<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
ファン

広告

posted by fanblog

2018年11月07日

更年期の保険を考えよう

もしもの時に「入っておいて良かった」と思うのが保険です。病気になった時や怪我をした時入院や通院での医療費の出費は大きいです。今回は更年期の保険について考えてみましょう。

治る病気と呼ばれるようになったガン
IMG_1595.JPG

3大疾病(ガン・心疾患・脳血管疾患)の1つであるガンは、現在治る病気とされ5年生存率は胃ガン・大腸ガンでは約7割、乳ガンにいたっては、9割もあるそうです。

ガン治療にかかるお金
okane.jpg

ガンになったら手術はもちろん、入院費、抗がん剤治療や検査代などがかかります。退院後も通院費(交通費)ホルモン治療代、検査代や医療用の下着類やカツラ代、健康食品やサプリなどにお金がかかる人もいます。ざっとおおまかに計算すると100万くらいかかると思います。

計画的な資金計画を立てよう
6.jpg

高額医療費制度
高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。

たとえば治療費が100万かかった場合、保険適用で自己負担は30万円になります。その30万円が高額医療となり、収入によって異なりますが、平均的な収入の場合 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%[多数該当:44,400円]になります。健康保険協会に申請しましょう。

高額医療申請である程度医療費が軽減されても一般家庭で月に4万とか5万は大きいですし、保険のきかない治療を受けなければならない事もあります。そんな時にも対応してもらえる保険に入っておくと安心です。

ここをチェック
IMG_0301.JPG
保険チェックする時見ておいて欲しいところです。@終了時期→特約もふくめて昔の保険では何歳までと期間が決められているものが多いのでチェックしましょう。A診断給付金→ガンと診断されてすぐに保険がおりるかしっかりチェックしましょう。

B通院保障→現在は入院日数がおよそ20日くらいと短くなっています。仕事をしながら通院で治療している人も多くいます。先進医療保障→健康保険が適用されない先進医療を受けなければならなくなった時必要になります。





長生きの時代だから
あやめ.jpg

医療が発達して不治の病が治る病気になった現在平均寿命も長くなり、元気なお年寄りがたくさんいます。保険も死亡保険よりも医療保険やガン保険を必要とするようになりました。

年を取ればなおさら必要になります。現在は80才以上でも入れる保険や一生涯保障の保険もあります。自分の保険しっかりチェックしておきましょう。

保険のムダを徹底チェック【保険ニュース】


私たち更年期は子供の学資資金や家のローン、老後資金などいちばん出費の多い世代です。もしもの病気になった時困らないように準備しておいた方が賢明です。人生まだ半分!まだまだこれからです!












【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8276699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
まあゆさんの画像
まあゆ
毎日無理なくぼちぼち生きている主婦です(^◇^)ファイナンシャルプランナー2級の資格を持っているので家庭経済やお金の話などを交えながら、健康、美容、更年期など皆様の役に立てるブログになったら良いなあと思っています。グルメもたまにはアップします。コメントも大歓迎です♫
プロフィール
検索
最新コメント
タグクラウド

人気ブログランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。