広告

posted by fanblog

2016年03月21日

第33回 出奔(五)






文●ツルシカズヒコ



 ……兎に角汝がはやく上京することだ。

 どうかして一時金を都合して上京した上でなくつては如何することも出来ない。

 俺は少くとも男だ。

 汝一人位をどうにもすることが出来ない様な意気地なしではないと思ってゐる。


(「出奔」/『青鞜』一九一四年二月号・第四巻第二号/『定本 伊藤野枝全集 第一巻』)


 野枝の脳裏をいろいろなすべての光景が一度になって過ぎて行った。

 今までまるでわからなかった国の方の騒ぎも、いくらかかわるような気もするし、学校での様子などもありありと浮かんできた。


 ……若し汝の父なり警官なり若しくは夫と称する人が上京したら逃げかくれしないで堂々と話をつけるのだ。

 九日附けの手紙をS先生に見せたのも一つは俺は隠くし事をするのが嫌だからだ。

 姦通など云ふ馬鹿々々しい誤解をまねくのが嫌だからだ。

 イザとなれば俺は自分の位置を放棄しても差支ない。


(同上)


 野枝の目は「姦通」という忌まわしい字の上に落ちて止まった。

「本当にそうなのかしら……」

 野枝は身震いしたが、末松福太郎が憎らしいよりも滑稽になってきた。

 あの男にそういうことが言える確信が、本当にあるのかおかしくなってきた。

「私妻」などと書かれたことの腹立たしさよりも、麗々しく書いた男が滑稽に思えてきた。

noe000_banner01.jpg



 俺はあくまで汝の身方になつて習俗打破の仕事を続けやうと思ふ、汝もその覚悟でもう少し強くならなければ駄目だ。

 兎に角上京したら早速俺の処にやつてこい。

 かまはないから、俺の家では幸にも習俗に囚はれてゐる人間は一人もゐないのだから。

 母でも妹でも随分わけはわかつてゐる。

 そうして俺を深く信じてゐるのだ。


(同上)


 いろいろな感情が一時に野枝をかき回し、それが鬨(とき)の声を挙げて体中を荒れ狂うように走った。


 遠慮せずにやつて来るがいゝ、だが汝はきた上でとても俺の内に辛抱が出来ないと思つたら、何時でもわきに行くがいゝ俺は全ての人の自由を重んずる。

 兎に角東京へくれば道はいくらでもつく、そんなに心細がるなよ、だが汝は相変らず詩人だな、まあ其処が汝の尊いところなのだ。


(同上)





 野枝は辻の愛をこんなにも早く受けようとは思いもしなかった。

 ただ彼女の気持ちをときどき不快にするのは、辻との恋のためだけに家出したと思われることだった。

 彼女はなんとはなしに、自分にまで弁解がましいことを考えていた。

 けれどもそれもひとつの動力になっていると思えば、そんなことはもう考えていられなくなり、今すぐにでも上京したくなった。


 俺は近頃汝のために思ひがけない刺戟を受けて毎日元気よく暮してゐる。

 上京したらあらいざらひ真実のことを告白しろ、其上で俺は汝に対する態度を一層明白にする積りだ。

 俺は遊んでゐる心持をもちたくないと思つてゐる。

 ……出て来るにも余程用心しないと途中でつかまるぞ……。

(十五日夜)


(同上)





 野枝は目を据えて東京に着いたときのことをいろいろに想像してみた。

 そして、上京するまでの間に見つかるなどということをそれまで少しも考えなかったので、急に不安で胸が波打った。

 辻からの手紙を読み終えた野枝はしばらく唖然としていた。

 空っぽになった頭に、早く行きたいという矢も盾もたまらない気持ちが、いっぱいに広がった。

 いつにない楽しい気持ちで、電報為替をじっと見つめながら、鏡を出して頭髪に差したピンを一本一本抜いていった。

「出奔」に書かれている辻の手紙の文面は、辻が実際に野枝宛てに書いた手紙の文面だと考えてよいのだろう。

 そうなると、このとき野枝が辻に宛てて書いた手紙の文面も知りたくなるが、残念ながら、その手紙は空襲で焼失し現存していない。

 しかし、辻のハートを一気に鷲づかみにする文面だったのだろう。

「あきらめない生き方・その二」も、野枝の手紙文を書く文才が新たな道を切り拓いたことになる。

●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:46| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。