(広告リンク)
 

法人成りも一つの方法ですが

 私はfreeeには無料会員登録をしています。
 今のところは私のサラリーマンとしての収入以外は投資収入や広告収入くらいなもので、何かを仕入れて
 売るという商売はしていません。

 そのためあまり会計ソフトの出番はないのですが、今後を考えれば簿記の基礎くらいはやっておいた方が
 いいと考えた、勉強がてらの会員登録です。
 現在は個人事業主扱いですが、もし会社を辞めることになれば法人化も考えています。


 freeeで一つ参考になったサービスは、「法人成りの税額診断」
 「簡単な質問に答えるだけで、個人事業主の場合の納税額と比べてどれだけ得するかを算出します」
 というものです。

  20190519FRE1.png


 これで想定される売上額などを入力してみた結果、まだ現状では個人事業主の方が有利とのことでした。
 しかし今後、私を取り巻く環境がこのまま不変なはずもありません。突然会社を辞めるということもあるで
 しょうし、突然何か別の商売を始めるかもしれません。
 であれば色々な選択肢は持っておくべきですし、その勉強だと思っています。


 freeeへの登録は、こちらからどうぞ。(広告リンク)
 


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  




<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。