広告

posted by fanblog

小学校で安易に合成洗剤を使わせないで!石鹸や抗酸化溶液という選択肢は?

アトピーの娘さんがいる、友人宅にお邪魔した日の
今度は、ちょっと残念なお話。




前記事:「ヒューマンフローラ全身シャンプーSはアトピーの傷にも全くしみない」



ふと、お台所に立ち寄ると
とても違和感のあるものが。


それは、どこにでもあるような「食器洗い用の合成洗剤」

いえ、普通のご家庭なら、ふつーに置いてあるのかも知れません。
でも、その友人宅で見たのは、これが初めて。





なんでいまさら、合成洗剤?


その友人宅は、洗濯やお掃除に、えりすぐりの石鹸や酵素
(「酵素パワーの・・!」じゃなくて、自然派の方ね)などを調べて

出来るだけ娘さんの肌に良い物をと
これまでも色々、試行錯誤されてきたご家庭なので。

その彼女が、スーパーで、市販の合成洗剤を買う。という行動が理解できません。


  私:「なんで今頃、合成洗剤使ってんの?
     あ、Mちゃん(アトピーの娘さん)には食器洗いさせないか。
     それでも、体に入った残留分排出するのに、身体の負担になるんとちゃう?」

と聞くと

  友:「いや、(娘にも)洗い物、させてる。
    ちょっと、慣れさせた方がいいかなーと思って」

という答え。



え???慣れる?洗剤に??@@;

どうした友人。君の発言とは思えない。



意図を汲みきれず


  私:「えーと、あーゆー洗剤の刺激は、単に
    肌バリア壊しちゃうものだから、使っても慣れるとか
    免疫付くとかではなくない??」とか言ってると


   友:「・・・・学校に行くとね、ひどくなるねん」

とポツポツ話してくれました。





何故、学校に行くとアトピーが悪化するのか


休み明け、学校に行き始めると
Mちゃんのアトピーの症状がどうも酷くなるらしく。

なんでだろう??と思った友人(Mちゃんの母親)は
校舎内を見て回ったそうなんです。

そしたら
教室に、マ○レモンみたいな、合成洗剤を見つけて
教室でも、図皇室でも、理科室でも、それはどこでも置いてあって。

子供たちの掃除は、それを使って行われているとのこと。







合成洗剤でお掃除する小学校!?


それを聞いた私は、文字通り開いた口がふさがらず。

私:「何それ?! 学校って、せっけんちゃうん?ふつう。
   掃除に合成洗剤って・・・私、家庭科以外で使った覚え無いけど(−−;」

友:「合成洗剤、どこにでも置いてあるんよ。」

私:「手袋させたらアカンの?」

友:「もう大きくなって、本人が嫌がるねん。
  今まで(合成洗剤が)全く無い環境やったから、反応が大きかったのかなと。
  で、ちょっとでも慣れさせた方がいいかなーと。。。もちろん、薄めてるよ?(^ ^;」





アトピーは都市部の方が多い?


その後も、食事はもちろんだけど

アトピーは排気ガスとかの環境にも寄るかも・・・とか
田舎より市街地の方がアトピー発症率高いしね、とかいう話になり。

だからと言って、例えば引っ越して、ずっと田舎で過ごせる訳でもない。
箱入りで、過保護に過ごさせていても、ダメかも知れない、と。


害のあるものと分かっていても
結局一生距離をおくのがムリな世界なら
あらかじめ、ちょっとずつ、接する準備をさせて置こうという親心。


なんかね。
泣きたくなりました。悔しくて。


今まで、せっかく、守ってきたのに。

なんで、あえて、その子の身体に悪いと分かってるモノを
使わせなアカンの???





私はせっけん信者じゃないけど、合成洗剤は使いたくない


私はせっけん信者ではありません。

でも、市販のキツイ合成洗剤を使うと、てきめん手が荒れるので
自分の家では使いません。

たまに親戚のイベントとかで、他家に滞在して皿洗いしてると
数日間で、カサカサ(; ;)

合成界面活性剤による、肌バリアの破壊をモロに体感します。
でも、自分家じゃないので、何も言えません。

ただ、
その家の方から「手が荒れて困る」とかいう話になったら、すかさず
「それはもしかするとお台所の洗剤が・・・・!!」と語り出すかも(^ ^;





洗剤が多種類ある理由


洗濯。お掃除。食器洗い。

洗剤を使う場面は沢山ありますが
例えば掃除用品に、「お風呂用」「トイレ用」「台所用」と
分かれてある理由をご存知ですか。

昔、洗剤メーカーの商品開発者にウラ話を聞く機会があったんですが

実はほとんど、成分・機能的には変わりなく、無意味と言って良いらしいです。
ただ、パッケージが分かれて、名前が違うだけ。


じゃあ、なぜ分かれているの?というと 「その方が、良く売れるから」


そんな馬鹿な!と思いましたが(−−;


化粧品もそうですよね。

W洗顔は必須、とか
クレンジングからローションからクリームまで、全部ラインで使うべし!とか
目じりのしわにはコレ!ほうれい腺にはコレ!みたいな細分化。


何が言いたいかというと
メーカーの話、広告だけを鵜呑みにしてはイケナイのでは? という事。

それだけです。





今ごろ「手肌にやさしい」とか言われても


最近では、「手あれの方用に」「手アレ肌にもやさしい」とか云う
市販の合成洗剤の種類も出てるみたいですが

そもそもLAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)とか
AE(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)とか、これまで
堂々と入れてるのがひど過ぎたんじゃないの?って思ったり。


そして、キツメの合成界面活性剤の名前でも
「植物由来なので大丈夫です」とか言われると

もう何を信じればいいのか!?という感じで。


別に、合成界面活性剤でも、石油由来でも、なんだっていいんです。

ただ、皮膚常在菌を含む、肌バリアを痛めなければ。
ただ、身体に入っても排出の必要がない、又は蓄積しない安全なものであれば。
ただ、家族の健康を、損なわない確信があれば。


ほんと、それだけなんです。それだけ。

余計なモノは、要らんのです。





例えばこんな洗剤を使ってます「えみな」「ピリカレ」


とにかく、Mちゃんが今後も学校生活の中で
合成洗剤で痛い思いをすると思うと、やりきれません。


どうすればいいんだろう(; ;)


私や、友人が使うような洗剤はマイナー過ぎて
受け入れられにくいないかも知れないけど(−−; 


■■■

ちなみに
今使ってるのは「抗酸化溶液」という、特殊酵素等で出来た洗剤。


以前、「ピリカレ」という商品を使っていて
そのリニューアル版らしいので今はこれを試し中。
ピリカレには独特な香りがあったけど、えみなの方がニオイ少ないかな。

友人いわく
 「床掃除したら、汚れ落ちがすごい!」

私は、掃除、洗濯、ハミガキ、食器洗い、入浴剤など
これ一つでオールマイティなのが気に入ってリピしてますが、
前商品のピリカレも含めてまだこれが2回目。
なんせ極少量で済むのに大量に入ってるので、2年とか3年とか平気で持ちます。

洗剤なんだけど、めだかのエサにも出来たり
入浴剤(かなり温まる。アトピーにも良かったという口コミ有)にも使えたりという
良くわからない「抗酸化溶液」。

良くは分からないけど、成分自体は安全だし
年間コスト考えたら超安いしね。

■■■



せめて、せっけん洗剤じゃだめかな?
小学校くらい、毒性の少ないものを使って欲しいです!!


友人は、既に色々学校に働きかけた後で
「あの学校は変わらないかも」と諦めているようです。


幸いうちの子供たちの学校は大丈夫でしたが
私は、世間様に発言することをまだ諦めてないので。

小型犬が、家の中で遠吠えしてるレベルだとしても
せっかくブログという場があったので、ほえてみましたm(_ _)m



この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。