広告

posted by fanblog


ひょんなことから、GW明けに実家(大分)に帰省することになったのですが、
問題は帰省方法です。

車はない、飛行機は高い、新幹線は時間がかかる・・・。
そこで、今回は格安航空会社(LCC)を使って帰省することにしました。

東京から大分に路線を持っているのは1社しかありません。
その1社である「ジェットスター」の予約から搭乗までを紹介します。
今後、LCCを利用される方の参考になれば嬉しいです。







1.チケットを予約する


 まずは、チケットを予約します。
 ジェットスターのこちらのページより、出発地、目的地等の条件を入力していきます。


 ジェットスター



 入力が完了すると、チケットの一覧が表示されます。
 大分の場合、基本的に朝と夕方の2本しかありません。
 でも、安いですよね。
 朝の便だと、5000円台で東京から大分まで行けます。




 画面に従い、チケットの予約を行います。
 今回私が予約したチケットは以下になります。





 ……なんですかね?この予約手数料って。
 安いとはいえ、ちょっと気になります。
 しかも、こちらの記事によると4月10日から100円値上がりしたみたいです。

  ・ジェットスター・ジャパン、支払手数料ひっそり値上げ


2.チケット代金を支払う


 購入したチケットの支払いを行いましょう。
 初めて利用する場合は、以下の2通りの支払い方法があります。
 
  • クレジットカード
  • コンビニ、ATM、ゆうちょ銀行、ネットバンキングなどで支払い

 当初はクレジットカードで買おうとしたのですが、
 ジェットスター関連のクレジットカードでないと、手数料がかかってしまうんですよね。


 お支払い方法



 そこで、今回私はコンビニ支払いを選択しました。
 支払いが完了すると、以下のような「取扱明細兼領収書」が発行されます。





 また、ジェットスターより 「ジェットスター旅程表」のメールが送られてきます。
 記載されている予約番号は、ウェブ・チェックインの際に必要なので、
 大切に保存しておきましょう。





3.東京シャトル(バス)の予約をする


 さて、チケット代金も支払ったので、あとは予定日までのんびりと…、とはいきません。
 夕方の便の場合は問題ないのですが、今回私が搭乗するのは成田空港の朝7時の便です。
 埼玉に住んでいるので、始発で向かっても間に合いません。
 前日から泊まりこんでも良いのですが、それだとせっかくの格安チケットの魅力が半減です。

 LCCを利用する場合、安い代わりにこういった朝一の便が多いんです。
 もちろん、そんな方のために対策が用意されています。

 今回私は「東京シャトル」のバスを利用することにしました。
 こちらのバスは、深夜に東京駅から成田空港へ運行されています。
 まさにLCC利用者のためのバスです。


 京成バス 東京シャトル



 予約をすると通常1000円が900円になるので、是非予約をしましょう。
 また、あとになってわかったのですが、予約をしてたほうが絶対良いです。
 詳しくは後ほど紹介します。

 こちらのページから予約することができます。


 発車オーライネット



 私は1:30東京駅発、3:30成田空港着の便を予約しました。
 こちらはクレジットカートで支払い完了です(もちろん、予約手数料なんてありません!)
 その後、以下のようなメールが送られてきます。





 メールが乗車票となりますので、大切に保存しておきましょう。


4.ウェブ・チェックインをする


 出発48時間前からウェブによるチェックインが可能になります。
 スムーズに搭乗するためにも、是非やっておきましょう。
 こちらのページから行えます。


   ウェブチェックイン



 名字、出発地、予約番号を入力し、チェックイン。
 その後、メールにより搭乗券が送られてきますので、プリントアウトしておきます。





 ここまでで、出発までの事前準備は完了です。
 飛行機に乗るのは実に10年ぶりくらいなのですが、安く、便利になったものです。


5.東京シャトルで成田空港に向かう


 さて、出発日前夜。
 私が予約した東京シャトルは、深夜1:30東京発なので、最終電車で東京駅まで向かいます。





 終電後の東京駅です。
 無人の東京駅なんてめったに見る機会がないので、実に新鮮です。






 東京シャトルの乗り場は、八重洲口から徒歩3分程度の場所にあります。
 30分前に着いたのですが、平日にもかかわらず、もう並んでました。






 1:10より、京成バスの係員のチェックが始まります。
 ここで予約有りの人と無しの人で振り分けられます。
 予約無しの場合は、最悪乗れないこともありますので、必ず予約しておきましょう。

 1:20にバスが到着し、予約した人から乗車開始です。
 1:30、定刻通りバスが出発しました。

 ジェットスターは成田空港第2ターミナルより搭乗するのですが、
 午前3:30前には入場することができないのです。
 そのため、1:30発のバスはPAで時間調整を行います。

 2:30、酒々井PAに到着。10分間のトイレ休憩のあと、
 30分程度ここに止まります。





 3:10、酒々井PAから出発、成田空港に向かいます。
 その後、検問所で身分証、パスポートチェックを受け、3:30、
 成田空港第2ターミナルに到着しました。








【スポンサード リンク】






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。