2019年03月17日

ピエール瀧容疑者の逮捕と自粛の話


しばらくぶりのブログ更新です。

ツイッターは真面目に毎日更新しています。

ピエール瀧容疑者逮捕の報道の波紋は大きく

CMの自粛、ドラマの降板、配信中止が大きく

取りあげられています。

コメンテイターが「やりすぎ」「仕方ない」と

意見が割れるなかで

「品行方正な芸人に魅力はない。
ピエール瀧、新井浩文
だから、常人に不可能な創造ができる。
道徳が支配する国に芸術や文化は育たない。
勿論犯罪を称賛しているのではない」

元東京都知事の舛添要一氏が

ツイッターに投稿した内容が炎上している。

まあ内容ではなく

「お前が偉そうなことを言うな」という

意識もあって余計に炎上しているのでしょう。


ポーポーも性犯罪など被害者が明確になっている

ものと異なるので

なんでもかんでも作品をなくしてしまうのは

どうかと思います。

製作者側の事なかれ感

明確に説明できない弱さも垣間見得ます。

ただ舛添さんもそうですが

「品行方正でないげいにんは魅力がない」

「品行方正でないげいにんの方が芸の肥やしになる」

この考えは受け入れにくい。

ピエール瀧容疑者の作品を配信停止にするのかどうかという問題と

「品行方正でない芸人の方が芸の肥やしになる」

という話は全くの議論が異なると考えている。

そもそも

品行方正のなさと芸人としての質の因果関係を

ちゃんと明示してほしい。

なぜ悪いことをすると笑いが作れるのか

私にはさっぱの関係がわからない。

品行方正でない芸人の中には

危なそうな奴がいて

それが面白さを生むのであり

必要条件かもしれないが

必要十分じょうけんではないとおもうのです。


もう

なにそのステレオタイプ

と思う今日このごろでした



2019年03月03日

ダムカレーは不謹慎なのか?


少し前からダムカレーは不謹慎という話が

ネットにあがっていて

その賛否で盛り上がってるようですよね。

基本的に何かを見て不快に思うか

思わないかは人それぞれです。

例えば割れた瓦を見ただけで

台風の被害を思い出し

イヤな感じになる人もいるでしょう。

ダムカレーが決壊をイメージし

災害を連想するから不謹慎という意見、

火山カレーも災害を連想する。

人の思いは人それそれれで

その気持ちを否定することはできません。

「不謹慎」というのは

多くの人が傷つくことを考えたら思慮不足ということです。

大勢の人がそれで傷つくなら

やめた方がいいと思います。

でもご存知の通りダムカレーや火山カレーは

「面白いから」「儲かるから」という

理由ではなく地域の復興のために

人を呼び込んでいるものです。


c2_s.jpg




実際に効果も効果もあがっていると聞きます。

怒っていらっしゃる方の被災地の土木関係の方が

書いた原文も読みました。

そこにあったのは構造物を作り上げる努力とプライド

それを侮辱されている気持ちでした。

土木業者の方がそう思う気持ちもわからなくありません。

むしろそうした意見に過度に反応して

批判したり反発することはないと思います。

意見のウラに隠された思いみたいなものを

読んでしまうと人は許せない気持ちになる心理があります。

あまり過度に批判することもないと思います。

私は土木業者の方の意見はひとつの意見として真摯に受け

周りがあまりそれに攻撃することはないと思ったのです。

話が大きくなると

ダムカレーの協会側も反対意見を出さざるを得なくなります。

意見を我慢しようということではなく

双方、相手の立場を理解し

尊重し合いたいそう思った話です。






2019年02月21日

セミナーの案内その後


ツイッターとブログでセミナーを紹介させていただいたところ

多くの方から反響をいただきました。

「ぜひ行きたい」とお申し込みもいただきました。

ありがとうございます。

ただし「東京は遠くて行けないよ」

という声もたくさんいただきました。

私としても

全国を回りたい気持ちがあります。

そのためにもセミナーを広げて行きたいなと

思いますがポーポーの今の実力では

そんなに人は集まらないかな〜と

認識しているところもありまして

いろいろと悩んでおります。

まずは東京のセミナーで読者の方や

色彩心理に興味をもっていただく方と交流したく思います。

たぶんネットや書籍にはない

ポーポーが集めた色彩や心の話を交えて

たのしいセミナーにしたいと思います。

ご興味のある方、よろしくお願い致します。










2019年02月15日

色彩心理セミナーをやります

ポーポー・ポロダクションは

書籍以外では

ここ数年、企業向けの心理コンサルティングの仕事が

主でして

色々と研究などもやってきましたが

今年は様々な知見を持って

読者の人と交流させていただきたいと思います。

そこで

色彩心理学のセミナーを開催したいと思います。

日時は3月30日の土曜日

場所は東京の御茶ノ水です。

詳細はこんな感じです。


0215-1.jpg

215-2.jpg


ポーポーは

大学や企業で講演はやってきましたが

少人数のセミナーはとても久しぶりになります。

この後も

色彩心理を教える先生たちに

向けた講義は予定していますが

直接、読者の方とお話ができるめずらしい

機会となりますので

どうぞ皆さまお越しください。

申し込み方法は

2015-3.jpg

です。


お申込みをいただきましたら

2日以内に確認のメールを差し上げます。

よろしくお願いいたします。


あ、お菓子を用意しますので

ちょっとゆるいセミナーになると思います。

色彩心理に携わっている方は

また別の機会に専門家向けのセミナーなども

考えています。

そちらにぜひ参加してください。


ではよろしくお願いします。

2019年02月04日

虐待する親の心理

虐待する親は子どもを取り戻そうと必死に

なることがあります。

虐待をしているのにです。

子どもが嫌いで虐待している親もいますが

それはそんなに多いいケースでないと聞きます。


子どもを支配することで快楽を得ようとし

暴力を使う親もいます。

子どもを取り戻して

また虐待したいと考えます。

しかしもっと複雑で歪んだ愛情を持つ親もいます。

子どもを叩くことでその実感から

自分の生を感じたり

自分が立つことを知ろうとする親もいます。

そんな親は自分が子どもに愛情をかけていると

思い(思い込み)

子どもが逃げようとすると

「なぜおまえは俺の愛情がわからない」となりがぢです。

離れることで

より虐待が進むことがあります。

虐待する親の心はなかなか治らない。

もういっそのこと

子どもを引き離すのではなく

そうした親を施設に入れてほしい。

私はそう思います。



2019年02月03日

恵方巻の話


節分に恵方巻を食べる。

楽しいイベントだと思います。

毎年、廃棄の話が問題になっていますが

心理面から考えるとなかなか改善が難しそうな話と思います。

このブログでも近年、人の損失回避性は高まっているという

話をしてきました。

損失回避性とは人は得をしたいと考えるよりも

損をしたくないと強く感じる傾向です。

これは一般消費者だけでなく

企業でも同じことが言えます。

利益が撮れる恵方巻きのビジネスチャンスを

もし品切れにしたら

会社の経営者はチャンスロスをした気分になります。

廃棄をしてもチャンスロスをおこさないことが

企業にとっても前提条件になります。

とはいえやり過ぎると世論からたたかれますから

その調整が難しくなっていくでしょうね。

恵方巻きを抑制しても

結局はこの構造がある以上

次の恵方巻きが生まれるだけで

改善していかないでしょう。

消費者の考え方が大きく変わってこないと

難しい話だなと思います。


それにしても恵方巻きは高い。

あの強気の値段設定からも

消費者のイベントに対するお金の落とし方が

尋常ではないことを語っています。


2019年01月31日

得をする人になる方法


人として損をしやすい人しにくい人がいます。

ポーポーはそんな「得をする生き方」「損をしない生き方」を

心理学や脳科学などの知見から

精神論ではなく考えていきたいと思っています。

得をする人の例として


@気持ちを切り替える、固執しない

人は感情で動く生き物です。感情はとても大事です。

でもこの感情に引っ張られすぎると

人は不合理なことをしでかします。

固執することはちょっと良いことを生むこともありますが

圧倒的に自分を苦しめるものとなります。

人や物には固執しないことがいいでしょう。

脳の機能を低下させたり判断力がなくなります。

固執して得られたものは強い快楽を生むことがありますが

確率からいうと手は入らない

逆に言うと手に入らないから固執するのです。

ここは気持ちを切り替えて

次に進む方が圧倒的に得をします。


Aやらされない。自分でやる

仕事でもプライベートでも

何かをやらされている感じになると

とたんに苦痛になります。

仕事から得られる効果も下がります。

何かの理由をつけて「これは自分からやっている」という

意識を作ると得をします。

「仕方ないから」そんな

他人の呪縛から抜けだしましょう。


B楽しいことを純粋に楽しむ

脳の機能や心理面から考えても

楽しいときに楽しめる人は得をします。

楽しむときに罪悪感を持って

つまらないフリょするのは最悪です。

脳の機能も活性化しませんし

ストレスも発散されない

そのうちいろいろなものがつまらなくなり

生きていくことがつらくなります。

楽しむときにおもいっきりたのしめる。

そんな人になりましょう。


C人の視線にとらわれ過ぎない

人の視線を感じるのは悪いことではありません。

自分を律したり仕事の効率があがったりする効果があります。

これをホーソン効果と言います。

でもとらわれ過ぎてしまうと

自分のためでなく他人のためになったり

ふりまわされてしまいます。

これはよくありません。

ちょっと視線を意識する。

でも自分は自分。

別に他人がどうみても関係ありません。

そんな強さは自分を救います。



D不安に負けない。負け過ぎない

人は不安に支配されるととても不合理な行動をしはじめます。

少しの不安は危機管理能力を高めて

良いことも多いのですが

過度にになると目先の安心感を得るために

本当の安心ほ手放してしまいがちです。

自分がほしいものは安心感なのか

それとも安心なのか

考えて行動しないと結果的に損をしてしまうこともあります。


E比較しない、比較しすぎない。

これはとても難しいかもしれません。

なぜなら人の判断基準は比較そのものだからです。

「比較をしてはいけない」というと

それは判断を放棄することになりかねません。

比較することは仕方ない。

でも過度に比較してねたんだり

コンプレックスを感じたりしてしまいます。

それはあまり得な行動につながるとはいえません。


2019年01月25日

情報の選択

昔からメディアは意図を持って

大衆に影響を与える情報を流してきましたが

最近は小さいところにも

いろいろあるようになったのと感じます。

飲食店の評価を売買しているのも

そうですし、

記事の体裁を取りつつ広告のような

機能があるものもあります。

記事広告というのはありましたが

もう少し巧妙になってきました。


先日も「なぜか愛されるA店」

みたいな記事があり

A店は売上が下がっていると言われているけど

アンケートを取ると

B店の100票に対して

A店は120票も

行きたい店と名前が上がるみたいな

根拠を出していました。

うーむ

全体の数もどうかと思いますし

その差もあると取るかないと取るか

微妙な感じもします。

そもそもアンケートは

聞き方である程度、

数字をコントロールできます。


こんな話は小さいものですが

メディアも利益を取るために

正しく価値あるものという姿勢から

情報をコントロールして利益を上げる

という刹那的な形に移行する

そんなことも気になってきました。

情報はこれから

どう選ぶかが私たちにも求められそうです



2019年01月20日

町田の高校で起きた教師の暴力について考える

町田の高校で教師が生徒を殴った。

その動画が拡散し教師の批判が高まった。

多くの評論家やコメンテーターが教師を非難した。

そんなの暴力がいけないのは当たり前だ。

強い立場のものがその力を使って

弱い立場のものを押さえ込む

それは教育ではないと私は思う。

暴力によって押さえつけられた子どもの心は

どう病んで苦しむのかと考えると

暴力による指導は良いわけがない。

教師が生徒を殴る

そこだけを切り取るとそう思う。

ただ情報を切り取っても真実は見えてこない。

情報ニュースは昔から娯楽的な要素がある。

教師に対する怒りをみんなで言って発散する

そんな下世話な話では残念だけど社会は変わらない。

むしろ悪化していくだろう。

正直、視聴者の娯楽的な要素に注目し過ぎてはいけない。


この暴力事件の問題には前後に話がある。

殴られるまでに教師を挑発する生徒

それに耐えられずに罠にはまった教師。

炎上させようと投稿する他の学生。


問題はこうした闇を抱えた子どもを

なんで放置してきたのかのだろうか?

多くの学生がまっすぐに素直に成長していく中で

闇を抱えてしまう子どももいる。

こうした子どもにもっと早く向き合えなかったのは

大人全員の責任だろう。

見てみないふりをしてきた罪は

もしかしたら手を出した教師よりも罪深いかもしれない。


子どもは未熟なのだ。

しかし未熟な大人も多い。

私はこの問題を単に怒るのではなく

今何をすべきなのだろうと

考えるきっかけにすべきだと思う。


こうしてブログを書く私とて

心理学に携わっているものとして

いろいろとできるはずだ。

これからも自分の信念をもって

進んでいきたい


2019年01月18日

あおり事故をなくすには

大阪であおり運転により

バイクの大学生に車で突っ込み

死亡させるという事件の被告人質問がありました。

殺意を持ってやったことは明白なのに

苦しい言い訳をして

遺族の気持ちを逆なでし刑を軽くしようとする行為に

テレビでもネットでも批判が溢れています。

故意か過失かいう争点で今後も裁判が進んでいくと思われます。

検察側の求刑は殺人罪を適用しても18年…

被害者本人の命の重さや残された家族の気持ちを考えると

軽いものとしか言えません。

この加害者には罪を償っていただきたい気持ちではありますが

この加害者を裁けば良いという話ではなく

こうしたあおり運転は規制が強くなりつつある今も

確実にあり、

人の心理面から考えると増えてもおかしくないと思います。

人は人と関わりたくないと考える人が増える一方で

こうした自分の思い通りにならないとカッとする人が

増えています。

相手の気持ちや状況を想像する想像力が希薄になり

人を支配したいという気持ちが高まっている

傾向があります。

また自分の思い通りになるものと考える傾向も高まっています。

キレやすい人の傾向をまとめると

・自分が常に正しいと感じる

・損することが許せない

・プライドが高くすぐに馬鹿にされたと感じる

・人に怒られることを過剰に嫌う
  →怒られる前に怒る

・人を支配する欲求が強い

・甘いものの過剰摂取
  →低血糖でのイライラを生む

・セロトニン神経が不活性、働かない
  →心の不安定、共感能力の欠如

・想像力が乏しい


閉鎖的な車ではこうした感情が高まる危険性があります。

テレビでは加害者を批判して

「あー気持ちよい」

みたいなところで終わってしまうものもあるように思えます。

単に現状を見てみんなで加害者を批判して発散するのではなく

テレビとして同じような人を生まないように

やることはあると思うのです。

どんな心理メカニズムがあり怒りへと進むのか

そのときにはどんな形で抑制するといいのか

そもそも怒りの感情を作らないようにするには

どうしたらいいのかそんなものを提言してほしいと思います。

このような怒りの多くは

自分の考える状況と実際の状況のズレがひとつの原因です。

「道は自分の自由に走れるもの」

そんな思いがいけないのです。

コンビニで並んだレジにいらいらしたり渋滞でイライラするのは

コンビニは並ばないもの、並ばないといい

渋滞はないもの、事故渋滞はないといい

そんな認識を無意識に持っているからです。

事前にこんなことはあるかもしれないと考えてほしい。

仮に抜かされたのをイラっとしたら

もしかしたらご家族が病気で急いでいるのかもと考えたら

怒らなくてすむはずです。

もちろんコンビニの対応、渋滞の処理の方法

車の抜かし方の問題などはあるかもしれません。

でもそこも含めて想定したり相手の状況を前向きに想像するだけで

なんでもかんでも怒るなんてことはなくなると思います。



視聴率は取れないと考えないでテレビも

啓蒙できるような番組を作っていってほしいと願います。


私たち心理に携わるものとしても

やれることはたくさんありそうです。

そんな活動も続けてしていきたいと考えます。

もうこんな不幸な事故はなくしてほしい


検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
▼いろいろなコンテンツがあるので見てください
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる

◆トリッブアドバイザー◆
・ホテルの最安値が簡単検索
・最新の口コミが豊富で的確

▼ポチッとしていただけるとうれしいです
人気ブログランキング