2019年10月09日

仮想通貨×ガス? 異色の組み合わせが始まります。



広告
潜在顧客層の拡大が目的でしょう

 仮想通貨とガス、という面白い組み合わせが始まります。
 仮想通貨事業者のコインチェックとイーネットワークシステムズが組んで、東京ガスの販売事業に関して
 業務提携を締結しました。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦 以下、「当社」)と株式会社イーネットワークシステムズ(本社:東京都目黒区、代表取締役:及川浩)は、東京ガスエリアの都市ガス販売事業に関して業務提携を締結し、2019年10月4日より「Coincheckガス」の提供を開始いたします。

  ・プレスリリース (CoinCheck)


  20191007CCHK1.jpg


 このサービスは2通りあり、どちらかを選ぶ形になります。

  ・ビットコイン付与プラン:ガス料金の支払いに応じてビットコインがもらえる

  ・ビットコイン決済プラン:ガス料金の支払いにビットコインが使える


 ガスという社会インフラと仮想通貨を組み合わせることにより、多くの人に仮想通貨を気軽に所有してもら
 うことを目的としており、対象顧客のすそ野を広げることを期待しているのでしょう。


  20191007CCHK2.jpg


 コインチェック(広告リンク)
 コインチェック

今後も続くのでしょうか

 このサービス、面白いと思いますがさてどこまで普及するのでしょうか。
 ガス自由化で既存のガス会社ではなく、新規事業者を選ぼうとする人は先進的な考えを持ち、かつ情報検索
 力にも優れると思われますので、ある程度相性はいいのかもしれません。

 仮想通貨にしても、所有する人と所有しない人の間に大きな意識の隔たりがあると思います。
 私自身仮想通貨が既存通貨に成り代わることについては否定的な考えを持っていますが、仮想通貨について
 「近寄らず忌避する」と「多額を突っ込んでギャンブルする」の二元論で語られてしまうのはどうなんだろ
 う、とも思っています。

 仮想通貨は少額を投資のアクセントとして持っている、という形でもいいのでは、と思います。
 投資対象の分散、及び高リスク商品への分散割合を考えれば、むしろそれがあるべき姿でしょう。


 面白いサービスだと思いますし、リスク想定ができれば実際に体験してみたくもあるのですが、残念なこと
 に本サービスは関東圏に限定されています。
 ということで、あいにくですが私は見送りということで。

 コインチェックと言えば2018年、NEMの大量流出を起こしました。
 仮想通貨の危険性が大きく取り上げられた事件でもあるでしょう。その後コインチェックはマネックス傘下
 となり、2019年1月には「みなし業者」から交換業者になりました。
 今はマネックスグループの完全子会社として、堅実な経営を行っているようです。


 コインチェック(広告リンク)
 コインチェック


 DMM Bitcoinは口座開設だけで1,000円プレゼント(広告リンク)
 DMM Bitcoin


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2019年10月02日

「世界の成長率が下方修正された」の中身を見てみました。



広告
一次ソース確認

 先日、こんなニュースが流れてきました。
 下記のリンクはロイターのものですが、検索してみれば異口同音に同じようなニュースが出ています。

  ・世界経済の成長率、金融危機以降で最低に OECDが下方修正 (ロイター)


 今年の世界経済の成長率は、米中貿易摩擦の激化などを背景にして下方修正。
 金融危機以来の低い状況となっています。

 とは言え、世界経済とひとくくりにしても地方によって違いが出るのはあたりまえ。こういうニュースは
 時間がある限り、一次ソースを参照するようにしています。

  20190920OECD1.png
  (OECD日本サイトより引用)


 世界全体の成長率は、2018年が3.6%なのに対して2019年が2.9%、2020年が3.0%。
 G20加盟国のみに限れば、2018年が3.8%なのに対して2019年が3.1%、2020年が3.2%。
 2019年、2020年ともに矢印の色からすると0.3%以上のダウンとなっているようです。

 国別に見ると、特にマイナスがひどい(0.6%以上下方修正)のは2019年がオーストラリア、アルゼンチン
 ブラジル、インド、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカの7カ国。
 2020年ではアルゼンチン、ブラジル、インド、南アフリカとなっています。

「世界経済は深刻な逆風に晒されており、成長の鈍化が定着しつつあることは懸念すべきである。貿易摩擦が続くことでもたらされる不確定さが長期間続いており、それが世界全体で経済活動を削減させ、将来にわたって経済を脅かしている。各国政府は現在の低金利を生かしてインフラ投資を再生させ、将来の経済発展を促進する必要がある。」
(OECDチーフエコノミスト、ローレンス・ポーン氏の発言)

 問題となるのは米中の貿易摩擦とEUのブレグジット(合意無き離脱)。
 これらにより不確定さが増し、経済活動の重しとなっているというのがOECDの意見です。

 対策としてあげられているのは低金利を生かしてのインフラ投資促進と、構造改革。
 さて日本はどうしますか、元から成長率は低いこともあり今回の成長率見直しによる影響はほとんどない
 ようですが、消費増税の影響は注視していくべきでしょう。

だからこそ分散投資だと思います

 ところで、世界の成長率が下方修正されたと言われると悪いニュースのように思えますが、良く見てみれば
 金融危機以来の状況とは言え、まだ世界は3%成長するとも解釈できます。

 個別の会社を見れば好調不調はあるでしょう。それを読み切るのは簡単ではありません。
 世界全体の流れに乗るのであれば、やはり分散投資しかないでしょう。

 私も250万円を投資している「WealthNavi(ウェルスナビ)」では、少額投資であっても分散投資ができる
 ように、ETF1口を1000分の1単位で取引できる「ミリトレ(少額ETF取引機能)」が導入されています。
 このミリトレにより、個人では分散投資がしにくい少額投資であっても、ウェルスナビを通すことにより
 分散投資が可能になるわけです。
 詳細は、下記の記事もご覧下さい。

  ・少額でも世界約50カ国1万1000銘柄に投資できるのはなぜ? (ウェルスナビ)


 ウェルスナビ(広告リンク)
 WealthNavi

キャンペーン実施中

 ウェルスナビではこの9月から、秋キャンペーンが始まりました。
 対象期間内の振込金額に応じ、現金がプレゼントされるというものです。

  20190905WEL4.jpg

 投資金額と、プレゼントされる金額は次の通り。
 (500万円以上もありますが、そこまで投資する人はそう多くないだろうということで省略します)


  20190905WEL3.png


 こういったプレゼントは、ロボアド投資に資金を呼び込むための販促手段です。
 ロボアド投資が今後一般化すれば、おそらくプレゼントの規模は小さくなっていくものと思われます。そう
 考えると、早く始めた方が得と言えるのかもしれません。

 だからと言って急いで投資する必要はありませんが、まずはどういうものかを見ておいてもいいのではない
 でしょうか。会員登録に興味のある方は、下記の記事もあわせてどうぞ。


  ・WealthNavi(ウェルスナビ) 口座開設〜投資までの流れを図解します


 ウェルスナビ(広告リンク)
 WealthNavi


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
今なら新規登録+20万円以上投資で
5,000Tポイントプレゼント中です!


(2019/6/29)
電子書籍を書きました。
こちらもよろしくお願いします!

  3wari.jpg
世界中のモノを「3割引き」で買う技:
一生使える知恵袋 お金の勉強


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。